初代カローラ(うちにあった車)

僕のうちに自家用車がやってきたのは1969年のことです。初代カローラでした。

IMG_5342_20120707091348.jpg
この写真は2010年5月、名古屋の産業技術記念館で撮ったものです

ある日、親父が車のセールスマンをつれて家に帰ってきました。話してる内容は良く分かりませんが、そのときに見た車のパンフレットはよく覚えてます。

当時のカローラは4ドアと2ドア、2種類のタイプがありました。レベルは「スタンダード」、「デラックス」そして「ハイデラックス」の3種です。そしてその上位に「カローラ・スプリンター」というクーペタイプのかっこいいのがありました。

ぼくはカローラ・スプリンターを主張したのですが、親父が選んだのは4枚ドアのハイデラックス、色は「銀ねず」といってました。ブルーと灰色の中間のような色。排気量は1200cc。マニュアル4速シフト、5人乗りのセダンです。

納車したときのことは覚えてませんが、車の内装などは良く覚えてます。

フロントドアの窓には、当時は普通だった三角窓がついており、ひねるように開けるタイプ。走ってるとそとからうまく風がはいってきます。マニュアルは当時主流だったコラムシフトでなくフロアシフト、マッハ号みたいだと思いました。当然ドアミラーはなく、手で調整するフェンダーミラー。パワーウインドウもありません。

クーラーも当然ありませんし、ラジオはAMのみ。あとで8トラックのステレオをつけて、よく都はるみのテープを車内ではかけてました。また、当時はスイッチ類の規格はなかったようで、ハンドルの並びに、ライトとワイパーの2段式プルスイッチがついてました。そういえば、リアガラスの熱線もなかったと記憶してます。

エンジンですが、当時は廃ガス規制などもないため、1200ccですがかなりパワーがあったようです。第三京浜で親父が160Km/hで爆走したことがありました。エンジンが壊れんばかりのすごい音でした。

僕は車酔いによく悩まされました。当時の車は独特のいやな匂いがあり、ヒーターなどを付けるとすごいです。それに加え親父は煙草を吸いながら運転したので、必ず気持ち悪くなりました。僕には酔い止めの薬が必須でした。

この車では色々なところに連れてってもらいました。第三京浜の玉川ICから用賀の先までしかなかった環八を通って、練馬のおじさんの家へ行ったり、厚木まで開通したばかりの東名高速を走ったり。

いちばん遠くまで連れてってもらったのは、愛知県の西浦温泉です。

片側1車線の渋滞してる国道16号八王子街道を走り、横浜IC入口で右折。原っぱの中にインターチェンジがありました。保土ヶ谷バイパスは当然ありません。料金所ではカードをもらいそのカードは厚紙でインターチェンジ名がいっぱい書いてあり、丸い穴がいくつか開いてました。

富士山を見ながら走り続け、そのうち富士山は後ろになりました。延々と西へ向かいます。ときどき、SAに停まりました。売店で売ってたサボテンの花が綺麗だったのを覚えてます。

当時のPAは本当にトイレと売店だけしかありません。SAはそれに加えてガソリンスタンドとレストランのみ。レストランではハンバーグとかカレーとか、洋食しかありません。今のように、SA・PAの多様化したサービスが始まるのは、まだ先のことです。

東名高速は豊川ICでおり、豊川稲荷などを参拝して西浦温泉についたのは夕方。旅館のゲームセンターでレーシングカーで夢中になって遊んだのを覚えてます。長さは15m以上もある、今考えると鈴鹿サーキットのコースレイアウトを縮小したコースでした。旅館には「チクロは使ってません」と大村昆が訴えてるオロナミンCのポスターがありました。

この初代カローラが家にあったのは1971年までの3年ほど。その後、家に車が再びやってくるのは、1976年ごろになります。
10:51 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブルーバードUシリーズ(うちにあった車)

僕が中学生のころ、国産自家用車ではホンダのシビックが売れ始め、それまでのトヨタ・ニッサンの2大メーカー時代ではなくなってきてました。そんななか、何故かまた親父が車を買ってきました。中古車のニッサンブルーバードU-SSS、2ドアハードトップの車です。SSS(スリーエス)はスーパー・スポーツ・セダンとのことですが、何故ハードトップでもそういうかは分かりません。

側面窓の全開できる、センターピラーのない車を何故ハードトップというか。中央にあるピラーがない分、トップ(屋根)をハード(強化)した車なので、ハードトップと云ったそうです。その後はセンターピラーがあっても、ハードトップという云い方をしましたが。

Uシリーズは本当のハードトップ、ドアに窓枠はなく、センターピラーもありませんでした。

何故、この車を親父が選んだのかは分かりません。多分程度の良い安い中古車だったからでしょう。このころ中学生だった僕は家族でドライブを楽しみにする時代は過ぎ、家に車があろうが無かろうが、自転車で友達と遊びまわってました。ですから、あまり記憶はありません。運転席には7つぐらい丸メータがついており、カッコ良かったのは覚えてます。

そんななか、家族で1度だけ1泊でドライブに行ったのを覚えてます。甲州街道を下り、八ヶ岳山麓を通り松原湖畔で一泊、小諸の親父の知り合いの家に泊めてもらい、中山道で帰ってきました。

当時中央道は大月から先はツギハギに開通しており、笹子トンネルは中央道だったか一般道だったか記憶がありません。甲府バイパスは完成してたと思います。

ひたすら一般道を走り、今のようにメジャーでなかった清里駅前を通り、行けるところまで車で行って、八ヶ岳の登山道を少し登ったところにある小さな湿原まで歩いていきました。甲府あたりの暑さが嘘のように涼しく、清々しかったのを覚えてます。

その後、望月というところの親父の知り合いの家に寄りました。その家の前の通りが旧中山道とのこと。舗装はされてましたが、狭い谷に挟まれた田んぼの中の田舎道です。有名な中山道に全線を通して並行した一般国道や鉄道のないことを、その時始めて知りました。

その後何度か望月はバイクで通りましたが、その時通った旧中山道と立ち寄った家は分かりません。いつかは見つけようと思います。

その車は1979年まで家にありましたが、僕の記憶ではその1度のドライブだけ。車より友達との遊びや部活、それから原付免許に興味があった時代です。
12:36 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブルーバード810(うちにあった車)

それまであったブルバードUが車検を迎え、親父は車を買い替えることにしました。同じブルバードの当時の新車、810です。角目の車が出始めたころで、特に理由もなく1800ccのこの車に決めたようです。色はブラウンでした。後で知ったのですが、この車は超不人気車。それに納車後半年もしないうちに超人気車種の910がデビュー。もう少し、この業界を勉強しておけば良かったと思います。(確かに車買い替え時、この車の下取価格はつきませんでした)

そうは云っても、この車に僕は学生時代に大変お世話になりました。普通免許を取ったころなので、よく運転したものです。ドライブの面白さはこの車から教えてもらいました。

エンジンは1800ccの4気筒FR。それまで他の車の運転経験はないので分かりませんが、後から思うと非力な車でした。多分排ガス規制で当時の車はみんなパワーが無かったと思います。燃費向上を目指したためか、ブースト計がついてました。(エンジンへのガソリン供給量が増えると針が振れるやつ)

ミッションは5速マニュアル。技術的にまだ未熟だったためでしょう、当時オートマは今のように流行っておらず、このクラスの車はマニュアル車が主流。今思うと左足がよく疲れなかったものです。

パワーウインドーはついてませんでしたが、モーターによる自動調整フェンダーミラーは付いてました。クーラーやカセットステレオはオプションで付け、それなりに快適な車でした。ハロゲンバルブがまだ一般的ではなかったので、ヘッドライトの暗さには悩まされました。

この車でのドライブの思い出は色々あります。中でも楽しかったのは免許を取って3か月後、友達4人を乗せて浜松にある友達の親戚の家に遊びにいったことです。夜、横浜を出発して国道1号線の旧道のみを走っていきました。バイパスなども一切使わずに。焼津からは国道150号、真っ暗な御前崎を通り、途中自動販売機のみの休憩所で仮眠し、明け方に浜松に到着しました。そういえば、当時静岡県では24時間営業のコンビニは一切無かったようでした。

奥浜名湖や舘山寺の遊園地、海水浴などを楽しみ、2日後に東名で帰ってきました。免許持ってたのは僕だけなので、大変疲れたのを覚えてます。慣れない車運転の上、友達を4人も乗せた長距離ドライブ、今思い返すとかなり無理をしたものだと思います。

この車は親父が仕事で使ってたので、あまり長距離ドライブには出かけませんでしたが、空いてるときに運転させてもらい、ドライビングに慣れることができました。
13:30 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vitz納車

「車は所有するものでなく借りるもの」とのポリシーを変え、車を買いました。トヨタのヴィッツです。最近まで、車が必要なときはトヨタレンタでヴィッツやポルテ、必要によりエスティマなどを借りてました。それ以前はニッポンレンタのユーザーでした。それで十分足りてましたが、諸般の事情でポリシー変換に踏切りました。

車種の選定は迷わずヴィッツでした。コンパクトカーしか頭になかったし、レンタカー歴20年で色々な車種を乗りましたが、この車が一番気に入っていたからです。僕の勝手な主観ですが、トヨタのこのクラスの作りの良さは他社と比較して群を抜いてると思います。ステアリングの感覚やアクセルレスポンス、ドアなどの具合や車内アクセサリーの気配りなど。昔からレンタカーを借りててうちでは評判が良く、小さかった娘は「虫」と呼んでました。たしかに初期のヴィッツは丸っこくてテントウムシみたいでした。

グレードは色々悩みましたが、1300のタイプU。オプションは、ディスチャージヘッドランプ・フロントフォグランプなど。カーナビは付けず普通のオーディオ。ETCも一番安いやつ。スマートキーシステムは気に入りました。

契約してから2週間ほどで納車しました。納車してすぐ、オートバックスに行って撮った写真がこれです。まずは消臭剤を買いました。
IMG_5178.jpg

走行距離は6km。引き渡しを受けた時は確か3km。
IMG_5180_20100531224518.jpg

早速電話で予約し、葉山の森戸神社でお祓いをしてもらいました。
IMG_5183.jpg

僕のバイクのエンジンも、これと同じ4発のDOHC1.3リッター。燃費もほぼ同じです。
13:28 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

香港の田舎町で廃車になった117クーペ

香港のとある田舎町の廃車置き場に、懐かしい車を見つけました。天才ジウジアーロ作、いすゞの名車117クーペです。25年以上前の車ですが、その洗練されたスタイルはすぐ目につきました。
IMG_1413.jpg

学生時代に友人が中古車を手にいれ、大事に乗ってたのを思い出しました。古い中古なのでよく故障しましたが、とてもカッコ良かったのを覚えてます。

塗装など比較的新しいので、廃車になってからあまり時間はたってないようです。最近まで香港の街中を颯爽と走ってたのでしょう。

この車、アジアでは日本より、どことなくヨーロッパの香りのする香港や澳門で走ってる方が似合うような気がします。
IMG_0771.jpg

こんな坂道を颯爽と駆け下りてくるところなんか、きっと絵になります。
20:30 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vitz 20,000Km

久しぶりに車に乗って、エンジンをかけようとしたら、ちょうど20,000kmでした。
IMG_4641.jpg

2007年11月11日に納車したVitz。納車直後は走行距離6kmでした。
IMG_5180.jpg

2年と4カ月で2万キロは、サンデードライバーに加えてバイクも乗ってる割には、かなり走った方だと思います。納車以来、故障は一度もありません。走りは極めて良好です。傷も一切ありません。

と、云いたいところですが実は2か所あります。ひとつは横須賀市民病院の脇の道で、一段高くなってる歩道に擦った左前のホーイルカバー。もうひとつは去年の11月、武山に登った帰りに急な下り坂の切り返しで、バックギヤに入れたつもりがニュートラル。ブレーキを放してアクセルを踏みましたが、車は前進。街でよくある水色のアミアミのガードレールにふにゃっと当たりました。衝撃はほとんどなかったので大したことないと思いましたが、バンパーにアミアミのキズが。

それ以外はきれいなものです。1年毎の定期点検でボディコートをやってるので、いまだに新車同様です。バイクと違ってメンテ代があまりかからないのが車のいいところ。でもそろそろタイヤ交換の時期でしょうか。
22:31 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

タイヤ交換 BS ECOPIA PZ-XC

Vitzを購入して来月で丸5年になります。遅くとも半月後には車検に出さなければいけません。今履いてるタイヤは新車時の純正で、ブリジストンのB250というやつでサイズは185/60R15。走行距離は5年で42,800Km。バイクもあるし、休みの日にしか乗らない割には良く走ったと思います。
IMG_0005_20121021210044.jpg

タイヤの山はまだけっこうあるような気がしますが、みなさん、普通どのくらいでタイヤを替えるのでしょうか。半年前、ディーラーで定期点検してもらったとき、「タイヤそろそろ替えどきですよ」と云われました。確かその時「低燃費タイヤに替えたら8万円ぐらい」と云われた記憶があります。

ここ一ヵ月ぐらいの間、時間があるとネットで色々なタイヤを調べてました。今バイクのタイヤはダンロップですが、その前はずっとブリジストン。メーカー的にはブリジストンが気に入ってます。それに今履き替えるとしたら、やっぱ低燃費タイヤでしょう。ということで、何となくエコピアに決めてました。エコピアにもいくつか種類があり、Vitzに合うのはEX10というやつと最新のPZ-XCというやつのどっちか。EX10で25%、PZ-XCだと35%も燃費が向上すると云います。

車検時にディーラーでタイヤ交換しても良かったのですが、カーショップだといくら位でタイヤ交換できるのか、いくつかお店をまわってみました。ネットで見る最安値はあまり参考にならないと思ったので。

まずは、某大手カーショップへ行きました。すると、EX10が4本で65,000円超。いいお値段です。PZ-XCはありませんでした。人気があるのか、売れてないのか?

その次行ったお店は準大手の全国展開してるカーショップ。ここでは逆でPZ-XCのみ62,000円とちょっと。一瞬ここで決めようと思いましたが、近所にタイヤ専門店があるのを思い出し、そこも見てからでも遅くないと思いました。

その3店目のお店はなかなか愛想が良く、ずばり欲しいタイヤの値段を聞いてみました。すると全て込みで60,000円ちょうどだそうです。それに、今から30分で作業できるというので、決めてしまいました。(ちょっと値切ってみればよかったか)

そうと決まったら速いですね、お店の対応。すぐにVitzはこの状態。
IMG_0010_20121021210043.jpg

コーヒー飲みながらタイヤ交換作業を眺めてます。契約してから20分とちょっとで作業は完了。素人目にみて、さすがタイヤ専門店。確実に作業してるように見えました。
IMG_0013_20121021210042.jpg

間違えなく、新品のECOPIA PZ-XCです。
IMG_0020_20121021210039.jpg

「低燃費タイヤは加速がいいので、アクセル開けるとき注意して下さい」なんて云われて、お店をあとにしました。
IMG_0016_20121021210041.jpg

タイヤ履き替えて、今日100Kmほど走りました。確かに加速が良くなったような気がします。ハンドルの切れが良くなったのは、新品タイヤなので当り前か。問題の燃費はどうか。それがこれからの楽しみです。広告ほど劇的に向上するとは思いませんが、少し期待してます。

22:22 | くるま | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vitz 5年目の車検

走行距離は43,740Km。今月、2007年11月に納入したVitzは5年目(2回目)の車検を迎えました。

一応色々面倒みてくれるディーラーにお願いし、車検を通してもらいます。車検整備と24ヵ月の消耗品交換と定期点検込みで約60,000円。高いと云えば高いですが、オイルやワイパーのゴムを定期的に替えてくれます。今までノントラブルできたのもこのサポートのお陰かも。

車検整備にだしたあと、担当の営業さんから電話がありました。「バッテリー、5年目なんですけどどうします?電圧落ちてますよ。20,000円ぐらいかかりますけど。」 

「替えて下さい。」と答えてしまいました。まあ、高いんでしょうけど借りがあったので替えてもらうことにしました。

そう、バッテリーに関しては借りがありました。

それは一昨年の5月のこと、家内がルームランプのスイッチをオンにしてそのままにしてしまいました。僕も車を離れるときそれに気付かず、1週間後、当然バッテリーはあがってます。そのとき、電話して助けにきてもらいました。

これがその新品バッテリーです。
IMG_0258_20121104205233.jpg

それとエアコンのフィルターも替えてもらい、ボディーコーティングもやってもらいました。加えてダメ押しは発煙筒。5年過ぎたものは法律でダメだって。取り換えに750円ぐらいかかりました。

自賠責もいれて、結局140,000円とちょっと掛かりました。まあ、ディーラーに全てお願いするのも保険の一種だと思ってます。
21:17 | くるま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑