初詣は叶神社

今年も平和なお正月を過ごしております。平和すぎて、元旦の昨日は痛飲しましたしね。それで、2日の今日は年寄ふたり連れて、家内と初詣に行ってきました。ここ数年は葉山の森戸神社、その前は走水によく行ってたんですけど、今年はどこで参拝しましょうか。

今年は叶神社にやってきました。この神社の前はよく通るんですけど、足を踏み入れたのは始めて。海沿いの県道から左折してDEMIOで鳥居をくぐると、参拝者用駐車場が1台分だけ空いてました。幸運ですね。
IMG_0311_201801021704208aa.jpg

15分ほど並んで、それから参拝。
IMG_0313_20180102170421272.jpg

そのあとは、もうひとつある叶神社へ行って参拝。僕はDEMIOで浦賀湾をまわりましたが、年寄ふたりと家内は渡し舟。
IMG_0314_20180102170423c95.jpg

どちらかというと、こちらの叶神社の方が空いてますね。
IMG_0318.jpg

鳥居の真正面に1台分、駐車場の空きがありました。今年はなかなか運いいですね。運気が上がってるのかな?
IMG_0323A.jpg

しかし、いい天気ですね、最高のお正月です。
IMG_0319_20180102170425552.jpg

参拝終わって振り返ると、午後の陽射しに輝く浦賀の入り江。
IMG_0320_20180102170426717.jpg

西側の叶神社で家内はおみくじ引いたら大吉だったそうです。2018年はいつもより、ちょっとだけいい年になるような予感がします。

17:36 | ★2018年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ユーシン渓谷を目指しました。

先週の日曜日のことですけど、あまりにも天気が良かったので、家内とドライブに行ってきました。「ドライブ行こうか」と云ったのは既に11時を過ぎてたので、そんなに遠くへは行けません。湯河原とか箱根あたりに行って、何か美味しいもの食べて温泉にでも浸かって帰ってきましょう。

横須賀を出発できたのは12時ちょっと前で、まずは相模湾沿いの国道134号線を目指します。20分ほど走って、新宿湾沿いにでてみると、海、綺麗ですね。富士山もクッキリ。
IMG_0352_20180108212711db8.jpg

鎌倉の滑川からは、ノロノロ運転になりました。やはり天気いいと、鎌倉から江ノ島にかけては、いいドライブコースですもんね。お洒落なお店も色々ありますし。

稲村ヶ崎通過は12時30分すぎ。ここから観る富士山は、いつでも素晴らしいっ!
IMG_0356_20180108212712f05.jpg

江ノ電も混んでましたね。この日は三連休の中日で、翌日の成人の日は天気悪そうなんで、行楽は今日がBest。
IMG_0357_20180108212713067.jpg

江の島入口を過ぎると、いつものように快走の始まり。この頃、急に閃きました。そうだっ!丹沢湖の近くで、めちゃくちゃ綺麗な青い渓谷あったよね、昔テレビでやってた。と、家内に云うと、全く記憶がないそうです。

海沿いの国道は西湘BPとなり、その走りは大磯で終了。暫く国道1号線走って二宮から北へ向かうつもりで走ってたんですけど、国道1号線はけっこうノロノロ。途中を右折して最初にあったセブンで休憩します。
IMG_0358_2018010821271597d.jpg

そこでスマホのマップ見て、その青い渓谷は、ユーシン渓谷だということを突き止めました。今日は、ここに行きましょう。時間は13時半をまわったので、その渓谷行く前にどこかで、美味しいもの食べましょう。それで、まだ行ったことのない「なんつッ亭」の本店でラーメン食べることにしました。「美味しいラーメンだよ」と云うと家内も賛成。

ナビに渋沢を入力してセブンを出発。住宅街のなかの道をナビに従い暫く走ると、県道71号線にでました。秦野二宮線ですね。片側2車線のバイパス区間に入って小高い丘を越えると、正面には丹沢の山々が現れました。
IMG_0359_20180108212716c32.jpg

東名の秦野中井ICを通り過ぎ、その先を左折して県道62号線。この道、ずっと桜並木なんですね。春にまた来ましょうか。

14時頃、目指したなんつッ亭に到着。マー油たっぷりの普通のラーメンを戴きます。熱々で美味しかった!家内も大満足してくれましたね。
DSC_0312.jpg

満腹になったら、国道246号線を下ります。上りはけっこう渋滞してますけど、下りは快走。渋沢の街をぬけると、国道は下り坂。小田急線でいうと、渋沢あたりが分水嶺なんですね、相模川水系と酒匂川水系。

松田の街までやってくると、再び正面には富士山。ここからの国道246号線は酒匂川に沿った登り坂になります。
IMG_0366_2018010821271796c.jpg

下から見上げる東名の橋梁。名前は知りませんが、東名を下ってると都夫良野トンネル出てすぐの橋梁。なかなか美しいですね。
IMG_0367_2018010821271971d.jpg

その直後、清水橋と云う交差点を右折して、国道246号線から県道76号線へ。暫く走ると丹沢湖手前で青看に「ユーシン渓谷」の表示。それから、しばらく丹沢湖の湖畔を走って、小さな集落があって、そこから先は通行止めでした。
IMG_0370_20180108212723521.jpg

Uターンして少し戻って橋を渡ったところに無料駐車場があったので、そこにDEMIOを駐車。上着を着て、ユーシン渓谷へ向けて歩くことにしました。時間は15時をまわってます。
IMG_0368_20180108212722f77.jpg

さきほどの通行止めゲートをぬけて、丹沢湖の入り江のひとつを上流方面へ歩いていきます。何組かのハイカーとすれ違いましたが、彼らはみんな登山の恰好。ユーシン渓谷って、お散歩気分で歩いて行けるところではなさそうです。
IMG_0371_20180108212724258.jpg

駐車場から10分ほど歩くと、小さな滝がありました。なんかそれっぽい水の色ですね。これが俗に云うユーシンブルーでしょうか。
IMG_0372_20180108212726745.jpg

その上流には砂防ダム。
IMG_0373_201801082127286ab.jpg

そのあとは、行けども行けども美しい渓流やせせらぎなどはありません。陽は益々傾き、空気は冷たくなってきました。
IMG_0374_201801082127288c8.jpg

大きな石材所を過ぎると、杉林のなかを行くようになりました。手入れの行き届いた林は美しいですね。
IMG_0375_2018010821273293d.jpg

駐車場から30分ほど歩いて、西丹沢県民の森への道との分岐点。あとどれぐらい歩いたらユーシン渓谷につけるのか、スマホで地図を確認すると、やはり圏外。既に時間は15時50分。
IMG_0378_2018010821273418f.jpg

17時には暗くなるので、それまでに駐車場まで戻らなくてはいけません。行きに掛かった時間を計算すると、あと15分ほどしか先へ進めません。これはユーシン渓谷は諦めたほうが良さそう。
IMG_0376_2018010821273188e.jpg

ここで諦めて駐車場へ戻ることにしました。残念ですけど、いい散歩になりましたね。帰って調べてみると、ユーシン渓谷は僕たちが引き返したところから、まだまだ先でした。そこから2時間ぐらい歩かなければいけません。

これは、ユーシン渓谷を舐めてましね。というか事前準備不足。思いつきで行けるところではありませんでした。

帰りは、この辺りの温泉に浸かっていきましょう。無料駐車場にあった観光案内図を確認すると、近所の中川温泉に「ブナの湯」というのがあります。そこに決定。

その道すがら、丹沢湖畔の北岸を走ってると、富士山に向かって伸びる飛行機雲。おもわずDEMIOを停めて、見惚れてしまいました。
IMG_0380_201801082127342e9.jpg

ここが山北町立の中川温泉ブナの湯、700円。「いらっしゃいませ」と和やかにオジサンが迎え入れてくれましたが、その日の営業時間は18時まで。なので1時間とちょっとですけど、浸かっていくことにしました。
IMG_0382_2018010821273550f.jpg

空いてて清潔で、なかなかいい施設でしたけど、温泉の質がもうちょっといいと、尚良かったかな?

温泉のあとは、国道246号線で松田経由、鴨宮の「フレスポ小田原」で買い物して帰りました。当然、その後は国道1号線で橘からは海沿い走って。西湘は、二宮の工事車線規制で、けっこう渋滞してました。そのあとは、江ノ島鎌倉周辺も流れは速く、21時に横須賀到着。

横須賀から丹沢湖往復して178km。ドライブで神奈川県を脱出しなかったって、珍しいですね。
IMG_0383_2018010821273768e.jpg

今度、ユーシン渓谷行くときは、計画的に行きましょう。

11:05 | ★2018年 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

近場をドライブ

これは1月最後の土曜日のことでした。

今年に入ってからドライブ行けてません。寒いし、けっこう仕事忙しいし、休み前の日は飲み過ぎるし。本当はこの日、ゴルフの予定でしたけど、先日の大雪のため中止となりました。降雪のあと寒い日が続いたので、雪が全く溶けないんですって。まあ、寒さに震えてゴルフやるより、中止で良かった。

寒いんですけど天気いいんで、昼過ぎに家内と買い物に出掛けました。ついでなので、ちょっと近所を走りましょう。ということで、横須賀から県道27号線を走って三浦半島西海岸へやってきました。
IMG_0411_20180127193630d41.jpg

遅いお昼ご飯をここで戴くことにしました。長柄にある「あじ平」です。
IMG_0412_20180127193632241.jpg

このお店には初めて来たんですけど、ドンブリではなく、鉄鍋で出てきたのには驚いた。熱々で美味しかったですよ。
IMG_0414_20180127193634328.jpg

しかし、昭和の時代を感じるお店でしたね。テーブル席についたら、水より先に灰皿出してくれました。ラーメン屋さんでこういうお店もまだあるんですね。当然、煙草は吸いません。ラーメンが不味くなるんで。

食後は長柄の交差点を渚橋方面へ走り、左折して葉山の街をゆっくり走ります。海沿いに出ると富士山が綺麗でしたね。

それから、森戸神社へ行ってみました。初詣ではなく、海の脇にDEMIOを停められるから。一応、参拝させて戴き、それからゆっくり海を眺めました。
IMG_0419_20180127193634c77.jpg

しかし、のどかですね。相模湾は静かに凪いでます。遠くには富士山がかなり大きく見えました。写真に撮るとちっちゃいんですけど。
IMG_0420_2018012719363685c.jpg

それから本来の買い物ですが、いつもの平成町のave行くつもりだったんですけど、「すかなごっそって、まだ行ったことないよね?」なんて家内と話してて、初めて行ってみることにしました。
IMG_0422_20180127193637ec5.jpg

もう夕方だったので、あまり野菜はありませんでしたけど、安かったので泥葱などを買いました。ここ野菜だけじゃなくて、葉山牛などの肉系も充実してましたね。でも当たり前ですけど、価格設定は少々高めです。

すかなごっそを出ると、夕暮れでした。
IMG_0424_2018012719363996d.jpg

しかし、この日は一日中いい天気でしたね。
09:39 | ★2018年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今が見頃、葉山のあじさい公園

今日は午後から家内と鎌倉あたりに紫陽花見に行こうかと、DEMIOでお出掛けしました。15時近くになってしまったんですけど、今は紫陽花の季節なので。

ここ分かりますか?国道134号線、旧湘南道路の小坪トンネルの上です。ここ、昔から紫陽花綺麗に咲いてるところ。
DSC_7224.jpg

そのあとは、近所の光明寺。
DSC_7229.jpg

こんな真っ白な紫陽花が咲いてました。
DSC_7231.jpg

本殿を参拝して、中庭を拝観。ここの紫陽花は、ちょっと盛りを過ぎましたか。
DSC_7232.jpg

ここで紫陽花鑑賞は終わるはずだったんですけど、「葉山にあじさい公園ってあったよね?」と家内に云うと、スマホで調べてくれました。場所は分かったので、帰りがてらに寄ってみましょうか。

これがその「あじさい公園」の入口。しかし、なかなか鮮やかですね、ここの紫陽花。今が盛りです。
DSC_7238.jpg

階段をゆっくりあがっていくと、様々な色合いの紫陽花が見事です。
DSC_7257.jpg

ここ、初めて来ましたけど、なかなかいいところですね。晴れてれば青い海と江の島、空気が澄んでれば富士山も眺めることができそうです。
DSC_7246.jpg

しかし、これだけ咲揃っていると、花園ですね。素晴らしいっ!
DSC_7255.jpg

紫陽花の色って様々ですが、それは根を降ろした土の成分で変わってくるとか。紫陽花の種類ではないそうです。
DSC_7256.jpg

これが一番鮮やかだった、僕の好みの紫陽花です。こういう紫って好きです。
DSC_7244.jpg

今が見頃の紫陽花でしたけど、行ったのが夕方だったので、車もすんなり停められましたが、明日日曜の日中は賑わうことでしょうね。しかし、ここ紫陽花公園の入口は超狭かった。擦った跡もたくさん残ってて、大きい車での訪問は厳しいでしょうね。
22:06 | ★2018年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

湯河原と西伊豆

7月中旬の金曜日のことですけど、会社をお休みしました。実は湯河原の飯田商店でラーメン食べるため、わざわざ会社を休むことにしたんです。きっかけは昨年の師走に僕ひとりで飯田商店に行った話を家内にしたところ、一度行ってみたいと前から云っていたので。

家内と横須賀をDEMIOで出発したのは7時半頃でしたか。いつものルート、木古庭・逗子経由で国道134号線。
DSC_0150_201807262249180d7.jpg

湯河原の飯田商店に到着したのは、9時5分。9時の整理券発行には間に合いませんでした。次の整理券発行は10時なので、1時間ほどあります。まずは近所のセブンイレブン行ってセブンカフェ。それから飯田商店に戻って整理券発行を待ちます。すると、既に整理券待ちに方々が店頭に居らっしゃいました。
DSC_0151.jpg

10時ちょうどに整理券を戴いたところ、番号は47番と48番。12時には店頭に集合して下さいとのこと。なので、2時間の空き時間があります。それで、湯河原から県道椿ライン走って、大観山山頂までいってきました。飯田商店から大観山まではだいたい30分ぐらいでしょうか。

大観山までやってきて、芦ノ湖を見下ろします。晴れてるんですけど、雲が多くて富士山は観えませんね。
DSC_0153.jpg

それからゆっくり椿ラインを下って、湯河原に戻りました。早めに行ったのは、駐車場がいっぱいで、12時集合に間に合わなかったら困るので。11時30分頃に飯田商店に到着してみると、案の定、駐車場は満車で3台ほどが空き待ちでした。それから僕も15分ほど待って、なんとか駐車。12時集合の10分前でしたね。

すぐに整理券番号が呼ばれ、順番に並んで、ラーメン券を購入。12時20分には店内に入ることができました。席はカウンターでなく4人掛けのテーブル席。これは贅沢でしたね。

席についてまもなく、ラーメンが供されました。

家内は塩雲吞麺を注文。これを僕は以前食べましたが、鶏の出汁の旨みが凄い一品。今回もちょっと貰って食べましたが、旨っ!
DSC_0169_2018072622492305c.jpg

僕の注文は煮干し雲吞麺。これ、麺が中太縮れ麺で、醤油や塩と違う麺を使用。これも旨かった。美味しい半ライスも戴いて超満腹。
DSC_0168.jpg

ごちそうさまでした。さすが、神奈川淡麗系ラーメンの最高峰! 家内も十分満足したとのこと。

飯田商店を出発したのは12時45分頃。せっかくここまで来てすぐ帰るのも何なんで、国道135号線を南へ向かうことにしました。熱海を過ぎて網代に入った頃、西伊豆の小鯵寿司のことを思い出し、それを食べに行くことにしました。家内も賛成。まだお腹いっぱいなので、どこかで温泉入ってもいいかな?

伊東市街で海沿いの国道を離れ、冷川峠を越えて中伊豆へ。
DSC_0179.jpg

湯ヶ島で国道414号線を横切り、真っ直ぐ仁科峠へ向かいます。伊東からずっと細い山道を走ってきて約2時間、運転に飽きてきた頃に視界が広がり、仁科峠に到着。あまり爽やかじゃないですね。雲が多くて視界悪いし。
DSC_0182_201807262249266a2.jpg

それから西伊豆の海岸線に降りて、小鯵寿司のお店を確認。なんでも、「元祖」と云っているお店がふたつあり、その両方へ行ってみて、場所を確認。それからちょっと温泉浸かりに行くことにします。

それでやってきたのがここ「せせらぎの湯」です。ここ地元の方専用という雰囲気の小さな温泉施設。熱めの温泉は、僕にはちょうど良かった。600円ぐらいだったかな?お風呂上りは冷房の効いた畳の部屋で暫くゆっくりさせてもらいました。
DSC_0185_20180726224927289.jpg

それから国道135号線を上って、宇久須という地区まで戻ってきて、元祖と云われてるお店のひとつ、八起寿司にやってきました。
DSC_0187_20180726224929092.jpg

DEMIOを店先に停めると、親父さんが顔を出し、「持ち帰り? 食べてくの?」と聞かれました。「食べてきますよ」と云ってお店に入り、カウンター席に着席。ここ、頑固な親父さんと80歳をとうに過ぎたであろう、上品なお母さんのふたりでやってるお店です。

「オススメは?」と聞くと、地魚と小鯵のにぎり2人前にカサゴの味噌汁がふたつ付いたセット。僕はあまり味噌汁に魅力を感じなかったので、「カサゴ汁ひとつでいいの?」と聞くと、親父さんが即答「できません!」なかなか頑固親父すね。結局僕は小鯵寿司単品、家内は小鯵寿司とカサゴ味噌汁のセットを注文。

それから親父さんがおもむろに寿司を作り始めました。大音響のNHKラジオ聞きながら。

15分ほど待ったでしょうか? 小鯵寿司登場!お母さんが「醤油は小皿に注いでお寿司を付けて食べるんじゃなく、直接醤油を寿司に付けて食べて下さい」といいます。お寿司ひとつひとつにピュッピュと醤油をかけて食べました。
DSC_0189_20180726224931f0e.jpg

まあ、それなりに美味しかったですよ。でも夕方行ったので、卸し生姜と刻み葱はちょっと時間が経ってて風味良くなかった。でもまあ、良しとしましょう。お母さん一生懸命お茶運んでくれたし。

満腹になったので、帰りましょうか。

国道136号線を上ります。西伊豆の海岸沿いの土肥まで走り、それから土肥峠を越えて中伊豆の湯ヶ島へ。修善寺経由で三島を目指します。

ETC設備のない、伊豆中央道は通りたくないので下道を走ってると夕焼けが綺麗でした。これは狩野川を渡る直前、右折待ち。
DSC_0191.jpg

それから、ふたたびバイパスに入る直前。パープルの空が美しい。
DSC_0193_20180726224933466.jpg

それからのルートはいつも通りの伊豆縦貫自動車道を三島塚原まで、国道1号・箱根新道・西湘バイパス・国道134号線を通って、横須賀到着は21時40分。西伊豆の宇久須から4時間近く掛かってしまいました。

全行程で381kmの平日ドライブでした。
10:40 | ★2018年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑