圏央道使って上信越道方面へ

2015年のゴールデンウイーク後半が始まりました。5月3日の日曜日、連休中2回目のドライブに出掛けました。

1年で一番高速道路下り線の渋滞するこの日、目指したのは小諸です。4月にあんずの里行ったときの帰りに寄ったあぐりの湯、ここにお袋と家内を連れて行くのが今回の大きな目的です。

4時20分頃に横須賀をスタートして、5時に横浜でお袋を乗せて東名・圏央道使って関越まで行けば、7時前に鶴ヶ島。渋滞予測によると、それほど影響受けずに上信越道に入ることができるでしょう。

4時20スタートの予定が20分ほど遅れてスタート。横浜まで横横使わざるを得ません。横須賀ICは4時45分に通過して横浜の実家は5時5分。20分の遅れは横横使ったので5分遅れまで回復できました。

5時15分、狩場から保土ヶ谷バイパスに入ります。
IMG_1481_20150504132651229.jpg

交通量多いですけど、快適に流れてます。5時25分、横浜町田から東名入ると、けっこう混んでるじゃありませんか。60Km~80Kmぐらいで東名本線を下ります。

暫く走ると電光掲示板にはこんな表示。秦野中井までの渋滞は別にいいんですが、圏央道方面が事故だって。
IMG_1487_201505041326534f9.jpg

相模湖東までってことは、中央道下りで事故があり、その渋滞が圏央道の外回りまで影響してるってこと。ってことは、圏央道はずっと右側車線走ればそれほど影響ないでしょう。と、高を括ってました。

もうすぐ海老名JCTというところ、富士山が綺麗に見えますね。今日は絶好の行楽日和です。少なくとも関東甲信は。
IMG_1488.jpg

5時40分、海老名JCTから圏央道外回りに入って関越道を目指します。圏央道に入っても、「相模原から先事故渋滞5km」の表示。

新しくできた相模原ICまではホント順調に走ってきましたが、その先の相模原八王子トンネル入るところで黄色信号点滅、電光掲示板は「この先渋滞」の表示。

ニッポン放送聞きながら走ってたんですが、トンネルに入るとラジオ放送はNEXCOからの渋滞注意を促す放送に変わりました。すると先行車がハザード点灯、ほんとにトンネル内から渋滞が始まりました。
IMG_1491.jpg

進みませんね全然、右側車線でも動いたり止まったり。左側車線よりいくらかましか。

高尾山IC通過は6時20分、海老名から40分も掛かってます。このあたりから右側車線だけ断続的に進むようになりました。中央道方面の左側車線は全く動いてません。

それから10分後の6時30分、八王子JCTを通過。とりあえず渋滞解消。中央道方面は凄いことになってます。
IMG_1497_201505041326573a0.jpg

その先の圏央道外回りは順調に流れてますが、「鶴ヶ島JC-高坂SA 渋滞6km30分」の表示。これはちょっと想定より渋滞激しいですね。

7時ちょうどに鶴ヶ島JCTから関越道下り線に入りました。するとほんとに混んでますね。20Km~60Kmぐらいでノロノロ進みます。高坂SA過ぎたら少し速度は上がりましたが、この先花園あたりで事故だって。

7時50分、その事故現場を通過。バイクが単独でコケたみたい。
IMG_1506_201505041327346a6.jpg

渋滞が始まるとバイクは車線間を走ります。これは僕も昔やってたこと。でも、スピードは渋滞速度+20Kmぐらいでした。こういうとき、猛スピードで走るバカ多いんですよね。そういうのが普通車の車線変更に気付くのが遅れ、ハンドル操作の誤りってやつでコケたんでしょう。バイクしか停まってなかったんで、コケて後続車に轢かれることことはなかったみたい。

関越道本線が普通の速度に戻ったら、今度は上信越道が混んでるって表示がありました。これじゃもう先を急いでもしょうがないし、横須賀を出発して2時間以上経ったんで、寄居PAで休憩していきましょう。
IMG_1512_2015050413273652c.jpg

聞くとお袋はまだ朝ごはん食べてないって云うんで、オニギリ購入。ゆっくり食事してるともっと混みそうなのでそれで我慢してもらいます。

8時10分には寄居PAスタート。藤岡JCTから吉井まで混んでるみたいです。
IMG_1513_201505041327377e7.jpg

8時15分、藤岡JCTから上信越道。やはり混んでますね。それから吉井の先の富岡あたりでも渋滞。下仁田過ぎてやっとスムーズに流れるようになりました。

正面には妙義山。見事ですね。
IMG_1518_20150504132739e44.jpg

上信越道は松井田妙義まで。結局8時55分になってしまいました。
IMG_1521.jpg

高速料金、4,990円だって。高いですね、圏央道ってやはり料金体系は別みたいです。

横浜町田からは3時間半も掛かってしまいました。予定より2時間ほど遅れましたね。あと1時間、せめて30分早くスタートすればよかった。
スポンサーサイト
19:55 | '15.05小諸 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

久々の横川駅

上信越道を松井田妙義で降りたら国道18号線中山道を下ります。いや久しぶりですね、このあたりにやってくるの。
IMG_1523_20150504213344592.jpg

前回来たのはバイクで志賀草津行った帰りに寄ったときなので、ちょうど2年前になります。駅前でかけそば食べたっけな。

もうすぐ横川駅というところで何故か渋滞。多分、ドライブインおぎのやが先頭でしょう。ちょうど、信越本線を渡って横川駅に向かう旧道との分岐点だったので、踏切渡って中山道の旧道を走ります。

9時5分、横川駅に到着。懐かしいですね。
IMG_1528.jpg

電車が到着してないので駅前は閑散としてますが、昔と変わらず峠の釜めし売ってます。釜めしを食べるためのテーブルとテントも昔のまま。家内とお袋に冗談半分で「釜めし食べる?」と聞くと食べたいと云います。さっき、車の中でオニギリ食べたばかりなのに。

殆どお腹は空いてないので、味見程度のつもりで釜めしをひとつ買いました。今では1,000円もするんですね。昔ここで家内とふたりで釜めし食べたことがあります。もう7年も前のことなんですね。

蓋を開けてみると、中身は昔と変わらない、ウズラの玉子とあんずとカシワ、それに筍と栗などを炊き込んだ釜めし。懐かしい。一口ふたくち食べてみましたが、相変わらず美味しいですね。
IMG_1530_20150504213346607.jpg

信越本線の終点です。横川ー軽井沢間が廃止になって何年経ったのかな?18年ぐらいかな?
IMG_1533_20150504213348a4f.jpg

そうこうしてるうちに、電車が終点の横川駅に到着しました。でもそれほどお客さんは居ませんね。20~30人ぐらいでしょうか。最近鉄道文化むらは人気ないんでしょうか。

家内とお袋が釜めし食べ終わったら横川駅を出発します。

ちょっと、その鉄道文化村見てきましょうか。懐かしい車両たちですね、みんな国鉄色というやつ。
IMG_1536_20150504213350308.jpg

すぐ脇には碓氷峠の開拓で殉職した方々の鎮魂碑があります。明治時代、たくさんの方の犠牲でこの鉄道は開通しました。
IMG_1537_20150504213405606.jpg

鎮魂碑を読んでると、機関車の汽笛がすぐそばで聞こえました。やってきたのはEF63単機です。例のお金払って電気機関車を運転するというやつ。これは今でも人気あるんですね。
IMG_1538_201505042134070fd.jpg

電車見てると僕は飽きないんですが、家内とお袋は手持無沙汰。じゃ、旧道で碓氷峠越えましょうか。

中山道の宿場町、坂本宿を通り抜け、まずは碓氷第三橋梁にでも寄っていきましょう。碓氷峠にお袋連れてきたのは始めてかな?
IMG_1539_201505042134085de.jpg

新緑の碓氷峠をゆっくり登っていきます。

21:36 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

碓氷第三橋梁と熊ノ平

中山道坂本宿を通り過ぎると碓氷峠への登坂は本格的な山岳路になります。
IMG_1540_20150504214721b03.jpg

幾つかカーブを通り抜けると、アプトの道がありました。この先熊ノ平までの中山道は、このハイキングコースとなってるアプトの道と交差したり離れたり近づいたり。ハイキングしてる人、けっこう多いですね。連休ド真ん中の日曜日ですもんね。

坂本宿から5分とちょっとで、碓氷第三橋梁までやってきました。久しぶりですね。
IMG_1542_201505042147237c1.jpg

あれっ、橋梁のすぐ下にあった駐車スペースがバス停みたいになってます。ちょっと先まで走っていくと、新しい駐車場が出来てるじゃありませんか。車でやってくる観光客が多くなったので、新たに駐車スペース作ったんですね。

先日もテレビでやってましたが、ここ「めがね橋」も今では立派な観光スポット。富岡製糸場の世界遺産登録も影響してるんでしょうね。

ちょっと歩いて橋梁の下までやってきました。お袋にはちょっときついですが、やはり上まで登ってみましょうか。
IMG_1544_201505042147234ee.jpg

橋梁の下を通り抜け、階段をゆっくり登って、橋梁の上にやってきました。観光客というか、ハイカー多いですね。急こう配になってる橋の中央まで歩いてって、山側をみるとこれも廃線となった信越本線の2本の橋梁。新緑が眩しいっ。
IMG_1545_20150504214726b45.jpg

ここから僕は別行動。家内とお袋は1.2kmなので熊ノ平まで「ハイキングコースを歩いてみる」って云ってます。僕はひとりで車に戻り、熊ノ平の駐車場へ先回りしてふたりの到着を待ちます。

中山道はハイキングコースの倍以上の距離を走り、熊ノ平の駐車場に到着。2.6kmもありました。そこからまた階段を登っていくと、これもまた懐かしい熊ノ平信号所に到着。ここで廃止直前の特急あさまを見たのは'97年の9月のこと。あれから18年経ったんですね。

今でも信号設備は当時のまま残してますし、線路の上には架線を張ったまま。
IMG_1555_20150504214726942.jpg

めがね橋方面へのトンネルまでやってくると、ハイキングコースのトンネルの脇にもう1本トンネルがあるじゃないですか。これは知らなかった。
IMG_1556.jpg

これが新線上り線用のトンネル。単線ですが何故か複線にできる断面があります。保線用の車両を停めといた引き込み線でしょうか。
IMG_1560_201505042147510ca.jpg

ちょっと離れてみるとこんな状態。左が新線の上り線用、真ん中が新線下り線。その右にあるのがアプトの道になってる旧線。そしてその右にもう1本のトンネルが隠れてます。
IMG_1561_201505042147526f3.jpg

こっちは軽井沢方面の新線トンネル2本。きつい登り勾配になってるのが分かりますね。それとこの信号。消灯してから18年が経ちます。
IMG_1563.jpg

ここ熊ノ平は廃線当時そのままの状態で徐々に風化していくんでしょうね。3年前にバイクできたときと比較しても明らかに風化してると思います。

僕が熊ノ平に到着してから10分ほどで家内たちがトンネルから出てきました。歩いててトンネルばかりで面白くなかったそうです。

それからちょっと休憩して、車に戻りました。

10時20分、軽井沢方面へ車を走らせます。
IMG_1565_20150504214755c75.jpg

今日は連休中日の日曜日、軽井沢は人で溢れてるでしょうね。

18:47 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

碓氷熊野神社

熊ノ平から15分ほどで、碓氷峠の頂上に到着。
IMG_1567_201505062304092e7.jpg

ここから先は長野県。この峠は中央分水嶺にもなってて、長野県側は信濃川水系、手前は利根川水系です。信濃川と云っても、長野県では千曲川。

峠をこえてすぐに右折、軽井沢市街へは行かず旧碓氷峠方面へ行ってみることにしました。軽井沢らしい高原の雑木林の中を暫く走ります。このあたりは別荘地帯ですね。あちこちに高級なのからプレハブみたいなものまで、別荘が並びます。

国道から15分ほど走ると旧碓氷峠に到着。あるお茶屋さんの駐車場に車を停めて、まずはお参り。ここには熊野神社があります。
IMG_1573_20150506230411742.jpg

これ見て下さい、神社の左半分は長野県、右は群馬県。
IMG_1569_20150506230411790.jpg

ここは中央分水嶺の上に建つ神社です。社務所も左右にあり、何とお賽銭箱までふたつありました。なんでも宗教法人の登録は県ごとなので、長野・群馬両方の県に跨ると、何でもふたつになってしまいます。神主さんんもふたり居るのかな?

お参りの後は車を停めたお茶屋さんで「力餅」を戴きます。これで550円だったかな?
IMG_1575_201505062304143be.jpg

高原の風が吹き抜ける爽やかで静かなお茶屋さんでした。けっこう美味しかったですよ。僕は大根おろしが一番気に入りました。

僕たちが寄ったお茶屋さんではありませんが、このお店が神社の真向いにあるお茶屋さん。このお店で「そばソフトクリーム」を買いました。どうしても家内が食べてみたいって云うんで。
IMG_1574_2015050623041455f.jpg

このお茶屋さん眺めいいですね。もしこんど、ここ旧碓氷峠へ来ることがあれば、このお茶屋さんにします。

旧碓氷峠から坂を下っていくと旧軽井沢。すごく賑わってましたね。人通りで車進めないほど。ノロノロ行くVitzの前後の車は両方ともドイツ車。旧軽は高級な有名店ばかりが連なり、Vitzで走るにはちょっと場違いなほど。

旧軽をぬけると、爽やかな軽井沢らしい道を西へ進みます。
IMG_1578_20150506230446931.jpg

これから小諸方面に向かいます。
19:24 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

高峰高原

旧軽井沢から高原の雑木林のなかを走り、国道18号線中山道と合流。正面には浅間山。
IMG_1581_20150516080848fd5.jpg

中軽井沢駅前はちょっと混んでましたが、そこををぬけると下り線はスムーズ。逆の上り線はこんな状態。全く動いてません。これが中軽井沢を先頭に碓氷バイパスとの合流地点のまだ先、追分あたりまで繋がってました。これ、皆さん軽井沢到着は夕方じゃないの?
IMG_1583.jpg

一方下り線は快調に流れ、追分からは浅間サンラインを走ります。このあたり標高高いから、この時期が桜満開ですね。
IMG_1587_20150516080852b93.jpg

まっすぐ小諸行ってもそんなに観るとこないんで、ここを左折して高峰高原にでも行ってみようと思います。
IMG_1588.jpg

そうだ、今回のドライブルートは2008年に家内とふたりで来た高峰高原とほぼ同じですね。この道、写真では平なように見えますが、かなりの急こう配。高峰高原まではずっと急な坂道が続きます。
IMG_1590.jpg

あちこちに山桜が咲いてますね。このあたりは今が春爛漫。
IMG_1593.jpg

周りの樹木が視界を遮らなくなってくると、もうすぐ高峰高原に到着。
IMG_1595_20150516080919b5b.jpg

浅間サンラインから急こう配を登りはじめて約20分、頂上の高峰高原ホテルに到着。標高2,000mから見下ろす佐久平。(かな?)
IMG_1597_20150516080920e9c.jpg

せっかくここまで来たのでホテルのラウンジで、パノラマを楽しみながらコーヒー戴きます。なんでも高原の美味しい水を使ってるとか。
IMG_1600.jpg

値段の割には、けっこうおいしいコーヒーでしたよ。

ホテルのラウンジで休憩したあとは、同じ道を引き返すのも面白くないので、湯の丸高原の方へ行ってみようと思います。
IMG_1601_20150516080924c08.jpg

アサマ2000スキー場を通りぬける道はダートです。また車汚れますね。
15:26 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

池の平湿原

12時45分、高原ホテルをスタート。最初はスキー場のなかのダートを走ります。ダートと云っても
このあたりは平で走りやすいですね。
IMG_1602.jpg

車からゲレンデを見下ろします。
IMG_1604.jpg

ゲレンデと云えば、もう何年もスキーやってないですね。子供が小学生のときに新幹線で越後湯沢行って以来なので、モウ10年以上になります。最近はスノボ中心なんでしょうね。そう云えば子供も最近では友達とスノボをはじめ、この冬は5回ぐらい行ってましたね。お正月とか。

高峰温泉を過ぎると道は極端に悪くなりました。こんな道を暫く走ります。
IMG_1607.jpg

15分ほど走ると、「池の平」というところに到着しました。ここ観光客多いですね。大きな駐車場もあります。湿原でもあるのかな?その駐車場に車を停めて、観光案内板をみると、ここからちょっと歩くと池の平湿原というのがあるとのこと。じゃちょっと散歩に行ってみましょうか。
IMG_1610.jpg

こんな遊歩道を歩いて坂を下っていきます。帰りはお袋にはちょっときついかな?
IMG_1611_2015051611435656f.jpg

遊歩道を10分ほど歩くと、大きな湿原に到着。ちゃんと木道も整備されてます。
IMG_1615_201505161144149a8.jpg

湿原と云っても尾瀬のような湿原ではなく、どちらかと云うと草原ですね、ここ。
IMG_1618_201505161144152a5.jpg

でも、木道歩いてると気持ちいいですね。日射しはちょうどいいし、風は爽やかだし。
IMG_1623_20150516114417db2.jpg

数万年も前のこと、ここは昔三方ヶ峰という火山の火口だったんですって。それが長い年月をかけて高層湿原になったそうです。

せっかくなんで、この湿原をぐるっと一周していきましょう。お袋にはちょっときついので、先に駐車場に戻ってもらいました。
IMG_1625.jpg

旧火口の湿原をゆっくり一周して20分ぐらいだったかな?それから来た道を戻って駐車場に向かいました。
IMG_1633_20150516114420c75.jpg

高原へやってきて、ホテルのラウンジでコーヒー飲むだけじゃなく、散歩ができて良かった。
18:45 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

くるみの里

池の平湿原からの道は、舗装路にもどりました。よかった。で、暫く山を下っていくと地蔵峠に到着。東部湯の丸スキー場のところです。
IMG_1638_20150516115203dc0.jpg

地蔵峠を小諸方面に下っていきます。小諸までは20km。すぐです。
IMG_1639.jpg

時間は14時近いので、お腹が空いてきました。小諸で美味しいお蕎麦を戴きましょう。

地蔵峠から浅間サンラインのところまで降りてくるのに15分ほど。それから小諸方面にサンラインを走ると道の駅「雷電くるみの里」があります。家内が是非とも寄って行きたいというので、駐車場に車を入れました。
IMG_1645_201505161152084b6.jpg

流石にこの日は混んでました。売店はイモ洗い状態。食堂にも行列が出来てて、まさに書き入れ時。

そんな雰囲気を盛り上げてるのがこの太鼓パフォーマンス。
IMG_1644_20150516115206142.jpg

息もピッタリ合ってて、迫力ありましたね。良いものを見せてもらいました。

お腹が空いてるのに家内たちはなかなか買物終わりません。結局、ここには30分以上の滞在。さあっ、美味しいお蕎麦食べに行きましょう。
19:53 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

丁子庵

先日小諸にひとりで来た時は、お蕎麦屋さんの選択に失敗したので、今日は確実に美味しいところ、丁子庵に決めてました。

15時ちょうどに小諸の丁子庵に到着。時間が時間なので、並ばずに済みました。
IMG_1647_201505161159168b8.jpg

メニューを開いて、何を食べましょうか。まずは、山菜の天ぷらをお願いしました。
IMG_1651_20150516115918cdc.jpg

どれが何だかよく分かりませんが、どれも美味しかった。あとからお店の人に聞きましたがが、行者にんにくとかタラノメとか山ウド、こごみに蕗の薹などだそうです。

それから、家内の頼んだ辛み大根おろしそばがつぎに登場。
IMG_1652_20150516115919dfb.jpg

それからお袋の信州そば、最後に僕の頼んだとろろそばの大盛りがやってきました。とろろの入った器しかないので、蕎麦猪口をもうひとつお願い。やはりとろろだけではなく、盛り蕎麦みたいにしても食べてみたい。
IMG_1653_2015051611592038a.jpg

まずは蕎麦だけつまんで食べてみます。美味しいですね、この蕎麦。香りもいい。海苔に負けてません。
IMG_1654_201505161159227f1.jpg

とろろは多分自然薯ですね。適度な粘りと山芋の風味。
IMG_1655_20150516120006f18.jpg

これも美味しいっ、辛み大根。家内からちょっと貰いました。
IMG_1656_20150516120007dbb.jpg

ここ丁子庵のお蕎麦は十分満足できる、美味しいお蕎麦でした。あえてもうひとつ丁子庵にお願いすることがあるとすれば、「蕎麦湯は食後に持っていてほしい」です。

これがお店に飾ってあった寅さんの写真。寅さん若いですね。
IMG_1659_20150516120009299.jpg

昭和63年ですって。28年も前なんですね。お店の人に「寅さん記念館みたいなの、確か小諸にありましたよね?」って聞いてみると、かなり前に無くなったとのこと。この日行こうと思ってたのに残念でした。

19:00 | '15.05小諸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑