箱根越え

午前4時ちょうど、家内とお袋を乗せて横須賀を出発しました。今日の行き先は名古屋です。目的は「名古屋めし」 一日でどれだけ食べられるか分かりませんが、ネットで色々お店を調べました。

5月連休中なので、早朝といえど東名下りは渋滞するかもしれません。通常は横横を上って横浜町田から東名ですが、今日は国道134号→西湘BP→箱根新道→東名沼津でいきます。

横須賀から入った横横は逗子でおりて50円、逗葉新道は100円。長柄のトンネルを越えて海岸線を走りはじめました。早朝ですいてるので快調です。長柄から30分弱で西湘に入りました。
IMG_5234.jpg

西湘に入って15分ほどで箱根新道。ノンストップです。
IMG_5238.jpg

料金所を通過し、急坂をガンガン登ります。
IMG_5239.jpg

箱根新道料金所から15分弱で箱根峠を通過し下り坂になります。三島市街まで下りきる前に、右折して伊豆縦貫道に入ります。そのとき、青空にクッキリ浮び上る富士山が視界に入りました。
IMG_5243.jpg

この道を使えば、東名沼津までノンストップで行くことができます。
IMG_5246.jpg

横須賀から1時間半弱で東名沼津です。横浜町田経由よりかなり安く、そして多分早く到着したと思います。
13:53 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沼津IC→音羽蒲郡IC

早朝の5時25分、東名沼津から名古屋方面へ向かいます。
IMG_5247.jpg

本線上にでると、交通量は多めですが快適に流れてます。沼津IC入ってすぐの愛鷹PAに寄ろうと思いましたが、家内もお袋も睡眠中なので通過します。

富士IC、富士川SAを過ぎると正面に駿河湾が見えてきました。
IMG_5250.jpg

ここ由比PAで最初の休憩です。駿河湾に面しておりロケーションは最高ですが、敷地が狭いためトイレと飲料の自動販売機しかありません。最近トイレの建物が新築されて2Fに展望フロアができました。
IMG_5251.jpg

清水IC・静岡ICと過ぎ、全長2,555mの日本坂トンネルに入ります。ここは、大井松田-御殿場間とは逆に下り線が3車線の新道で、東京方面へ向かう上り線は新旧のトンネル合わせて4車線化されてます。
IMG_5257.jpg

東海道の静岡-焼津間も東海道の難所で、国道1号線は3kmほど山側の宇津ノ谷峠をトンネルでぬけ、東海道線・東海道新幹線と御前崎へ向かう国道150号線は、東名道のすぐそばを並行してトンネルでぬけます。最も海岸寄りを走るのは県道416号線用宗街道といい、断崖絶壁の続く大崩海岸をいく道です。

しかし、どうして走行車線とスピードが変わらないのに、みんな追い越し車線を走るんでしょう。追い越せないんだったら、左側の走行車線を走ればいいのに。高速の渋滞は、追い越し車線から始まると云われてます。
IMG_5258.jpg

最近、高速道路ではスピード違反よりも、ずっと追い越し車線を走ってることに対する違反で捕まることが多いと聞いたことがあります。通行区分違反といいます。でも首都高などでは常時交通量が多いので両方とも走行車線になってますが、基本はキープレフト。

ちょうど朝7時になりました。浜名湖SAに立ち寄ります。
IMG_5261.jpg

SAでの一番の目的は中部地区の地図を買うこと。今朝東名に入ってから、一昨年地図なしで大阪へ行った時の苦労を思い出したからです。残念ながら地図売り場は見当たらず、サービスコーナーにあった東名の地図を貰いました。これで何とかしのぎます。それから朝食ですが、軽食コーナーの自動販売機にはけっこう長い列ができてます。それに、道路情報を見ると、豊田JCTを先頭に渋滞が始まってるようなので、朝食は我慢して先を急ぐとこにしました。

ここは、第二東名と接続予定の三ケ日JCT建設現場。電光掲示板によると「音羽蒲郡-豊田 渋滞17km」とのこと。気のせいか交通量は多くなり、速度も低下ぎみです。
IMG_5267.jpg

7時40分、とうとう渋滞が始まりました。ちょうど音羽蒲郡ICです。ここで東名をおります。
IMG_5269.jpg

料金は予定通り、1,000円でした。お腹が空いたので海沿いへ出て、魚市場併設の食堂を探してみます。SAで貰った大雑把な地図だけが頼りです。
15:16 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

西浦温泉

音羽蒲郡ICをでると蒲郡市街地方面への有料道路があります。その名も「音羽蒲郡有料道路」250円です。主には長いトンネル2本で構成さてました。新幹線と在来線のガードをくぐり、右折すると蒲郡駅前。けっこう大きい駅でした。

駅前の国道は23号線。豊橋から四日市まで国道1号線ほぼ並行て走り、伊勢神宮までいく一般国道です。途中から国道を離れ海沿いを行きます。西浦温泉まで行けば何かあるでしょう。
IMG_5272.jpg

西浦温泉は、三河湾に突き出た小さな半島の先端にあります。この半島の大半は鄙びた漁村ですがそこだけ巨大なホテルや旅館が建ち並びます。
IMG_5274.jpg

その半島の先端の丘の上にあったのが「西浦園地」です。芝生の敷き詰められた綺麗な公園。桜の花と夕陽で有名だそうです。
IMG_5279.jpg

展望台から西を望むとこの景色。真っ青な海と空。
IMG_5276.jpg

旅館はいっぱいありましたが、食事できるところが全くありません。諦めて海岸線を西へ向かいます。
15:43 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

名古屋入り

西浦温泉から暫くは西に三河湾に沿って走ります。県道321号線です。食堂とコンビニなど全くない道です。あるのは小さな商店と床屋ばかり。
IMG_5281.jpg

道は国道247号線に変わりました。このまま走ってても、魚市場の食堂などありそうもないので、東名地図に載ってた道の駅を目指します。吉良町から西尾市方面へ田園地帯を走っていきます。あとで分かったのですが、国道23号線の高架橋を越えていたようで、新幹線の線路が見えました。新幹線と暫く並行する道を走ると、国道への標識がありました。

国道23号線はほとんど信号のない、片側1車線の高架の道でした。途中で道の駅「デンパーク」の看板があり、一旦国道を降りました。そこは道の駅というより観光施設で、休日のその日は入るのに一苦労。警備員に「道の駅!」と云わないと停めてもらえません。残念ながら食事するところはありませんでした。

国道23号線に戻り、名古屋を目指します。国道はそのうち高速道路のように。
IMG_5285.jpg

そのうち、伊勢湾岸道の下を走るようになります。10時15分、とうとう名古屋入り。
IMG_5286.jpg

詳しい地図がないので良く分かりませんが、名古屋南JCTあたりで名古屋高速に入りました。
IMG_5287.jpg

料金は確か530円。でもたいして走らず、名古屋の中心部に到着したようなので、高速を降りました。片側4車線ほどの広い道。中心部の栄を目指します。
17:50 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

天むす 千寿

昨日ネットで見た天むすのお店を感を頼りに探します。栄の市街地から南下して高速の下を通りコンビニが目印。そしてそのお店を見つけました。「めいふつ 天むす 千寿」です。
IMG_5289.jpg

お店に入ると、想像以上に小さい店。お客さんは誰もいません。テイクアウトで5個入りをひとつ購入。735円。あまりたくさん食べると、他のものが食べられなくなるので。

天むすはまだ温かく、早速コンビニでお茶を買って3人で食べました。
IMG_5290.jpg

かなり美味しいと思いました、このおにぎり。天ぷらはサクサク、のりの風味もあり、なによりご飯が美味しいし塩加減も絶妙。買った数も少なかったので、なおさら美味しく感じました。
IMG_5291.jpg

これは、是非とも子供に買って帰ってやろうと思いました。
18:08 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

熱田神宮

天むすを食べた後、向かったのは熱田神宮です。有名なひつまぶし屋さんへ行くためです。そのお店に到着すると、開店前ですが既に長蛇の列です。
IMG_5293.jpg

30分ほど待って、駐車場の確保と受付は終了。1時間半後の13時に来てほしいと云います。それまで、熱田神宮内を散策します。
IMG_5295.jpg

ここが熱田神宮の本殿の正面です。僕たちもわずかですがお賽銭を投じ、今回の旅の安全を祈ります。陽気が良いからか、お宮参りの赤ちゃんをたくさん見ました。
IMG_5301.jpg

本殿を脇から見ると、かなり奥行きがあり本殿はもっと奥。神々しさを演出してます。
IMG_5304.jpg

時間があったので、「宝物館」にも入ってみました。ひとり300円。予想してましたが、掛軸の絵とか刀とかが展示されてました。そっち系にはあまり興味がないので、ちょっと退屈。一番良かったのは、名古屋市電の「熱田神宮前停留所」の看板でした。
18:28 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

宮きしめん

熱田神宮内の散策中、カツオだしのいい香りに誘われ、きしめんを食べました。

参道の中ほど、脇にこのようなテントがあり大変いい香りが漂ってきます。「宮きしめん」というそうです。「ひつまぶし」まではまだ1時間以上。迷わず食べることにしました。
IMG_5299.jpg

これがメニュー。僕たち3人で、宮きしめんを2杯注文。一杯600円です。
IMG_5296.jpg

これがその600円のきしめん。具は、揚げとシイタケ、ワカメ、それに鰹節とネギのトッピング。ネギは好きなだけ自分で入れるシステム。(駅の立ち食いソバや小諸そばなどど比べてはいけないのでしょうが、かなり高く感じます)
IMG_5297.jpg

麺はけっこう美味しかった。だしの具合も良かった。でもしょっぱい。「名古屋の味付けってこんなに濃かったっけ?」という感じ。

このきしめん屋さんは、絶好のロケーションに位置してると思います。ひつまぶしの受付を済ませて参道を歩いてくると、美味しそうな香り。衝動的にきしめんを食べたのは、僕たちだけではないと思います。
18:44 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ひつまぶし 蓬莱軒

ご指定の13時にお店にいくと、「あと15分ほどです」と云います。お店の前でもう少し待ちます。今予約を取った人は、「5時からだってよ」などと話してます。4時間待ちです。すごいです。大繁盛ですね。
IMG_5294.jpg

13時20分頃呼び出しがあり、テーブル席へ通されました。ひつまぶしを注文。5分とちょっとで出てきました。小さなお櫃に入った、ご飯と鰻の蒲焼。
IMG_5310A.jpg

薬味(刻みネギ・山葵・海苔)とだし汁。お吸いものと香のものも付いてます。
IMG_5310B.jpg

定石通り1杯めは普通に頂きました。炭火で焼いたであろう、香ばしい鰻の香りが鼻を突きます。タレがちょっと濃いですが、美味しい鰻飯です。
2杯目は、薬味を添えて頂きます。薬味が鰻の味を引き立てます。すき家のネギ玉牛丼はこの発想かもしれません。
そして3杯目はだし汁を加え、お茶漬けの様に頂きます。僕はこれが一番気に入りました。
IMG_5316.jpgIMG_5317.jpgIMG_5318.jpg


小盛りとはいえ、4杯ご飯茶碗で食べるのでかなりのボリュームです。お袋は3杯でダウン。あとは家内が食べました。僕はきしめんがまだ消化されてないのか、一人前で腹いっぱい。ビールなど飲んだらとても食べ切れません。

これで一人前2,730円。ちょっと高めですが、美味しい鰻なので納得できます。
19:05 | '10.05名古屋 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑