北へ向かいます

日曜日の朝4時に横須賀を出発。横浜でお袋を乗せて第三京浜を快走して目黒通りを北上。日曜の早朝はある程度の速さで走ってると信号に殆ど引っ掛りません。大鳥神社を左折して山手通り。そう云えば、昨日のアドマチのテーマはこの辺りでした。今日は目黒のサンマ祭りの日だとか。

下の山手通りから見上げる「西新宿JCT」です。
IMG_4560.jpg

甲州街道上に作られた首都高4号新宿線。その上に無理やり作った中央環状との連絡道路。高層ビルの谷間に、よくこんな構造物を作りました。このJCTは全方向通行可能ではありません。4号線下りから中央環状には行けませんし、中央環状線から4号新宿線の上り線には入れません。確かに、放射道路と環状道路網が完成すれば必要ありませんよね。

新宿駅西口で白馬に向かう子供を降ろし、家内とお袋を乗せたまま北へ向かいます。山手通りを北へ行くと、どっかで首都高中央環状線に入れるでしょうって走ったら、なかなかICがありません。結局高松から入ったら、すぐ5号池袋線と合流する熊野町JCT。

王子あたりの地下トンネルを通過して再び高架になると、あっと云う間に江北JCT。江戸橋JCTではちょっと混んでますが、それ以外の渋滞はなさそう。
IMG_4564.jpg

江北JCTが見えてきました。
IMG_4565.jpg

こうやって見ると、中央環状外回り-6号川口線の接続道路で、上下逆転してるのがよく分かります。

午前6時15分、東北道の北上が始まりました。
IMG_4566.jpg

川口JCTから約4分で浦和本線料金所。
IMG_4569.jpg

今日明日、関東地方は曇り時々雨。東北地方は晴れ。

岩手三陸海岸は家内と20年ぐらい前に行った、懐かしい場所です。だから、数年前から岩手の三陸海岸、とりわけ宮古の浄土ヶ浜にもう一度行ってみたいっ、って思ってました。

その思いを中断してた原因は、当然例の震災。あれから1年半経ちました。復興支援で"お金を落とす"という意味からも、宮古へのドライブを急きょ決めました。
22:53 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最初の休憩は羽生PA

浦和本線料金所から岩槻ICはあっという間。次のICは久喜でしたが、途中の蓮田SAにETC出入口が完成しました。出入口が無くても狭いSAだったのに、さらに狭くなったことでしょう。
IMG_4570.jpg

だから最初の休憩は羽生にします。
IMG_4572.jpg

こんなでかい字で「羽生PAは直進」なんて表示してるので、PAと思ってICを出てしまう車が多いんでしょうね。

いつもと同じ羽生PAです。到着は6時40分。首都高の高松から35分で到着しました。
IMG_4573.jpg

スタバはオープンしてましたが、羽生PAのパン屋さんの開店は7時だそうで、家内は絶対買って食べたいと云います。しかたなく、しばらく開店を待ちます。結局、羽生PAには30分以上滞在してしまいました。

7時40分、宇都宮まであと10Km。
IMG_4574.jpg

宇都宮ICの先は片側2車線になります。
IMG_4576.jpg

時間は8時を過ぎました。
IMG_4578.jpg

今日は北へ行くほど天気は良くなると云う予報。やっと澄みきった青空が見えてきました。
20:47 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あさか野ラーメン

8時間20分、福島県に入りました。
IMG_4580.jpg

福島の最初のICは白河IC。今ではより白河市街の中心部に近い、白河中央ICができてます。ETC車のみですが。

羽生PAから2時間経ったので、ここ安積PAで休憩します。
IMG_4587.jpg

時間はまだ8時半ですが、お腹が空いてきました。今日の朝ご飯は、横浜で第三京浜入る直前にセブンで買ったオニギリ1個のみ。家内とお袋は羽生PAの焼きたてパンをちょっと食べましたが、僕は何も食べてません。

こんな幟がありました。「あさか野ラーメン」だそうです。
IMG_4582.jpg

何かすごく美味しそうです。福島と云えば、喜多方ラーメンに白河ラーメン。PAのラーメンと云えどまずいはずはありません。

あさか野ラーメン500円の券を購入して清潔な軽食コーナーに入っていきました。ここは昔ながらの方式、券を半分ちぎって持ってて、出来あがったラーメンと交換するシステム。
IMG_4584.jpg

これがあさか野ラーメンです。
IMG_4585.jpg

麺は中太で、喜多方に近いタイプ。
IMG_4586.jpg

スープはちょっと甘めですが、コクのある上質の醤油をつかってるようで、鳥ガラ中心のダシと良く合った、美味しいスープです。麺との相性もバッチシ。具も美味しかった。とりわけ刻みネギ。

福島県のラーメンは一般的にレベル高いと思います。
22:54 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

福島縦走

美味しいラーメン食べて満足したら、眠くなってしまいました。この先の道のりはまだまだ長いので、先を急がなければいけません。そこで、ここからは家内が運転です。

9時ちょうどに安積PAをスタート。久々に運転する家内は緊張気味。恐る恐る東北道下り本線に入ります。ちょっと仮眠しようとする僕に家内は「寝ちゃダメ」と云います。仕方ないので、助手席でボケッと前を見てます。それでも多少疲れは取れるでしょう。

9時15分、郡山JCTを通過。半年前に喜多方行ったときは、ここから磐越道に入りました。今日は直進です。
IMG_4588.jpg

左手には安達太良山が見えてきました。
IMG_4591.jpg

山肌に映る雲の影が何とも長閑です。一見なだらかな山に見えますが、磐梯山とおなじ活火山だそうです。安達太良山の麓は稲作地帯、稲穂は黄金色になってきてます。稲刈りまで、あと一ヵ月ぐらいでしょうか。

9時40分、東北道で最初のトンネル、福島トンネルに入ります。
IMG_4592.jpg

以前、津軽に行った時は、ここで激しい渋滞にあいました。今日は快走です。しかも家内の運転で。

9時50分、ここ吾妻PAで運転交代。家内は「肩が凝った」と云うので。家内の運転は一時間たらずでしたが、助手席に座ってたおかげで、僕の眠気はなくなりました。
IMG_4593.jpg

福島県内の半分以上は走りました。岩手までの半分は走ったでしょうか。
IMG_4595.jpg

青空の領域は益々広がってきました。
13:19 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

宮城縦走

吾妻PAから福島飯坂・国見・白石と走り、村田JCTを過ぎるともうすぐ仙台。

10時半、仙台南ICまであと5Km。
IMG_4598.jpg

仙台南を通過すると、仙台宮城ICで渋滞1Kmとの表示。ICを出る渋滞でした。本線上は問題なし。

このあたりは、ほんとカーブと勾配区間が続きますね。
IMG_4599.jpg

吾妻PAから1時間とちょっと走って、ここ長者原SAに入りました。
IMG_4600.jpg

大きな理由はガソリン補給。横須賀からは既に480Kmはしってます。昔東北道を走ってて、ガス欠になりそうで冷や汗かいたので、今日は早めに給油しときます。27リッター入って燃費は約18Km/リッター。僕のバイク(SC40)より燃費いいと思います。

さあ今回の岩手旅行、宮古の浄土ヶ浜には行くつもりですが、それ以外何も決めてません。東北道はどこまで走りましょうか、それと今日は何処に泊りましょうか。

11時間30分、若柳ICを通過。もうすぐ岩手県に入ります。
IMG_4602.jpg

家内に「世界遺産のお寺見に行く?」と聞くと「行きたい」と云うので、まずは平泉の中尊寺に行くことにしました。僕は以前行ったことがありますが、金色堂は見てません。確か拝観料が高かったので。

ということで、東北道は一関で降りることにします。
IMG_4603.jpg

11時45分、一関ICで東北道をおりました。川口からの料金は4,550円。
IMG_4604.jpg

道路代は首都高と横横の料金を足しても、6,000円ぐらい。さっきのガソリン代は約4,000円。横須賀-一関間の交通費はひとり当たり3,400円となりました。電車や飛行機に比べて格段に安いですね。ちなみにJRだと運賃だけで約8,000円。

そう考えると、渋滞や事故のリスクが格段に高いとは云え、ガソリンや高速代はもっと高くてもいいかもしれません。
17:41 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

中尊寺

東北道を一関でおりて東へ走り、国道4号線まででると左折して北上します。この道沿いにはイオンモールとかオートバックスなど、お店が建ち並び、首都圏の郊外と全く変わりません。

国道4号線を暫く走ると、JRの平泉駅前を通過。あれっ?こんな立派な道だったっけ?
IMG_4607.jpg

昔僕が歩いた道のはず。その頃はこんな広い道じゃなかったし、周りは田畑で農家がポツポツあったくらいの記憶です。まあ、それから30年も経つので当り前か。それに世界遺産にもなったし。

中尊寺の門前駐車場は満車でした。人気があるんですね。5分ほど待って、駐車場内へ誘導されました。車から降りると、それはもうすごい暑さ。これ本当に9月の東北?

中尊寺への参道を歩きはじめました。さすがに木陰には爽やかな風が流れてます。
IMG_4610.jpg

しばらく参道の坂道を登っていくと、見晴らしのいい場所に到着。田圃の中を走る東北本線の線路。何か昔見たことを思い出しました。
IMG_4611.jpg

年寄りと一緒なので、麓の駐車場からゆっくり歩いても10分ほどで中尊寺本堂に到着。ここで、一応今回の旅の安全を祈願。
IMG_4612.jpg

中尊寺は平安時代に奥州藤原氏により建てられた天台宗の寺院です。源義経の最後の地でもあります。さらに北へ逃げたという伝説もありますが。そう云えば「立ち往生」という言葉は、弁慶が義経を守るために、橋の上で立ったまま死んだことから生まれた言葉だとか。

有名な金色堂は本堂のさらに奥、5分ほど歩いて、拝観券を売ってる建屋がありました。行列です。僕もその行列に並び、ひとり800円の拝観券を購入。

それをもって金色堂に向かいます。
IMG_4617.jpg

金色堂は鉄筋コンクリートの立派な覆堂のなかにあり、ガラスケースに納められてます。当然、撮影禁止。だから写真はありません。ざっと拝見しました。金箔を貼った黄金の社。まあ、一見の価値はあるかもしれません。

やはりこれだけ有名になって、たくさんの方が来られると、なかには良くない方もいらして、携帯のカメラ機能で「パシャリ」と撮影されてる方が複数いらっしゃいました。「静粛に」と書いてるのに声高に話す方々です。明らかにお酒を召上がってるようです。お酒自体は悪くありませんが、ルールとマナーを守らない方々にいら立ちを感じます。お陰様で案内が聞き取り辛く、2回も聞くことになりました。

ここ中尊寺は芭蕉の「奥の細道」にも登場します。ここ中尊寺で、芭蕉はいくつかの名句を残してるそうです。
IMG_4619.jpg

それにしても広い境内ですね。観光客も多いし。大したものです。
IMG_4622.jpg

帰り際、参道を下っていくとさっきの見晴らし台で、踏切の警報機の音がしました。
IMG_4624.jpg

すると、たった1両編成の電車がやってきました。全線複線電化の東北本線なのに、何か寂しいですね。昔は特急電車が頻繁に走り、急行や普通列車、貨物列車で賑わった東北本線も、いまではその役を東北新幹線と東北道に譲り、ひっそり引退した感があります。調べてみると、上下線とも1時間に1本の割合で普通電車が走ってます。

時間は13時半を過ぎてしまいました。参道を下って駐車場へ戻ります。
IMG_4626.jpg

そろそろお昼、何か食べたいし、次は何処へ行きましょうか。駐車場で貰った平泉の観光マップを見ると、一関方面に戻りますが、厳美渓と云う景勝地があるとのこと。そこでお昼ごはん食べましょうか。
18:44 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

厳美渓

13時45分、平泉前沢と云うICから再び東北道。でも今度は上り線。ひとつ南の、さっき降りた一関まで。何か無駄な行動してるような気がします。
IMG_4629.jpg

14時には厳美渓と云われる地区に到着。ある土産物屋さんの駐車場に車を停めます。で、まずは腹ごしらえ。レストランと云うか食堂はここしかありません。なので、ここで昼食を戴きます。
IMG_4630.jpg

1軒しかないというのは、いやな予感がしましたが仕方ありません。2階のレストランへ階段を昇っていくと、食券の自動販売機があり、メニューをざっと見ます。盛岡冷麺やじゃじゃ麺、前沢牛ラーメンなどがあります。が、どれも魅力的ではありません。家内たちは冷麺、僕はざるそばにしたつもりでした。

5分後ぐらいにやってきた新しいお客さんにお店に人が「おそばは終わりました」なんて云ってるのを聞いて、不安はいっそう高まります。

で、出てきたのはこれ。
IMG_4631.jpg

「僕が頼んだのはそばです」なんて文句いってもそばに変わるはずはありません。幸い値段は同じだし、気分が悪くなるので、そのままこのうどんを食べました。味は見た目通り。何かお金を無駄遣いしました。家内たちの冷麺も似たようなものだったそうです。

食後、スマホで本日の宿泊先を探します。楽天トラベルで見るとこの日の宿は一切ありません。もう時間は14時半をまわってます。ちょっと対応が遅かったか。今日中に太平洋岸まで行くのはちょっと厳しいので、盛岡・花巻・北上地区の温泉とホテルに電話をかけまくります。8件目ぐらいで、北上のビジネスホテルに予約がとれました。

とりあえずホッとして、厳美渓を歩きます。ここが厳美渓のある厳美公園。何か秩父の長瀞みたいなところです。
IMG_4638.jpg

公園の中央に人が並んでて、良く見るとロープを伝って桶が行ったり来たりしてます。皆さん川向うのお店から、郭公(かっこう)団子と云うのを買ってて、「そら飛ぶダンゴ」というここの名物だそうです。
IMG_4638A.jpg

これが厳美渓。栗駒山から流れてくる磐井川の中流域にあたり、国の天然記念物だそうです。
IMG_4633.jpg

確かに変わった川で、景勝地としては歴史があります。記念物指定は今から80年以上前の1927年。
IMG_4637.jpg

ここは厳美渓の数km上流に架かる橋から見下ろす磐井川。
IMG_4639.jpg

上流方面はこんな状態。
IMG_4640.jpg

厳美渓よりこのあたりの方が味があるような気がします。

山岳地帯ではなく、一関の平野にこんな岩のゴツゴツした川岸があるので、厳美渓は観光地になったんでしょうね。
23:05 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

岩手を北上

厳美渓のすぐそばに、「道の駅厳美渓」というのがありました。そこは一般的な地方の道の駅。土産物売り場と、生鮮野菜と地元の屋台。鮎の塩焼きなんかがありました。もう夕方だし、空腹ではないので食指は動かずトイレだけ拝借。

国道342号線を東へ向かいます。で、一関から東北道下り線。何とこの日3回目の一関ICです。
IMG_4642.jpg

結局、一関とここ平泉の間を今日は1往復半。なんか、無駄な行動になりました。
IMG_4646.jpg

秋田道との分岐点、北上JCTはもうすぐ。
IMG_4649_20120923191712.jpg

それにしても快適な高速走行です。快晴の青空、太陽を背にして走ってるので視界良好。加えて交通量はほぼなし。

一関から20分ほどでここ北上江釣子(えづりこ)ICに到着。
IMG_4650_20120923191711.jpg

本日泊るホテルはすぐそばですが、ちょっと温泉に入りたい。ということで、ICを出て西へ向かいます。
IMG_4651.jpg

このとき、スマホのナビをきっちり登録しておけばよかった。スマホに慣れてない家内に任せたので、何故か途中は行先が変わり、再び北上市内へ。結局1時間の無駄なドライブとなりました。

17時15分、北上駅の近くのビジネスホテルに到着。
IMG_4654_20120923191710.jpg

チェックインしてから、改めて食事と温泉に向かいます。
08:16 | '12.09岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑