中央道を下る

横須賀市内の国道16号線を北上して追浜の吉野家で朝ごはん。朝定の始まる前の3時半。いつもの牛鍋並み玉子。横浜市内にはいって八景の手前を左折して県道原宿六浦線をちょっと走って朝比奈IC。
IMG_4122_20120825145654.jpg

朝比奈ICから50分で橋本のコンビニ。この時間だとやはり速いですね。相模原あたりの信号いっぱい止まったけど。煙草吸ってると、白々と夜が明けてきました。
IMG_4123.jpg

4時50分に中央道八王子本線料金所を通過。
IMG_4124_20120825145653.jpg

この時間だったら小仏先頭の渋滞はありません。高尾山麓へ向けた高速コーナーを快走します。夏の盛りといえどこの時間はかなり冷え込みます。まして都県境の山間部。

小仏を出たら寒さに耐えきれず最初のPA藤野に滑り込んで、暖かい缶コーヒ。
IMG_4125.jpg

相模川上流の谷はまるで天然色の水墨画のよう。霧のような流れる白い雲と青空と新緑。上野原・談合坂・大月と走り、笹子トンネル。甲州へ入ると青空はどこかへ消えさり、一面の曇天。

藤野PAから40分、ちょっと疲れたので境川PAで小休止。寒さはなくなり、逆に蒸し暑い甲府盆地です。
IMG_4127.jpg

6時20分、須玉ICで中央道1時間半の高速ツーリングはおしまい。
IMG_4129.jpg

八ヶ岳南斜面は朝方にわか雨があったようで、路面はウエット。ここからは一般道で高原を目指します。天気が早く回復するよう望みます。
スポンサーサイト
14:02 | '12.08志賀草津 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

JR野辺山駅

須玉ICからは国道141号線。清里・野辺山方面への登り坂です。走ってると空気が冷たくなってくるのが分かります。

須玉から15分ほどで清里を通過。登り坂が終わったところでいきなり霧と雨。
IMG_4131_20120825150304.jpg

途中から国道141号線の旧道に入って、この踏切に到着。
IMG_4132.jpg

云わずと知れた、JR最高地点の踏切。標高は1,375mとのこと。別に何ともない踏切ですが、何故かこの付近に来ると必ず寄ってしまいます。この踏切から線路と平行してレタス畑の脇を走ります。依然、青空と八ヶ岳は現れません。

6時45分、野辺山駅前に到着。
IMG_4141.jpg

駅舎は立派ですが、2面2線のローカル駅。
IMG_4139_20120825150303.jpg

すると、警報機が鳴りだし、ディーゼルカーがやってきました。
IMG_4135.jpg

下りは6時53分発の小諸行き。この日最初の下り列車。上りは6時52分発の小淵沢行き。ともに気動車2両編成。上りも下りも次の列車は2時間後。見られたのは幸運でした。

事前に時間を調べてれば、清里の駅前にバイクを停めて、清里-野辺山間の高原列車を楽しめたかも。
14:36 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

小海線沿線

小海線の発車を見送ったら、野辺山駅をあとに北へ向かいます。
IMG_4142.jpg

道はすぐに国道141線と合流。レタスだと思いますが、畑のなかの道を行きます。野辺山が小海線の最高所なので、ここからはずっと下り坂。

高原を行くまっすぐな道は突然終わります。急な下り坂ときついコーナーが暫く続くと、千曲川の河畔にでます。すると踏切。なんと遮断機がおりてます。そうだ、さっき野辺山駅を発車した小諸行きのはずです。

僕の目の前を先ほど見たディーゼルカーが快走していきました。踏切りを渡ると、佐久海の口駅。駅前を通過して数キロほどいったところで、再度ディーゼルカーを待ちます。

その小諸行きはすぐやってきて、あっという間に視界から消えました。
IMG_4146.jpg

地図によると、この国道141号線は佐久甲州街道と云うそうです。その千曲川沿いの道を走ってると、そこだけ黄色い場所がありました。

向日葵畑です。
IMG_4150_20120825150940.jpg

北へ行くにつれ、湿度は下がり空気は澄んできて、青空も広がるようになってきました。
IMG_4152.jpg

正面に見える山は浅間山あたり。高峰山や湯の丸高原の山々。今日はさらに向こうの山、志賀草津を目指します。
23:23 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ちょっと上信越道

国道141号線を北上していくと、途中から片側2車線のバイパスになりました。数年前と比べてこの2車線区間がすごく延びたような気がします。

それに、途中から「佐久南」なんて云うICの看板が登場。そんな道、僕の持ってるツーリングマップル2007年版にはありません。あとで確認すると、中部横断自動車道の無料区間だそうです。 そのとき止まってスマホの地図で確認すればよかった。

で、佐久からはちょっとだけ上信越道を走ります。
IMG_4155_20120825151429.jpg

佐久から上信越道の下り線に入ると真正面に雄大な浅間山を見ながら走ることになります。これが最高に気持ちいい。この日は雲がかかってて魅力半分でしたが。

8時15分、小諸のひとつ先の東部湯の丸で煙草休憩です。
IMG_4156.jpg

最高ですね、SAから眺めるこの景色。
IMG_4157_20120825151427.jpg

今日の目的は志賀草津、ここ東部湯の丸で上信越道をおりてまっすぐ草津に向かうルートもあり。湯の丸高原とか通って。でも今日は湯田中から志賀に登りたい。

直線距離的にはショートカットとなる、菅平経由でいくことにします。だから上信越道はここ上田菅平まで。
IMG_4158.jpg

佐久-上田菅平間、休憩入れてたった30分の高速走行でした。
09:25 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

菅平

8時30分、菅平への坂道を登りはじめます。天気は快晴、緑は益々濃くなり、周りは色鮮やか。でも先行車の先頭は路線バスのようなので、40Km/hぐらいで進みます。まあ、いいか。
IMG_4159_20120825151818.jpg

鳥居峠への道と分かれると、登坂車線があったのでペースアップ。このアクセル開ける感覚とそのレスポンス、最高です。あっと云う間に菅平の人造湖を通り過ぎ、T字路を右へ左へ。ラグビー合宿村を過ぎたところで、高原の空気を吸うため小休止。
IMG_4161.jpg

振返ると青い空に緑の丘。その丘を舐めるように流れる白い雲。
IMG_4162.jpg

菅平の中心街を過ぎると大笹街道は下り坂。急勾配の坂道を解消するために、こんな橋ができたのは20年ほど前。
IMG_4163.jpg

そういえば、僕にも毎月のように車で志賀高原にスキー行ってた時代がありました。第3京浜-環八-関越は高崎か前橋まで。国道18号の中山道を走って碓氷バイパス。そして昔は有料道路だった菅平道路を走って大笹街道、菅平を上って下って、須坂から中野のりんご畑。湯田中から志賀高原も有料道路でした。渋滞がなくても6時間コース。日曜の帰りは12時間ぐらいかかることもありました。そんなことを思い出します。

須坂までおりてくると、県道をまっすぐ中野・湯田中方面には向かわず上信越道のICを目指します。
IMG_4164.jpg

時間はまだ9時15分。でも朝ご飯が早かったのでお腹が空いてきました。目指すところは小布施のハイウェイオアシスです。
20:03 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

もいっかい上信越道

本日3回目の高速入口は上信越道の須坂長野東。
IMG_4165.jpg

上田菅平からここまで、高速を使わなかった訳は、菅平のアップダウン走行も目的ですが、更埴あたりの上信越道はトンネルばかりで走りたくないから。上田菅平からここまで約1時間掛かりました。高速使ったら約40Kmなのでロスタイムは約30分ほど。

高速入って約5分で小布施PA。ハイウェイオアシスはPAとは違う施設のようなので今日はここでラーメンにします。
IMG_4170.jpg

早速、醤油ラーメンを頂きます。まあ、普通のラーメンでした。
IMG_4167.jpg

食後は煙草を吸いながらそとの景色を眺めます。
IMG_4168.jpg

PAのすぐ脇は千曲川の堤防。向こうの山々は飯綱高原。そう云えば、今日は川上村からずっと千曲川に沿って走ってきました。

10時ちょっと前に信州中野に到着。
IMG_4171.jpg

ここから志賀の山を目指すのは3年ぶりでしょうか。
20:20 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

志賀への登り

信州中野市街を走ります。
IMG_4172.jpg

10時をまわると、何か急に雲が湧きだしてきたような気が。何と5年前にもここで同じ写真を撮ってました。撮りたいものの感覚って、そんな変わらないんですね。それとも、成長しないだけ?

長野電鉄の線路と交差すると国道292号線はバイパス路線になります。
IMG_4175.jpg

志賀高原への道が大幅改善されたのは、長野オリンピックの1998年ときなので約15年前。最近は数年に1度ぐらいしか来ないので、道路改修も最近のような気がします。

旧料金所跡を過ぎると急坂の始まり。ループ橋を走り終えると、空気は一段と澄んできました。
IMG_4176.jpg

湯田中から15分ほどで丸池到着。
IMG_4178.jpg

長野善光寺平は快晴でも、ここ志賀高原は曇りの模様。
IMG_4180.jpg

蓮池を直進して横手山方面へ向かいます。
IMG_4182.jpg

もうちょっと天気が良かったら、一の瀬方面に行ったのに。
23:28 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

渋峠

昔から気になってた、温泉の白煙に今回始めて寄ってくことにしました。
IMG_4183.jpg

ここは平床大噴泉という間欠泉です。志賀草津一帯は火山帯、いたるところから温泉が噴き出してます。湯田中・渋温泉にはじまり、万座もあって熊の湯もあります。白根山の反対側は草津温泉、その先は四万温泉とずっと温泉地帯。そういえば、志賀高原のスキー宿はどこも温泉でしたね。

横手山を見上げる渋峠スキー場です。
IMG_4187.jpg

ここは超ロングのダウンヒル。横手山山頂から熊の湯まで一気に滑るるとヘトヘト。若い頃でもそうだったので、今はもう無理でしょう。

僕がスキーやってた頃はスノボなんてなかったので、今のゲレンデは想像できません。多分、スノボだらけなんでしょうね。
IMG_4191.jpg

横手山の脇の渋峠へ続く路が見えてきました。
IMG_4193.jpg

横手山ドライブインから西側斜面を見下ろしたところ。いつ見ても荒涼としてます。
IMG_4195.jpg

この先をちょっと行くと、長野・群馬県境の渋峠。国道で標高が一番たかいところ。
IMG_4197_20120825155321.jpg

時間は午前11時。信州中野から1時間でここまで登ってきました。この先はあまり天気良くなさそう。雨が降ることのないよう祈ります。
19:21 | '12.08志賀草津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑