二年ぶりの会津へは常磐道から

今年の5月連休のドライブは、久しぶりに家内とふたりで喜多方にラーメン食べに行きたいと思ってました。行くと決めた日は5月3日の土曜日、高速道路下りが一番混雑する日とは知ってますが、連休後半で一番天気が良いと云われてた日だから。

NEXCOの渋滞予測では朝の5時頃から混雑すると云ってます。じゃ、横須賀を3時半にスタートすれば大丈夫か。

早朝の朝3時に起きてスマホのMapで混雑状況を確認すると、こんなことになってます。東名もそうですが、東北道もall nightで渋滞してたみたい。
IMG_4115_2014050409020922b.jpg

じゃ、常磐道で行きましょうか。

なんだかんだで支度が遅れ、横須賀を出発したのは4時になってしまいました。横須賀ICから横横上り本線に入ると、微かに空が明るくなってます。この時間だと本線上は誰も走ってませんね、朝比奈あたりまではうちの車だけでした。

首都高は狩場線から横浜駅前を通って横羽線を上ります。首都高に入った頃から空はけっこう明るくなってきました。

4時44分、天王洲の右コーナーを過ぎるとこの景色。都会の朝って感じ。
IMG_4117_2014050409072035b.jpg

江戸橋・箱崎・両国もハイスピードで通過して堀切からは中央環状線。

4時56分、小菅JCTを直進して常磐道方面へ向かいます。
IMG_4118.jpg

5時5分、三郷JCTを直進して常磐道。
IMG_4120_20140504090212257.jpg

その直後、ご来光。天気予報外れて一日中晴れてればいいんだけど。
IMG_4121.jpg

電光掲示板には東北道の渋滞情報、西那須野が先頭で鹿沼までだって。
IMG_4123_20140504090215a68.jpg

一方、常磐道は快適に流れます。多少距離はありますが絶対速いと思います。

柏ICを過ぎると霧がでてきました。まるで流れる雲のなかを走るようで、時折視界が遮られたり戻ったり。この朝霧は土浦あたりまで続きました。
IMG_4124_201405040904114d3.jpg

横須賀を出発して約2時間、横浜あたりから寝てた家内を起こして、東海PAへ入りました。朝ごはんも何か食べたいので。
IMG_4128.jpg

せっかく家内起こして停めたのに残念、売店も軽食も営業開始は午前7時。僕はタスポ持ってないので、煙草も買えません。開店はまだ1時間も先なので、トイレにだけ寄って常磐道本線に戻ります。じゃ、朝食は磐越道入ってからの阿武隈高原SAにしましょうか。

東海PAをスタートして日立南太田ICを過ぎると、すぐに上り勾配となりトンネルの続く区間となりました。その区間は日立北ICあたりまで続きます。

この辺りって、日立製作所の工場いっぱいあるんですよね。だから用地買収ができなくて山にトンネル掘ったんでしょうか。そういえば、鉄鉱石とか石炭とかが採れたんで日立ってこのあたりで創業したんですよね、トンネル掘ってて鉱物資源は出なかったのかな?

日立北ICを過ぎると、山岳路線ではなくなり、周りはのどかな田舎の風景に戻りました。このあたりまで走ってくると、交通量もかなり減ってきて、益々走りは快適です。
IMG_4131_2014050409041348a.jpg

6時46分、常磐道はここいわきJCTでお別れ。ここからは磐越道。
IMG_4132_20140504090415a5b.jpg

早朝の常磐道は全く渋滞はなく、快適な高速走行を楽しむことができました。
09:04 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

磐越道下り

いわきJCTからは磐越道を走ります。何で磐越道かというと、福島県浜通りのことを磐城(いわき)と云います。その磐城と越後(えちご)との間の道だから磐越道。漢字が難しいから「磐城」は平仮名で「いわき」なんですかね。そう云えば鉄道も磐越東線・磐越西線って云いますね。

進む方向が変わってここからは北西に針路をとります。だから太陽は右後ろから射すので走り易くなりました。
IMG_4135_20140504130946218.jpg

さっき停まった東海PAから1時間15分、阿武隈高原SAまでやってきました。が、SAに入るため渋滞になってるようです。
IMG_4136_20140504130947934.jpg

とっさの判断で通過することにしました。駐車場だけでなくフードコートやトイレまでも行列が出来てそうな気がして。SA通過直後、「じゃ、朝ごはんは高速降りてから、コンビニにしようか」などと家内と話しました。

阿武隈高原のSAを過ぎるとずっと下り坂。走りはさらに快適に。
IMG_4137.jpg

磐越道に入ってちょうど40分、東北道との交差ポイント郡山JCTを通過します。
IMG_4140.jpg

前回この区間を走ったのは2007年の5月なので、もう7年前のこと。そのときは半分以上が対面通行でしたが、今ではすべて片側2車線化。これで郡山-東京間は完全2重化されました。

JRでいうと、磐越西線側に入ってすぐ軽食サインのあるPAがあったので入ってみることにします。五百川という変わった名前のPA。
IMG_4141_20140504130946fc2.jpg

ここは空いてましたね、駐車場は2割ぐらい空いてました。時間は7時半を回ってるので売店も軽食コーナーも営業中。お腹空いたのでまずは朝ごはん。今日はラーメンと蕎麦を食べる予定なのでそれ以外で軽いものを探します。「これにしようかっ」と選んだのがカレー丼ミニ。家内とふたりで270円×2。
IMG_4142_201405041311187b4.jpg

味はレトルトカレーそのもの。ご飯は普通のカレーライスぐらいの量がありました。けっこう満腹。

福島のこのあたりまで来ると、売店もそうですが軽食コーナーの店員さんの言葉とか動きとか、ホノボノしてていいですね。のんびり暮らしてるんでしょうね。こういう生活もいいなってホント思います。会社定年になったら、こういうところで働こうかな?

もうすぐ8時になります。高速もあともうすこし、さあ出発しましょ。

いくつかトンネルをぬけると磐梯山が現れました。いつ観ても美しい山ですね。
IMG_4145.jpg

8時10分、今日はここで高速降ります。猪苗代磐梯高原IC。名前ながいですね。
IMG_4146_20140504131116191.jpg

横須賀から4時間10分でここまでやってきました。遠回りした割には速かったと思います。何より渋滞が回避できたので。
23:12 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

猪苗代町運動公園の桜

猪苗代磐梯高原ICで磐越道を降りたのは8時10分、これから桧原湖方面に行くので国道115号線を北へ向かいます。暫く走ると右手に華やかな色とりどりの桜林があるじゃありませんか。

「ちょっと見てこうか」

次の信号を右折して田んぼの中の真っ直ぐな道を行くと、猪苗代町運動公園と云うのがありました。華やかな桜はその公園の桜です。駐車場に車を停めて、長瀬川という河原に広がるその公園に向かって土手を降りていきました。

この公園は運動公園というだけあって広いグランドがいくつかあり、子供たちがソフトボールの練習に興じてます。

会津磐梯山をバックに咲く満開の桜。なかなかいい構図で写真を撮りましたが、中央にデンと鎮座するトイレが邪魔です。
IMG_4148.jpg

それさえ気にしなければ見事な枝ぶりの桜。
IMG_4149.jpg

子供たちのキャッチボールしてるのを見ながら河原まで歩いて行って、磐梯山をみたところ。この桜も見事です。
IMG_4151_20140504181018d9c.jpg

磐梯山だけでもう一枚。このあたりは標高が高いからか今が春真っ盛り。
IMG_4152_20140504181020e64.jpg

河原の土手には鮮やかなピンクの芝桜。
IMG_4153.jpg

これが遠く国道から華やかに見えた桜林。
IMG_4154.jpg

残念ながらこの角度からしか写真におさまりません。桜の南東側から撮りたかったんですが、ある会社の私有地のようで、僕たちは立ち入ることができません。

15分ほどでしたが満開の桜を楽しみ、国道に戻りました。

最初は快適に走りましたが暫く走るとゆっくり走る車の列。どうも先頭に遅い車がいるようです。

これから行こうとしてるのは五色沼。ここを左折しても行けますが、確か桧原湖畔からも歩けるはず。そこへ行くには直進です。
IMG_4157_20140504181220513.jpg

直進するとゆっくり走る車の正体判明。なんともレトロなバスでした。多分老体に鞭打って一生懸命走ってるんでしょうね。音と煙がすごいです。
IMG_4159_20140504181222e58.jpg

桧原湖のあたりまでくると、けっこう雪残ってるんですね。もう少しで湖畔に到着するはず。

18:26 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

五色沼

前を走るポンコツバスに多少イライラしてたのは事実です。そのバスが道を逸れたき、「やっとどいたよ!」と家内に云いアクセルを踏み込みました。でも本当は、そこが僕たちの目的地だったのに。

1kmほど走って何か違うのに気づき地図を確認。行き過ぎに気づいてUターン。五色沼の駐車場はさっきバスが停まったところと同じ場所。

そのバスはボンネットバスでした。メンテとか大変でしょうね。
IMG_4161_201405041844557ba.jpg

五色沼観るのって何年ぶりでしょうか?前にきたとき、娘が幼稚園のころだったんで15年ぶりです。それまでも、ここには何度もきました。一番最初は小学校5年のときかな?

9時20分、駐車場にVitzを停めてトイレによってから、家内と散策路を歩き始めました。柳沼という大きな池からは暫く雑木林のなかを歩くと、綺麗な沼がありました。エメラルドグリーンって云うのかな?日本語で云うと青緑。

その沼は青沼と云います。
IMG_4173.jpg

その青沼より水面が5mほど高いところにもっと青い沼がありました。瑠璃沼です。奥に聳える山は磐梯山。
IMG_4167_2014050418445700a.jpg

これが瑠璃沼から青沼への流れ。ほとんど滝です。
IMG_4168_201405041845006e8.jpg

それからもうすこし林のなかを歩いてくと、さらに鮮やかな沼が見えてきました。
IMG_4169.jpg

弁天沼って云います。空が青いからか、ホントに透き通るようなみごとなBlue。
IMG_4170_20140504184456ce0.jpg

五色沼散策はここまで。来た道を駐車場へ戻ります。本当は全ての沼を廻りたかったんですが、残り半分は次の機会にとっておきます。

10時頃、駐車場まで戻ってきてレストハウスで一服。さっきと比べ急に観光客やハイカー増えましたね。今度五色沼に来るときは紅葉の時期がいいですね。
18:46 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

取上峠の桜

10時過ぎに五色沼駐車場をあとにしました。道はいつしか国道459号線。すこし走ると再び桧原湖畔となり、湖畔の道から左折すると、すぐに道の駅裏磐梯。せっかくなので寄ってきます。
IMG_4178_2014050418545910b.jpg

新鮮野菜が色々売ってました。これからまっすぐ帰るんだったら迷わず大量の買物になったでしょう。車の中の温度はこれから益々上がるので、野菜購入は止めときます。
IMG_4176_20140504185456a80.jpg

家内はアイスクリームを購入。こういうの、ジェラートって云うみたい。
IMG_4179.jpg

買ったのはお店お勧めの「ドングリ」と「塩」だって。ちょっとだけ頂きましたが、「塩」はまあそれなり。「ドングリ」ってだいたい人間の食べ物だっけ?

道の駅建家2Fの展望フロアから観る桧原湖。何か急に曇ってきましたね。天気予報は当たりか。
IMG_4177.jpg

10時50分、お腹が空いてきたので道の駅を出発して喜多方へ向かいます。桧原湖と喜多方との間の峠は取上峠。そのピークは道の駅をスタートしてすぐ。

このあたりが取上峠のピークです。けっこう雪残ってますね。
IMG_4181.jpg

少し坂を下ると、綺麗な桜並木が続きます。
IMG_4182_201405041854558f1.jpg

その直後、こんな満開の桜の森があったので、思わずVitzを停めました。
IMG_4186.jpg

まるで桃源郷のよう。今年観た桜の中では一番驚いた桜です。
IMG_4183_201405041900080db.jpg

ここは桜峠公園と云い、桜では名所とのこと。なんでも皇室のどなたかの誕生を祝して桜を植えたとか。

11時15分、喜多方の盆地まで降りてきました。
IMG_4189.jpg

これから美味しいいラーメン食べます。あまり並ばずに食べられることを願います。

19:00 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

まこと食堂の中華そば

喜多方のラーメン屋さんは迷わずここへやってきました。まこと食堂です。
IMG_4192.jpg

すごい行列ですね。早速家内が車を降りて順番待ちの行列に並びます。それで僕は駐車場の空き待ち。最近、警備員さんをひとり雇ったようで、そのオジサンが不法駐車を取り締まってます。周りに住んでる方には迷惑ですもんね。

駐車場は10分ぐらい待って停めることができました。それから僕も行列に並びます。前に並んでるお客さんは50人ほど。こういうとき日が陰ってくれると嬉しいんですが、炎天下のなかただただ待ちます。

30分ほどでお店の中へ入ることができました。ラッキーなことに椅子席です。ここ、厨房のすぐ脇でいいんですよね。多分、こんな人気がでる前はここだけで営業してたんでしょう。ここだけじゃお客さんをさばききらないので、普段暮らしてる和室もお客さんに解放したんだと思います。

テーブルにつくと、すぐお水を持ってきてくれました。毎回思いますが、ここのお水美味しいんです。冷たくて喉越し良くて。家内は中華そば、僕は大盛りを注文。家内は最初チャーシューメンを注文しようと思ってたようですがお店の方に確認すると、チャーシューが8枚ものってると云うので普通の中華そばに代えました。

壁にはメニューと色々な写真や観光案内。
IMG_4194.jpg

その脇には先代の頃の写真も貼ってあります。
IMG_4196.jpg

注文してから15分ほどで中華そば登場。家内の普通盛りと僕の大盛り。
IMG_4197_20140504191144c8d.jpg

いつ見ても美しいラーメンだと思います。
IMG_4200_20140504191146c35.jpg

アツアツのスープは最後まで冷めませんし、麺ののど越しも快く、チャーシュー・メンマ・刻みネギのどれもが美味しい調和のとれた素晴らしいラーメン。

いやっ、美味しかった。

ちなみに並んでるとき、製麺屋さんが麺を届けにきてました。曽我製麺というお店です。Web見ると喜多方のラーメン屋のかなりのお店がここから仕入れてるようです。

今度、ネットで注文してみましょ。

19:12 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ばんえつ物語号

まこと食堂の中華そば食べ終わったら12時40分、実はラーメン以外に会津に来た目的がもうひとつありました。それは生で蒸気機関車をみること。事前にばんえつ物語号の時刻を調べて準備。ほんとうは、山都の近くの一ノ戸川橋梁を渡るSLが見たかったんですが、そこの通過時刻は今頃。もう間に合いません。


ばんえつ物語号は、喜多方駅が13時7分発車なんで喜多方駅の手前あたりで見ましょうか。スマホの地図で確認すると、濁川(にごりがわ)という川を渡る鉄橋があります。そこ行きましょう。

スマホのナビにその場所をセットしてそれに従って走ってくると、こんなところに着きました。こんな道まで網羅してるとは、さすがGoogle。
IMG_4223_201405041922201eb.jpg

時間はちょうど13時、もうすぐSLがここを通るはず。すると遠くから汽笛が聞こえ、同時に黒煙が確認できました。

それから1分ほど待つと鉄橋を蒸気機関車が渡ってきました。
IMG_4215_20140504192121924.jpg

音すごいですね、汽笛だけじゃない蒸気の音。躍動感があります。まるで生き物のよう。
IMG_4216_2014050419212426b.jpg

この機関車はC57といって、けっこう人気のある蒸気機関車です。
IMG_4216 (2)

ちょっと撮影場所を失敗しましたね、木が邪魔でした。
IMG_4218_20140504192126155.jpg

C57のけん引するばんえつ物語号は喜多方駅停車のため、減速しながら僕たちの前を通過してきました。
IMG_4222_2014050419212223d.jpg

実は、走るC57を僕が見たのは2回目。1回目はなんと鉄道100年の記念で、横浜(今の桜木町あたり)-新橋(今の塩留)間を走ったときのこと。場所は高島町の貨物線踏切の脇。今でいうみなとみらい地区ですね。生まれて初めて間近に蒸気機関車を見て、大変興奮しました。

さて、これから喜多方をあとにして、大内宿経由で帰路につきます。

会津磐梯山へもお別れのあいさつ。
IMG_4224.jpg

またラーメン食べに来ますね。
14:00 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大内宿

午後になると予報通り天気が崩れてきました。快晴だった空はどこへやら。まだ日は照ってますが風がすごい。もうすぐ気圧の谷が通ります。

大内宿へ向かう途中のコンビニでお茶を買って、そこで家内と運転交代。大内宿まで任せます。

肥沃な会津平野を家内の運転でゆっくり走ってると、何だか眠くなってきます。うつらうつらしてると、いつしか山の中へ。

ふたたび満開の山桜をあちこちに見るようになりました。福島県道131号線を山の中へ入っていきます。
IMG_4228_20140505233152d41.jpg

峠のトンネルをぬけて下り坂になると大内ダムの湖。湖畔の道を少し走ると坂を下って渋滞になってました。大内宿の駐車場に入るため並んでる車です。
IMG_4231_20140505233153642.jpg

10分ほど待って、駐車場に入ることができました。やはりここ、人気の観光スポットなんですね。

駐車場から大内宿の街並みへ向かう途中でこんな水仙の群生がありました。
IMG_4232.jpg

横須賀では2月頃に咲く水仙ですが、このあたりでは桜と同時期に咲きます。
IMG_4233.jpg

大内宿にやってきました。やはりすごい観光客。家内と一通り街道筋を歩いてみます。土産物屋さんに蕎麦屋さん、一軒一軒お店を見て回るとけっこう楽しいですね。
IMG_4237_2014050523315057b.jpg

街並みを見下ろす丘の中腹からの風景。
IMG_4241_2014050523333817a.jpg

ここ大内宿は会津西街道の宿場町。会津西街道って、国道121号とか118号線だと思ってたので、どうしてその国道から外れたところに宿場町があるのか疑問に思ってましたが、来てみて分かりました。江戸時代は今の国道が走る阿賀川沿いは急峻で道が作れなかったんですね。

家内がここの名物の蕎麦を食べたいと云います。僕は大盛りラーメン食べたんで、あまりお腹空いてないですが、名物の「ねぎそば」の元祖と書いてあるお店に入りました。そのお店は街道筋の土産物屋さんを兼ねてて、その店先に座るよう案内されました。歩いてる観光客から丸見えの場所。まるで客寄せパンダ。

僕はざる蕎麦を頼みました。
IMG_4247.jpg

田舎そばです。ちょっと僕の嗜好には合わない蕎麦。もうちょっと洗練されたお蕎麦が食べたかった。一昨年食べた宮古そばのほうが断然美味しかった。
IMG_4248.jpg

それに驚いたのがチューブ山葵。専門にお蕎麦を供するお店で、こんな手抜き許されるんでしょうか?僕は納得できません。だからサビヌキで蕎麦を食べました。それも美味しくなかった原因かな?

家内は名物と云われてる「ねぎそば」を注文。ネギを箸の代わりに使って食べるという蕎麦。かじれば薬味になります。
IMG_4246_201405052333401fa.jpg

食べたところはこんな場所。蕎麦食べてると観光客から「すいません、これ下さい」なんて声を掛けられました。それに未舗装の街道に面してるので、テーブルとか埃っぽかった。
IMG_4249.jpg

蕎麦を食べ終わって外にでると、時間は既に16時。天気も崩れ、風が冷たくなってきました。やはり埃が気になったのか、お店の人が水撒いてます。
IMG_4256.jpg

この桜が今年最後の桜かな?
IMG_4260.jpg

駐車場に戻って、南に向けて走りだします。すると、大内宿南側の方が大きい駐車場がいくつもあり、その駐車場へ入ろうとする車の列がまだまだ続いてます。ホント、人気の観光スポットなんですね。
16:30 | '14.05会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑