幸浦IC→白河IC

金曜日の飲み会をパスできました。だから土曜日は早朝からバイクに乗ることができます。本当に久しぶり。天気予報を見ると、北に行くにつれ快晴の確率は高いようなので、行先は決めずにとりあえず「東北道を走ろう」と思いました。

土曜日の朝5時に起きて、一人で朝ご飯です。土曜日なので家内も子供もまだ寝てます。6時に家を出る時、家内が起きてきました。簡単な挨拶、「気をつけて」と「行ってきます」

持ってくものは、万が一の雨合羽。これはこの前ラフ&ロードで買ったやつで、まだ未使用です。それと温泉タオルにツーリングマップル。東北版にしようか迷いましたが関東甲信越版。それほど遠くへは行けません。

外へ出るとかなりの温度と湿度。日中はそうとうに暑そうです。タイヤロックとカバーを外し、バイクをそろそろと引き出します。ETCカードをセットしてチョークを引いてセル始動。一発で図太い音が響き始めました。エンジンを温めながら前後のタイヤチェックとランプテスト。チョークを戻して6時10分にスタートしました。空いている国道16号線の上り線を走り、田浦のセルフで満タンにします。ツーリングに行く時のいつもの習慣です。2.5リッターしか入りませんでした。

船越からトンネルをひとつ越えると横須賀最北の街、追浜です。追浜駅前を過ぎるとすぐに横浜市内に入り、金沢八景を右折して八景島方面へ。シーサイドラインとしばらく並行して走り、国道357号線に入ります。そして幸浦から首都高湾岸線。
IMG_2597.jpg

空いている湾岸線を制限速度+αで走りますが流れはもっと早く、僕は最左車線を自分のペースで走ります。横浜ベイブリッジを渡ると大黒JCTを横羽線方面へ。ギヤを4速に落とし、エンジンの回転数を上げて、ここの270度カーブをスピードを落とさずに走ります。まだ新しいタイヤが路面に吸いついてるのが分かります。いい感じです。

横羽線に入るとかなりの交通量。みんな湾岸線と同じペースで走ります。制限速度は20km/hも低いのに。車両は多いですが快調に走り、大師、羽田、平和島、芝浦、浜崎橋と過ぎ、大好きな都心環状内回り。江戸橋JCTへの坂を駆け上がり、箱崎方面へ。ここはいつでもノロノロ運転です。隅田川を渡ると、ペースはもとに戻ります。

堀切・小菅とふたつのJCTを通過すると、たまにペースがガクンと落ちます。理由は交通量が多いから。都内を貫けるには、ちょっとスタート時間が遅かったようです。川口JCTを過ぎると東北道。流れるペースはさらに上がります。

浦和本線料金所を減速して通過。再び加速。巡航速度まで持ってくると、ギヤは5速に入れっぱなしです。すぐに岩槻ICを通過。ここが東北道の起点だった時期がかなりありました。そのころは首都高を北池袋で降りて、慢性渋滞の国道122号線をよく走ったものです。

7時40分、蓮田SAに到着。幸浦からは1時間15分。多少混雑してた割にはいいタイムです。ツーリングの待ち合せポイントらしく、すごい数のバイクです。ここではトイレと煙草一服のみですぐのスタート。はやく行かないと館林や佐野あたりが混みそうです。
IMG_2598.jpg

羽生PAを過ぎると、利根川を渡り群馬県へ入ります。東北道で「群馬」は以外な気がしますが、天気予報などで右下に突き出した群馬県の形を思い出すと納得。次に渡る大きな川、渡良瀬川を過ぎると栃木県。東北道は栃木県に入って最初の佐野を過ぎて、やっとアップダウンが始まります。それまでは関東平野の平な道。

ここまでくると、周りは田舎の風景です。遠くに見える山と田圃と送電線。最近できた北関東自動車道とのJCTを過ぎると都賀四方PA。眠くなったのでちょっと休憩。
IMG_2599.jpg

煙草を吸いながらツーリングマップルをパラパラ見ます。どこまで走ろうか。日光は近いし福島はちょっと遠いので、那須あたりにしようか。西那須野塩原でおりようかと思いましたが、白河まで行くことにしました。僕の持ってる2007年版ツーリングマップルでは工事中の甲子(かし)トンネルが開通したという話を思い出したからです。それに白河ラーメンも本場で食べてみたいし。

さっきの蓮田とは大違い。空いてます。
IMG_2600.jpg

本線に戻り鹿沼の手前の道路表示板にびっくり。矢板で渋滞6km、通過に85分だって。何かの間違いじゃないかと思いましたが、大谷PAのちょっと手前から渋滞が始まりました。3車線すべての車が全く動いてません。僕はバイクなのでゆっくりすり抜けさせて頂きます。宇都宮ICから先、片側2車線となっても、車の流れは回復しません。渋滞の列の間を30km/hぐらいで走ります。

20分ほど走って、その渋滞の原因の場所に到着しました。玉突き事故です。追越車線を事故車が3台とパトカーが1台。路肩にも、おかまを掘られた車が1台とパトカーが。一見したところ重傷者はいないようですが、何人かが中央分離帯に座っており、警察官と数人のオジサンが路上で話をしています。現場検証もこれからのようです。1車線に絞られたネックのところでは、事故見物のため車の流れは超ノロノロ。「何とか1台迷惑千台」という標語を思い出しました。渋滞解消には半日は掛るでしょう。

そこから先は超快適なハイウェイ。交通量は極めて少なく、走行車線を100km/hちょっとで巡航します。そして次の休憩ポイント黒磯SAに到着。ここは新しくICを併設したPAです。売店がコンビニだったのには驚きました。民営化後にできたPAでしょうか。
IMG_2601.jpg

福島県に入ってすぐ、10時20分に白河ICへ到着です。横須賀から4時間。渋滞もあったためけっこう掛りました。東北道方面に行こうと持ったら、やはり3時出発でしょうか。料金所にあった「白河」という看板だけが異常に古く、多分開通当時のものを現在まで使っているのでしょう。
IMG_2602.jpg

東北道の料金は1,800円でした。それにしても、かなり暑いです。この時間だとラーメン屋開店には多分早いので、とりあえず白河駅へ行ってみます。ラーメンマップもあるかもしれません。
スポンサーサイト
12:37 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

白河といえば・・・

東北道の白河ICをおりて国道4号線を市街地の方へ向かいます。すぐにセルフスタンドがあったので給油しましょう。12リッター入りました。ここまで260km走ってるので、燃費は20km/リッター以上です。

大きな東北新幹線の橋の下を通り、国道を右折。白河駅前にやってきました。
IMG_2612.jpg

広い立派な駅前ですが閑散としてます。「新白河」の駅ができて、寂れてしまったのでしょうか。駅前のタクシーの列はいつになったら動くのでしょう。

駅構内に入ってみると、さすがに無人駅ではありません。改札は自動ではなく、昔と変わらない駅員さんによる作業です。当然スイカは使えません。停まる電車は上下とも一日に20本ほどで全てが普通電車です。下りは郡山行、上りは黒磯行が大半。
IMG_2605.jpg

たしか、黒磯駅は直流電化と、交流電化との分岐駅。常磐線の取手の北側のように走りながら交直流を切り替えるのではなく、停車中に切り替える方式だと、昔テレビで見たことがあります。それを思い出していれば、今日、黒磯駅でその切り替え作業を見てきたかもしれません。

この駅から、僕は一度だけ列車に乗ったことがあります。祖父・祖母の行きつけだった湯治場がこの近くにありました。ある年のこと、祖父・祖母と一緒に湯治場で夏休みを過ごしてた僕は、迎えにきた車の定員オーバーとの理由から、ここ白河駅から上野行きの普通列車に乗りました。

それは電気機関車で引っ張る木製の車両でした。午前中に白河駅を発車する列車に乗って、黒磯で駅弁を買って食べたところまでは楽しかったのですが、それからは、何度も何度も特急や急行電車に抜かれ、上野駅に着いたのは夕方でした。大宮を発車すると、「もうトイレは使えません」とアナウンスがあったのを覚えてます。

昔話はさておき、駅前を10分ほど歩きまわってみましたがラーメン屋がありません。駅の向かいの裏通りに1軒ありましたが開店前のようです。白河ラーメンのお店は喜多方のように集中していないようなので、バイクで探すことにしました。

旧奥州街道を白河関の方に向かって走ります。5分も走らずすぐに、それらしいラーメン屋が見つかりました。ちょうど11時になったところで、迷わずここで食べることとにしました。街中なのに駐車場もあり、もしかしたら有名店かもしれません。
IMG_2615.jpg

お店にはいると、案の定メニューはラーメン系しかありません。この日、僕は一番の客でした。中華そば550円を注文すると、家族づれのお客さんが入ってきました。そのすぐあと、サラリーマンも入ってきました。期待できそうです。
IMG_2613.jpg

そして運ばれてきたラーメンがこれ。小さめのドンブリに溢れんばかりのスープ、僕の好みです。レンゲは使わず、ドンブリを持ってラーメンをすすります。
IMG_2614.jpg

喜多方まこと食堂ほどの感動はありませんが、かなり美味しい、あつあつのラーメンです。特に麺の風味と歯ごたえがいいです。スープは風味の良い、いい醤油を使ってるようですが、ダシの取り方がちょっと足りないかもしれません。昼過ぎに行くと、多分もっと美味しいでしょう。

家へ帰ってネットで見ると、白河では有名な老舗でした。一度、家内と子供に食べさせたいラーメンです。

ラーメンを食べ終わって11時20分。白河市街地からいちど国道4号線へ出て、ここを左折。甲子トンネル方面に向かいます。
IMG_2616.jpg
12:37 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国道289号線、甲子道路

僕の持ってるツーリングマップル2007年版では点線ですが、「甲子(かし)トンネルが開通して白河と南会津がほぼ直線で結ばれた」と聞いたのは2008年の秋だったと思います。

国道289号線も走ったことがないので、是非とも走りたい道でした。国道4号線の東北新幹線と並行してるところを西へ曲がります。まっすぐ行くと国道121号線、会津西街道だって。トンネルが開通した証拠です。
IMG_2617.jpg

甲子トンネルへ至るこの道もツーリングには最高の道です。遅い先行車がいなければ、ゆるいコーナーと登り坂が連続する楽しい道。3速~5速を繰り返し、いくつものコーナーを通過していきます。この国道に入ってから20分でこんな山の中までやってきました。それにしても、よくこんな山の中にほぼ直線の道を作るものです。
IMG_2633.jpg

甲子トンネルの手前に長いトンネルが2つありました。そのひとつめ、「きびたきトンネル」は変わったトンネルです。トンネル内ほぼ全線が緩やかなカーブで、左へそして右へ曲がってます。

そして今日の目的地のひとつ、昨年開通した甲子トンネルです。全長は4km以上もあります。一般国道のトンネルとしては、かなり長いトンネルだと思います。
IMG_2618.jpg

プレートをよく見るとトンネル貫通は、開通にさかのぼること1年半前の2007年3月。
IMG_2619.jpg

トンネル内はこのとおり。どのトンネルも中は大差ありません。
IMG_2632.jpg

空いてるトンネルを法定速度とちょっとで駆け抜けると、そこは会津です。この道もトンネルの開通に併せてできた新しい道、かなり高規格です。
IMG_2620.jpg

途中でちょっとクネクネしたところがありましたが、そこも道路の付け替え中とのこと。こんな田舎といったら失礼ですが、交通量の少ないところに素晴らしい道を作って、国の財政は大丈夫でしょうか。昨年秋に、国道121号線の大峠道路を走ったときも、同じことを思いました。
IMG_2621.jpg

道の周りは森林と山しかありません。会津の山は思ったより深いところです。
IMG_2623.jpg

甲子トンネルの会津側へ出たら、国道298号線の旧道を甲子峠まで登ってみようと思ってましたが、行けども行けども、道路案内がありません。会津西街道まではいきませんでしたが、途中、大松川というところでUターンします。
IMG_2624.jpg

甲子道路が開通しなければ、このあたりは南会津の名もない農村だったのでしょう。この道路開通が、この山村にどう影響するか。越後湯沢などは、寒村が鉄道と道路の開通により、観光地となりました。道路開通により少なくとも便利にはなりましたが、騒音とか悪い影響も少なからずあると思います。

また、帰りに甲子トンネルをぬけて、全線カーブの「きびたきトンネル」に入る直前、驚きの光景が目に入りました。この新しいトンネルのすぐ脇に、別の新しいトンネルの入口があったのです。家へ帰ってネットで色々調べて、そのトンネルは新しいけれど廃道になったことが分かりました。それと、トンネル内をカーブとした訳も分かりました。

事前に知ってれば、立ち止まり、ゆっくり見て回ったと思います。
12:38 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

甲子峠へ行こうと思ってましたが

国道289号線甲子道路を会津側から走ってきましたが、旧道との分岐点が見つかりません。ツーリングマップルによると南倉沢という集落あたりから分かれていそうなので、その集落に入ってみましたが、それらしい道は見つかりません。神社の裏手に続く道をのぼっていくと、国道っぽい古い道にでました。旧道に遭遇できたと思い、喜んでその道を少し進むと、元の甲子道路に出てしまいました。

諦めて、甲子道路を甲子トンネルにむかうと、トンネルのちょっと手前に旧道っぽい道への分岐点を見つけました。ここを左へ行くと旧道かもしれません。
IMG_2630.jpg

林のなかのゆるい登り坂の道です。まず間違いなく、甲子峠へ続く旧国道でしょう。しばらく行くと、突然行き止まり。でもこの道で当たりです。
IMG_2629.jpg

通行止めで車は行けませんが、バイクなら入って行けます。迷わず進入します。
IMG_2628.jpg

僕の持ってる2007年版ツーリングマップルによると甲子峠までは舗装路のようで、「峠からの眺めはすばらしい」と書いてあります。それを信じて進んでいくと、道は狭いダートになりました。2kmほどは何とか走っていきましたが、どこでUターンできなくなるか分かりません。携帯は通じないし、万が一コケたら足場の悪い道ではひとりで起こせないかもしれません。ちょっとした下り坂でも、前輪を突っ込んだら、重たいSC40は押し戻すことはできません。だんだん不安になってきました。

断腸の思いで、このヘアピンカーブのところから引き返すことにしました。
IMG_2627.jpg

エンジンを停めると、川のせせらぎと鳥の鳴く声しか聞こえません。えらい山の中まで入ってきてしまいました。慎重にUターンして、今きた道を戻ります。残念です。
12:38 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

那須高原を走る

甲子道路をここまで戻ってきて、那須方面に行くことにしました。僕の持ってるツーリングマップルでは、ここを右に曲がると那須甲子道路という有料道路で、930円かかると書いてありますが、表示板には有料とは書いてません。無料開放されたことを信じ、右折します。
IMG_2634.jpg

路面はそれほど良くありませんが、楽しい道です。エンジン回転数を3,000~5,000回転ぐらいでこまめにギヤチェンジし、楽しくコーナーを走ります。途中で、福島県と栃木県の県境を越えました。
IMG_2635.jpg

かなり走り甲斐のある道で、膝とか腿が痛くなってきたころ、ワインディングは終わりました。途中料金所の跡地らしいところを通過し、気付くとかなり涼しいところまで登ってきました。そして前方にが那須の山々が見えます。
IMG_2637.jpg

そこから道はまた昇りになり、いくつかのヘアピンを抜けるといきなり料金所がありました。那須高原有料道路です。料金は260円。こっちも無料開放かと思いましたが、そう甘くはありません。それからロープウェイ乗り場を通り過ぎ、車道の一番高いところ、峠の茶屋の駐車場まで登ってきました。
IMG_2640.jpg

空気は涼しく爽快ですが、今一つ視界が良くありません。展望台から黒磯方面を望んでも、白一色です。振り返って再度、山の方を観ます。地図によると前方のなだらかな草原みたいなところは、朝日岳の尾根だと思います。実際には草原でなく熊笹だと思いますが。
IMG_2646.jpg

湯元方面へくだっていくと、途中に展望台がありました。ここからだと、なんとか那須高原全体が見渡せます。
IMG_2647.jpg

そして、賽の河原。似たような場所が草津や恐山にありました。
IMG_2648.jpg

那須の湯元温泉街をぬけてここを右折します。今日はこれから板室へ行き、温泉に浸かってから帰ろうと思います。
IMG_2649.jpg

時間は14時。帰りのことを考えると、あまりゆっくり温泉には居られませんがせっかく那須温泉郷に来たんですから、ひと風呂浴びてきます。
12:39 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

那須、板室温泉

那須の山を降りてきて、湯元の温泉街を通過。旅館ではなく日帰り温泉施設を探しましたが、見つかりません。ツーリングマップルに載ってる板室温泉に向かうことにしました。

県道266号線を西へ向かうこと、20分ほど走ります。那須の高原を行くアップダウンとコーナーの続く道ですが、遅い車に引っ掛ってしまいました。道はずっと車線変更禁止のイエローライン。見通しも悪く無理に追い越すことはしません。「対向車は来ないだろう」と考える歳ではありません。

遅い車の後ろでも、ダラダラ走るのでなく、スピードにはメリハリをつけて、自分の思い描くラインをトレースしようと走れば、これはこれで楽しいものです。

くだり坂のヘアピンカーブをぬけると、板室温泉街です。その小さな温泉街をぬけて、ちょっと行ったところを右折して川沿いにある温泉施設へ向かいます。
IMG_2655.jpg

ここです。健康の湯グリーングリーンといいます。料金は500円。ここはどちらかというと、観光客より、地元の方優先のという感じの施設ですが、けっこう居心地の良いところです。ロッカーなどもコイン返却式。良心的です。
IMG_2652.jpg

これといって特徴のない泉質でしたが、手入れの行届いた清潔な内風呂と露天風呂。休憩所も広々してます。横になって、地元の方の栃木弁を聞いていると、U字工事を思い出しました。栃木弁、嫌いではありません。生活感のあるほのぼのする言葉だと思います。

僕がここへ来た時、他にバイクはありませんでしたが、帰る時はいっぱいです。温泉内も段々混んできてました。帰るにはちょうど良いタイミング。15時15分、板室温泉をあとにします。
IMG_2653.jpg

県道369号線を東北道に向けて走ります。川沿いの道はすぐに終わり、那須山麓の林の中をいく緩やかなくだり坂の道です。
IMG_2656.jpg

突然林は途切れ、畑と田圃のなかの道へ変わります。
IMG_2657.jpg

この交差点を右折して県道30号線を西那須野塩原ICへ向かいます。
IMG_2658.jpg

このあたりは牧場が多いせいか、田舎の香水が鼻をつきます。先行車は運悪く砂利を運ぶダンプカー。ツーリングマップルでは快適なツーリングロードですが、あまり楽しい道ではありませんでした。
12:40 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

西那須野塩原IC→幸浦IC

県道30号線から国道400号線へ。ガソリンが少なくなってきました。西那須野塩原ICまでにセルフのスタンドの1軒ぐらいあるでしょう。牧場の中を突っ切る直線の道をいくと、もうインターです。何とか横須賀までもつと思い、給油せずに15時45分、東北道に入ります。
IMG_2659.jpg

本線に入るとすぐに、「川口まで140km」の標識が。普通に走って1時間半。それから首都圏を縦断して19時には横須賀につくでしょう。ちょっと交通量の多めな上り本線を15分ほど走り、上河内SAで止まります。御土産に「栃もち」と「白河ラーメン」を買いました。併せて1,000円弱。
IMG_2661.jpg

本線に戻るとすぐに宇都宮ICを通過。ここから片側3車線になり、僕はいつものように最左車線を走ります。この車線はたまに遅い車が走ってるだけなので、他の2車線より車間距離が長くとれます。車と違い、100km/h超で車間距離数十メートルでバイクを運転してると非常に疲れます。もし路上に障害物があったら、というストレスです。先行車が路上の障害物を跨ぎ、僕の直前に現れた時はもうどうすることもできません。それに追越車線を110km/hぐらいで居座る車も多く、それより速く走ることもできます。

鹿沼・栃木・佐野と順調に走り、利根川を渡る手前で渋滞情報です。「久喜で2km」疲れてきたし、ガソリンも心配。羽生で降りて、給油と休憩することにしました。加須へ向う一般道でスタンドを見つけ10リッター。そしてコンビニで缶コーヒーの休憩です。

17時30分、再び東北道へ入ります。
IMG_2663.jpg

するとすぐに渋滞。全く進まないので自然渋滞ではなさそうです。トロトロ30km/hぐらいで車の間を走ること10分ほど。渋滞の先頭に到着しました。

軽のワンボックスが横転して追越車線をふさいでます。左リアタイヤがボロボロになってます。多分バーストしてハンドルをとられ、中央分離帯に激突して横転したのでしょう。単独事故でした。もしバイクですぐ後ろを走ってたらと思うと、ゾッとします。

そこから首都高中央環状までは快調に走ります。途中の渋滞情報板では、首都高のほぼ全線が黄色か赤。激しい渋滞のようです。帰るルートはいちばん赤表示の少ない、葛西JCT経由にします。

小菅・堀切と大きなJCTをすぎて、荒川に沿った中央環状を走ったり止まったり。だんだん風がでてきて、しばらくすると一瞬のうちに空気が冷たくなりました。不安定な大気の前線を通過したのかもしれません。

葛西から先も渋滞は続きましたが、東京港トンネルをすぎると快調に走り出しました。湾岸線西行きはトンネル渋滞でした。東海JCTで湾岸線を離れ、羽田方面へ。長いトンネルを大回りする湾岸線より、こっちの方が短距離です。

京浜工業地帯を縦断する横羽線を走り、生麦を曲がって再び大黒から湾岸線。

ベイブリッジを渡り本牧JCTをすぎると、交通量は極端に減ります。そこから10分ほどで終点の幸浦に到着です。ちょうど19時でした。
IMG_2664.jpg

横須賀市内に入り最後の給油でちょうど10リッターで満タン。計算上では加須で給油しなくとも、ギリギリ間に合いました。今日一日で走った距離は638km、使ったガソリンは32リッター、燃費は19.9km/リッターでした。

Co2排出量は何リッターだったのでしょう。地球環境に優しくない趣味ですが、これだけは勘弁して下さい。
12:40 | '09.07那須 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑