津軽へいこう

この年の夏も、数日間の休みが頂けます。昨年のこの時期は家内と鳥海山や笹川流れを廻ってきました。今年はどうしようか。

津軽を訪ねようと思ってます。
tsugaru.jpg

僕は津軽地方を廻ったことがありません。学生時代、五能線に乗って深浦に行ったことはありますが、十二湖散策のあとは十和田湖へ行ってしまいました。車では14年前に青森へ行ったことがありますが、そのときも青森市の東側の南部しか行ってません。

前から行ってみたいと思ってました。津軽富士に太宰の故郷、階段国道と竜飛崎。

今年の夏に行こうと決めた決定打はふたつ。一つ目、1,000円への高速料金割引は、来年の夏までやってる保証はないこと。川口-青森間は通常料金で13,500円。高速料金が安いうちに遠くへ行っておきたい。そして二つ目、先日テレビで見た十三湖のしじみがどうしても食べたい。

天気がちょっと心配ですが、北へ向けて出発することにします。
09:24 | '10.08津軽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東北道、序章

長距離ドライブにしてはいつもと違う始まり。その日、朝起きたのは部活に出掛ける子供に起こされて。それから家内は子供をおくり出して家の掃除とドライブの準備。僕はガソリンスタンドに車をもっていき、給油と車内清掃。5分100円のコイン掃除機で埃とか汚れを吸い取ります。ちょっと体を動かしただけで大量の汗。この日も高い温度と湿度。

準備万端整って、家を出たのはちょうど正午。まずは横浜でお盆の墓参り。それからお袋も乗せて北へ向けて走り出しました。時間はお昼を過ぎてますが、家内もお袋も昼食はいらないと云います。コンビニでおにぎりとお茶を調達し、花之木から首都高狩場線に入りました。
IMG_6519.jpg

首都高に入ってすぐの電光掲示板、子安あたりで事故渋滞。石川町JCTは直進して湾岸線を北上します。都内に入り大井料金所からは連絡道路を使い1号羽田線へ入ります。
IMG_6522_20100818213923.jpg

やっぱり首都高を走るなら都心環状線。アップダウンとカーブと車線間の橋脚。江戸橋JCTは右方向へ進み、箱崎・両国・向島。花之木ICから50分、渋滞なしで川口JCTまでやってきました。JCTの真ん中にある東北道ゼロkmポストを14時7分に通過。いよいよ東北縦貫北上の旅の始まりです。
IMG_6523.jpg

東北道に入るとすぐに浦和本線料金所。通過するとすぐに「この先事故 走行注意」の電光掲示板が。
IMG_6525_20100818213923.jpg

快調に走りだして数分後、路肩に救急車を見つけました。ワインレッドの新車のバイクが見るも無残な姿になって横たわってます。そして、真っ白なシーツに包まれた担架が救急車へ入るところ。そこを通過する瞬間、真っ赤に染まったアスファルトを見たような気がしました。

14時30分、最初の休憩は羽生PAです。車を降りるとものすごい温度と湿度。横須賀なんかまだまだ涼しいと思います。新しくなったPA施設に入ると爽やかな空気。汗が急速に引いていきます。
IMG_6528.jpg

羽生PAを出発するとすぐにこの表示。盛岡までは460Km。目的の青森はもっと先。
IMG_6530.jpg

高速道路の走行時間は巡航速度に依存せず、休憩時間と渋滞によって決まります。渋滞はないと思いますが、ひとりじゃないので休憩時間は読めません。青森には今日中に到着できるでしょうか。
23:39 | '10.08津軽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東北道、快走

ほんとうは、佐野SAでラーメンを食べようと思ってました。でも1時間ほど前に、みんなでおにぎりを数個ずつ食べたので空腹ではありません。残念ですが通過します。

川口JCTから約1時間、もうすぐ宇都宮を通過します。川口-宇都宮は100kmとちょっとなので、平均100km/hで走りました。ちょっと休憩もあったので、巡航速度はもう少し高いかも。宇都宮ICの先は片側2車線です。
IMG_6533.jpg

この電光掲示板に驚きました。この先に渋滞があるとのこと。これだけ交通量が少なく快走してるのに納得いきません。それも郡山-二本松間で14kmだって。事故でもあったのでしょうか。
IMG_6537.jpg

15時42分、さっきあった同じような距離表示から100km走りました。56分で走ったので、距離が正確だったら巡航速度は107km/hとなります。まあそんなもんでしょうか。
IMG_6538.jpg

15時45分、那須高原SAで本日2回目の休憩です。夕方の高原とはいえ、ここも気温は30℃超。それに蝉の大合唱がさらに暑さを煽ります。
IMG_6541.jpg

家内とお袋は焼き魚を1本ずつ買って食べました。鮎と山女で食べ比べたら、鮎の方が苦味があって美味しかったとか。この魚はどこで獲れたものでしょう、近くだったら阿武隈川、それとも那珂川? でも良く考えたら養殖ですね。

それからふたりはソフトクリーム。味は濃厚だったそうです。
IMG_6543.jpg

結局那須高原SAの滞在時間は、30分ほどになりました。
IMG_6546.jpg

本線に戻り、北関東の田園地帯を快走します。本当にこの先渋滞はあるのでしょうか。
10:21 | '10.08津軽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東北道、渋滞

那須高原SAを出発して数分後、白河ICを過ぎたところでの電光掲示板、須賀川から渋滞25kmだそうです。その渋滞は休憩中に発達してしまいました。ハイウェイラジオでは自然渋滞だと云ってます。

その渋滞はちょうど須賀川ICから始まりました。走ったり止まったり。ちょっとずつ進みます。さっきの同じような看板から60km走りました。この間1時間40分。休憩を挟んだとはいえ、ガクッとペースが落ちました。
IMG_6552.jpg

郡山JCTを過ぎても渋滞は延々と続きます。
IMG_6553.jpg

二本松ICを過ぎると一旦流れ出しましたが、ハイウェイラジオで「246キロポスト付近を先頭に・・・」と云ってます。そしてまた滞ってきました。

このあたりがその渋滞の先頭付近と云われてたあたり。
IMG_6557.jpg

長い下り坂の下の左カーブで、そこから上り勾配。これが渋滞の原因のようです。左側に木が生い茂り視界を悪くしてるのも、かなり影響してると思います。

そこを通過しても渋滞は終わりません。そのちょっと先、東北道に入って最初のトンネル、福島トンネルが先頭か。
IMG_6560.jpg

福島トンネルを貫けて下り坂になっても渋滞は終わりません。一体どこまで混んでるのでしょう。そのトンネルを先頭に上り線も大渋滞。
IMG_6563.jpg

結局、福島飯坂ICまで滞ってました。その後は次第のペースが戻ってきます。この間、約1時間45分。距離にして70km。普通に走れば45分ほどなので、実質ロスタイムは1時間。でもそれ以上に感じる渋滞でした。
11:08 | '10.08津軽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東北道、空腹

川口JCTから約4時間、距離にして約275km。国見ICを通過しました。ここで東北新幹線の下を通り、仙台はもうすぐです。
IMG_6564.jpg

那須高原から約2時間、ここ国見SAで三回目の休憩です。お腹が空いてきたので何か食べようと思ってました。が、普通車駐車場は満車の上、長い待ち行列。諦めて、次のSAにしようと大型車駐車場方面に直進したところ、普通車駐車場を見ると結構空いてます。どうも、警備員さんの連携が取れてないようです。ちょっとだけ空いている大型車の駐車場に停めさせてもらってトイレに行き、すぐに本線に戻りました。
IMG_6565.jpg

走り出すと周りは急速に暗くなります。家内はお腹が空いたと云ってます。「そうだ。前沢で牛肉食べようよ。」と、まさか160kmも先とは知らずに僕が云いました。

仙台近郊になるとアップダウンとコーナーが続きます。暗いなか、前の車のテールランプを見ながら走ってると登ってるのか降ってるのか分からなくなります。方向感覚も同様で、今方向は西なのか東なのか分かりません。こういう平衡感覚を喪失した状態を空間識失調、別名バーティゴといい、航空業界では事故の原因のひとつとされています。仙台付近のこの区間も事故が多いと聞きます。車にも、飛行機のような昇降計や姿勢指示器などが必要ではないでしょうか。

仙台南・仙台宮城・泉と通過していくと交通量がだんだん減っていきます。そしてアップダウンとカーブの連続する区間は終わり、走り易くなりました。

国見から約1時間半、20時ちょっと前に前沢SAに到着。あとで地図で見てびっくり。前沢は仙台と盛岡のほぼ中間。もっと仙台の近くかと思ってました。お陰でお腹が空きました。

20時ちょうどで、牛肉の串焼き屋さんは営業終了。SA内の軽食コーナーで夕食を頂きます。
IMG_6567.jpg

家内は前沢牛の牛タン丼。お袋は牛タンラーメン。
IMG_6569.jpg

僕は普通のラーメン。昨日の夕食が焼き肉だったので、別に肉は要らないと思いました。
IMG_6570.jpg

前沢牛は殊のほか美味しかったそうです。多分、気のせいだと思います。

眠くなるので満腹にはしませんが、お腹が落ち着き前沢SAを出発します。ガソリンが残り少なくなってましたが、軽く「次でいいや」と思い本線に戻りました。車も満腹にしとくべきでした。
11:53 | '10.08津軽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑