一般道を小淵沢まで

10月中旬の日曜日、正確には前日の土曜日の夜から出掛けました。スマホで紅葉情報見てみると、飛騨の日和田高原というところが見頃だと云うので、行ってみることにしました。ここ20年ほど飛騨の高山にも行ってなかったし、家内に「高山の朝市行こうよ」というと、是非行きたいと云います。

それで土曜日の23時半頃、横須賀を出発しました。
IMG_4936_20191110102528f44.jpg

台風19号の爪痕が各地に残ってるときで、確か中央道も八王子から勝沼あたりまでは通行止めだったと記憶してます。なので、暫くは一般道走っていこうと、いつもの馴染みのコース、国道134号線、246号線、138号線で甲州を目指します。
IMG_4938_20191110102532611.jpg

大磯からは国道1号線走って、国府津を右折。松田から国道246号線を走って、静岡県に入った小山で右折して富士山麓を須走へショートカット。すると霧凄いですね。
IMG_4941_20191110102535abe.jpg

須走通過は午前1時30分、横須賀からは約2時間。
IMG_4942_2019111010261298e.jpg

高い東富士五湖道路は使わずに、籠坂峠経由。で、山中湖畔にあったセブンで最初の休憩。
IMG_4943_201911101026128bf.jpg

山中湖から河口湖、精進湖畔から甲府盆地へ降りてって、2時50分、中央道の甲府南ICのそばのセブンで2回目の休憩。
IMG_4946_201911101026139d3.jpg

甲府盆地を横切る無料の高速道路、韮崎南アルプス中央線が終わっても県道12号線を走り、3時20分、韮崎からは国道20号線。

それから約30分後、小淵沢から中央道に入ります。もう時間はもうすぐ午前4時ですもんね。
IMG_4948_201911101026138b7.jpg

飛騨はまだまだ先です。

23:48 | '19.10飛騨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

飛騨!

3時50分、小淵沢ICから中央道を下ります。4時前にETCゲート通過すると深夜割引適用のはず。ですけど、日曜なので休日割引で関係ないのかな? あとで調べてみたらともに3割引き。4時を過ぎてても変わらなった。
IMG_4949_20191114222623b19.jpg

中央道下り本線は走る車居ません。真っ暗ななか90km/hにオートクルーズをセットしてハイビームで走ります。時折対向車が来るとロービーム。うちのDEMIOにはオートにしておくと、対向車が来たり先行車に追いついたりすると、自動でロービームになるんですが、感度があまり良くないのでめったに使いません。

ちょっと眠くなってきた。

4時10分、諏訪湖SAに寄って少し寝ていきましょう。外に出ると寒いですね。かなり。
IMG_4953.jpg

で、シート倒してちょっと寝たんですけど、ちょっとじゃなかった。目が覚めたら1時間寝てましたね。それから家内も起こしてトイレ行って顔洗って一服。喫煙場所に信州の観光案内があって、これみると伊那から木曽へダイレクトに行けるトンネルがあるみたい。高速は長野道の塩尻で降りて、木曽街道を走ろうと思ってましたけど、予定変更。

5時20分に諏訪湖SAをスタートして、5時40分には伊那ICで中央道はおしまい。その先は国道361号線。
IMG_4957.jpg

その国道361号線は権兵衛峠道路と云って、2006年に開通しました。それは中央アルプスをぶち抜く約4.5kmのトンネルを中心とする画期的な道だそうで、夏季には約1時間30分要し、冬期は通行止めとなっていた伊那谷と木曽谷間が、季節を問わず30分で往来する事が可能になったそうです。

これがその権兵衛トンネル。
IMG_4959_20191114222632403.jpg

トンネル越えるとずっと下り坂で、明るくなってきた6時ちょうどには、国道19号線の木曽街道を下り始めました。

その木曽街道の走りは10分ほどで、国道361号線は木曽福島で右折、西へ向かいます。飛騨高山まで80kmだって。
IMG_4962_20191114222633148.jpg

木曽の山深くへ入り込んでくると、木々が徐々に色づいてきました。
IMG_4963_201911142226341c9.jpg

ちょっと視界が開けたところでは、美しい山が観えました。これ木曽の御嶽山ですね。3,000mを越える活火山。つい最近も突然の爆発で、たくさんの犠牲があったことは記憶に新しいところ。このあたりは蕎麦で有名な開田高原。
IMG_4964_20191114222634c51.jpg

6時50分、ここから岐阜県。
IMG_4966_201911142226356f6.jpg

しかしここまで登ってくると、木の葉の色づきが見事ですね。日和田高原はもうすぐです。
22:16 | '19.10飛騨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日和田高原

7時10分、日和田高原のキャンプ場脇に到着。
IMG_4990_20191114223405eaa.jpg

せっかくこれから高原を散歩しようというのに、小雨がパラついてきました。前日の天気予報では飛騨地方は晴れだったのに山の天気はあてになりません。

日和田高原はこういうところ。白樺が美しいっ!
IMG_4968_20191114223350b92.jpg

林のなかへズンズン歩いていくと、静かな池。その池は杣が池(そまがいけ)と云います。杣とは文字通り木を切りだす山のことだそうです。
IMG_4970_2019111422340259b.jpg

畔にはその池の伝説の解説がありました。ありがちな話ですね。
IMG_4975_201911142234050d6.jpg

写真に撮るとあまりパッとしない色ですが、実際はもっと鮮やかです。
IMG_4974.jpg

極採色モードで撮るとこういう感じ。
IMG_4973_20191114223404b14.jpg

緑も赤も鮮やか。
IMG_4978_2019111422340570a.jpg

池の脇の散策路を歩いて一周してみましょ。
IMG_4980_2019111422340513a.jpg

すると、池のすぐそばにまで行けるポイントがありました。しかし、静かですね。
IMG_4982_20191114223405274.jpg

30分ほど池の周りを散策して、白樺の林まで戻ってきました。
IMG_4987_201911142234057f1.jpg

ほんとに何もない、誰も居ない池でした。これが青空だったら尚良かった。雨も強くなってきて寒さもそろそろ耐え難い。DEMIOへ戻って、高山へ向かいましょう。
22:45 | '19.10飛騨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

高山の朝市

時計を確認すると午前8時、雨は降り止まないし寒いので、高山市街へ向かうことにしました。60kmほどあるので1時間とちょっとぐらいかな?
IMG_4991_20191114224332fb1.jpg

国道361号線に戻る手前、小さな集落があって、ここでも紅葉が見事です。
IMG_4993_2019111422433850a.jpg

国道に出て西へ向かって30分ほど走ると、道の駅がありました。家内も僕もトイレ寄りたかったんですよね。8時半、「道の駅 飛騨たかね工房」の営業が始まりましたが、これから朝市なのでトイレだけ借りてすぐに出発。
IMG_4996_20191114224338c00.jpg

9時をちょっとまわった頃、高山の市街地に入ってきました。コインパーキングを見つけてDEMIOを乗り入れ。
IMG_4997_20191114224338dac.jpg

高山市街地にはいくつか朝市会場があるそうで、そのなかから家内が選んだのが、この川沿いの朝市。
IMG_5000_20191114224339c11.jpg

家内がまず見つけたのがこれ、みたらし団子。僕も一つ食べましたが、お腹が空いてたからか、すっごく美味しかった!
IMG_5000d.jpg

これが宮川朝市。けっこう賑わってます。なかでも外国人が多かった、西洋の方々。
IMG_5001_201911142243408d7.jpg

次に家内が買い求めたのがこれ、飛騨牛の握り寿司。
IMG_5003_20191114224343c90.jpg

かなりいいお値段なので、家内とひとつずつ。これも旨かった!とろけるような牛肉、とまではいきませんが、旨みタップリの牛肉の味。
IMG_5004_201911142243440d8.jpg

それから高山プリン。これも有名で家内が是非とも食べたいと云ってたやつ。温かいプリンを買求めました。ひとくち貰いましたが、僕には甘かった。
IMG_5005_20191114224345b57.jpg

そのほか、たこ焼きが有名だそうですが、外人さんがたくさん並んでたのでパス。こいういうお店を見て歩き、結局買求めたお土産は林檎と胡瓜。
IMG_5007.jpg

川沿いの宮川朝市を一往復して、それから高山の古い街並みを暫く散歩。
IMG_5011_20191114224347bba.jpg

しかし高山って一大テーマパークですね。外国人観光客が多いのも頷けます。
IMG_5012.jpg

高山ラーメンも食べたかったんですけどね。まだラーメン屋さんの営業は始まってませんでした。
20:12 | '19.10飛騨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

安房峠

10時半ごろ、高山観光は早々に切り上げ、国道158号線を西へ向かいます。平湯までは30mほど。10年ほど前、家内と上高地来たときは平湯温泉に浸かりましたけど、今回は安房峠を越えて白骨温泉に行く予定。
IMG_5018_20191114224709420.jpg

西へ向かって走っていくと、徐々に標高が上がってきて、再び紅葉が美しくなってきました。
IMG_5024_201911142247105c6.jpg

高山からは40分ほどで平湯温泉に到着。普通だったらここから中部縦貫道の安房トンネルを通るんですけど、僕たちは安房峠。
IMG_5027.jpg

平湯側から安房峠を登っていくと、こういう景色。
IMG_5028_20191114224714c69.jpg

途中でチラッと平湯の街が見降ろせました。
IMG_5030_20191114224715fa5.jpg

安房峠の平湯側って、比較的なだらかな坂道。
IMG_5031_20191114224717e17.jpg

もうすぐ頂上ですね。
IMG_5032_201911142247185e9.jpg

平湯から走ること15分ほどで安房峠頂上に到着。昔ここにお茶屋さんがあったような気がしますけど、今では撤去されてて数台の車を停められるスペースがあるだけ。
IMG_5038_20191114224722a9a.jpg

正面は北アルプスの山々。
IMG_5034_201911142247195df.jpg

アップで見てみます。実はこの峠に着いたとき先客が3人いましてね。たいそう山好きの3人のようで、興奮した声で正面の峰々の名前を当てっこしてましたね。
IMG_5036_20191114224721ced.jpg

安房峠を越えると、岐阜県から長野県。薄日が差してきましたね。そういえば、今日の飛騨・信州地方の天気は、予報では晴れでした。
IMG_5041_20191114224724aa7.jpg

安房峠の紅葉も綺麗です。
IMG_5044_20191114224726f7d.jpg

安房峠の長野県側は、こんな九十九折。安房トンネルの開通前、観光バスが切り返しながら上り下りしてたとか。しかも冬期は閉鎖される峠。
IMG_5045_201911142247275eb.jpg

その九十九折の坂道を降りてきて、新道と合流したら、すぐに釜トンネルの入口。その手前でたまたま片側交互通行やってました。
IMG_5047_201911142247296a4.jpg

安房峠を上って下って約30分。安房トンネルの約3倍の時間が掛かりましたけど、北アルプスに山並み見られたし、紅葉綺麗でした。
21:50 | '19.10飛騨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑