久々の首都高5号池袋線

今年のゴールデンウイークは大きく前半と後半に分かれました。前半の3連休は概ね天気はいいみたい。中盤は崩れる予報で、後半はあまり期待できません。ってことで土曜日の夜、急きょ翌日の日曜日にドライブ行くことを決定。

そうと決まったら何処に行きましょうか。今年はあまり桜を楽しまなかったので、まだ咲いてそうなところへ行きたい。去年の会津はこの時期桜満開でした。それから昔湯沢でも満開の桜観たっけ。とりあえず関越下ってみましょうか。

さっそくJARTICの渋滞予測をみてみると、関越下りは7:00頃から渋滞が始まる模様。じゃ6:00に新座料金所通過したら何とかなるか。

横浜のお袋を誘ってみると「行く」と云います。じゃ、出発予定を横須賀を4時半、横浜は5時に決めました。

日曜日の朝4時前に起きて予定通り4:30にスタート。ちょうど夜が明けはじめたところでした。国道空いてるので、あえて横横は使わず国道16号線を北上します。でも信号のタイミング良くないですね。止まってる時間の方が長いみたい。

途中のセルフでガソリン満タンにしたこともあって、磯子でちょうど5時になってしまいました。こんな感じで、殆ど交通量のない国道でしょっちゅう止まります。
IMG_1215_20130429201806.jpg

お袋を乗せて、結局5:15に首都高に入ります。予定より15分遅れ。
IMG_1216_20130429201809.jpg

夜明けの首都高は久しぶりですね。狩場線を上ってると昇ったばかりの朝日に向かって走ります。眩しいっ! それさえ気にしなければ、快適な走り。みなとみらい経由で横羽線を上ります。

関越方面に行くとき、いつも悩みます。中央道八王子まで一般道走って圏央道でいこうか、素直に第3京浜・環八か。結局、一番速そうだけど一番お金が掛かる首都高・外環経由にしました。

そう云えば、5号池袋線走るの久しぶりです。

京浜工業地帯を快走し、都内に入って芝浦あたりまでくると、いつも圧倒されます。この高層マンション街。
IMG_1217_20130429201812.jpg

都内にお勤めだったら通勤時間短いし眺め良さそうですけど、高いんでしょうね。それに買い物とかどうするんでしょう?周りはいまでも倉庫街じゃないですか? 余計なお世話か。

確か、会社線は工事で通行止めなんですよね。だから銀座・江戸橋経由の都心環状線内回り走って、竹橋から5号線を下ります。
IMG_1219_20130429201814.jpg

昔、東北道と首都高が繋がってないころ神奈川県から東北道に入ろうとしたら、この5号線を使いました。その頃、後楽園球場が首都高からよく見えましたね。当時の5号線は北池袋が終点。山手通りから環七をちょっと走って国道122号線岩槻街道を延々と走ったものです。首都高降りてから当時の東北道起点の岩槻まで、2時間ちかく掛かった記憶があります。遠かったですね、東北道。

5号池袋線は他の放射線と比べ、カーブとアップダウンの多い道。今日みたいに空いてれば楽しい道ですね。5号線を走ってて、さっきの後楽園とならぶ景観がサンシャイン60。最近はよく見てないと分からないほど、周りに高層ビルが増えました。

竹橋から約15分で高島平を通過。
IMG_1220.jpg

ここで降りて関越の練馬ICへ向かう方が距離は短くて済みますが、多分、美女木周りの方が速いでしょう。3倍ぐらいの距離になりますが。

荒川を渡って埼玉県に入ると、もうすぐ美女木JCT。
IMG_1222_20130429201936.jpg

久しぶりの首都高5号線は面白かった。
22:52 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

5分だけ外環道

荒川を渡って戸田南のICを過ぎるとすぐに美女木JCTです。
IMG_1223.jpg

外環道と首都高が交差するJCTはみっつ。常磐道・首都高三郷線と交わる三郷、東北道・首都高川口線と交わる川口は、共に広大な敷地をもつ未来都市のようなJCT。

同じJCTでも美女木はちょっと違います。

そこは3重構造の信号機のあるJCT。今日は6時ちょっと前に通過。
IMG_1225_20130429222122.jpg

美女木JCTの周りは外環道のできる前から住宅や工場がたくさんあり、用地買収が出来なかったからだと思いますが、各方向からきて右折しようとすると必ず信号機の指示に従わなければいけません。なんか、日本的なJCTですね。

そういえば、首都高の江戸橋JCTにも昔は信号機がありました。都心環状線に合流する直前、1号上野線と箱崎方面からの6号線が合流するところ。合流直後の都心環状線が3車線に拡張されたので、信号機はなくなりました。

外環道本線に入ってすぐ、所要時間表示がありました。川越までの所要時間がオレンジ表示なので、既に渋滞が始まってるのかもしれません。
IMG_1227_20130429222125.jpg

外環道走るの、久しぶりです。全線均一料金の普通車500円。今日はETC割引で半額の250円。首都高と料金が別なのは分かりますが、常磐・東北・関越の各高速道路とも別料金なのが不思議です。管理運営会社はNEXCO東日本なのに。

もうすぐ大泉JCT。500円の外環はたった5分で終わり。割引なしで1分100円はかなり高いと思います。まあ、均一料金だからしょうがないですか。

短いトンネルの先の上り勾配が大泉JCT。
IMG_1230_20130429222127.jpg

6時3分、関越道本線に入りました。順調に流れてます。
IMG_1231_20130429222226.jpg

6時5分、新座料金所を通過。予定より5分遅れ。
IMG_1234.jpg

関越道本線に入ってお腹が空いてきました。でもこれから分刻みで渋滞は激しくなってくると思います。なので、暫くは北へ走り続けます。

朝ご飯は群馬県直前の上里SAで食べましょう。
22:59 | '13.04十日町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

関越道を上里まで

新座料金所を過ぎてすぐの所要時間表示板。オレンジ表示なので既に混雑が始まってます。藤岡JCTまで50分だって。
IMG_1235_20130501231307.jpg

鶴ヶ島JCT手前のこのあたりが一番混んでましたね。
IMG_1236_20130501231309.jpg

停まることはありませんでしたが、40Km/h~60Km/hぐらいでゆっくり進みます。鶴ヶ島JCTを通過すると次第に速度は回復。

上越新幹線と交差すると、もうすぐ上里SA。
IMG_1238.jpg

大泉から関越に入ってちょうど1時間、7時に上里SAに到着です。
IMG_1239_20130501231314.jpg

いや~、混んでますね。まだ7時ですがSA内は、マイカーとバイクで溢れてます。
IMG_1240.jpg

上里で朝食といえば、やはりこれでしょう。
IMG_1241_20130501231456.jpg

SA内のフードコート内は家族連れで満席、お店は蕎麦屋さんやラーメン屋さんなどがありますが、行列ができてるのはここ、吉野家だけ。最近の値下げが影響してるんでしょうかね。15人ほど行列ができており、僕が並んでる間に家内たちが席を確保するという計画。

家内たちの要領が悪いのか運が悪いのか、僕の注文の順番がもうすぐというのに、席が確保できてませんし、あと数分で確保できる見込みもありません。トレイをもって席の空きをまってる方もたくさんいらっしゃいます。

上里SAでの朝食は諦めました。

あとで話を聞いたらずうずうしいオバサンが何人かいて、いやな思いをしたそうです。

関越道の本線にもどるとすぐに藤岡JCT。あっ字体がかわってるっ。
IMG_1242.jpg

そうでした、新しい看板から公団フォントは廃止され、ゴシック体になるんでしたっけ。

藤岡JCTといえば、あの悲惨な高速バスの事故からちょうど1年が経ちました。ほんとうに運の悪い事故でしたね。接触した壁が普通の壁だったら、怪我人はでたでしょうが、死亡事故には至らなかったと思います。合掌。

時間は既に7時20分、お腹が空きました。次のSAの赤城高原はあまりいい印象はないので、谷川岳PAまで我慢することにします。
11:09 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

関越道、上州路

もうすぐ高崎IC。目の前には赤城山がみえてきました。
IMG_1243_20130501232447.jpg

渋川ICを過ぎると赤城山麓の斜面を快走し、標高があがっていきます。なんかだんだん雲が多くなってきました。
IMG_1247.jpg

すると雨がパラパラってやってきましたが、ほんの一瞬。頭上は黒雲ですが、利根川の谷の上は晴れ。僕は見ませんでしたが、進行方向左側の谷に大きくて鮮やかな虹が現れたそうです。

頭上は黒雲ですが、先は晴れてそう。このあたりはヤマザクラが満開です。
IMG_1249.jpg

もうすぐ水上ICというところで、「この先 事故」の表示。すると先行車がハザードランプ点灯。
IMG_1250.jpg

側面がグシャグシャになったワンボックスが1台、路肩に停まってました。多分、居眠りか何かで壁に接触した模様。怪我人はいないみたい。同乗者はのんきに事故車両の写真なんか撮ってます。転倒しなくて良かった。

水上ICから路面はウェット。このあたりは、にわか雨が降ったみたいですね。正面には残雪の残る山々が現れました。
IMG_1251_20130501232719.jpg

この登板車線区間が終わるところが谷川岳PA。上里からは40分ほど掛かりました。
IMG_1254_20130501232721.jpg

横須賀から谷川岳PAまでの所要時間は3時間半、渋滞してた割にはけっこう速かったですね。
15:32 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

谷川岳PAでラーメン

8時5分、谷川岳PAに到着です。
IMG_1255.jpg

このPAはタイヤチェーンの着脱のため、関越トンネルのすぐ脇につくられました。ちなみに新潟県側にも土樽PAという同様の施設があります。関越トンネル内で金属チェーンの使用は禁止。だからチェーン規制のとき、このPAでチェーンを外し、トンネルをぬけた先の土樽PAで再びチェーン装着という手順をふまなければいけません。

車から降りると「寒っ、風冷たっ」 まるで冬のようです。
IMG_1266_20130503120028.jpg

さっそくPA内の軽食コーナーへ。自動販売機で食券買ってカウンターの店員さんへ渡し、半券貰って出来あがりを待つタイプ。僕はラーメンと半ライス。家内は山菜うどん、お袋は名物のモツ煮込み定食。

何とモツ煮込み定食のご飯はドンブリ大盛り。半ライス頼むんじゃなかった。結局、僕の頼んだ半ライスとお袋の大盛りドンブリ飯を交換。

ラーメンは、ほんとうに普通のラーメンです。値段は安めの500円。
IMG_1257_20130503115930.jpg

今が寒いからか、ここの水が美味いからか、このラーメンすごく美味しく感じます。
IMG_1258.jpg

ドンブリ大盛り飯とラーメンで、超満腹になりました。

ここ谷川岳PAには湧水がひかれてます。いつも誰かがペットボトルか何かで水を採取してますね。美味しい水だと思います。
IMG_1263_20130503115938.jpg

美味しい水といえば東名の駒門PA。ここは富士の伏流水が豊富に湧いていて、谷川岳PAに負けず劣らずラーメンも蕎麦も美味しいところ。水が美味しいところは何を食べても美味しいって、思います。

お腹いっぱいになったので、新潟へ向けて出発。
IMG_1267_20130503120030.jpg

あれっ?関越トンネル走るの何年ぶりだろう? 5年ぶり?


19:01 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

越後湯沢

約8分掛かって関越トンネルを通過し、新潟県へ入りました。
IMG_1269_20130503121004.jpg

谷川岳PAと同様のチェーン着脱所になってる土樽PAを通過。ここはトイレしかないPAなのでパス。ここから越後湯沢までは長い長い下り坂。100Km/hで走ってて、ギアをニュートラルへ入れても速度は落ちません。

9時ちょうどに越後湯沢ICを通過。
IMG_1270.jpg

まずは、湯沢中央公園へ行ってみましょうか。桜が満開かも。中央公園は国道17号線から1本東側の県道268号線へ入ってすぐ。桜はけっこう咲いてました。でも天気良くないし風強いし、あまり桜鑑賞する陽気じゃありません。晴れてくるまで、越後湯沢駅で時間を潰しましょうか。

駅へ向かう途中、農家の庭先に綺麗なピンクの桜の木がありました。なんとものどかですね。この桜、電線通すために切られちゃったのかな?
IMG_1271.jpg

越後湯沢は狭い街。すぐに駅前に到着。
IMG_1278.jpg

駅前には送迎のための駐車場があります。30分は無料ですって。30分以上かどうかって、だれが監視してるんでしょうかね。その駐車場に車を停めてエキナカへのエスカレータを登ります。

懐かしいですね、この駅構内。昔スキーにきてよく立ち寄った立ち食いそば屋さんも健在。駅弁屋さんも昔のまま。

窓から外を見ると上越線の駅構内。人っ子ひとり居ません。
IMG_1277.jpg

新幹線下の広場にやってきました。ここにはたくさんの土産物屋さんが並びます。
IMG_1273.jpg

なんか、きれいになりましたね、ここ。昔は臨時の露天商みたいなお店が並んでましたが、改装されて常設のお店になってます。CoColo湯沢 がんぎ通りというそうです。この奥にいくとたしか日本酒の試飲ができるところや、温泉もあるんですよね。

色々見て廻りましたが、そのなかで家内が是非とも味わってみたいと云ったのが、温泉コーヒー。高かったんですが1杯購入。いい香りのするコーヒーでしたが、味は普通。温泉だか普通のお湯だか分かりません。美味しいんですけど、値段みちゃうとね。

美味しそうな獲れたての人参売ってるお店がありました。それ見て「この辺に道の駅ないかな?」って調べてみると津南のほうに行くとありそうです。じゃ、そっち方面に行ってみようか。

外へ出てみると天気はいまだ回復してません。湯沢中央公園の桜見物は諦めて、津南・十日町方面へ向かうことにしました。

越後湯沢の駅前商店街。なんか寂れてますね、日曜日の朝だからかな?
IMG_1280.jpg

新幹線で東京まで1時間とちょっと。温泉あるしスキーもできるし、こんないいリゾート地はないと思いますが、何でもっと発展しないんでしょうか?
22:13 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

清津峡

越後湯沢から国道17号線を下って、石打から国道353号線を走ります。

道はすぐに十二峠へ向かう急な登り坂。だんだん、青空が広がってきました。
IMG_1282.jpg

峠の頂上は十二峠トンネル。2Kmぐらいの長いトンネルです。トンネルを出るとタイトなコーナーの続く下り坂。

途中に展望台のような駐車場がありました。ちょっと停まってみます。新潟らしい風景ですね。残雪ののこる斜面に杉木立ち。清流と田圃と小さな集落。
IMG_1309_20130503123047.jpg

国道走ってを谷まで降りてきたら、左折して県道389号線。清津峡という景勝地を目指します。僕と家内は2度目です。昔浦和に住んでた頃、娘と3人で来ましたね。娘がまだ幼稚園生で可愛かった頃のこと。

ここを流れる川は清津川。
IMG_1283_20130503122831.jpg

この川の上流は国道17号三国街道の通る三俣や苗場となります。普通だったら三国街道は清津川沿いにここまで下ってきてもよさそうですが、わざわざ峠をひとつ越えて湯沢を通るようになったのは、清津川の渓谷が険しくて道を作れなかったからだと思います。今でも三俣から清津峡まで、清津川沿いの車道はありません。

集落の入口にある駐車場に車を停めて、寂れた観光地の集落へ入っていきます。これは途中で振返って駐車場方面を見たところ。
IMG_1305.jpg

温泉旅館や土産物屋さんが並びます。清津峡って、温泉あったんですね。

集落が終わると、清津川渓谷はいっきに狭くなりました。この時期、ここでは水仙の花が満開。
IMG_1304_20130503123001.jpg

清津峡の渓谷を観るには、有料のトンネル内を歩かなければいけません。そのトンネルに入ったところでチケットを購入。大人ひとり500円。

うす暗い、緩い登り坂のトンネルをゆっくり歩きます。冷たい風が前方からやってきて、けっこう寒いです。
IMG_1287_20130503122834.jpg

数百メートル歩くと、こんな展望台があります。展望台はぜんぶでみっつ。
IMG_1300_20130503122958.jpg

その展望台から観えるのは、険しい清津川の渓谷。これが清津峡です。
IMG_1292.jpg

この岩の規則正しい模様は柱状節理って云います。中学校ぐらいの社会で習いましたよね。マグマがゆっくり冷えて固まる時にできるもので、体積が縮むために出来た規則的な割れ目だそうです。
IMG_1294_20130503122840.jpg

川面から崖のてっぺんまで、50m以上あるんじゃないでしょうか。これじゃ川沿いの道なんか作れませんね。
IMG_1295_20130503122955.jpg

清津峡をゆっくり歩いてみて廻って小一時間。駐車場に戻ってみると、地元のオジサンがお店をはじめてました。
IMG_1307.jpg

「そこいらの生しいたけ」だって。オジサンは「おまけ、おまけっ」て云って袋いっぱいにしいたけを入れてくれました。

家に帰ってこのしいたけ焼いて食べたら、めちゃくちゃ旨かった。とりわけ香りがすごい。スーパーで買ってくるしいたけって香りしませんもんね。それからこの人参も。良く洗って皮ごと味噌につけて食べたら、人参の美味しさを感じました。
08:33 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

松代

清津峡からは、ふたたび十二峠方面への急坂を登っていきます。お目当ては魚沼スカイライン。僕は走ったことあろませんが、南魚沼の絶景がのぞめるそうです。その魚沼スカイラインを走ってから十日町へ向かう計画。

せっかく登ってきたのに、まだ今シーズンはオープンしてませんでした。今年は雪多かったですもんね。残念です。
IMG_1311.jpg

じゃこれからどうしましょうか。十日町観光協会のサイトをスマホで確認。すると、松代という地区に絶景の棚田があるらしい。

その松代地区へ行ってみることにしました。松代は「マツシロ」じゃなくて「マツダイ」だそうです。清津峡入口から先の国道353号線は、清津川沿いのこんな道が続きます。
IMG_1312.jpg

魚沼スカイラインの入口から30分ほど走って、越後田沢と云うところを右折。国道117号線になります。十日町まで行ってそこを左折して山の中へ入っていったところが松代地区。道の駅があるようなので、そこで棚田情報を入手しましょう。

その国道117号線は、信濃川とJR飯山線と並行する道。上流方面に行くと信濃川は千曲川と名を変えて長野県に入ります。

この道も、なんとものどかな国道。民家の壁に貼り付けた広告。いいですね、田舎っぽくて。それに、道路中央に埋め込まれてる融雪装置が雪国らしいですね。
IMG_1313_20130503124524.jpg

地図を見てた家内が、「松代行くんだったら近道があるみたい」と云います。それに従って国道を左折して暫くいくと、JR飯山線の踏切を渡ります。
IMG_1314_20130503124529.jpg

それから信濃川を渡って山の中へ入っていきます。
IMG_1315.jpg

途中から国道353号線となり、道の駅松代に到着。するとこの道の駅は鉄道の駅でした。北越急行ほくほく線の松代駅だそうです。
IMG_1317_20130503124647.jpg

建物の脇、ほんとうに駅がありました。
IMG_1322_20130503124653.jpg

ちょうど、自動音声で電車が到着すると云ってます。ちょっと見てきましょうかね。

どうせ無人駅でしょうから改札口を勝手に通りホームへ。すると反対側のホームへゆっくり2両編成の電車がやってきて停車しました。
IMG_1320_20130503124649.jpg

さっきの飯山線に架線はありませんでしたが、このほくほく線は電化されてます。すごいですね、こんな山の中で。

すると再び自動音声。僕の居るホームに通過電車が来るので、危ないからホームから出て下さいって。これに従いホームから出て通過電車を待ちます。

するとすごいスピードで新幹線みたいな電車が通過していきました。あまりにも速すぎて、写真に納まってません。
IMG_1323_20130503124655.jpg

調べてみると、この北越急行ほくほく線は、上越線の六日町駅と北陸線の犀潟駅との間をほぼ直線で結ぶ鉄道で、越後湯沢から金沢などの北陸の都市へ直通の特急電車が走ってるとのこと。その特急「はくたか」はJR在来線では最速の160Km/h運転をしてるそうです。

道の駅の中にもほくほく線の歴史コーナーがありました。大正期の改正鉄道敷設法からはじまり、平成になって開通するまでには、色々紆余曲折があったようですね。

道の駅のなかは、情報発信コーナーとお土産コーナー、2Fのお食事コーナー。それにスーパーマーケットがありました。
IMG_1324.jpg

そのスーパーで「新潟ラーメン」と云うのを購入。
IMG_1487.jpg

肝心の棚田ですが、松代地区の棚田マップをしっかり頂きました。
15:50 | '13.04十日町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑