日光へ向かいます。

土曜日の夕方、Vitzのリコール対策と定期点検、それにボディーコートをやってもらうためディーラーに行ってきました。3時間掛かるそうなので、その間に行きつけの床屋さんで暇つぶし。

髪を刈ってもらってる最中、床屋のお兄さんと何気なく紅葉の話をしてました。すると、お勧めの場所があると云います。「日光の戦場ヶ原から、いろは坂を使わずに鬼怒川や那須方面に行ける道があるんですよ。山王峠って云うんですけどね。去年行ったんですけど、紅葉が最高でしたよ。」

その峠って昔バイクで走ったことあります。SC40で行ったか、その前のNC31(CB400SF)で行ったか、記憶は定かじゃありませんが、長い林道を下ってったところに間欠泉があったことは覚えてます。だから間違いありません。でも何時のことか、どこを通って行ったのか、季節はどうだったのか、全く思い出せません。だから床屋のお兄さんには「その道走ったことあります」なんて云わずに、始めて知ったというふりしてました。

紅葉のWebサイト見ると、いろは坂あたりは今が見ごろ。明日の天気は冬型で気温が下がります。ということは、関東地方は快晴です。これは、どうしても山王峠に行ってみたくなりました。

土曜日の夜に家内に話をして、3時に起きて出掛けることに決めました。今回家内を誘うのに、「美味しいもの」が思い浮かばず、食べ物で釣った訳ではありませんが、一緒に行ってくれるそうです。

3時に起きたのは予定通りでしたが、なかなか出発できません。天気がいいから洗濯物干してくとかなんとか。家をスタートできたのは、4時20分。僕は4時前には出発できると思ってたので、30分ぐらいの遅れ。

お茶とティッシュを持ってくるのを忘れ、ガソリンスタンドで満タンにしてる最中に、向かい野のコンビニで購入。

幸浦から首都高入ったのは4時45分になってしまいました。ちょっと出遅れたかな?
IMG_0454.jpg

湾岸線走ってるとハンドル取られます。風強いですね。この季節だと木枯らしってやつでしょうか。ルートはいつもの通り、湾岸線・大黒線・横羽線・都心環状線、で6号向島線。大師あたりまで起きてたんですが、家内は寝てしまいました。当たり前ですね。

羽田を過ぎたところにある渋滞表示板には早くも中央環状線の外回りの熊野町あたりが点灯してます。こんな早朝から凄いですね。

5時25分には両国JCTを通過、左手には隅田川。夜はうっすらと明けてきました。
IMG_0456_20151026193857c95.jpg

5時40分、川口JCT通過。
IMG_0457_20151026193859667.jpg

今日の川口線は空いてましたね。去年、一昨年と、ゴルフついでに紅葉観ようと、早朝に東北道下ったんですが、そのときよりかなり空いてます。

途中に横断幕がありました。来週の今月30日に、圏央道の桶川北本と白岡菖蒲との間が開通するそうです。つまり東北道と中央道・東名が首都高を使わずにつながるということ。これ、画期的ですね。でも圏央道高いんで、首都圏の交通量はそれほど減らないと思います。本格的に交通量が分散されるのは、2016年4月からの料金改定後でしょうね。そうそう、横横も安くなるんですよね。

5時55分、羽生あたりの所要時間表示板。宇都宮までスムーズに流れてるようです。
IMG_0460_20151026193900346.jpg

6時ちょうど、利根川を渡ります。この鉄橋も老朽化してきました、サビけっこう出てますね。この区間の開通って、1972年だそうで、今年で43年になります。まだまだですね。老朽化というより、塗装工事の時期といったほうが正しいようです。
IMG_0461_20151026193901019.jpg

6時25分、宇都宮まであと22km。朝日が昇ってきましたね。
IMG_0462_20151026193953209.jpg

横須賀から2時間経過したんで、今日も大谷PAに寄ってきましょう。
IMG_0464_20151026193954a73.jpg

6時30分、大谷PAに到着。おっ、空いてますね。できるだけトイレに近いところに空きを探し、そこに停めてエンジン切ってドア開けたら、そこは冬でした。「寒っ、風冷たっ」
IMG_0465_20151026193955414.jpg

今日、僕たちは朝ごはん食べてません。日光あたりのコンビニでオニギリか何か食べようと思ってましたが、あと30分待てばフードコートが開店します。ここで暖かいお蕎麦でも食べていこうか迷います。

でもここでゆっくりしてると、いろは坂混みそうなんで先を急ぐことにしました。

6時50分、東北道は宇都宮ICで終わりにして、日光宇都宮道路に入ります。幸浦から2時間とちょっと掛かりました。
IMG_0466_2015102619395778b.jpg

実は佐野あたりから鹿沼すぎまで、かなり眠かった。家内は熟睡してるし。大谷PAで家内がトイレでコンタクト付けてる間、5分ほどですが、シート倒して目を瞑ってました。それで頭がスッキリしたのは、多分寝てたんでしょうね。

さあ、日光の紅葉はどうでしょうか。楽しみです。
23:13 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

中禅寺湖は蒼かった

東北道の宇都宮ICから日光宇都宮道路は直結。高速道路と変わらない走りが続きます。あれっ?制限速度80だっけ?

正面の山は女峰山かな?
IMG_0470_2015103020561139e.jpg

日光宇都宮道路はずっと登坂なので、アクセル深めに踏んでもそれほどスピードはあがりませんが、針路が西へ変わったので、早朝のこの時間は、快適ですね。

日曜日の朝7時はニッポン放送、イルカのミュージックハーモニー。懐かしいチューリップの歌が流れてます。

15分ほど走って、日光宇都宮道路のふたつ目のETCゲートを通過。ここからは対面通行。
IMG_0471_20151030205613e67.jpg

対面通行になった直後にトンネルに入ったら、なんと先行車がハザード点灯、渋滞ですね。日光市街地からの旧道と合流する清滝が先頭かな?
IMG_0472_201510302056137c7.jpg

1kmにも満たないトンネル内で、ノロノロ運転になって、トンネル出るまで3分ぐらい掛かりました。トンネル出ると再びニッポン放送が受信できました。流れる曲はさだまさしの関白宣言にかわってます。これも懐かしいっ。この歌だったら家内も覚えてるって。

このあたりの紅葉は始まったばかり。空が青いんで色彩が鮮やかですね。
IMG_0477_20151030205615009.jpg

清滝の交差点を過ぎても、ノロノロ運転は続きます。すると家内がトイレ行きたいと云いだしました。そうだ、朝ごはんも食べてないので、コンビニに寄っていきましょう。家内がトイレにいってる間にオニギリとサンドイッチ買いました。それと煙草。

再び清滝バイパスを下りはじめ、オニギリ食べながらゆっくり走ります。暫くすると、ノロノロ運転の先頭が分かりました。バイパスの上り側(右側)にある公衆トイレに行きたい車の列が原因。要するに本線上での右折待ち。
IMG_0479_201510302056167a8.jpg

足尾方面からの国道122号線と合流したら、何故か交通量は激減。ひときわ鮮やかな楓の紅葉が一本、朝日に照らされてます。
IMG_0482_201510302057063ff.jpg

7時45分、ここから「いろは坂」。2車線の一方通行道路になります。
IMG_0483.jpg

今回、いろは坂で写真は撮りませんでした。前をいく車を抜かすのに一生懸命だったもので。明智平は今日も通過しました。

8時ちょうど、国道120号の上り線と合流していろは坂は終わり。二荒山神社の鳥居が見えてきました。
IMG_0484_20151030205709cae.jpg

中禅寺湖畔にやってきました。その湖面は真っ蒼。それに白波が激しいっ。
IMG_0485_20151030205711297.jpg

これは、そうとう風強い。寒そうです。だから中禅寺湖畔にも車を停めません。もうちょっと走りましょうか。
17:56 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

龍頭の滝

中禅寺湖畔を暫く走ります。ここで、昔写真撮ったことがありました。このときです。あれから9年も経ったんですね。
IMG_0486_2015103021075600e.jpg

引続き、湖畔を快走。この辺りは紅葉にならないのかな?
IMG_0488_201510302107581fa.jpg

最初に車を停めようと思ったところは龍頭の滝。滝の駐車場に車を入れよとしたら満車で、警備員がたってて臨時駐車場の方へ誘導されました。けど、その臨時駐車場はけっこう遠いところ。そこに停めて車を降りたら、凄い風。寒っ!

「ここ停めて歩いていくの、やめとこうか。寒いし。」と云うと家内は賛成。せっかく警備員さんに誘導して戴きましたが、国道へ戻って、龍頭の滝の上流に向かいます。

ちょっとだけ国道を走って龍頭の橋を渡った右側に駐車場があります。ここはすんなり停めることができました。で、これが龍頭の橋。
IMG_0490_2015103021080034e.jpg

橋の上から上流側の滝。このあたりの紅葉はあまり美しくないかな。
IMG_0491_2015103021080159f.jpg

こっちは下流方面。しかし、空気が冷たいですね。
IMG_0501.jpg

川沿いの遊歩道を歩いていって、滝の下まで行ってみましょう。
IMG_0492_20151030210802e5c.jpg

このあたりが龍頭の滝の中心。
IMG_0494_20151030210847407.jpg

帰りの登坂は大変ですけど、滝の最下部、龍頭之茶屋まで降りてきました。おおっ、山菜蕎麦などを食べてる方がいらっしゃいます美味しそうですね。さっきオニギリ食べたばかりですが、お腹が空いてきた。
IMG_0499_20151030210850a04.jpg

その茶屋から観た龍頭の滝。まだ朝早いので、ちゃんと日が射してません。
IMG_0496_20151030210849e7e.jpg

真っ赤な紅葉は一本だけありましたけど、イマイチでしたね。龍頭の滝の紅葉には、まだ早かったのかな?それとも遅かったのか。

それから一生懸命階段と坂を登って、上流の駐車場に戻りました。そうそう、ここ龍頭の滝は今年2回目、前回は梅雨明けすぐの夏にやってきました。
21:10 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

戦場ヶ原

龍頭の滝からは数分で戦場ヶ原。
IMG_0502_20151030214256402.jpg

さっきの龍頭之茶屋で見た、美味しそうな暖かいお蕎麦が頭から離れません。戦場ヶ原で食べられないかな?

ここにレストランというか茶屋というか山小屋がありましたよね。
IMG_0509_2015103021430284c.jpg

その前に戦場ヶ原見物。ここも茶色ですね。赤や黄色になるのかな?
IMG_0507_201510302143009b7.jpg

数軒あるうちの一軒に入りました。お蕎麦ですが、まだできないそうです。そうですよね、まだ8時45分。9時開店のようです。
IMG_0503_20151030214257cd3.jpg

でも、お店の方が、「おでんだったら、すぐ温めますよ」と云ってくれました。で、5分ほど待ってそのおでん。
IMG_0505_20151030214258920.jpg

寒いんで、美味しかった。家内と半分ずつ食べました。

食後はカラマツ(かな?)の林を観ながら煙草を一服。あいかわらず風が冷たいっ。
IMG_0511_20151030214404895.jpg

なんだかんだで、9時20分、戦場ヶ原をスタート。今日は湯ノ湖・金精峠方面へは向かわず、ここを右折。
IMG_0512_20151030214406f81.jpg

この道は、戦場ヶ原から奥鬼怒へ向かう林道。なんとなく、木々の黄色が鮮やかになったような気がします。
IMG_0513_201510302144072d4.jpg

ここから本格的な林道になります。林道奥鬼怒線。昨日、床屋のお兄さんに聞いた山王峠への道。
IMG_0514_20151030214409b01.jpg

期待しますよ、この先の紅葉。
21:45 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山王峠

これが山王峠へ向かう林道奥鬼怒線の登りはじめたところ。
IMG_0515_20151030231501096.jpg

グングン標高があがったところに展望台がありました。地図によると、太郎山という山のようです。
IMG_0516_20151030231502327.jpg

いつもドライブでこき使ってるVitz。今日も朝早くからご苦労さんです。
IMG_0517_20151030231503646.jpg

あれっ、なかなか紅葉狩りっぽくならないですね。季節が違うのかな?
IMG_0519.jpg

Googleマップに「西沢金山跡」というのがありました。まずはそこを目指してみますが、それがこのあたりのはず。でも何もありません。看板とか碑さえも。
IMG_0521_20151030231622641.jpg

この上まで行けば何かあるのかもしれませんが、Vitzではちょっと無理ですね。
IMG_0520_20151030231506485.jpg

帰ってちょっと調べてみましたが、江戸時代から昭和までほんとうに、この地区で金が採れてたそうです。大正初期の最盛期には、1,300人もの人がこの谷に住んでました。神社仏閣、学校まであったそうです。色々車とかバイクであちこち走ってきましたが、知らないことばかりです。

そこから先の林道は標高が下がってきたためか、それとも森の質(樹の種類とか)が違うからか、紅葉っぽくなってきました。
IMG_0526_201510302316255d0.jpg

おおっ、なかなかいいじゃないですか。ようやく紅葉狩りっぽくなってきました。
IMG_0528_20151030231625cf6.jpg

青空との配色いいですね、赤と朱色と山吹色、それに鶯色。
IMG_0531_2015103023162779a.jpgIMG_0533_20151030232108e1e.jpg

林道は全線こんな感じ、しっかり舗装されてます。
IMG_0532_201510302316281a1.jpg

これも美しいですね。
IMG_0534_20151030232110fa1.jpg

華やかな林道をゆっくり走ります。至るところで家内も「停めてっ」て云います。スマホでいっぱい写真を撮ってました。
IMG_0536.jpg

床屋のお兄さんが云ってたこと、あってましたね。この季節に、この林道走ってよかった。
IMG_0537_20151030232112f5e.jpg

奥鬼怒林道はここ川俣温泉で県道23号、川俣温泉川治線と合流して終了。奥鬼怒林道を約1時間、楽しめました。
IMG_0552_201510302330093dc.jpg

時間はまだ10時半です、せっかく奥鬼怒の川俣温泉まで来たんで、車で行ける一番奥まで行ってみましょうか。
IMG_0539_20151030232113432.jpg

この先も、紅葉を楽しめそうです。
23:22 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

奥鬼怒

その林道は夫婦渕というところにある大きな駐車場で終わってました。
IMG_0545_201510302332045e6.jpg

この脇に、夫婦渕温泉ホテルがありましたが、2013年の2月にあった震度5強の地震の影響で休業、それから廃業となったそうです。

一般車が入れるのはここまで。この先には、八丁湯・加仁湯など奥鬼怒の名湯があるそうです。でも宿泊客以外、温泉までのバスには乗せてもらえません。日帰りでその温泉を楽しむには、数時間山道を歩くことになります。今日はやめときましょうか、また
いつか来たいと思います。
IMG_0542_20151030233201071.jpg

奥鬼怒ってホント深いんですね、知りませんでした。
IMG_0546_20151030233450ccc.jpg

この谷に沿った山道をいくと、その名湯群があるそうです。
IMG_0543_20151030233203152.jpg

この川、何という川でしょうか。蒼い川面に大量の落ち葉が浮いて流れてます。美しいですね。
IMG_0547_2015103023320718b.jpg

駐車場のトイレによって、それから僕たちは帰路につきました。この道夫婦渕までの道も、紅葉を楽しめる素晴らしい道でしたね。

川俣温泉のところまで戻ってきて、そこに架かる噴泉橋から谷を見下ろします。
IMG_0549_20151030233617283.jpg

橋の上流側は川俣温泉の旅館群。
IMG_0550_2015103023361949e.jpg

さあ、鬼怒川方面に山をくだりましょう。
IMG_0553_201510302336200c9.jpg

暫くはこんな道を走ります。
IMG_0554_2015103023362246f.jpg

地図でよく見ると奥鬼怒って、尾瀬に近いんですね。福島・新潟・群馬・栃木の4県の接する、関東地方では最も秘境ではないでしょうか。
23:37 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

川治ダム

暫く走るとおおきな湖がありました。川俣湖と云う人造湖です。
IMG_0556_2015103023521273c.jpg

今渡ってきたその湖に架かる吊橋。
IMG_0557_201510302352141dd.jpg

この川俣ダムをはじめ、鬼怒川水系にはみっつのダムがあります。川治ダムと五十里ダム。水量豊かな川なんですね。あと、治水が目的なんでしょうね。鬼怒川は暴れ川として有名だったそうですから。
IMG_0558_2015103023521558d.jpg

実にのどかな道です。家内はさきほどからふたたびウトウトしてます。
IMG_0559_2015103023521712e.jpg


この鉄橋を渡ってトンネルぬけたら川治ダムかな?
IMG_0562_20151030235218323.jpg

その川治ダムによってきましょう。ダムの脇の駐車場に車を停めて、外に出ると風強いですね。寒いです。
IMG_0565_20151030235309d8e.jpg

これが川治ダム。凄い迫力ですね。
IMG_0566_20151030235311b37.jpg

川治ダムによって堰き止められた湖は八汐湖というそうです。由来はこのあたりで咲く八汐ツツジだそうです。
IMG_0567_201510302353110bc.jpg

このダムは五十里・川俣に続いて3番目に完成した鬼怒川水系のダム。それに加え、2012年には4番目の湯西川ダムが「完成したそうです。

今年はこの鬼怒川水系で大きな水害が起きてしまいました。茨城県常総市の小貝川堤防の決壊。並行する鬼怒川は大丈夫でしたが、この4つのダムがなかったら、もっと凄いことになっていたでしょう。被災され今でご苦労されてる方々に対しては、切にお見舞い申し上げます。

川治ダムをスタートしたのは、ちょうど正午でした。そろそろどこかで何か食べましょうかね。この近所では湯西川の道の駅があるはず。そこ行ってみましょう。
IMG_0568_20151030235313f5c.jpg

国道121号線の会津西街道を少し下って、湯西川方面へ左折。すると渋滞で車動いてません。多分みなさん道の駅へ入るために並んでるんだと思います。仕方ない、湯西川の道の駅は諦めましょう。

Uターンするために隣接する会津鬼怒川線の湯西川駅温泉駅の駅前広場へいったん入ると、僕と同じような行動をとる車が数台。するとスピーカーから大音響で、「駅前はバス専用だから早く出ていけ」みたいなアナウンスが入りました。これには気分を害しましたね。裏を返せば、道の駅の駐車場が満車で駅前に車を停める輩も多いということでしょうか。

それじゃ、どこで何食べましょうか。とっさに思い出したのが、塩原温泉の「スープ入り焼きそば」です。僕はまだ食べたことなかったので。

家内に「塩原で有名なんだけど、スープに入った焼きそば食べてみる?」というと「なに、それ?」と聞いてきます。「ラーメンみたいにスープのあるやきそば。ツーリングマップルにも載ってたんで美味しいと思うよ」と云うと、食べてみたいと云います。

それじゃ、塩原温泉に向かいましょう。渓谷の紅葉も見頃かもしれないし。家内にスマホでお店の名前と場所を確認してもらいます。

しばらく会津西街道を下って、ここ中三依を右折して国道400号線を那須塩原方面へ。鬼怒川方面からきて中三依を塩原方面へ向かうのって、始めてかもしれません。
IMG_0571_2015103023531402a.jpg

那須方面の山は色づき始めた頃ですね。紅葉はこれからでしょうか。
IMG_0572_2015103023540829c.jpg

このあたりは半月先じゃないでしょうかね。
IMG_0574_20151030235410ce6.jpg

尾頭(おがしら)トンネルです。
IMG_0575_20151030235411e18.jpg

このトンネルの開通は画期的だったようですね、東北道の西那須野塩原ICから会津方面への新しいルートとなりました。僕もなんども使ってます。

トンネルぬけると塩原です。川治ダムから30分近くたって、ホントにお腹が空いてきました。
15:03 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こばや食堂

そのお店は塩原の温泉街にありました。こばや食堂というお店です。たまたま脇の駐車場に1台空きができたところ。幸運でした。でも20人ほど並んでます。やはり人気あるんですね、テレビでも紹介してましたが、その数は1度や2度ではありません。
IMG_0581_20151031000311248.jpg

行列の最後尾にはお店のオジサンが居て、メニューを渡してくれました。ここで何を食べたいかえ選ぶシステム。それから暫くして注文を聞きに、お店のオバサンがやってきました。僕はあえてラーメンを、家内はスープ入り焼きそば並を注文。それと僕の半ライス。

朝から快晴だった天気はお昼を過ぎると雲が多くなり、風はさらに冷たくなってきました。並んでまってると、ちょっと寒いですね。

並び始めて30分ほどで先頭までやってきました。
IMG_0582.jpg

それからすぐに店内に招き入れられました。上がり框のお座敷です。
IMG_0584_2015103100031454d.jpg

予め注文してたので、数分で注文したものが運ばれてきました。

僕の頼んだラーメン。いいですね、この見た目。こういう素朴なラーメンって、あまり僕の行動する界隈ではお目に掛かれません。
IMG_0586_20151031000315753.jpg

味は見た目通り。実に素朴で美味しかった。麺はモチモチ、スープはあっさり。

こちらが焼きそば。
IMG_0587.jpg

家内とちょっとドンブリ交換して食べてみました。確かに焼きそばの味。具は豚肉とキャベツ。まあ、変わりものですけど美味しいですね。人によっては、また食べたくなるという中毒性があるそうです。
IMG_0590_20151031000338434.jpg

ラーメンは素朴で素直で実に美味しかった。
IMG_0592.jpg

お腹が満たされ、満足してお店を出ました。行列は益々長くなってますね、ご苦労様です。車をスタートさせて塩原渓谷の方に向かいます。

多少は色づいてましたが、本格的な紅葉はここもまだ先ですね。
IMG_0593.jpg

13時50分、国道400号線沿いにある、道の駅「湯の香しおばら」にやってきました。ここで色々野菜を調達して帰ります。何度もこの前を通りましたが、ここへ寄るのは今日が始めて。
IMG_0600_201510310003449bc.jpg

これが調達した食材。大根と生姜、それにお漬物が美味しかった。梅干も。
IMG_0599_20151031000342f08.jpg

さあ、あとは帰りましょう。今日温泉はパス。東北道が混まないうちに帰りたいから。明日は朝早いので今日は、はやめに帰ります。
15:29 | '15.10栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑