今年の夏、行きたいところ

今年も、お盆休みは数日頂けそうです。毎年夏は長距離ドライブに行ってますが、ことしはどこ行きましょうか。去年は京都の伊根、一昨年は浜松と岩手行きましたね。

僕がまだ行ったことのない都道府県は?って考えてみると、どこでしょうか。少なくとも通ったこともない県は島根県と愛媛県、それに大分、佐賀、長崎、そして沖縄県。

それじゃ島根県に行きましょうかね。ちょっと遠いかもしれませんが、いちどは行ってみたいと思ってました。
shimane.jpg

島根で行きたいところで今思いつくのは、石見銀山と出雲大社ぐらいかな?宍道湖のシジミ食べたいな。それから出雲そば。そうだ、「砂の器」ででてきた亀嵩も島根県かな?
スポンサーサイト
19:24 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東名・名神

台風11号はゆっくりゆっくり日本に近づいてきました。

その台風が四国に上陸し、日本海に抜けたのは日曜日のお昼ごろ。その日の夜、僕たちは西日本へのドライブを計画し、出発する予定でした。西日本は台風一過になると確信してたので。

そろそろ出発しようかというとき、日本道路交通情報センターのWebサイト見ると、ありゃ!新名神は通行止めじゃないですか。
IMG_0002_20140813193342294.jpg

今出発しても四日市までは3時間以上掛ります。それまでには開通するでしょ。

家内と子供と3人で、鉄腕DASHとイッテQ見ながらゆっくり夕ご飯。僕が作った豚キムチ丼が夕食です。ビール飲めないんであえてドンブリにしました。

21時すぎ、明日もバイトがある子供をのこして出発。横須賀ICは21時20分。永い永い夜の高速ドライブの始まり。日曜のまだ早い時間なんで、横横の上り線はけっこう車走ってますね。

21時40分、横浜町田ICから東名下りに入ります。
IMG_0007_201408131933436ec.jpg

100km/h以上で流れてますけどけっこう交通量ありますね。ニッポン放送聴きながらオレンジの街路灯に囲まれた東名道本線を滑るように走ります。

大井松田からはあえて左ルート。遅いトラックが走行車線を走ってるので、追い越し車線をスムーズに走れると思ったら大きな間違い。80km/hぐらいで走ってるトラックを90Km/hで追い越すトラックがいるので、100km/hには遥かに及ばないペースで箱根外輪山の山を登ります。

前方がクリアーになったのは左右ルートが合流する直前でした。

御殿場ICを通過すると下り坂。そろそろ新東名への入口の御殿場JCTなので左車線を走ります。電光掲示板によると、東名より新東名の方が10分早く豊田JCTに到着するとのこと。見てると、7割ぐらいの車が新東名に流れていきます。当然僕たちも。

新東名入ったら最初のSA、駿河湾沼津で休憩しようと思ったら「混雑」だって。じゃ、休憩は次の清水PAにしましょうかね。

幅が広い高性能舗装の道は快適そのもの。夜のクルージングを楽しみます。
IMG_0008_20140813193344f9f.jpg

正面に清水PAの表示が表れたところで家内を起こし、PAへ進入。すると、いきなり大粒の雨が降ってきました。これには驚きましたね。せっかくPAに入りましたが、空いてる駐車場は建屋から遠いところばかりで、傘なしでは車を降りることはできません。しかたなく、新東名本線に戻りました。休憩は次の静岡SAにしましょ。

23時をまわったところで、静岡SAまであと3km。横須賀を出発して1時間半を過ぎました。本日最初の休憩です。

SA内はけっこう賑わってます。売店もフードコートも昼間のよう。それほどお腹は空いてないので、コンビニでお茶買って車に戻りました。
IMG_0010_20140813193345744.jpg

暫く走って浜松SAを過ぎると、新東名本線は突然終り。浜松いなさJCTです。日付は変わって8月11日の午前0時。
IMG_0014_20140813193347481.jpg

東海道のボトルネック、三ケ日JCTから豊田JCTまでの区間も快走。今が一番空いてる時間じゃないでしょうか。この区間って、カーブと勾配が多いんでちょっと車が多いとすぐ渋滞になります。それに暫定3車線区間は速度制限60km/h。

0時40分、豊田JCTで東名はお別れ。伊勢湾岸道に入ります。深夜の伊勢湾岸道走るの久しぶりですね、3年前に讃岐行ったとき以来かな?

その伊勢湾岸道は約30分で終了。四日市JCTからは東名阪道。その東名阪は約15分で終了。亀山JCTからは新名神。時間は1時25分になりました。
IMG_0023_2014081319343438b.jpg

新名神に入って15分ほどで、本日2回目の休憩は土山SA。
IMG_0024_201408131934369c6.jpg

ちょっとお腹空いたんで、何か食べようとフードコートへ行きました。ここって、こんな高かったっけ?麺類で一番安いのがきつねうどんの520円、ノーマルラーメンが何と700円。これには驚きました。最近のSAはこれが標準なんですかね?PAと差別化してるのかな?

どのメニューにも食指が動かず、結局コンビニでこれ買いました。
IMG_0026_20140813193438e7f.jpg

フードコートで無料のお茶飲みながら、のり巻きを家内と頂きました。ちょっとお肉は甘めでしたが、美味しかったですよ。

2時ちょっと前に土山SAをスタート。西へ向かって空いてる新名神を走ります。草津JCTまではあっという間。名神に入ると、やはりカーブと勾配多いですね。

名神の左右ルートと京滋BPも空いてます。深夜ですもんね。さっきの大井松田での教訓から名神の右ルートを走ります。
IMG_0030_201408131934393f1.jpg

もうちょっと走ると吹田JCT。名神高速ともそろそろお別れ。
IMG_0031_20140813193440b9d.jpg

吹田JCTからは、始めて走る中国道です。
21:28 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

中国道

2時50分、吹田JCTから中国道に入りました。あれっ、この辺りの景色って何か見たことある。後で地図で確認すると万博公園のところだったんですね。ここにきたのは2008年だったんで、今から6年も前のこと。そうそう、モノレールがずっと並行してましたね。

モノレールの線路が見えなくなたころから、登り坂が始まりました。かなり長い登り坂。グングン標高があがります。全国の道路交通情報で、「中国道下りは宝塚を先頭に20kmの渋滞です」なんてよく云ってますが、その理由が分かります。交通量が多くて、3車線中2車線を80km/hぐらいのトラックで塞いだら必ず渋滞になるような気がします。

その登り坂を走ってて、時間は午前3時を過ぎました。土山SAをスタートしてから1時間。たった1時間しか走ってないんですが、お腹が空いてきました。
IMG_0034_2014081621244066f.jpg

美味しいものあるかなって思って、中国道に入って最初のSA、西宮名塩SAに入りました。でもここ混んでます。駐車場に空きがありませんし、駐車エリア外に停まってる車もたくさん。

次のSAまで頑張ることにしました。

それからすぐに神戸JCT。中国道と山陽道が分かれるところですが、驚いたのは走ってる車の8割は山陽道に流れていくこと。

その先の舞鶴道との分岐、吉川JCTを過ぎると、まわりで走ってる車はいなくなりました。中国道って人気無いんですね。

台風が去ったあとなんで、月も輝きだしてます。
IMG_0035_20140816212442b78.jpg

3時30分、お腹が空いたんで、ここ加西SAで何か食べましょう。それに満タンで出発したんですが、燃料計はあとふた目盛り。ガソリン入れなきゃ。
IMG_0039_20140816212443aa3.jpg

フードコートに行ってみると、数人の方が黙々と食事してます。見たところみなさん、プロドライバーですね、御苦労さまです。

さて、何食べましょうか、播州ラーメンってのがあります。それと半チャーハンとのセットで900円っていうのがあります。これにしましょう。家内といっしょに食べるにはちょうどいい量だと思います。

「食券を買うと、厨房に自動で注文が入ります。席でお待ち下さい」みたいな案内放送が延々と流れてます。しつこいです。

5分ほどで、僕たちの食券の番号が呼ばれました。これがその播州ラーメンセット。チャーハンに福神漬けって、珍しいですね。
IMG_0041_20140816212445a21.jpg

細ストレート麺なんですね、播州ラーメンって。
IMG_0042_20140816212446c95.jpg

まあ、美味しいんですが甘いですね。特にチャーシュー。そのチャーシューを使ってるからか、チャーハンも甘いっ。ちょっと僕と家内の口には合わない、甘いラーメンとチャーハンでした。まずくはないですよ。好みに合わないだけ。ふたりで食べるにはちょうどいい量でした。

フードコートにあった、冷たいレモン水。これ美味しかった。

3時45分、ラーメン食べ終わって煙草一服、それからガソリンも満タンにして、中国道下り線に戻ります。相変わらず本線上に走ってる車は、前に2台と後ろに1台って感じ。

お腹が満たされたので、暫く走ると急に眠気が襲ってきました。これ、ちょっと仮眠しないと持たないなって思い、次の勝央SAにピットイン。まだまだ真っ暗ななかの4時20分、車を停めてエンジンオフ。サイドブレーキ掛けてシート倒すと記憶が無くなりました。

気付くと明るくなってます。1時間ほど寝てたんですね。けっこう頭スッキリしました。
IMG_0044_201408162126341f7.jpg

5時30分、勝央SAをスタートし、明るくなってきた中国地方を西へ向かいます。それにしても遠いですね、島根県って。
IMG_0048_20140816212636c46.jpg

5時50分、ここ落合JCTで中国道は終わり。これからは米子道で北西に向かいます。
IMG_0049_20140816212637443.jpg

中国道って古い道だから、舗装のリニューアル率が高く、けっこう走り易い道でしたが、案内板が古いものばかりでしたね。SAとかPAなど、あと何キロ走ったらあるのか、空いてるのか混んでるのか、分かり難い道でした。

始めて走った中国道は、勾配とカーブの多い、高速ドライブとしては楽しい道でした。たった200kmほど、実質2時間ほどしか走ってませんが。
23:33 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

米子道、山陰道

5時50分、落合JCTで中国道から米子道へ入りました。これから山深い中国山地を横断。

米子道って対面通行かと思ってましたが、ちゃんと片側2車線。快適な高速走行は続きます。米子道に入って10分ほどで4kmぐらいの長いトンネルがありましたが、その手前のトンネル情報表示板には「雨、スリップ注意」。

そのトンネルをぬけると情報は当たってて路面はウエット。
IMG_0051_2014081621515836d.jpg

暫くはしると、ホントに雨が降ってきました。今日の中国地方は台風一過の快晴かと思ってましたが、どうもそうじゃなさそう。蒜山高原SAによって、ソフトクリーム食べてみようって思ってましたが、雨なのでパス。ここのソフトクリーム美味しいって評判をどこかで聞きました。(蒜山はひるぜんって読みます。僕はむかしニンニクヤマかと思ってました。)

蒜山高原を過ぎて下り坂になると、米子道は対面通行になりました。雨のやむ気配はありません。
IMG_0057_20140816215200858.jpg

6時30分、米子道の終点、米子ICに到着。料金は何と10,370円。深夜割引って半額から3割引きになったんですよね。
IMG_0059_20140816215202d83.jpg

料金所を通過すると米子バイパスを西へ向かいます。このバイパスはいつの間にか山陰道という高速道路になってました。

安来TBですって。
IMG_0062_20140816215203966.jpg

TBって何かと思って、帰って調べると本線料金所の略だそうです。Toll Barrierだって。知りませんでした。料金は700円ぐらいでしたね。暫く走って松江市街が近づくとその有料区間は終わったようで、出入口がたくさんあります。なんで安来のところだけ有料なんでしょうかね。

あれっ、この先また有料だって。
IMG_0064_201408162152042ff.jpg

また本線料金所がありました。松江玉造料金所です。今度はTBって表示はありません。
IMG_0065_20140816215310447.jpg

料金所をすぎるとすぐにPAがありました。宍道湖PAだって。
IMG_0066_20140816215310083.jpg

時間はちょうど7時。勝央SAから1時間半経ちました。宍道湖が観られるかもしれないし、ちょっと寄ってくことにします。

おおっ、宍道湖が見えるじゃないですか。早速加西SAからずっと寝てた家内を起こして車の外に出てみます。晴れてはないですけど、清々しいですね。
IMG_0070_20140816215312508.jpg

とうとう山陰までやってきましたね。ほぼ夜通し走ってホント、遠いところまでやってきました。

ここは宍道湖PAかと思ったらサービスエリアだって。売店にそう書いてありました。トイレ行って煙草吸って、10分ほどでスタートします。とりあえず、今日は石見銀山に行く予定。石見はまだまだ先です。

このあたりの山陰道ってずっと対面通行なんですね。前を走るトラックがうっとおしいっ。

7時20分、宍道湖JCTを通過。
IMG_0072_20140816215313d51.jpg

その直後、また本線料金所がありました。驚きましたね、料金は1,060円! 横横より高いんじゃないでしょうか?
IMG_0073_20140816215314955.jpg

7時30分、山陰道は突然終わりました。出雲ICです。

ここからは一般道の国道9号線。青看にやっと「石見銀山」と「出雲大社」の表示。
IMG_0075.jpg

何とか島根県に到着しました。
10:46 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国道9号線

出雲からは一般道の国道の9号線を走ります。下関までここから300kmちかくあるじゃないですか。山陰って広いんですね。
IMG_0076_201408162212542cf.jpg

暫く走ると日本海が観えてみました。手前にあるのは道の駅キララ多伎(たき)。
IMG_0080.jpg

ここで朝ごはん食べようかって、思いましたが残念ながらまだ営業開始時間前。この辺りっておしゃれなレストランがけっこうありますね。松江出雲地区からのドライブスポットなのかな?

出雲で高速おりて一般道を20分ほど走ると、突然渋滞になりました。最初は片側交互通行かなって思いましたが、殆ど動きません。エンジン切って渋滞解消を待ちます。

道路の脇には山陰本線。2両編成のディーゼルカーが先に行きました。
IMG_0086_20140816221300254.jpg

渋滞の列は依然動きません。ラジオで交通情報やってるかなって、チューナーをいじくると、朝鮮語の放送ばっかり。ここ、韓国に近いからかな?

やっとNHKを受信でき、しばらく聞いてると、国道9号線で事故により渋滞が発生してると云ってます。多分その渋滞に僕たちははまったんですね。
IMG_0087_2014081622130113b.jpg

渋滞が始まって30分が経ちました。こういうときは悪いことが重なるもんで、いきなり雨が降ってきました。スマホでグーグルマップ確認すると、ちょっと先から内陸に向かう迂回路があって、500mぐらい先に出られるみたい。そうすれば事故現場の先に行けるかな?国道を離れその道に行ってみます。

するとこんな狭い橋。Vitzの車幅ぎりぎりです。
IMG_0090_20140816221335951.jpg

何とかその橋を渡って国道に出てみると、事故現場はまだ先のようで、車の列は全く動いてません。引き返して、さっき渡った狭い橋をもう一度渡って、さらに内陸に向けて走ります。島根県道284号線。

周りはのどかな田園風景ですが、雨も降ってるし景色を楽しむ気分じゃありません。こんな田舎道に頻繁に対向車が走ってくるので、対向車の来る方向へ走ってくと、事故現場を迂回できると確信しました。

田園地帯を走る県道から途中を右折して小さな峠を越えると、国道にでました。良かった、事故現場の先にたどり着けました。

国道の上り線はこの状態。
IMG_0091_201408162213377fa.jpg

ラジオの情報によると、このとき国道は通行止めだったとのこと。この事故渋滞に貴重な1時間を費やしてしまいました。

翌朝泊った旅館で見た新聞記事、山陰中央新報の社会面によると、トラックが対向車線にはみ出し、軽自動車と正面衝突。軽自動車に乗ってた方が大けがをされたそうです。その影響で2時間40分も通行止めだったんですって。怪我をされた方には、お見舞い申し上げます。それと影響を受けた皆さんにも。

その先は実にスムーズに流れます。さっきの渋滞が嘘のよう。太田という町の市街を抜けると再び日本海。
IMG_0093_2014081622133872d.jpg

このあたりの国道のトンネルって、縦長なんですね。どうしてでしょう。
IMG_0095_20140816221340c5f.jpg

時間は9時を廻ってしまいました。
IMG_0096_20140816221341d0d.jpg

石見銀山へ行くには、さっきの太田の市街を左折するんですが、僕たちは直進。まずは朝風呂に入るため、温泉津(ゆのつ)を目指してます。
16:37 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

温泉津温泉

山陰道の出雲ICから2時間掛って、温泉津に到着。温泉津は「ゆのつ」と呼びます。島根県では有名な温泉地らしいです。
IMG_0098_20140823121146681.jpg

鄙びた温泉街って感じでいいですね。
IMG_0101_2014082312114651d.jpg

何故この温泉津にきたかと云うと、ネットで色々調べてて、石見銀山に近くて朝5時からやってる日帰り温泉施設があるって知ったから。

それがここ、薬師湯です。早朝の5時オープンじゃなくてもよかったですね、既に9時半を廻ってます。
IMG_0105_20140823121822d33.jpg

ほんとうは6時頃に到着してひと風呂浴びて、9時過ぎに石見銀山に向かう予定でした。あまりゆっくりしてる時間もないので、家内とは30分後の10時過ぎに待ち合わせ。

男湯に入っていくと、おじいさんがひとりと、僕みたいな温泉マニアっぽい人がひとり。僕をいれて、たった3人です。
IMG_0107_20140823121149131.jpg

ここの温泉効きますね、ジワジワ運転の疲れがとれていくのが分かります。この温泉かなりの名湯じゃないでしょうか。帰って調べてみると、山陰で唯一、日本温泉協会の最高評価「オール5」で認定された天然温泉だそうです。

いや気持ちよかった、この温泉。お風呂上がりは2階のラウンジで寛ぎます。
IMG_0109_201408231211516cc.jpg

なんかいいですね、このレトロな空間。大正時代にタイムスリップしたような気になります。こうやって寛いでいるとお腹が空いてきました。そうですよね、未明に播州ラーメン食べてから何時間経たんでしょうか。渋滞などで、朝ごはんを食べそびれてます。

家内がでてきたら、早速石見銀山にむかいましょう。何か途中で美味しい食べ物屋さんがあるといいんですが。

21:16 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

石見銀山到着

結局温泉津を出発したのは、11時ちかくになってしまいました。温泉津の街中で造り酒屋を見つけ、そこでお土産を選んだりしてたから。

温泉津からちょっと国道9号線を出雲方面に戻って、仁万(ニマ)という集落で国道を離れて右手の山の方へ向かいます。

石見銀山まで、あと6km。
IMG_0116_201408231228078fa.jpg

看板に従って走っていくと、石見銀山世界遺産センターというところに到着しました。時間は既に11時半になってしまいました。
IMG_0199_2014082312285194c.jpg

ここは広い駐車場がいくつかと、観光案内センターのあるところ。実際の石見銀山はここではなく、ここからバスで10分ほどとのこと。早速僕たちも、案内センターで石見銀山の地図をもらって、バス停に並びます。

そのバスはすぐにやってきました。片道200円で、石見銀山の中心大森地区に到着。ここで自転車借りる人が大半。
IMG_0119_201408231228100a3.jpg

僕は石見銀山って、足尾銅山みたいに鉱山跡が世界遺産かと思ってましたが、実際はこの地区の歴史や自然、文化などが一体となって世界遺産だそうです。知らなかった。

その世界遺産の景色を楽しみながら、鉱山地区へ向かって歩きます。さっきのバス停から唯一見学できる鉱山跡の龍源寺間歩(リュウゲンジマブ)までは3.2kmもあるそうですね。
IMG_0122.jpg

道の脇には綺麗な水田と階段を登っていくと祠かな?
IMG_0124_20140823122812731.jpg

普通のどこにでもあるような田舎の風景ですが、世界遺産かと思うと、何故か神々しくありがたみを感じる景色に見えてきます。

ここは大森小学校と棟続きの大森幼稚園。今は夏休みなので、静かですね。
IMG_0127_20140823122814ac9.jpg

時計を見るともうすぐ12時になります。お腹が空きました。案内所でもらった地図を確認すると、もうすこし歩くとお食事処があるはずです。
07:29 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

石見銀山で朝ごはん

やっと到着しました。お食事処釜野屋です。おおっ、出雲そばがあるじゃないですか。かなり遅い朝ごはんをここで頂くことにします。
IMG_0128_20140823123529b91.jpg

時間は12時ちょっと前だったからか、お客さんは居りません。蕎麦茶を頂きメニューを眺め、蕎麦に加えて、キュウリとダンゴを注文。
IMG_0130_20140823123530471.jpg

最初にキュウリが登場。美味しかったですよ、この味噌。家内と半分ずつ食べました。
IMG_0131_20140823123531ece.jpg

僕の頼んだ割子蕎麦。オニギリのついたセットメニューです。
IMG_0132_201408231235338da.jpg

家内の頼んだ蕎麦。名前は忘れました。
IMG_0133_20140823123535aa1.jpg

この蕎麦、美味しかったですよ、田舎そば風ですが、それほど荒くなく蕎麦の風味を十分感じる美味しい蕎麦。
IMG_0135_201408231236169af.jpg

揚げ玉、山芋、玉子とそれぞれの味と蕎麦との相性を楽しみました。お腹が空いてたことも関係してるでしょうが、ホント美味しい蕎麦でした。

僕は蕎麦に加えてオニギリふたつ食べたので、この団子は家内にお任せ。
IMG_0136_20140823123617cfa.jpg

お蕎麦を食べてる最中、雨は降ったり止んだり。なんとか安定してほしいものです。
12:37 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑