東名を下って信州方面へ向かいます。

圏央道の相模原愛川ICと高尾山ICとの間が、6月28日に開通しました。これって画期的なことで東名道・中央道・関越道が、海老名・八王子・鶴ヶ島で結ばれたということ。つまり僕たち神奈川県民は、首都高とか環八などで都心を通らず関越方面に行けるってこと。横横から一般道を走ることなく、中央道方面に行けるってことです。

その新しい道を走る機会を約一か月待ってました。

霧ヶ峰のニッコウキスゲが見頃になったこの3連休、日帰りですが新しく開通した圏央道を走って中央道下って霧ヶ峰に行くことにしました。

日曜日の朝3時半に起きて4時半に出発。横浜でお袋を乗せて保土ヶ谷BPを東名方面へ走ります。

早朝の5時36分、横浜町田ICから東名道を厚木方面へ。
IMG_4723_20140721205610506.jpg

東名本線にのって約5分で大和TN。
IMG_4724.jpg

この時間だと空いてますね。それにこの日の天気予報で、関東甲信越はどこでも「曇りのち雨」ですって。それも道が空いてる理由だと思います。

5時45分、海老名JCTで東名は終わって圏央道外回りにはいります。
IMG_4725_20140721205614d9b.jpg

圏央道方面はちゃんと「八王子・中央道」って書いてあります。1ヵ月ほど前に由比に行ったときここを通りましたが、「相模原」って書いてありました。

相模川に沿って走るこのあたりの圏央道って、眺め良くて爽快です。立寄りませんでしたが、厚木PAにも売店とかフードコート出来たんでしょうね。昔はトイレしかありませんでしたけど。

このトンネルの先で、圏央道は終わりでした。一か月前までは。
IMG_4726_20140721205615dc4.jpg

始めて走る圏央道の開通区間。ワクワクしますね。先日、横浜町田ICから高尾山ICまで一般道走って1時間15分ほど掛かりました。これが何分で走れるか楽しみです。
21:59 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八王子JCT→諏訪IC

午前6時ちょうどに八王子JCTを通過。
IMG_4741_20140721223736318.jpg

中央道下り線に入ります。
IMG_4742_20140721223737bdd.jpg

早朝とは云え交通量はかなりのもの。小仏トンネルへ向かう登り坂での流れは50km/hまで落ちました。ちょうど渋滞の始まりでしょう。小仏トンネルに入ったら速度は回復。

トンネルをぬけると神奈川県。ここから中央道は笹子トンネルまで相模川の渓谷沿いを進みます。この横断幕で思い出しましたが、今月からETC休日割引が3割引きになりました。先月までは5割引だったので、実質値上げです。
IMG_4744_201407212237389f9.jpg

相模湖ICを通過した直後にあるのは藤野PA。ここに入る車の列がもう少しで本線上まで伸びそう。これも渋滞の原因になるんでしょうね。高井戸方面から中央道走ってくると、小仏トンネルぬけるとまずは一安心。このPAに入りたい気持ちは分かります。それにトイレもかな?
IMG_4745_20140721223740be9.jpg

上野原ICから先、大月JCTまでは3車線。または一部区間で左右2ルートになります。勾配とカーブきついですが車の流れは順調。
IMG_4747_2014072122374192e.jpg

6時30分、笹子トンネルに突入。

トンネルをでると勝沼までは下り坂。アクセルから足を離し、ギアでスピードをコントロール。ニュートラルにすると速度アップ。減速はシフトダウン。

6時45分、横須賀から2時間ほど走って、ちょっと疲れたので境川PAで休憩します。なかなか青空広がりませんね。
IMG_4755.jpg

普通だったらここ境川PAかひとつ手前の釈迦堂PAあたりで朝ごはん食べるんですけど、今日は狩場から保土ヶ谷BPに入る直前のセブンでオニギリ購入。食べながら走ってきました。

休憩時間は10分ほどで、中央道下り本線に戻ります。天気予報では甲信地方も曇りでしたが、青空がちょっとだけのぞいてきました。
IMG_4756_20140721223837b9f.jpg

標高の高い霧ヶ峰あたりまで登ると雲の上に出て青空かも。なんて、淡い期待が膨らんできます。

7時30分、諏訪ICで中央道は終了。
IMG_4758_20140721223839e3c.jpg

横浜町田から2時間弱は速かったですね。同じ区間を2011年は2時間半ほど掛ってます。でもこのときは諏訪IC到着が午前4時だからあまり比較にならないかな?
20:24 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

霧ヶ峰へのアプローチ

中央道諏訪ICからまっすぐ北上して国道20号甲州街道を左折。JR中央線の踏切を越えてすぐ、ここ元町の交差点を右折します。
IMG_4761_20140721224834cbc.jpg

この道は長野県道40号線、勾配のきつい道で霧ヶ峰の高原まで一気に登っていきます。最初、前方に先行車はいませんでしたが、途中で先行車に追いついてしまいました。前方の先行車は軽トラ。これはいいとしてその前にはスカイライン。この車が遅い。そのスカイラインに合わせて後半はゆっくりゆっくり坂を登りました。

もうすぐ霧ヶ峰というところの登板車線で2台とも抜き去りました。すっきり。

急坂を登り終えると霧ヶ峰のスキー場。麓の元町交差点からは20分弱で登坂。標高差、けっこうあるんでしょうね。スマホで計っとけばよかった。
IMG_4762_201407212248364bd.jpg

ロッジとかホテルの宿泊者でしょうか、朝の高原を散歩してる方はけっこういらっしゃいますね。みなさん、ニッコウキスゲ鑑賞が目的でしょうか?

「霧の駅」の前の三叉路を車山方面に向かいます。
IMG_4763.jpg

いつ走ってもいい道ですね、霧ヶ峰のこのあたり。快晴だったら何も云うことないんですけどね。あっ、黄色いニッコウキスゲが見えてきました。
IMG_4765_201407212248387c6.jpg

幸運にも車山の肩の駐車場に車を停めることができました。車の外へ出て草原を見てみると、そのニッコウキスゲの咲いてるところだけ、スポットライトのように陽がさしてます。
IMG_4766_20140721224840705.jpg

霧ヶ峰到着はちょうど8時。これからこの辺りの丘を散策します。
IMG_4767_201407212249315d7.jpg

20:54 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

霧ヶ峰のニッコウキスゲ

霧ヶ峰の駐車場に到着したのは、朝の8時。横浜町田から2時間20分掛かりました。多分、圏央道で東名・中央が結ばれて、かなり速くなったと思います。

この時間でも駐車場はほぼ満車。
IMG_4787.jpg

コンクリート製の階段を登って草原にやってくると、一部ですが青空が広がってます。
IMG_4772_20140721230203d3a.jpg

今年も見事に咲きました。霧ヶ峰のニッコウキスゲ。でも電線の内側だけ。そのエリア以外で殆どニッコウキスゲは咲いてません。人間がキッチリ保護しないと、その芽は野生の鹿に食べられてしまうそうです。
IMG_4768_201407212301592bb.jpg

朝露に濡れて光るニッコウキスゲの黄色い花。
IMG_4773_2014072123020566d.jpg

車山方面は、いつ観ても雄大です。もっと晴れてくるといいのに。
IMG_4774_2014072123020712a.jpg

丘一面に黄色い花が点在してます。みごとですね。
IMG_4776.jpg

遠くのほうは黄緑色のカーペットのよう。
IMG_4777.jpg

八島ヶ原湿原ではにわか雨が降ってるかもしれません。
IMG_4784_2014072123024080e.jpg

天気はイマイチでしたが、今年も来て良かった。霧ヶ峰。
23:21 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ビーナスライン

せっかく霧ヶ峰までやってきたので、ビーナスラインを美ヶ原に向けて走ることにします。まあ、これもいつものことですね。
IMG_4788_20140725001532548.jpg

八島ヶ原高層湿原はパス、中山道和田峠をこえると一段ときつい登り勾配。その途中で旧中山道を横切ります。数ある中山道の峠のなかで、ここ和田峠が一番標高高いんじゃないでしょうか。
IMG_4789_20140725001539b38.jpg

標高が高くなってきて、霧が漂うようになってきました。一応フォグランプ点けましょう。
IMG_4790_2014072500154266e.jpg

和田峠の手前のことですが、「きのこ汁」って看板がいくつかありました。お店の名前とか書いてなくてただ「きのこ汁」と書いてある看板。これ、心理的に気になります。やはり家内が「食べたいっ」と云いだします。

結局その看板は和田峠のところにあったお茶屋さんのものだったようですが、お店はやってません。朝だからかな。

結局、霧でなにも見えないのは分かってますが、ここ三峰大展望台に寄りました。ここできのこ汁を頂きます。
IMG_4795.jpg

一杯250円のきのこ汁。なめこなどのきのこがたくさん入った、アツアツで美味しい味噌汁です。体が温まります。家内とお袋はじゃがバタも食べてました。
IMG_4793_201407250015462fd.jpg

何も展望できなかった三峰を出発、ビーナスラインはこの先もグングン標高があがります。すると霧の層を突き抜けたようで、視界も広がってきました。最後の急坂を登ると美ヶ原。

高原美術餡を脇を走って見晴らしのいい場所へ到着。
IMG_4796.jpg

北の上田方面をみると、雲より高いところまで登ってきたというのが分かります。
IMG_4799_2014072500171530c.jpg

ここまで登ってきてんで、ちょっと山本小屋方面にも行ってみましょうか。
IMG_4801_2014072500171815a.jpg

もっと青空広がらないかな?
12:15 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

美ヶ原

久しぶりに山本小屋までやってきました。ここって、こんな大きな建物だったっけ?
IMG_4808.jpg

ここ賑わってますね、熟年者を中心としたハイカーの団体が数組。同じ色のバンダナなんかつけちゃってワイワイ楽しそうです。

せっかくなんで、美しの塔まで散歩してきましょうか。
IMG_4803_20140725002527f96.jpg

快晴ではありませんが、高原の風は爽やか。癒されますね。

そうだ、ここは牧場でした。ホルスタインがたくさん放牧されてます。これみて多分家内が「アイスクリーム食べたい」って云うんでしょうね。
IMG_4804_20140725002606c6f.jpg

もうすぐ美しの塔というところで、霧がやってきました。青空がどんどんかき消されてしまいます。
IMG_4807.jpg

散歩はここままでにして、山本小屋方面に引き返します。やはり家内はアイスクリーム購入。

高原の空気も満喫したし、そろそろ山を降りましょうか。このあたり、下から霧が湧いてきます。
IMG_4809_20140725002617eea.jpg

帰りはビーナスラインを美ヶ原方面へ戻らず、県道178号線を通って中山道和田宿へ向かいます。
IMG_4811_20140725002620bf4.jpg

ビーナスラインが有料道路だったころ、帰りによく使った手口です。
19:28 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

中山道 和田宿

長野県道178号美ヶ原和田線を下ってくると、旧中山道和田宿本陣前。以前ここきたのは2年前。そのとき、本陣跡には入りませんでした。

今日は入ってみようかな?
IMG_4814_2014072612411762c.jpg

拝観料は300円。ここ本陣跡だけでなくいくつかの古民家と博物館も観られるようです。靴をぬいで板の間にあがると、中山道と皇女和宮さまのことが色々展示してます。
IMG_4815_20140726123810905.jpg

和宮さまはこの中山道を通って京都から徳川将軍家へお嫁入りしたことは有名なはなし。僕はその様子を島崎藤村の「夜明け前」で知りました。すごかったようですね。そのとき、ここ和田本陣にも和宮さまは泊ったそうです。この建物じゃありませんけど。

本陣のなかはこのように和室が連なってます。こんな広くありませんが、田舎にある親父の実家もこんな感じの家でしたね。
IMG_4816_20140726123811a05.jpg

大黒屋さんという旅籠だった建物です。
IMG_4830_20140726123857358.jpg

ここも風情ありますね。今でも誰かが生活してそうです。
IMG_4822_20140726123812d78.jpg

この300円の拝観券には本陣や旅籠だけでなく、資料館も観ることができます。ここは黒曜石石器資料館。
IMG_4827_20140726123855527.jpg

黒曜石は石器時代にナイフなどの刃物として活用された石器で、石というよりガラスに近い感じです。「黒曜石は星糞峠などでとれた」と書いてあるのを見て、高校の歴史の授業を思い出しました。「キラキラ光る黒曜石があちこちにあったので、星糞峠という名がついた」と歴史の先生が云ってました。

同じ建屋の3Fにあるのが、林業資料館。このあたりの自然について色々と展示がありました。
IMG_4826.jpg

帰りにもう一軒、旧家を拝見しました。河内屋さんです。
IMG_4829_20140726123858a4a.jpg

300円で色々見させてもらいました。勉強モードでもうちょっとゆっくり観てもよかったかな?

数ある中山道の難所のなかで、和田峠はかなりの上位に入ると思います、この峠はいちばん標高が高く、峠の両サイドの和田宿と下諏訪宿の間の距離は異常に長いので、普通の旅人でも一日がかりだったんじゃないでしょうか。

19:42 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

和田トンネルから中央道上り

和田宿で約1時間も過ごしてしまいました。もうすぐ正午です。さっき、きのこ汁食べたとはいえ、お腹がすいてきました。この日のお昼ご飯は美味しい蕎麦を食べようと思ってたので、その蕎麦屋さんに向かいます。

中山道を走って下諏訪へ。和田-下諏訪間って現在の国道で20km以上あるんですね。昔の中山道だったらもっとなんでしょうね。
IMG_4833.jpg

今日は旧道の中山道ではなく、このバイパスを通ります。新和田トンネルという有料道路。僕は始めて通ります。
IMG_4834_201407261257199ac.jpg

料金は620円。高すぎませんか?一般国道ですよ?それにETC設備もなし。箱根新道はたしか200円でした。開通した年代がちがうので仕方ないんでしょうか。

これが約2kmの和田トンネル。ビーナスラインの尾根のしたを通りぬけます。
IMG_4835.jpg

諏訪までやってくると、青空が広がってます。天気予報は大ハズレですね。下諏訪の市街地へは向かわず、そのままバイパスで岡谷ICまでやってきました。岡谷ICって、「1番」なんですね。そうか、長野自動車道の最初のICですもんね。

和田宿からここまで新和田トンネル通っても30分掛りました。やはり距離あります。

12時25分、岡谷ICから長野道へ入ります。
IMG_4837_201407261257223fb.jpg

すぐに長いトンネルに入り、それをぬけると岡谷JCT。中央道上り線に入ります。「諏訪湖SAでちょっと休憩を」とも思いましたが、お腹空いたし家内もお袋も寝てるし、本線直進。

もうすぐ諏訪ICなんで、正面は茅野の街あたりかな?
IMG_4840_20140726125723e37.jpg

昼過ぎのこのあたりの中央道上り線はのどかですね。日差し強いですけど車内は冷房で快適。交通量も少なく、ついつい眠くなってしまいます。
IMG_4841.jpg

正面には半分以上雲で隠れた八ヶ岳。次の長坂ICで中央道をいったん降ります。
IMG_4843.jpg

12時50分、長坂IC通過。高速走行は30分ほどでした。
IMG_4844_20140726125754558.jpg

これから向かうお蕎麦屋さんは超有名な「翁」です。以前、その超有名な蕎麦屋さんのことを思い出し探したんですが見つからなかった経験があます。何故そのとき見つからなかったかというと僕の勘違いで、翁は甲斐大泉でなくここ長坂にあります。
19:59 | '14.07霧ヶ峰 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑