Be a driver !

最近もMAZDAのコマーシャルよくやってますね。「Be a driver」と云ってますが、直訳すると「運転者でいなさい」ですか。
マツダのコマーシャルとすれば、「マツダ車のドライバーになろう!」でしょうかね。

別にそのコマーシャルに影響された訳ではありませんが、やはりDEMIOは運転してて楽しい車だと思います。それで先日、平日休めることになったので、ドライバーになってみてもいいかなって思いました。普段も休みの日にはよくDEMIOで出掛けるんですけど、徹底的に運転してみましょう!

DEMIOに乗り始めてちょうど半年ですし、走行距離ももうすぐ10,000km。これまでのレビューの意味も含めて、運転を楽しみます。

その日、いつも通り5時55分にスマホのアラームが鳴りました。すぐに起きて、顔洗って歯磨いて着替えて、何も食べずに家を出ました。駐車場に行ってDEMIOのドアロック解除、ドライバー席に座ってスイッチイン。軽油はほぼ満タンで走行可能距離は816kmを表示。
DSC_5589.jpg

このスイッチいいんですけど、以前のVitzはハンドルの右下側に付いてて、僕はその癖が抜けず、今でもエンジンかけるにはブレーキ踏んで右手が動いてしまいます。DEMIOのスタートボタンはハンドルの左上側にあるので、今でも違和感ありますね。

そうそう、以前のVitzと比べて乗り出すときのDEMIOは格段にいいと思うことは、よっつ。

ひとつめ、ドアロック解除の電子音。Vitzは「ピッツ・ピッ」っと鳴りましたが、DEMIOは「ピピッ」です。シャープでいいですね。
ふたつめ、シートに座ってハンドル位置を調整しますが、Vitzは上下の調整ができましたが、DEMIOはそれに加え、何と前後の調整ができます。これで楽な運転姿勢にハンドルを調整する自由度は格段に広がります。
みっつめ、格納してたサイドミラーを出すときの音。静かにスムーズに出ます。Vitzはオモチャのモータのような大きな音がしました。
よっつめ、シートベルト引き出すときの軽さ。最初これには驚きました、軽くて。

エンジンスタートすると、ディーゼル独特のカラカラ音。ナチュラル・サウンド・スムーザーが付いてるので、全然気にならないレベルです。むしろいい音ですね、軽快で。このエンジン音は普通に走行してるとき、全く気になりません。

ギアをドライブモードにして、サイドブレーキ外してゆっくりスタート。アクセルちょっと踏込むとエンジン回転数・スピードともに上がりますが、車速に比べてエンジン回転数の方が微妙高い感覚。まあ、慣れの問題でしょうか。普通に交差点の信号青スタートではなく、駐車場を出るときの徐行を続けたときの状態ですけど。

6時15分、横須賀をスタートして国道16号線を上っていって、船越を左折。逗子市に入って、逗葉新道入ろうか。いや、真っすぐ一般道行きましょう。財布から100円出すの面倒くさい。
IMG_3882_201607180859193c0.jpg

逗子駅のちょっと手前を左折して京急の踏切を渡って、旧逗子海岸駅前のセブンでお茶とオニギリ購入。運転しながら朝ごはんにします。
IMG_3883.jpg

海沿いの国道134号線に出て、西へ向かいます。
IMG_3884_201607180859219d2.jpg

小坪のトンネル越えると鎌倉湾。天気はイマイチですけど、静岡県から西は晴れ時々曇りの予報。7時前だと海沿いの国道も流れはスムーズ。
IMG_3885_201607180859234d1.jpg

7時10分、大磯から西湘バイパスに入りました。クルーズコントロールオン。これ、空いてて信号のない直線道路だったら、楽ですよね。でも空いてる西湘ぐらいしか使わないかな?
IMG_3886_20160718085924867.jpg

早川のジャンクションを過ぎて、おだあつと合流し、箱根新道を登り始めます。こういう登坂でDEMIOは快適ですよね。グイグイ登っていきます。ちょっとアクセル踏込むと、登坂でも強い加速度。

7時35分、箱根峠。
IMG_3890.jpg

ここから三島までの下り坂もなかなか面白い道。DEMIOではマニュアルモードで3速と2速、スピードが落ち過ぎたらニュートラル。ギアを使い分けると、アクセルは殆ど不要です。
IMG_3892.jpg

三島の市街地まで降りてきましたね。このあたりは、ほとんどニュートラルでの走行です。マツコネでの燃費表示はずっと30km/Lの表示。
IMG_3893.jpg

7時55分、箱根の下り坂はここで終了。
IMG_3894_201607180859454a1.jpg

VitzからDEMIOに代えて、まだ慣れないのが止まる瞬間のブレーキペダルの感覚。Vitzのブレーキは止まる寸前まで細かい微調整ができて、殆ど停止したときのショックはないように止まることが出来ましたが、DEMIOではそれができません。慣れの問題かと思ってましたが、どうやらブレーキ制御はTOYOTAの方が一歩進んでるような気がします。

箱根を下ってきた直後の燃費表示です。
IMG_3895_20160718085946ac7.jpg

逗子からの燃費は28.5km/Lで、箱根の登り以外はずっと30km/L超。これ、凄いですね。また、前回給油時からの燃費は25.3km/Lです。これも凄いっ。カタログ値がJC08モード燃費で26.4km/Lなので、カタログ値の95%です。この先まだまだ伸びるでしょう。

この日の行き先はまだ決定してません。候補のひとつめは、伊勢神宮参拝の往復。もうひとつは東海道で西へ向かって中山道で帰ってくるルート。どっちがいいでしょうか。いずれにしても浜名湖の先までは走る予定です。まあ、天気次第ですかね。
23:20 | '16.07木曽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

三島から浜名湖まで静岡県横断

箱根の山を下りてきて三島の市街地に入ると、かなり渋滞してました。国道136号線の起点から、柿田川湧水の前までは10分も掛かってます。まあ、朝の8時なんで仕方ないですかね。
IMG_3896_20160718092236963.jpg

沼津駅前へ向かう旧道と別れて沼津バイパスに入ったら流れ出したんですけど、国道246号線と合流して片側3車線になると、ふたたび流れが悪くなりました。

結局30分ぐらい掛かって、市街地の渋滞を抜けることができました。静岡県に入って青空は出てきたんですけど、富士山は厚い雲のなか。
IMG_3897.jpg

8時50分、沼津バイパスが終わって富士市街地。あれっ?ポツポツ雨が降ってきた。
IMG_3899_20160718092239d26.jpg

富士川を渡って富士由比バイパスに入ると、本格的に雨が降ってきました。にわか雨ですかね。この辺りから清水市街の手前の興津までは海沿いの道。天気は良くないんですけど、走りは快適です。
IMG_3900_20160718092240948.jpg

9時10分、清水IC前の信号で停止。富士からここまではほぼノンストップ。速かったですね。燃費表示もこの間は30km/L超。登り坂でなく、ストップ&ゴーがないと、燃費いいですね。まあ、力学的にそうですもんね。必要なエネルギーは、空気と路面の摩擦抵抗のみ。さった峠を越えると雨はやみました。
IMG_3902_2016071809224229c.jpg

清水IC前を過ぎると、暫くは信号のない静清バイパス。安倍川渡るまでは快適でしたが、その先は対面通行になって長いトンネル。このトンネル内の空気の悪さには参った。換気の機能が悪いのか、車の通行量が設計値を越えてるのか。

9時40分、丸子を過ぎて再び片側2車線になって、宇津ノ谷の峠を越えると、快晴になりました。
IMG_3906_20160718092257178.jpg

逗子のコンビニを出発したのが7時前だったんで、それから3時間ぐらい走ってますけど、DEMIOって疲れないですね。まあ、1本道なんで気い遣わないからかな?

この辺りは4月に国道152号線走りに行ったときに通ってるので、記憶に新しいところ。信号の全くない燃費にやさしい道。
IMG_3907_20160718092258506.jpg

9時55分、大井川を渡ります。この先は牧之原の台地ですね。
IMG_3908.jpg

これ、掛川バイパスかな?もうすぐ暫くぶりの信号があるはず。宇津ノ谷から、ずっとノンストップで走ってます。
IMG_3911.jpg

燃費表示はこの通り。ここ1時間はずっと30km/L超。逗子からの燃費でも30.3km/Lはすごい!
IMG_3912_20160718092303114.jpg

10時半、天竜川を渡ります。
IMG_3916_201607180923223b2.jpg

天竜川を渡ると浜松市、3年ぶりぐらいですか、浜松来るのって。写真は天竜川の上流方面。雲が多くなってきましたね。
IMG_3918_20160718092323ca2.jpg

浜松市に入ると、国道1号線は浜松駅方面へは向かわず、バイパスとなってました。この道走るのは始めてです。
IMG_3920.jpg

11時、浜名大橋を渡ります。一般道で浜名湖の西側走るのは久しぶりです。
IMG_3923.jpg

この橋は有料のとき、一度だけ走ったこのがあります。橋渡ってすぐの海水浴場で泳いだっけ。もう30年も前のことですけど。

この先の西の方は、あまり天気良さそうじゃないですね。そろそろ、西へ向かうのは終わりにして、北へ向かいましょうか。それに、さすがのDEMIOでも、4時間もずっとシート座り続けてると疲れてきました。
IMG_3925_20160718092328e31.jpg

国道1号線が海沿いでなくなるところに、道の駅がありました。ここで休んでいきましょう。

11時10分、道の駅「潮見坂」に到着。
IMG_3931.jpg

エンジン止て、外へ出て背伸びと大欠伸。DEMIO運転してると全く使ってない右足が何故か疲れるですよね。姿勢悪いのかな?逗子から浜名湖越える4時間半近く、一般道を連続して走ってこれたのも、DEMIOが運転してて楽な車だからでしょうね。

ちょっと早めのお昼ご飯にしようかとも思ったんですけど、やめときます。これから北へ向かって美味しいラーメン屋さんでも探します。この先の予定ですが、何となく中山道を上ろうと思ってます。でも11時過ぎましたから、和田峠越えて佐久方面行くのは無理でしょうね。
10:10 | '16.07木曽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

奥三河、縦走

20分ほど海沿いの道の駅で休憩。煙草吸ったり新鮮野菜見たり。ネギとか葉物野菜が新鮮そうで安かったんですけど、野菜系はこの先買えるところはいくらでもありそうなので、ここでの購入は止めときます。

ここから先のルートですけど、浜名湖の西側を北上して、その先は国道257線。恵那市まで北上してそこから中山道を走りましょう。ナビで行き先を「中津川」とセットしたら、到着時間は何と15時30分! そんなに掛かるの?

11時30分、海沿いの道の駅をスタート。国道1号線はちょっと走ってすぐ右折。湖西地区の農村地帯をのんびり走ります。
IMG_3932_201607180942530ca.jpg

全国どこでもそうだと思いましが、地元の県道や市道走ると、高齢者マークつけた軽自動車多いですね。40km/h弱でゆっくり走る車ばかり。ここは焦らず曲がってくれるのを待ちます。

新幹線や東海道線は立体で越えたんですけど、踏切がありました。天竜浜名湖線の大森駅。
IMG_3933_201607180942550ec.jpg

それからすぐに、浜名湖の西岸。
IMG_3935_20160718094255371.jpg

12時ちょうど、浜名湖北岸の三ヶ日を通過。ここから国道301号線を新城まで走って、その先は国道257号線。三ヶ日って、始めてきましたけど、地名は昔から知ってます。東名のジャンクションと蜜柑が有名ですね。
IMG_3937.jpg

暫く走ると、東名高速が見えました。その東名を越えると山道に入っていきます。ナビで見ると三ヶ日ジャンクションのそばでしたね。

12時10分、その山道のピークを過ぎると愛知県に入ります。新城って愛知なんですね。新城は「しんじょう」でなく「しんしろ」と読むそうです。
IMG_3940_20160718094258ba3.jpg

その新城市街に入ると再び踏切を渡ります。JRの飯田線です。そこを渡って国道151号線を北東へ暫く走ると、近道の県道があるので左折。設楽(したら)方面への近道です。国道沿いでラーメン屋さん探したんですけど、1軒もありません。
IMG_3943_2016071809431328a.jpg

近道の県道21号線を走ってると、正面に万里の長城のような新東名が横切ってます。それをトンネルで抜けて暫くは平行して走ります。新東名走ってると周りは山しか見えないんですけど、けっこう田園地帯も走るんですね。
IMG_3945_20160718094315224.jpg

ここから本来の国道257号線。恵那方面へ左折します。
IMG_3946_201607180943160e6.jpg

すると、快適な奥三河のツーリングロードになりました。
IMG_3948_2016071809431829f.jpg

暫く走ると国道は真っすぐですけど「恵那は右」との青看があり、それに従い右折。途中に「海老」という変った名前の集落が。海のそばでもないのに、川海老でも採れるのかな?

その先で「千枚田」の看板がありました。右折して2kmほどなので、ちょっと寄って行きましょうか。

これがその千枚田。奥三河四谷の千枚田と云うそうです。なかなか美しい棚田です。
IMG_3950_2016071809431990d.jpg

ちょうど10台ぐらいのオジサンツーリングチームが駐車場で休憩してて、しきりに写真撮ってましたね。平日にツーリングなんで、みなさんリタイヤ組かな?

上から眺めた四谷の千枚田。
IMG_3952.jpg

千枚田のなかに散策路があるそうですが、今日は先を急ぐことにしましょう。

2kmほど来た道を戻って、恵那方面に向かうと長いトンネルがありました。(帰って調べたら稲目トンネルと云って、廃線となった鉄道トンネルを改良して道路トンネルにしたそうです。) このトンネルでショートカットできるんで、国道じゃなく、こっちへ誘導されたんですね。

13時15分、設楽の市街地へ入ってきました。ここは素朴な田舎町の雰囲気ですね。ラーメン屋さんとか、寄ってみたい食堂みつかりません。
IMG_3954_201607180943417c4.jpg

市街地はすぐに終了。

でも、快適なツーリングロードは続きます。DEMIOのエンジンも益々快調。
IMG_3957_2016071809434327c.jpg

13時45分、岐阜県恵那市に入りました。海沿いの道の駅から2時間以上走ってます。奥三河って思ってたより広いですね。
IMG_3958_201607180943444e4.jpg

岐阜県に入っても延々と山里のなかの道は続きます。中津川に着いたら本当に夕方かもしれません。お腹もかなり空いてきた。

途中で鉄道の線路を横切りましたけど、けっこう地方鉄道って頑張ってるんですね。旧国鉄だった明知鉄道と云うそうです。

国道257号線は長いトンネルをぬけると、湖の上の橋を走るようになりました。阿木川ダム湖だそうです。それから、国道は急な坂道を下るようになります。
IMG_3960.jpg

14時20分、やっと恵那市街までやってきて国道19号線を走るようになりました。太平洋岸から3時間も掛かってます。けっこう快適に走ったんですけどね。
IMG_3961_20160718094411278.jpg

それですぐにラーメン屋さんの看板を発見。それに従い左折してそのラーメン屋さんの駐車場に乗り入れ、久しぶりにDEMIOのエンジンカット。

平日の14時を過ぎてますけど、お客さんたくさん居ましたね。元気なオバサンが出迎えてくれて、テーブル席に着席。すぐにラーメンと小ライスを注文。ここのラーメン屋さんはチャーシューが有名らしいですね。

見た目美味しそうなラーメンです。見た目だけじゃなく、美味しかったですよ。取り立てて特色のあるラーメンではありませんが、バランスがとれてます。それと、チャーシューは確かに美味しかった。
IMG_3963.jpg

満腹になったら14時30分。ナビの予想ほどではありませんが、もうこんな時間なんですね。これから中山道と云うか木曽街道を走ります。
13:52 | '16.07木曽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

木曽、馬篭

14時40分、中津川市に入りました。ナビの予想より50分速かったですけど、想像以上に時間掛かりました。浜名湖-中津川間って、こんなに遠いと思いませんでした。奥三河の広さに驚きっ。奥三河って、取り立てて有名な観光地ははなく、実に素朴な地域でした。関東地方などと比べ、自然と人間が共存してるような、そんな感じがしました。
IMG_3968.jpg

恵那市街から国道19号線を走ってきましたが、ここを右折して馬篭宿へ向かいます。
IMG_3972_20160718095911543.jpg

国道19号線は木曽川沿い。なんで、中山道はずっと木曽川に沿いではなく、わざわざ山道に通したのか不思議でしたが、数年前に会津西街道の大内宿行ってみて分かりました。川沿いの渓谷が急峻すぎて、道作れなかったんですね。

旧中山道とは違う道ですけど、こんな山道を暫く登っていきます。
IMG_3974.jpg

15時、馬篭宿に到着。
IMG_3975_20160718095914665.jpg

ここ来たのって僕は3回目。最初は藤村の「夜明け前」読んだ直後だったかな?25年ほど前のこと。そのときは当時住んでた戸塚を深夜に出発して、相模湖から中央道で来ましたね。2回目は浦和に住んでた時代。CB400SFで中山道をずっと走ってきたとき、ここに寄りました。

馬篭宿の峠側の駐車場にDEMIOを停めて、旧中山道の馬篭宿入口。平日なのですぐ近くの無料駐車場が空いてました。
IMG_3977_20160718095916466.jpg

宿場の中へ入って行きましょう。平日の夕方なので観光客少ないですが、チラホラいらっしゃいます。半分ぐらいは外国人ですね。
IMG_3979_20160718095937511.jpg

石畳の整備された道をゆっくり下っていきます。風情ある街道だと思います。
IMG_3981_20160718095939257.jpg

ここが藤村記念館。島崎藤村の生家で、馬篭宿の本陣跡です。最初に訪れたとき、拝見しましたけど、藤村の直筆の原稿などを展示してます。
IMG_3982.jpg

藤村の「夜明け前」は『木曾路はすべて山の中である』で始まる幕末の時代小説で、藤村の父を主人公に木曽の山奥から時代の激変を描いた超大作。もう一度読んでみたい小説ですけど、長いですからちょっと躊躇います。

本陣跡から下へは行かず、宿場の峠側へ戻ります。
IMG_3985_20160718095944e6a.jpg

馬篭宿をあとにして、馬篭峠へやってきました。標高は801m。木曽川の渓谷を迂回してるだけなので、それほど高い峠ではありません。ちなみに中山道で一番標高の高い峠は、和田峠の1,599mだそうです。
IMG_3991_20160718095944b7a.jpg

馬篭峠からは木曽川の河畔までずっと下り坂。途中に妻籠宿がありますけど、ここも人気の観光スポット。無料駐車場があってちょっと見学できるなら寄ってこうと思たんですけど、ありませんでした。

で、ここから木曽河畔を走る国道19号線。
IMG_3995_20160718095956eed.jpg

ここ南木曽から塩尻は81kmだそうなので、ゆっくり走って2時間ですかね。今が15時40分なんで、18時前には塩尻到着予定。これからゆっくり木曽路のドライブを楽しみます。
20:15 | '16.07木曽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

木曽路

ここ、南木曽(なぎそ)から木曽路の終わる塩尻までは81km。
IMG_3997_20160718101609e71.jpg

木曽路と云うと大手しゃぶしゃぶチェーン店を思いだしますが、あのお店は、ここ中山道の木曽と関係あるんでしょうか?

こういう田舎の二桁国道って、舗装状態がなかなかいいと思います。三桁国道に比べてメンテナンス単価は高いのかもしれません。
IMG_4000_20160718101611795.jpg

セブンがあったので、DEMIOを停めました。煙草吸いたかったのと、トイレ行きたかったので。ついでにお茶買いました。
IMG_4002_20160718101612781.jpg

南木曽から塩尻まで木曽路を走ってみて、コンビニというかセブンの多さには驚きました。5軒ほどありましたね。こんな鄙びた山間の街道沿いで。お弁当の品質とか輸送コストとか、大丈夫なんでしょうか。

ここまで発展すると、コンビニって重要な社会基盤になってますね。

道の駅大桑ですって。中山道の宿場で云うと、妻籠の次から三留野・野尻・須原と続くんですけど、ちょうど野尻と須原の中間ですね。
IMG_4005_20160718101614b25.jpg

南木曽から国道19号線を走って、さっきのセブンからコンスタントに60km/hで走ってます。エンジンもハンドリングも快調です。
IMG_4006.jpg

こういう下り坂ではすかさずギアをニュートラル。滑るようにDEMIOは走ります。
IMG_4008.jpg

16時20分、寝覚の床を通過。宿場云うと、須原の次の上松のちょっと手前。寝覚め床は秩父の長瀞みたいな景勝地。昔バイクで通ったとき、ここでお昼ご飯に蕎麦食べたっけな。今日はパスして先を急ぎます。
IMG_4009_20160718101637b11.jpg

ここから中山道は上松宿。国道19号線は宿場をトンネルでバイパス。
IMG_4010_2016071810163961b.jpg

上松宿のちょっと先で国道19号線は木曽川を渡り、川の西側を行くようになりましたが、すぐにまた橋があって東岸に戻ります。
IMG_4011_20160718101640001.jpg

塩尻までは、あと46km。
IMG_4013_20160718101657278.jpg

久しぶりに信号で停止。木曽路はほんとうに、どこまで行っても山・山・山。「夜明け前」の冒頭の”木曽路はすべて山の中である”が頷けます。
IMG_4016_20160718101659cc8.jpg

南木曽からちょうど1時間の16時40分、塩尻まで35km。南木曽から既に50kmぐらい走ってます。平均側道は法定通り50km/h。こんなところにオービスがありました。
IMG_4018_20160718101700ad6.jpg

ここの標高は883mだそうです。けっこう標高上がってきましたね。
IMG_4019_20160718101702d9a.jpg

吉田洞門だって。宿場で云うと、宮ノ越と藪原の中間ぐらい。
IMG_4020_201607181017036c3.jpg

藪原の手前で電車に抜かれました。速いですね、電車は。
IMG_4021.jpg

ここ藪原は太平洋側の最後の宿場で、次の奈良井宿は中央分水嶺を越えた日本海側となります。この道の駅に寄っていきましょう。
IMG_4025.jpg

「きそむら」と云う道の駅です。立ち寄った目的はトイレもそうですが、まだ買ってなかった野菜。残念ながら夕方なので、野菜は完売。というか売れなさそうなので引き上げるんでしょうね。
IMG_4022.jpg

で、これがお土産になりました。メインは馬肉の燻製です。
DSC_5609.jpg

ここまで快調に走ってくれたDEMIO。ここまでで、朝からDPF再生は2回ありました。
IMG_4023_20160718101728ea7.jpg

DPF再生とは、マツダ車だけじゃないでしょうけど、ディーゼルエンジンの数少ないウイークポイント。排ガスのフィルターに有害物質が溜まるので、それを定期的に一気に燃やすそうです。そのとき、燃費は極端に悪くなります。で、その処理が終わると、元通り燃費が改善します。

レインボーマンのヨガの眠りみたいなもんでしょうか。例えがちょっと古すぎるか。

これが中央分水嶺の鳥居トンネル。
IMG_4027_20160718101730927.jpg

これをぬけると、木曽川水系は終わり、信濃川水系です。
17:59 | '16.07木曽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑