横須賀IC → 釜利谷JCT

横浜横須賀道路の横須賀ICは、横須賀市内ですが葉山町に接したところにあります。本町山中道路を使わない限り、横須賀ICを降りたら、葉山町内を通らないとどこへも行けません。その横須賀から横横へ入り、狩場方面へ向かいます。
IMG_4643.jpg

本線に入る前の高架橋の上から右を見ると「田浦梅の里」の看板がすぐそこに見えます。本線に入るとその田浦梅の里のすぐ脇を通り、そこから二子山などを通り葉山の海岸に至るハイキングコースが横横を歩道橋で横切ります。そのハイキングコースは「三浦アルプス縦走路」と云われてるそうです。

歩道橋を過ぎるとすぐに右カーブのトンネルに入ります。そこを出るとすぐに逗子IC。ここからしばらく直線です。オービスもあります。その直線の先はゆるい左コーナー。右手上の方を見ると鷹取山の展望台が見えます。

そこから先もトンネルと山の中を渡る橋が連続し、マンションや戸建て住宅が増えてくるともうすぐ朝比奈ICです。横横上り線の朝比奈IC手前は渋滞のネック。登り勾配が連続しICからの合流で、交通量の多いときはすぐに滞ります。夏の日曜の夕方など、ひどい時は衣笠の先まで数珠つなぎ。

今日は極めて快適な走行です。
IMG_4644.jpg

釜利谷の大住宅地と市民の森との間を走ると、もうすぐ釜利谷JCT。今日はまっすぐ行かずに金沢支線に入り、首都高湾岸線に向かいます。
IMG_4645.jpg

まっすぐ行くと「横浜横須賀道路」、左へいくと「横横道路」はちょっと不親切。

このあたりが横浜市に残された最後の秘境のようなところでしたが、横横ができ、動物園ができ、そしてジャンクションができ、様相が変わってきました。その上、圏央道までつながる大ジャンクションになるとのこと。いまでもタヌキはいるのでしょうか。昔から釜利谷のタヌキは有名でした。
スポンサーサイト
15:04 | '10.03首都高 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

釜利谷料金所 → 鳥浜町料金所

横横の金沢支線に本線から入ると、すぐに料金所があります。釜利谷JCTから金沢支線経由首都高と、狩場経由首都高、距離は狩場の方が絶対的にありますが、料金差は100円ほど。金沢支線は異常に高いです。
IMG_4647.jpg

料金所を通過すると湾岸へ向かう長い下り坂。途中京急本線と国道16号を跨ぎ、最後はこの並木トンネルです。
IMG_4648.jpg

トンネルの中は90°左ターンの高速コーナー。
IMG_4649.jpg

地上へでると進路は0°真北となり3車線の首都高速です。いつの間にか道路は高架になり、首都高鳥浜町料金所を通過。
IMG_4650.jpg

ここから暫くは横浜市南部の湾岸工業地帯を走ります。
09:02 | '10.03首都高 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

杉田IC → 大黒JCT

首都高湾岸線を杉田・磯子・三渓園と北上します。右手には工場と東京湾、左手には横浜プリンス跡地のマンション、八幡橋のあたりを通過すると本牧市民プールが臨めます。そして横浜ベイブリッジが見えてきました。もうすぐ本牧JCT。
IMG_4652.jpg

ここから左へいく狩場方面への道は比較的新しい道。狩場経由横横で釜利谷JCTへ行けるので、環状線を形成してますが、普通料金で一周するには1,000円以上掛かります。
IMG_4655.jpg

JCTで狩場線と合流すると、ベイブリッジに向かう登り坂。速度低下に要注意です。
IMG_4656.jpg

本牧埠頭と大黒埠頭を結ぶベイブリッジ。実はこの道路の下を国道357号線が走り、無料でこの橋を渡ることができます。景色はあまり良くないですが。
IMG_4657.jpg

橋を渡り終えると大黒JCT。このJCTもなかなか美しいJCTです。横羽線方面への分岐線・PAとICへの道・そして国道357号線、幾重にも曲線道路が重なり巨大なモニュメントのよう。大黒PAからJCTを見上げると、それがよく分かります。
IMG_4659.jpg

湾岸線が全通する前、全ての車はここから横羽線へ向かいました。羽田海底トンネルを頭に、横羽線は慢性的に渋滞してた時代です。
09:26 | '10.03首都高 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大黒JCT → 羽田IC

大黒JCTから横羽線方面へ行くには、約270°の高速ターン。今走ってきたばかりのベイブリッジが目の前に聳えます。
IMG_4662.jpg

上を通過するのは湾岸線の本線。ここを右へ入ると大黒PA。PAへ行くには、このカーブをあと1周しないと到着しません。
IMG_4663.jpg

大黒線と横羽線との合流は生麦JCT。ここは東京方面にしか行けません。
IMG_4664.jpg

歴史ある京浜工業地帯を走る横羽線。最近できたのがこの大師IC。湾岸線にしか接続してなかったアクアライン。首都高川崎線が完成すると、ここで横羽線とつながります。
IMG_4665.jpg

すぐに下り線の大師本線料金所の脇を通過して多摩川を渡って東京都。最初のIC、羽田で首都高を降ります。ここまでは神奈川線の料金。ここから先は別料金です。
IMG_4668.jpg

横須賀ICからここまでちょうど30分。短い高速ドライブでした。
09:51 | '10.03首都高 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑