志賀坂峠

快晴の予報が出てる日曜日、朝早く起きて家内とドライブに出かけました。まだ暗い4時半に横須賀ICから横横へ。いつものルートを快調に走ります。
横横→保土ヶ谷BP→国道16号八王子街道→八王子BP

約1時間後、昼間とは全く違う八王子市内の静けさの中を走ります。
IMG_3601.jpg

本当は八王子IC手前の吉野家で朝ごはんの予定でしたが、家内が爆睡中。

八王子ICからは中央道の下り線。山に向かって走ります。
IMG_3604.jpg

八王子JCTを圏央道外回りへ。いつ走っても空いてる道です。(僕が走る時は)
IMG_3606.jpg

鶴ヶ島JCTから関越道に入って最初のSA、高坂で本日初の休憩と朝ごはん。
IMG_3611.jpg

僕の食べた五目ソバと、家内の沖縄ソバ。 ともに美味しかったと思いますが、値段は高め。
IMG_3609.jpgIMG_3610.jpg


今日は1,000円高速なので、どこまで行っても同じですが、今日はここ花園で降り、国道140号線を秩父方面へ走ります。
IMG_3612.jpg

この国道140号線は、荒川と秩父鉄道に平行して秩父の山を目指す道。途中で、その秩父鉄道の電車に追い越されました。電車は速いです。
IMG_3614.jpg

長瀞の先、皆野で国道を離れ県道を行き、小鹿野から国道299号線。霞たなびく秩父山系の奥深くへ入っていく道。
IMG_3618.jpg

土地は狭くなり、田畑もまわりになくなってきました。でも谷をまっすぐ走ってるため、まだ坂道はたいしたことありません。
IMG_3621.jpg

そして、ここが谷の一番奥。ここから崖をよじ登るような坂道の始まりです。
IMG_3626.jpg

ワインディングの登り坂をしばらく走ると、杉林の間から視界が開けてきました。そしてここが峠の頂上。車を停めて、今走ってきた谷を見下ろします。
IMG_3627.jpg

ここ志賀坂峠のピークはこのトンネル。これを越えると群馬県。
IMG_3629.jpg

今日本当はバイクでツーリングのつもりでしたが、急きょ変更して家内とドライブ。ですからルートはツーリングルート。これからもっと山の奥へ入って行きます。
23:09 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ぶどう峠

志賀坂トンネルを出るとしばらく下り坂が続きます。途中の道路わきに恐竜の足跡というのがあります。これです。この岩の上部のふたつのくぼみ、これが恐竜の足跡だそうです。それと岩の右上から中央下側へ続く点々。これも足跡とか。
IMG_3631.jpg

ホントかどうか分かりませんが、多分ホントなのでしょう。このあたりは恐竜の化石がたくさん出土するところだそうです。この先には恐竜センターなんていうところもあります。

谷底の神流川まで坂道をおりてくると、国道299号線はその川に沿った道。道の駅上野で休憩です。でも時間はまだ8時。お店はまだやってません。昔ここでイノブタラーメンなるものを食べました。けっこう美味しかった。
IMG_3633.jpg

上野村といえば、忘れてはいけないJAL123の遭難。家内とふたりで慰霊碑に御線香を捧げ合掌。あれから24年も経ちました。四半世紀です。
IMG_3635.jpg

その年の8月の夕方、乗客乗員524名を乗せたB747SRは、羽田を離陸。伊豆半島上空にさしかかるころ、機体後部の圧力隔壁が壊れ垂直尾翼の大半が吹き飛びました。4っつある油圧系統は全部ダメ。コックピットでコントロールできるのは、エンジン出力と電動のフラップとギアだけ。

飛行機はそれから迷走を続けます。その間約30分。富士山の脇を通り青梅あたりでは一回転して、奥秩父の深い山の中へ入って行きました。そして御巣鷹の尾根へ。

搭乗してた方は、本当にお気の毒です。

その後は、国道299号線を離れ、ぶどう峠へ向かいますが、その前に御巣鷹の尾根へ近づけるところまで行ってみることにしました。ここから13kmだそうです。
IMG_3637.jpg

けっこう整備されたトンネルや橋を通り、20分ほどかかって到着したところがここ。
IMG_3640.jpg

ここからJAL123の遭難現場へは数時間歩かなければいけません。僕たちはその登山口に向かって合掌し、この駐車場をあとにしました。

御巣鷹の尾根からくだる途中、トンネルとトンネルの間に駐車場がありました。そこに車を停めてちょっとあるくと上野ダム。御巣鷹の尾根へ続く道は、かなり整備されてると思って走ってましたが、その設備投資は飛行機の遭難とは関係なく、ダム開発が目的でした。
IMG_3646.jpg

ぶどう峠へ続く道に戻りました。奥秩父から信州へぬける峠は、十国峠、ぶどう峠そして、三国峠のみっつのルートがあります。今日は僕の走ったことにない、ぶどう峠を選びました。三国峠などと違い、完全舗装の走りやすい峠道です。
IMG_3649.jpg

途中、御巣鷹山を望むポイントがありました。ここでも合掌。
IMG_3650.jpg

10時ちょうどに頂上のぶどう峠に到着。群馬・長野の県境の峠です。
IMG_3654.jpg

峠から望む信州。気のせいか、空気が澄んでるような気がします。
IMG_3653.jpg

この峠は中央分水嶺の峠でもあります。この峠を越えると千曲川水系になります。ここからは八ヶ岳の麓を目指して、坂道をおりていきます。
21:52 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

麦草峠

ぶどう峠からの下り坂。群馬県側と比べると、短い距離で車線が広がります。長野県の方が標高が高いのでしょうか。そして、沿道はもうすでに秋です。
IMG_3657.jpg

県道124号線は北相木村役場を過ぎると、2号線になります。
IMG_3659.jpg

小海からは国道141号線を南へちょっと走り、松原湖入口を右折します。県道480号線です。松原湖は素通りし、八ヶ岳山系への坂道を登っていきます。
IMG_3664.jpg

まわりの樹木も低くなり、標高が上がってきました。空の青さも深みが増したような気が。
IMG_3671.jpg

途中に展望台がありました。車を停めて外にでます。JR小海線と千曲川の流れる広い谷。向かいの山は先ほど走ってきた秩父山系。
IMG_3666.jpg

南方面を臨むと、八ヶ岳っぽい林が広がります。
IMG_3667.jpg

途中から道は、ふたたび国道299号線。群馬・長野の県境の峠を、今日はぶどう峠を通りましたが、この国道は1本北側の十石峠を通ります。

国道に入ってすぐ、ピークポイントの麦草峠に到着。展望はありませんが、空気のひんやりした爽やかなところです。手の届きそうな高さを、白い雲がゆっくり流れます。
IMG_3673.jpg

峠を下ると蓼科高原。それにしても前から来るのはバイクだらけ。路面はそれほどよくありませんが、ツーリングロードとしては、なかなかいい道だと思います。
IMG_3676.jpg
21:44 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

きのこ蕎麦

国道299号線の途中を右折して、蓼科の高級別荘の立ち並ぶ林を通り、ビーナスラインへ。そして時間はもうすぐお昼。おいしそうな蕎麦屋で停まります。
IMG_3684.jpg

外のテラスで戴くことにしました。
IMG_3678.jpg

僕の頼んだ、きのこそばセット。けっこう美味しい蕎麦でした。
IMG_3679.jpg

家内が頼んだのは天ぷら蕎麦セット。地元産の無農薬野菜の天ぷらだそうです。

値段がちょっと高めでしたが、まあ満足です。でもテラス席はちょっと寒かった。
22:02 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

霧ヶ峰

蓼科高原地区のビーナスラインから白樺湖を通り、大門峠で国道152号線大門街道を突っ切ると、草原のなかをいくドライブウェイになります。
IMG_3689.jpg

途中の展望台で車を停めます。ここもバイクで走ったら最高の道です。
IMG_3692.jpg

手前の谷は大門街道の谷、向こうの山々は南アルプス。左手には八ヶ岳の裾野が広がります。ちょうど大きい雲に日差しを遮られました。
IMG_3691.jpg

このあたりは、毎年7月下旬はニッコウキスゲが満開になります。その花が咲いてなくても、このあたりの景観は素晴らしく、ビーナスラインでは一番ではないでしょうか。
IMG_3693.jpg

車山の山麓にある駐車場に車を停め、草原をちょっとサンポします。すると旅番組のロケをやってました。夫婦のタレントと山のガイドさん、出演者3名に対して、スタッフはカメラさん音声さん他6名。思ったより、こじんまりとして撮影してました。

小高い丘に登り、360°景色の広がるところへ。
IMG_3698.jpg

それからしばらくは、草原のドライブを楽しみます。
IMG_3704.jpg

この道の正面は道の駅霧ヶ峰。右へいくと美ヶ原方面、左は諏訪湖方面。
IMG_3705.jpg

13時をまわったので、そろそろ帰り方向でしょうか。
09:09 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

諏訪湖

もっと山奥へ行こうか迷いましたが、霧ヶ峰から山を降りることにします。諏訪湖方面へ進み、ちょっと走ると草原は終わり、普通の信州の山林を走る道になりました。
IMG_3710.jpg

20分ほど走ると、諏訪湖畔へ到着。温泉を探します。
IMG_3712.jpg

湖畔にある健康センターみたいなところにしました。ここは600円で、プール・温泉・スポーツジムが楽しめます。僕たちは温泉だけ。
IMG_3716.jpg

諏訪湖畔から中央道の諏訪ICへ行く途中変わった道がありました。河川敷を走るバイパスです。堤防の上の道で、橋のところはその下を通り、ずっと信号なしで走ることができます。アップダウンが楽しい道でした。
IMG_3719.jpg

16時前に中央道に入ります。渋滞情報では小仏TNで40kmだって。温泉に入らず帰ってたら、もう八王子についてたでしょう。
IMG_3720.jpg
09:26 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏富士

諏訪ICからの中央道上り線。しばらくは八ヶ岳を見ながら走ります。
IMG_3721.jpg

長坂の急な坂道を駆け下ります。快調に走ります。
IMG_3727.jpg

甲府盆地に入ると富士山が大きく見えるようになりました。
IMG_3729.jpg

笹子トンネルでは渋滞が始まってるようです。
IMG_3736.jpg

諏訪から約1時間の16時40分、ここでおりて御坂みちを河口湖へ向かうことにします。
IMG_3739.jpg

中央道をおりても国道137号線、御坂みちは高速並みのペースで走ります。ハイスピードで坂道を快調に駆け上がります。脇にはブドウ園がたくさん。ぶどう狩りのシーズンが始まってます。
IMG_3741.jpg

登坂車線つきの高規格道路はいきなり終わり、ヘアピンカーブを越えて御坂トンネルに入ります。
IMG_3742.jpg

御坂トンネルを越えると、富士山は益々大きくなります。河口湖を渡る橋から見る富士山。
IMG_3745.jpg

富士急ハイランドのところから、東富士五湖道路に入ります。出口の須走で混んでるようです。
IMG_3747.jpg

須走の渋滞のぬけるのに約1時間。その先はちょっと裏道を通って国道246号線に出た時は19時過ぎ。ここから東名道も大和TNまで全線渋滞とのこと。国道246号線をいきます。

すると小山あたりから渋滞。この渋滞は山北あたりまで続きました。その間約1時間半。
IMG_3750.jpg

大井松田の東名道表示板では、いまだに渋滞。国府津経由国道134号線で横須賀まで帰ります。横須賀への到着は21時40分。諏訪湖から約6時間も掛かりました。素直に八王子まで中央道の渋滞をぬけた方が速かったかも。
10:08 | '09.09信州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑