志太系ラーメンを食べに行く

静岡には志太系というラーメンの種類があることを知ったのは最近のこと。しかも朝ラーだというではありませんか。ふと思い立って、9月の土曜日の早朝にDEMIOで出掛けてみることにしました。

横須賀出発は3時20分。軽油は沢山入ってたんですけど、満タンにしたくて八景のスタンド経由して、船越まで戻ってきて、逗子方面へ向かいます。スタンド向かいのセブンで濃茶と鮭のオニギリひとつ購入。目的はラーメンなんですけど、それまでお腹がもしません。かといって満腹にもできないので。

JR逗子駅前通過は3時55分。始発電車まで、あと1時間ありますけど、改札はオープンしてるみたい。
IMG_9421.jpg

昔は国道134号線だった、県道311号線を走って小坪トンネルから若宮大路。滑川からは海沿いを走って、柳島通過は4時20分。江ノ島入り口あたりからポツポツ雨が降ってきましたが、信号にも殆ど止められることのない、快適な早朝走行。
IMG_9422.jpg

横須賀から1時間経った頃から妙に眠くなってきましたね。それで、西湘PAでひと眠りしとこうと思ったんですけど、高波の影響か族対策か知りませんけど、なんと西湘PAは閉鎖中。

何とか頑張って、西湘から箱根新道を登って箱根峠の脇にあるエコパーキングに到着。ここで暫く眠っていきましょう。
IMG_9426.jpg

30分ほど熟睡して目が覚めました。9月に入ると5時半ぐらいにならないと明るくならないんですね。それでは三島方面に向かってDEMIOをスタート。
IMG_9427.jpg

それから暫くは雨降ってたんですが、富士市を過ぎる頃から雨はあがり、路面も乾いてきました。富士由比バイパスを快走中。
IMG_9430.jpg

6時30分ちょうど、さった峠下を通過。
IMG_9431.jpg

清水市内からは静清バイパスの高架道路を直進。安倍川を渡ると対面通行の長いトンネルをぬけて再び4車線の宇津ノ谷トンネル。

そこから藤枝市街はすぐでした。7時10分、ここでバイパスを降ります。
IMG_9440.jpg

目指すラーメン屋さんをカーナビにセットしておいて、ここで案内終了となりました。あれっ?ラーメン屋さんはどこでしょう?
IMG_9438.jpg

お店が分からずこの道を行ったり来たりして、やっとラーメン屋さんを発見。あまりにも地味なので分かりませんでした。一応営業中のようです。
IMG_9432.jpg

森下というラーメン屋さんに入ると、カウンター席で先客がひとり、ラーメン啜ってました。僕もカウンター席に腰を降ろし、ラーメンを注文。ご主人ひとりで切り盛りする小さなラーメン店。メニューはラーメンと冷やしラーメン、それぞれ普通盛りと大盛り。それに塩ラーメンがありました。

これが志太系ラーメン。
IMG_9433.jpg

実にシンプルで、まるでかけそばのようなラーメン。味は見た目通りあっさりしてて、熱くて美味しいっ。まさに朝に食べるラーメンです。これで550円だったかな?まだ朝の7時半だというのに、お客さんはポツポツやってきます。人気あるんですね。

お腹いっぱいになって満足しました。ごちそうさま。今度は家内も連れてきましょうか。
12:36 | '17.09大井川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

千頭駅

藤枝市内で志太系ラーメン食べてお腹が落着いたら、東海道をさらに下ります。一応、今日の目的は完了しましたが、これからどこまで走りましょうか。
IMG_9441.jpg

浜松まで走って国道152号線を茅野まで上って甲州街道で帰ってくるか、浜松の先の伊良湖あたりまで行こうか。それとも、大井川上流に行ってみようか。

8時15分、東海道は金谷まで走って終わりにしました。ここからは大井川に沿って行けるところまでいってみましょう。大井川上流へ行くのは、9年前の2008年にSC40で寸又峡まで行って以来です。
IMG_9442.jpg

大井川沿いに走り始めて30分ほど、このセブンでトイレ休憩。
IMG_9445.jpg

大井川上流へ向かう国道は473号線から362号線。国道と並行した県道もあり、大井川上流へ向かう青看に従って走ると、県道77号線の方が多いみたい。
IMG_9446.jpg

大井川の左岸を走ったり右岸に戻ったり。
IMG_9449.jpg

金谷から約1時間、大井川に沿って走ってきて、大井川鉄道の千頭駅までやってきました。千頭駅の脇が道の駅になってて、そこにDEMIOを停車。
IMG_9452.jpg

駅舎のなかへ入ってみました。栄えてますね、地方の都市の駅より発展してるような気がします。蒸気機関車に加えて、最近では機関車トーマスで栄えてるようです。
IMG_9455.jpg

9時30分発の金谷行き電車が、ちょうど発車して行きました。この電車は、多分昔は近鉄で走ってた電車ですね。
IMG_9453.jpg

近くで踏切の警報機音がしてるので、行ってみると可愛い機関車2両がやってきました。これは大井川鉄道の井川線といって、千頭からまだまだ上流方面へ行く鉄道。
IMG_9456.jpg

2両編成の機関車は、千頭駅構内に入っていって停車。列車編成を仕立てる作業が始まりそうですね。
IMG_9457.jpg

これが井川線の旅客車両。まるでトロッコですね。宇奈月温泉の黒部渓谷鉄道を思い出しました。
IMG_9458.jpg

機関車が切り離され、多分、これから客車に連結されるんでしょうね。
IMG_9459.jpg

すると、トーマスが走ってきました。普通のディーゼル機関車に顔の装飾を施しただけ。これでお客さん呼べるんですから、アイデア当たりましたね。凄いです。
IMG_9465.jpg

ここで、機関車と客車の入れ替え作業見ててもいいんですけど、目的は大井川上流なので、そろそろDEMIOをスタートさせましょう。
17:10 | '17.09大井川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

畑薙第一ダム

まだ朝の9時50分、千頭駅をあとにして、大井川の上流方面へDEMIOを走らせます。暫くは井川線の線路に沿って進む道。
IMG_9469.jpg

10分ほど走ると、大きなダムがありました。長島ダムです。ここは帰りに寄ることにして、上流方面へ進みます。
IMG_9470.jpg

するとこんな険しい山道になりました。たまたま対向車来なくて良かったんですけど、ダンプとか来たら最悪でしたね。
IMG_9471.jpg

この崖の下を井川線が走ってるようです。
IMG_9472.jpg

井川線の終点、井川駅付近で、静岡市からの県道60号線と合流すると、道幅は広がりました。千頭までだったら、金谷から入った方がいいけど、井川から上流へ行くんだったら。静岡市街から国道362号線と県道60号線を通った方が便利です。
IMG_9474.jpg

井川湖のほとりにある井川集落に、大井川流域最上流のガソリンスタンドがあります。その名も井川石油。
IMG_9475.jpg

この辺りって、静岡市葵区なんですね。
IMG_9477.jpg

井川湖に架かる井川大橋。井川湖は井川ダムで堰き止められた人造湖。このダムを造るために大井川鉄道井川線は建設されました。その後の井川線の使命は、観光が主だそうです。
IMG_9476.jpg

県道60号線が井川湖畔を走らなくなると、大井川の渓谷はさらに険しくなりました。
IMG_9480.jpg

この上流には、畑薙第一ダムと第二ダムがあり、その貯水を活用した揚水式発電所、畑薙第一発電所があるそうです。
IMG_9481.jpg

井川湖畔の井川集落から約30分経った11時、畑薙第一ダムが見えてきました。
IMG_9482.jpg

これが畑薙第一ダムの上から見た、ダム湖。畑薙第一ダム貯水池と云います。
IMG_9485.jpg

このダムは中空重力式コンクリートダムという方式で、この型式単体のダムとしては堤高が世界一だそうです。
IMG_9486.jpg

堤高は125m。
IMG_9494.jpg

この先には畑薙第二ダムによる貯水池。
IMG_9493.jpg

ダムの上を走って、さらに貯水池に沿って上流に向かうこと数分、一般車両はここで行き止まり。畑薙ダムゲート前です。ここから先へ行くことはできません。ここは南アルプスへの南端の登山口・下山口。林道はまだまだ奥まで続いているんですけどね。
IMG_9487.jpg

今朝の早朝に横須賀を出発して走ること286km、「大井川に沿って行けるところまで行ってみよう」という目的はこれで達成。なんとも達成感のないドライブでした。
18:23 | '17.09大井川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

南アルプス赤石温泉、白樺荘

達成感のあまりないドライブの帰りには温泉に浸かっていきましょう。畑薙ダムのちょっと手前に、山小屋みたいな温泉施設があったので、そこに寄っていきます。

ここから静岡駅まで80.5kmもあるそうです。静岡県も山深いところですね。
IMG_9499.jpg

その温泉施設、白樺荘に到着。ここは静岡市の市営施設だそうです。
IMG_9500.jpg

県道を挟んだ向かいにあった駐車場にDEMIOを停めて、玄関を入ると温泉券の自動販売機。510円だったかな?その券をフロントのオバサンに渡すと、「今混んでますよ、ちょっと待つと空きますから」と云います。
IMG_9502.jpg

ちょうど、南アルプスからの下山客が入ったところだそうです。さっきの畑薙ダムの上で白樺荘のマイクロバスとすれ違ったっけ。登山客はそれに乗ってたんですね。暫く玄関の脇の喫煙所で時間潰し。煙草吸いながらボケっと、青空と流れる雲を見てました。

20分ほど経ってから温泉浸かりに浴場へ行きました。ちょうど皆さんお風呂からあがったところ。ここ清潔な広い温泉ですね、いいところです。ちょっと温めの露天風呂に浸かって、青空と雲と、飛行機眺めてました。見てるとひっきりなしに上空を飛行機が横切ります。高空を飛んでるので、ジェット音は感じません。

1時間ほどゆっくり露天風呂を楽しみ、それから大井川に沿って県道60号線を走ります。ここから静岡駅までは70km。
IMG_9503.jpg

白樺荘から20分ほど走って、集落に入りました。井川湖の上流にある田代の集落。ここが大井川沿いで最も上流にある集落でしょうか。
IMG_9504.jpg

この先、井川線の井川駅には寄っていきたいと思ってますが、その先は大井川に沿って金谷まで戻るか、それとも静岡市方面へ行くか、悩むところです。
21:01 | '17.09大井川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

井川駅

13時、大井川鉄道井川線の終点、井川駅前にやってきました。駅へ行くには、この階段を上っていきます。
IMG_9513.jpg

階段を上り切ったところが駅前広場。
IMG_9512.jpg

駅舎はこちら。今の時間は誰も居りません。
IMG_9508.jpg

駅舎内に入ると、「井川社有林」の山々と写真が、一番最初に目につきました。
IMG_9511.jpg

「そうか、大井川鉄道が南アルプスの山を一部保有してるのか」と思いましたが、調べてみると井川社有林は「東海パルプ」、今では「特殊東海製紙」という会社の所有で、静岡県の最北端の尖った部分がその社有林だそうです。その面積は山手線の内側の4倍! これには驚きました。

ちょっと駅構内に入ってみました。
IMG_9509.jpg

さっき千頭の駅でみたトロッコ列車がここまでやってくるんですね。
IMG_9515.jpg

井川駅からどっち方面に向かうか。結局はこの細い道、大井川本流に沿って金谷方面に行くことにしました。
IMG_9516.jpg

行きにも通った細い道を暫く走ると、長島ダム。大井川の対岸に渡り井川線方面を見ると、トロッコ列車が急勾配を下ってるじゃありませんか。
IMG_9520.jpg

電気機関車をアップで。井川線のこの区間だけは電化されてて、アブト式の電気機関車が列車を押し上げたり、降ろしたりしてます。日本にはまだアブト式鉄道って、残ってたんですね。
IMG_9519.jpg

何故、島田方面に戻るかというと、お土産の野菜をまだ確保してないから。せっかく静岡の山の中まで来たので、美味しい野菜を買って帰りましょう。
IMG_9521.jpg

まずは、千頭駅の脇にある道の駅に再び寄ってみました。でもここは普通の道の駅と違い、野菜系は殆ど売ってません。もう午後だからかな?

千頭駅前を通過したとき、ちょうど蒸気機関車が到着したところ。その隣りのホームには、これまた古いチョコレート色の電気機関車。
IMG_9522.jpg

この先、大井川沿いにはいくつか「道の駅」があります。野菜だけじゃなく、キノコや山芋などもあればいいんですけど。

11:43 | '17.09大井川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑