みんなで北海道旅行(小樽周辺)

2006年の8月21日、うちのお袋と家内の両親を連れて、2泊3日の北海道旅行に出かけました。予算は30万円。安いツアーを探し、飛行機は千歳往復でワンボックスのレンタカー借り切り。宿は色々考えた末、定山渓に1泊と札幌に1泊。

一日目の朝は、京急上り三浦海岸発の羽田空港行き始発電車から始まりました。家内の両親は三浦海岸から、僕たちは金沢文庫から、そしてお袋は横浜から。車両は何と2100形。京急蒲田からは後ろ向きで走ります。予想外に混んでたため、終点の羽田空港に到着するまで集合状況は確認できませんでした。

ツアーのチェックインに思いのほか時間が掛り、飛行機に間に合うか心配しましたが、何とか出発20分前には保安検査場を通過できました。そういえばお袋は始めての飛行機です。

飛行機はJALの始発便、B747。さすがにこの時期は満席。運よく2席は窓側でしたが残念ながら主翼の上の左側の席。日本列島は殆どみえませんでした。千歳に着陸すると滑走路はウエット。到着ロビーで、オニギリをいくつか買い、みんなが食べてる間にレンタカー屋を探します。空港からレンタカー屋までは満員のマイクロバス。20分ほど掛り到着。色々説明を受けて出発したのは9時ごろでした。

走り出すとすぐに雨。先がおもいやられます。車はホンダのステップワゴンです。借りる時「ETCはついてません」といってたのにそれらしいカードリーダーが付いてます。電話で聞いてみると「じゃあ、使えます」だって。

札樽自動車道を終点の小樽まで走り、国道5号線を積丹方面へ。天気は大丈夫なようですが、蒸し暑く北海道らしくありません。積丹の海岸線へ出ると、やっと北海道へ来たという気分になってきました。しばらく走った積丹町で遊覧船に乗ります。僕たちが到着すると、ちょうどすぐに出航しました。
IMG_3461.jpg

この遊覧船は海底を観ることができるタイプです。コンブがたくさん海底に生えてます。
IMG_3439.jpg

岩の上には雲丹がたくさん。バフンは少なく、大半はトゲのあるムラサキ雲丹です。
IMG_3443.jpg

もうお盆もすぎたので、クラゲもたくさん。この辺の生態は本州と変わらないようです。
IMG_3447.jpg

遊覧船からみる積丹の海に碧さは目に沁みます。こんなビーチで一日ビール飲んでたら最高でしょう。
IMG_3456.jpg

山の緑も鮮やかです。花曇りのこの日でこの色ですから、快晴の日はもっときれいでしょう。
IMG_3457.jpg

遊覧船を降りるとちょうどお昼時。僕たちは美味しい雲丹をたべるため、お寿司屋さんを探しました。小さな港の前にあるお店の2階で食事です。エゾバフン雲丹は目の飛び出るほどの値段。ムラザキにしましたが、それでも絶品です。とれたての雲丹がこんなに美味しいとは知りませんでした。
IMG_3467.jpg

食後はきた道を戻り、定番の小樽観光です。この時期の小樽の人の多さにも驚きました。
IMG_3_20100430163510.jpg

それから家内と子供とお袋はトンボ玉つくり。僕と家内の両親は天狗山へドライブ。北一硝子のせいか、ガラス工芸が盛んな街です。

夕方になったので、この日の宿の定山渓温泉に向かいます。道道1号線は最高のツーリングロード、一度はバイクで走りたい道です。ホテルに到着し、温泉に入って夕食です。ここでも食べ切れないほどの美味しい北海道の味覚を堪能しました。
IMG_3485.jpg

海の幸も美味しかったのですが、大根のシャブシャブが最高でした。
IMG_3486.jpg

食後にもう一度温泉に浸かって、早めに就寝。 章月というホテルでした。もう一度泊まってみたいホテルです。
スポンサーサイト
19:21 | '06.08北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

みんなで北海道旅行(富良野周辺)

北海道2日目の天気もイマイチ。雨は降りそうもありませんが、さわやかではありません。どこへ行こうか迷いましたが、北海道の景色を云えばやはり富良野・美瑛です。ちょっと遠いですがそっち方面へ行くことにしました。

定山渓から札幌市内を貫けて道央自動車道の札幌ICまでかなり時間がかかりました。滝川ICでおりて国道38号線を富良野方面へ。このあたりは滝川・赤平・芦別と炭鉱だった街。空知川に沿った田舎道を行きます。

定山渓から3時間ほどかかり、富良野・麓郷への入口布部に到着。「北の国から」が始まった場所で有名な駅です。でも見物客は僕たちだけ。倉本聰の直筆の書と写真がなければただの田舎駅。
IMG_3492.jpg

麓郷街道を走って「五郎の石の家」へ到着。僕がここへ来たのは始めてです。
IMG_3496.jpg

ここは麓郷の最も深いところ。ここから富良野岳方面への道はありません。
IMG_3516.jpg

それから麓郷の森へ戻り、ロケで使われたこの廃屋へ。ここが舞台になったのは、丸太小屋の火事のあと、純が小学校から中学校のころの話です。純がつくった風力発電が残ってました。
IMG_3519.jpg

麓郷からの帰りは八幡丘経由。ここも数々のロケに使われました。そして、富良野盆地を見下ろす展望台で休憩です。
IMG_3521.jpg

富良野駅です。この駅舎は昔と変わりません。時間は2時を過ぎてます。ここで昼食の立ち食い蕎麦。ホテルの朝食をみんなたくさん食べたそうなので、昼は軽くて良いとのこと。
IMG_3526.jpg

そのあとは美瑛方面へ。いまでも人気のあるケンとメリーの木。このコマーシャルを僕は今でも覚えてます。
IMG_3530.jpg

美瑛の丘は、家内の両親にイマイチ不評。雄大な景色といえばそうですが、三浦半島先端の大根畑とあまり変わらないかもしれません。
IMG_3528.jpg

美瑛からはいちど、旭川へ出て、道央自動車道を札幌へ戻ります。北海道へ来るとどうしても欲が出て、移動が長距離となってしまいます。札幌についたときは7時過ぎ。ホテルにチェックインしてススキノで夕食ですが、思いのほか食べたいものの意見が合いません。1時間ちかく歩きまわって、結局シャブシャブでした。

その帰り道、偶然時計台の前を通り、札幌にいることを実感しました。
IMG_3533.jpg
19:22 | '06.08北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

みんなで北海道旅行(札幌周辺)

北海道3日目の最終日は二条市場の朝食から。

義父の注文した煮魚定食。
IMG_3536.jpg

家内と子供は海鮮丼。
IMG_3537.jpg

僕は焼き魚定食です。この秋味、うまかったです。
IMG_3538.jpg

それから旧道庁へ。僕にとっては樺太の展示が大変興味深く、そこで1時間以上も過ごしてしまいました。
IMG_3539.jpg

それから、札幌近郊をブラブラしても良かったのですが、みんなに室蘭の地球岬を見せたくて、北広島ICから道央自動車道にのってしまいました。登別室蘭ICを出たとき、裏目に出たことに気付きました。すごい霧です。案の定、地球岬では視界ゼロでした。

不思議ですが、地球岬から室蘭市街へちょっと向かうと霧がありません。せっかく室蘭へきたので、測量山に登ってみました。まあ、室蘭らしい景色をみんなに見せることができました。
IMG_3545.jpg

この日の昼食ですが、ラーメンに決めてました。しかし室蘭で美味しいラーメン屋はチェックしてません。東室蘭の駅で、美味しいラーメン屋を聞くと、繁華街の方しかラーメン屋はないといいます。ショッピング街へ行き、長崎屋のそばでラーメン屋を見つけ食べました。北海道っぽいラーメンでした。

ラーメンの後、最後にいったのは登別温泉です。これも調べてなかったので温泉街で、土産物屋さんに日帰り温泉施設を聞きました。すると温泉銭湯があるとのこと。そこで、温泉に浸かりました。登別の湯は始めて入ったのですが、最高です。今まで入ったなかでは最高です。独特の色と香り、そして熱めの温度。温泉から出ても、体がポッカポカしてなかなか冷めません。体の悪いところは何でも治りそうな強烈な温泉でした。

登別温泉を出て最後に見たのがこの赤鬼。
IMG_3550.jpg

道央自動車道で千歳に戻り、レンタカーを返して空港へ。飛行機の搭乗まで、時間はたくさんあったので、それぞれ御土産を見て回りました。レストランで食事(僕はラーメンでした)して飛行機に乗り、羽田空港の到着ロビーを出たのは10時半。それからみんなで京急に乗って、集合したときと逆で、それぞれの駅で降りて帰ります。

天気にはあまり恵まれませんでしたが、思い出に残る3日間でした。
19:22 | '06.08北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑