西湘バイパス

仕事が休みの土曜日、朝8時に起きてバイク置き場へ行きバッテリー回収。多分、充電しないとセルが廻りません。ヘルメットとか持っていって、エンジンがかからないとショックなので、予めバッテリーを家で充電します。

10時すぎに横須賀を出発して、国道16号線を北上。船越から半島を横断。逗子からは海岸線。ここを右へ曲がり、しばらくは海沿いを走ります。
IMG_8346.jpg

正面の海は逗子の新宿湾。海沿いの道は国道134号線。昔で云えば湘南道路です。
IMG_8348.jpg

小坪を越えて鎌倉湾も過ぎ、稲村ヶ崎の切通を越えると遠くに江ノ島が見えます。
IMG_8350.jpg

江ノ島入口の先は片側2車線。江ノ島からここサザンビーチまでは、信号のタイミングもよく、法定速度+αで巡航。実に快適なクルージング。でも天気は快晴から日差しが弱まり、空は青から白へ変わってきました。そういえば、茅ヶ崎海水浴場は、いつの頃からか「サザンビーチ」と云うようになりました。
IMG_8353.jpg

湘南大橋を渡って、数キロ走ると西湘バイパス。橘の料金所を過ぎて、国府津にあるPAの数km手前から突然渋滞が始まりました。路肩をゆっくり走っていて気付きましたが、車は全く流れてません。

その先頭にあったのは、追突事故でした。
IMG_8356.jpg

トラックが2車線を塞いでおり、そのため通行止め状態。その先にはひっくり返ったミニバンとリアガラスを割られたワンボックス車。重症の方はいらっしゃらないのが幸いです。ミニバンに乗ってた方々は全員脱出しており、一見大丈夫そう。シートベルト+エアバックの効果でしょうか。

バイクを停めて早く道路が復旧できるよう、路面に散らばったパーツを路肩へ寄せるお手伝い。あらかた片付いたところで事故現場を離れました。あとは警察と救急車(不要かもしれませんが)の到着を待つだけなので。

その先の西湘バイパスはガラガラでした。車が来ないので当然ですが。

横須賀からここ早川口まで1時間10分。石橋まで西湘バイパスを走らなかったのは、「高い」という印象が強かったから。無料実験中だったことを忘れてました。
IMG_8357.jpg

事故に遭った方々には本当にお悔やみを申し上げます。現場を通過しただけなのでその原因は分かりませんが、何となく思うのは、車間距離詰めすぎのところ、誰かが無理な車線変更をしたのが、事の発端だったような気がします。(どの車が悪いというのではなく)周りの車の動きを気にして運転することが重要だと、改めて思いました。要するに、KY(危険予知)です。

スポンサーサイト
22:45 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いつもは静かな根府川駅

伊豆半島の東海岸を南下するとき、必ず寄るところがここ根府川駅です。トイレに寄るのは勿論、相模湾を見下ろす崖の上にあって、何ともいえない「のどか」なところがこの駅の好きなところです。今では平和な根府川駅、関東大震災では線路ごと列車が海に転落したという悲劇があったそうです。
IMG_8369.jpg

駅の待合室に入ると、何かいつもと違い人がたくさんいます。改札を通り駅構内に入ると、もっとたくさんの人がホームに居ます。みんなカメラを構えてるので、何か特別な列車でも来るのでしょうか。こういう方々を「鉄」と云うようです。
IMG_8359.jpg

しばらくすると、スーパービュー踊子がやってきました。その電車が通り過ぎても鉄ちゃんたちは動きません。
IMG_8361.jpg

良く見ると群衆に混じってJRの職員もいます。この駅は無人駅のはずなのに。どんな電車か列車がやってくるのでしょうか。気になって駅からでることができません。その間にも東海道線の普通列車が何本も通り、貨物列車も通過しました。

僕が根府川駅のホームで待って20分、やってきたのはこの電車でした。
IMG_8365.jpg

普通の東海道線の電車じゃありませんか。蒸気機関車でも走ってくるのでは。と期待してた僕はちょっとがっかり。でも、最近はこの型式の電車を東海道線や横須賀線では見たことがありません。それだけ鉄ちゃんにとっては貴重なのでしょうか。

その団体専用電車が走り去ると、みなさん三脚をたたんで撤収します。
IMG_8368.jpg

トイレと煙草休憩のはずが、30分もこの駅で過ごしてしまいました。

23:03 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

熱海、走り湯

根府川駅前から県道740号線(最近までは国道135号線(旧道))を走って真鶴まで。蜜柑畑のなかを行、相模湾に面した斜面を南下する道。この道も年々改修が進み走り易くなってきました。真鶴の駅裏からガードをくぐって表側へ出て国道135号線(真鶴道路の旧道)をちょっと走るとすぐに湯河原の海岸です。

根府川-真鶴間はルートが三つあり、一つ目は今日走った県道。真ん中の道は真鶴道路の旧道(今では普通の国道135号線)。根府川駅のそばから海岸線に近いところを走ります。途中に料金所跡があり、そこから海岸線を離れ真鶴駅前を通って湯河原へ向かいます。この道は数年前にタダになりました。三つめのルートは真鶴道路の新道。料金所のところで道が分かれ、トンネルを通って長い橋で海の上を走り、真鶴半島の付け根を長いトンネルで横切る一番早い道。でも有料の200円(バイクは150円)でETCが使えません。

湯河原の真鶴道路(新道)と合流するところはいつも渋滞。合流するとちょっとの区間は片側2車線ですが、ビーチラインと分かれると国道135号線は坂道を登っていきます。

熱海市内に入ると、「走り湯」という看板を見つけ、急な細い坂道を海岸方面に降りて行きます。ビーチラインの脇の温泉旅館に、その「走り湯」というのがあります。
IMG_8371.jpg

走り湯とは熱海の古い源泉のひとつで、崖から温泉が走り落ちていたところから、ついた名前だそうです。その源泉へはこの階段を登って右へ。
IMG_8378.jpg

この洞窟の中に源泉が湧き出てます。うす暗い洞窟の中は超高温多湿。それに加えて硫黄臭。高温の温泉がフツフツと湧いてます。デジカメのレンズが雲って使いものにならないので、源泉の写真はありません。
IMG_8373.jpg

再び細い急坂を登って国道に戻り、熱海の市街地をぐるっと走って駅前へ。土曜日のこの日、熱海市街がそれなりに人が多く活気があるようです。
IMG_8379.jpg

駅前には間欠泉と足湯があり、たくさんの観光客で賑わってます。
IMG_8380.jpg

今日はここ熱海が一番遠く。ここから先は帰り道になります。気付くと街路樹の梅の花が満開でした。
IMG_8386.jpg

わざわざ熱海にまでやってきて温泉に入らないのは、湯ざめするから。残念ですが。

07:54 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東海道線の廃トンネル

帰り道は無料開放された真鶴道路の旧道、国道135号線を途中まで走ります。真鶴駅前を通り、暫くは東海道線と並行して走り、右へカーブを切るところから山道へ入り県道740号線に入ろうと思います。

そこで東海道線の線路を見ると線路敷地の幅が広がってます。これは廃線跡があるかもしれないと思い、バイクを停めました。線路の脇までいくと、古いトンネルを見つけました。これは間違いなく東海道線の旧線です。
IMG_8389.jpg

その昔、僕の記憶では小田原-熱海間の東海道線で、海を見下ろす長い長い洞門を走るところがありました。その崖の中腹の洞門を走る電車の窓から顔を出し、蒼い海と空、蜜柑畑のオレンジ色を見た記憶がはっきり残ってます。この廃止になったトンネルは、その洞門への入口かもしれません。

こっちが現役の真鶴隧道。上りの踊子号がトンネルに入っていきました。
IMG_8390.jpg

それでこちらが廃線となった隧道。歴史を感じさせる石積みの古いトンネル。立ち入り禁止になってます。当たり前か。
IMG_8395.jpg

なかを覗くと、当然線路の外された何もないトンネル。向こう側が数百メートル先に見えます。あそこから、海を見下ろす洞門があるのでしょうか。
IMG_8392.jpg

家へ帰って調べてみると、この東海道廃線は1972年に付け替えられ、今の真鶴隧道になったそうです。それ以前は、海を見下ろす洞門の中を電車は通ってました。今でもその洞門跡はあるそうです。

10:19 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

県道740号線

東海道線の廃線跡の始まるところからは細い上り坂の道を走り、県道740号線へ出ます。この県道は最近まで国道135号線の旧道でした。

この県道はこんな道。なかなか程度の良いコーナーが連続し、交通量も少ないので快適な走行が楽しめます。ちなみに制限速度は30km/hですが。
IMG_8397.jpg

伊豆半島東海岸を上って帰る時、必ず立ち寄るのがここ。鯵の干物を買って帰ります。
IMG_8399.jpg

ここは鈴廣という蒲鉾屋さんですが、なかなか美味しい干物を扱ってます。
IMG_8398.jpg

1枚100円の小さい干物はコストパフォーマンスに優れた逸品。小さすぎて家族には不評なので、最近は1枚200円の中型サイズを6枚購入、1,200円です。

10:40 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

早川でラーメン

石橋でお土産の鯵の干物を買ったら次はラーメン。早川駅前でバイクを停めます。
IMG_8403.jpg

お店はここ、くるまやラーメン早川店です。
IMG_8404.jpg

閉店した「味一」はこのそばにありました。お店の効率が悪く、長時間並ばないと食べられないラーメンでしたが、超アツアツのスープが最高に美味しかった。その熱さの秘密は今でも謎です。


くるまやでは、定番の味噌ラーメン600円を注文。
IMG_8401.jpg

もやしと海苔しかトッピングのないシンプルな味噌ラーメン。なかなか美味しいラーメンです。麺もスープも。そういえば、ここはご飯がありませんでした。頼めば無料ライスが出てきたかも。

10:48 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国道134号線、東行き

早川口から西湘バイパスに入り、橘の料金所のところにあるPAによってお土産の梅干しを購入。ここの梅干しは曽我の梅を使用。安くて美味しい梅干しです。

西湘の終点、大磯からは国道134号線の東行き、本当は上り線です。湘南大橋を渡ったところのセブンによってATMを利用。僕の口座はセブンATMだといつでも手数料無料。便利になったものです。

セブンの前の国道134号線。上下線とも空いてます。
IMG_8405.jpg

15時半、江ノ島入口を通過。
IMG_8406.jpg

稲村ヶ崎が見えてきました。あの切り通しを越えると鎌倉湾です。
IMG_8408.jpg

鎌倉あたりまで戻ってくると、日差しも戻ってきました。

11:10 | '11.02熱海 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新宿湾

国道134号線を逗子の汀橋の手前で折れ、海岸に出て見ることにします。ここは昔、京急の海の家「逗子ビーチセンター」のあったところ。今ではマンションになってます。その脇から海岸に出ます。
IMG_8409.jpg

海岸に出て、披露山方面をのぞみます。
IMG_8410.jpg

正面の海ではウインドサーフィン。
IMG_8415.jpg

海岸で煙草を一服。短い時間でしたが久しぶりにバイクに乗りました。陽が沈むと寒くなるので、もう今日は帰ります。
IMG_8417.jpg

今日走ったのは、たった157km。10時半から16時半のたった6時間。3月になって、もうちょっと暖かくなったら伊豆半島一周の350kmコース。4月になったらもっと遠くの600kmコースを走りたい。

でも4月には車検切れ。タイヤ替えなきゃ。

11:32 | '11.02熱海 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑