喜多方へ向かいます

今年のゴールデンウイークのドライブ計画、本当は新東名を始めて走って南信州の「しらびそ」へ行こうと思ってました。下栗の里へ行って美味しいお蕎麦を食べるという計画。

朝4時に起きて天気予報を確認すると、静岡と長野の天気は「晴れ時々曇り」から「曇り」へ変わってます。一方、北へ行くほど「曇り時々晴れ」、「晴れ時々曇り」と、天気がいいみたい。思い切って計画を変更し、喜多方へラーメン食べに行くことにました。

4時半に家内と横須賀を出発。子供はバイトがあり一緒にドライブには行きません。バイトがあろうがなかろうが、高校を卒業したら親と遊びに行くことはまずないでしょう。

横浜の実家によってお袋を乗せて5時15分に首都高へ入りました。連休前半最後のこの日、この時間だったら渋滞は無いでしょう。湾岸線は走らず、石川町JCTを横浜駅方面へ。1号羽田線・都心環状内回りから6号向島線・小菅・堀切と快調に走ります。

6時ジャストに東北道川口本線料金所を通過。実に快調です。
IMG_2528_20120502174325.jpg

6時30分、最初の休憩はここ羽生PA。
IMG_2530A.jpg

今日は朝食抜きでスタート。喜多方ラーメンが朝食の予定ですが、それまでお腹がもちません。ここで僕はオニギリ、家内とお袋は焼立てのパンを購入。それとスタバのコーヒー。これが本日第一回目の軽い朝食となりました。

空腹が収まるとモクモクと東北道を北上します。
IMG_2532A.jpg

それにしても、なかなか青空が広がりません。天気予報は外れの予感。でも会津地方に入ったら快晴であることを祈ります。

佐野SAあたりのアップダウンがあるところでは、けっこう交通量があり車間距離が詰まりましたが、その先は順調。宇都宮で3車線から2車線になり、ゴルフ場のたくさんある矢板を過ぎると、東北道を走る車は激減。
IMG_2535.jpg

羽生から1時間とちょっと走って8時になったところで、本日2回目の休憩。阿武隈PAです。ここではトイレと煙草一服と深呼吸のみ。
IMG_2537_20120502174321.jpg

8時半、郡山JCTを通過。東北道とはここでお別れ。ここからは磐越道。このとき気づきましたが、3.11の震災以降で、東北地方に入るのは僕たちは始めてです。別に避けてた訳ではありません。たまたまです。
IMG_2538.jpg

磐越道に入って最初のトンネルは、入口が白鳥のかたち。多分、猪苗代湖の白鳥をイメージしたものでしょう。磐越道はこの辺りから磐梯高原へ向けた上り勾配が続きます。
IMG_2539_20120502174504.jpg

いくつかのトンネルを抜けると、いきなり正面に磐梯山が登場。まだまだ北国の春は訪れてないようで、残雪がたくさん。それにしても美しい山です。
IMG_2542_20120502174503.jpg

磐梯山が大爆発をおこし、山の一部が吹き飛んだのは1888年の明治21年、120年ほど前のこと。それほど昔のことではありません。このときは北側山麓にあった村々が消滅し、500人ちかい方が亡くなったそうです。その噴火で桧原湖や五色沼などができました。大災害の傷跡は100年後、観光名所となってます。

もうすぐ、会津若松IC。喜多方への最寄りICです。
IMG_2543.jpg

8時50分前に会津若松ICを通過。スマホのナビは、あと30分で喜多方到着を告げてます。横浜から3時間半は、なかなか好タイム。青空ではないのがちょっと・・・
22:06 | '12.04喜多方 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑

まこと食堂の中華そば

9時15分、喜多方まこと食堂に到着。予想はしてましたが10人以上の待ち行列。
IMG_2546.jpg

ここでラーメン食べるのは4回目。最初は2006年9月、2回目は2007年5月、そのつぎは2008年9月でした。それから3年の空白があり、ほんとうに久しぶりのまこと食堂になります。行列に並ぶこと20分ほど、案内された部屋は始めてのテーブル席。座敷以外の場所もあったんですね。

テキパキとよく動くオバサンが水を持ってきてくれて、注文をきいてくれました。お願いしたのは中華そば600円を3杯と半ライス150円をひとつ。当然ライスは僕用です。10分ほどで、中華そばとライスがやってきました。
IMG_2547.jpg

これです。喜多方まこと食堂の中華そば。ちいさめのドンブリにあふれんばかりに盛り付けられた中華そば。見た目も美しい。
IMG_2548_20120502180342.jpg

魚介系と動物系の合わせスープと風味の良い醤油だれ。十分熱さがあり、油の量も丁度よい加減。モチモチの中太縮れ麺を数本箸ですくって口へ運びます。ずずずーっと啜ると、口の中から幸せが広がっていくよう。

具材はチャーシュー・メンマ・薬味の白葱のみ。これも1つひとつが完成された味。何でこんなに美味しいんだろう。けっこう麺の量はありましたが、あっという間に完食。ご飯も沢庵も美味しかった。

喜多方は水が美味しいから麺もスープも美味しくなる、と聞いたことがあります。でもそれだけじゃない美味しさがまこと食堂にはあると思います。多分、お店の方の美味しく食べていってもらいたいという気持ちだと思います。

お店の奥で、お持帰り用の「まこと食堂特製中華そば」も販売されてましたが、僕たちは買いません。「食べたくなったら、また喜多方に来ればいい」と思うからです。
23:37 | '12.04喜多方 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

喜多方ラーメン館

おいしいラーメンを食べ終わってすぐに向かったところは、まこと食堂のすぐそばにある喜多方ラーメン館です。いわば、喜多方ラーメンの情報発信基地。
IMG_2553_20120502180817.jpg

ラーメン館のなかはこの通り、ラーメン関連のお土産でいっぱいです。生ラーメンは勿論ラーメンを題材としたお菓子やキーホルダー、ラーメンドンブリまで販売してます。
IMG_2556_20120502180816.jpg

実のところ、ここラーメン館に立ち寄ったの本当の目的はトイレです。まこと食堂は一般民家と同じつくり。入ったことはありませんが、多分トイレは狭くて個室などは少ないと思い、ここに立ち寄った次第です。でも、家内とお袋は色々お土産を買ってたので、まあお互い様か。

ここでは、製麺してるところを見ることができます。麺生地が延ばされて縮れ麺となり、ひと玉ずつ袋詰めされていくところがよく分かります。佐野ラーメンは手打ちが基本ですが、ここ喜多方では機械式製麺が主流のようです。
IMG_2557.jpg

僕の記憶では、以前3年前に訪れたとき、1号館・2号館とふたつのラーメン館があったような気がしますが。その記憶が正しければ、2号館があったところの周りは工事中でした。まだまだ喜多方のラーメン事業は発展するのでしょうか?

21:29 | '12.04喜多方 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑

さくら小学校の桜

ラーメン食べ終わって特に何をしようとか何処へ行こうとか、特に決めてた訳ではありません。ひとつだけあった計画は、昼食には蕎麦を食べたいということ。昔、ある方のブログに載ってた喜多方の西方面の国道459号線沿いに蕎麦屋の集落があるという情報。

喜多方の西側の山都(やまと)という地区は、蕎麦で有名らしいということは、まこと食堂に並んでるときスマホで確認できました。それまでの時間、何処で何してすごそうか。天気は相変わらず曇りです。方向は逆ですが「五色沼でも見にいこうか」ということで国道459号線を裏磐梯方面へ向かいます。

桜の花の盛りは過ぎた喜多方の街並みはすぐに終わり、田園地帯の斜面を裏磐梯方面へ向かって上っていくと、喜多方の盆地が終わらないところ、遠くに桜の花の塊を見つけました。この辺りは満開のようです。国道を離れその桜の塊を目指し進んでいくと、その桜は小学校の校庭に咲いてる桜でした。その名もさくら小学校。

校庭では子供たちがサッカーに興じてました。横須賀では桜の時期の一ヵ月前に水仙は盛りを迎えますが、このあたりは春がいっきにやってくるためか、水仙と桜は同時に満開になります。
IMG_2559.jpg

あまりにも見事な桜にその小学校の脇に車を停めました。車を降りてその桜の木を眺めてると、脇の畑で農作業をされてるオバサンが何か僕たちに大声で話しかけてきます。
IMG_2565.jpg

よく聴き取れませんでしたが、そのオバサンが云ってたのはこれです。なかほどにある一本の桜の木は変わってて、枝のひとつだけ、よりピンクの濃い花が咲いてます。
IMG_2563.jpg

確かに、同じ白系のピンクに鮮やかなピンクが一部混じってる桜の樹は、なかなか趣があって見事なものです。お袋と家内がそのオバサンにお礼を云ってました。

桜の塊を見つけてからそこを後にするすまで、その間たった10分ほどでしたが、さくら小学校の桜は、名前に負けぬ見事な桜でした。


07:22 | '12.04喜多方 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国道沿いの水芭蕉

喜多方から国道459号線を東へ向けて走っていくと会津の平野が終わり、磐梯山の麓の山の中へ入っていきます。すると、さっきのさくら小学校に負けず劣らず見事な桜の並木がありました。しかも鯉幟つき。
IMG_2567_20120502181026.jpg

喜多方市街からほぼ直線だった国道は、このあたりから渓流に沿ったワインディングに変わります。その渓流沿いのワインディングはいつしか登板車線を伴った山岳道路に変わりました。

その山道を暫く登っていくと、国道のすぐ脇に水芭蕉の群生があるではありませんか。急いで車を停めてUターン。ちょっと戻ったところがここ。花の種類が違うのか、上信越で見たことのある水芭蕉よりひとまわり大きいような気がします。
IMG_2569.jpg

大きい白い花がたくさん咲いてるより、せせらぎの中の新緑の株のなかに、チラホラ白花がある方が何か清楚で美しく感じます。
IMG_2570.jpg

水芭蕉保護のため、そのせせらぎに立ち入ることはできません。一番近いところに咲いてた水芭蕉がこれ。
IMG_2572.jpg

僕たちの他にこの水芭蕉を鑑賞してた方々は数組居られましたが、みんな望遠レンズをつけた一眼レフ持参。多分僕の撮った写真と違って素晴らしい作品に仕上がることでしょう。

12:47 | '12.04喜多方 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑