2012年、初詣

6日間あった今年のお正月休みは、例年通りにほぼ何もしないで終わってしまいました。年末は換気扇掃除と横浜橋への買い物ぐらい、元旦は家族で乾杯、2日・3日は箱根駅伝です。神大の復路鶴見中継所、凄かったですね。

駅伝が終わって初詣に行ったところは去年と同様、ここ走水神社です。
IMG_1949_20120105183405.jpg

家内とお袋を連れて行ってきました。訪れた時間が遅かったので、寒々としてましたが今年もこの神社は活気がありました。何てったって、三浦半島一のパワーススポットですから。

明けて4日は仕事始め。初仕事は早々に切り上げて、有志を募って神田明神へ参拝。この人だかりのなか本殿までちょっとずつ進み、30分掛かってやっと参拝することができました。
IMG_1956_20120105183404.jpg

でも、昨年より待ちが少なかったような気がします。同じ仕事始めの4日なのに。昨年は「苦しいときの神頼み」で人が多かったとしたら、今年は昨年と比べ景気が回復してるのでしょうか。そうであることを祈ります。

もうすぐ参拝、というところで財布を開けたら小銭がありません。仕方ないので鞄の奥にしまってあった人民元を投入。1元コインをみっつほど。

日本の神様に対して人民元は失礼かとも思いますが、これからの世の中やはりグローバルでいかなきゃ。神様も世界戦略なんか考えてて、むしろ喜んでるかもしれません。
20:32 | ★2012年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東京タワー

久しぶりに車で都内を走りました。

第3京浜の玉川から目黒通りを上り、白金台からは国道1号線。俗に云う第2京浜国道を走ります。三田の慶応の前を左折すると、真正面にでかい東京タワーが突然出現。
IMG_1916_20120108190301.jpg

もしかして、ここは東京タワーの一番のビューポイントかもしれません。

余談ですが、東京タワーの配色赤白は航空法か何かの法律で決まった塗装だと聞いたことがあります。確かに高い鉄塔はみんな赤白です。でもスカイツリーは白一色。法律変わったんでしょうか?
21:10 | ★2012年 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夕焼け雲

上大岡からのかえりみち、釜利谷道路を走ってて栗木を過ぎると片側2車線になります。時間は夕方の4時半をちょっと過ぎた頃。前を走る車のテールランプ見ながらボーっと運転してて、ふと気付くと真っ赤な夕焼け雲。
IMG_1923.jpg

こんな時間にこんな夕焼け雲見ながら、ひとりで車に乗ってると何故か寂しい気持ちになってきます。何故でしょう。今日の日が終わるから?お腹が空いてきたから?

分かってるくせに。
21:02 | ★2012年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

都心環状内回り、銀座付近

ここは僕にとって最も好きな道のうちのひとつ。浜崎橋JCTから江戸橋JCTに至る、むかしは川底だった道。

浜崎橋JCTの手前にできた11号台場線との合流は芝浦JCT。JCT間の距離としては最短ではないでしょうか。そのため車線変更が大変なところだと思います。渋滞もけっこう激しいですし。
IMG_1972_20120126202706.jpg

浜崎橋JCTを過ぎると正面にはゆりかもめの線路が横切ります。右手には芝離宮。でもこの先に急カーブが控えてるので眺める余裕はありません。すぐに3車線の急カーブが始まります。左へ、そしてすぐ右へ。浜離宮の渕を走る急カーブ。自分の車線をキープすることと、周りの車の車線変更を予測しながら走らないといけません。

会社線との分岐の汐留JCTの脇、今では高層ビルが立ち並びますが昔は汐留貨物駅の広大な敷地でした。そのJCTからは急坂をくだりトンネルへ。汐留トンネルと云います。このトンネル内も右へそして左へ曲がるカーブです。

その汐留トンネルをでると昔は川だったところに作った道。いくつもの橋が上を横切ります。車線変更禁止のイエローラインを守ってないと大変なことになります。いたる所に橋脚が。
IMG_1973.jpg

川底のこの道は見通しの悪いカーブに橋脚だけではなく、分岐合流がいくつもあります。銀座出口に銀座入口、新富町出口は、右車線から。その次は京橋出口。
IMG_1974.jpg

上に会社線の高架橋が現れると、川底の道はもうすぐ終わり。上り勾配の左カーブと下り勾配の右カーブが連続し、その先は車線間の橋桁。内回りの場合、ここが一番スリリング。
IMG_1975_20120126202705.jpg

2車線が合流するとイエローラインは終わってストレート。あと数百メートルで江戸橋JCT。上り勾配に向けてアクセルを踏み込みます。
IMG_1977.jpg

それから会社線が合流し、再び3車線となった直線の上り勾配が始まり、のぼりきったところが江戸橋JCT。中央よりの2車線は一番交通量の多い箱崎方面。一番左が中央環状内回りで、その間が一番空いてる1号上野線方面。

浜崎橋から江戸橋までは、滞ってなければ4分ほど。いつ走っても、何回はしっても楽しい道です。

余談ですが、昔箱崎や上野方面から江戸橋IC(昔はジャンクションでなくインターチェンジと云ってました)に入るところに信号機がありましたが、いつの間にかなくなってしまいました。
06:59 | ★2012年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

臨海副都心、夕方

先日、仕事の諸用で臨海副都心へ行ってきました。仕事が終わり「ゆりかもめ」の駅へ向かう途中、船の科学館の脇で綺麗な夕焼けに出会いました。ちょうど富士山の向こうに太陽が沈んだところ。
IMG_2132_20120213211406.jpg

手前の船は南極観測船 宗谷。日本初の南極観測船です。50年以上も前の1957年から活躍した船です。

昔誰かの短編小説で読んだ話ですが、当時、男性だけで地球最果ての地で長期に亘り暮らすため、その欲求不満解消に精巧に作られた風船形の女性人形を船に積み込んで、南極に持って行きましたが、結局だれも使わなかったとか。

南極観測船といえば、しばらく横須賀に「しらせ」が係留されてました。
002_20120213211407.jpg

公務を退役し、再就職先の決まるまで横須賀で待機してるはずでしたが、その後どうなったんでしょうか。どこかで元気に航海してるといいのですが。
23:16 | ★2012年 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑