2008年02月

京浜急行では、平和島と六郷土手との間で、何年か前から高架化工事をやってます。これが完成すれば北品川から京急川崎まで、踏切はなくなります。この工事の中心となるのが、京急蒲田駅です。

蒲田駅周辺では、R15第一京浜国道と、環八通りに京急の踏切があり、渋滞の原因となってます。これは現在の上りホームから高架工事現場を見上げたところです。駅は地上3F建ての構造物となる予定で、現在は3本ある地上ホーム全てが昔とちがう場所となっており、線路をずらしながら基礎工事を進めてます。
A_20110108075442.jpg

同じく、現在の上りホームから下り線を見たところです。下り各駅停車の1000形電車が発車したところですが、タイミングがおもいっきりずれてます。今の上り線の線路は、昔の下り線あたりの場所です。
B_20110108075442.jpg

蒲田駅の南側から駅構内を見たものです。一番左の線路が上り本線、となりが下り本線、そして上り線から下り本線をつっきって奥へ向った先は空港線ホームです。この線路のお陰で横浜方面から羽田空港への直通電車ができました。
C_20110108075441.jpg

駅の南側、高架へ通じる仮設線路を作ってるところです。この仮設線に上り電車が走るようになれば、環八踏切の閉鎖時間は半分になるはずです。
D.jpg

R15第一京浜を横切る空港線です。今年の箱根駅伝では、この踏切で足を挫き、リタイヤした学校がありました。この踏切がなくなれば道路の渋滞は解消するし、この単線区間のボトルネックがなくなれば、羽田空港行きの電車が大増発でき、今よりさらに便利になるでしょう。
E.jpg

蒲田駅のR15沿いの入口にこのような工事の広報スペースがあります。なかなか面白いところです。各ゼネコンが作った広報ビデオが流れてて、これが勉強になります。6本ぐらいあるうち、僕はまだ3本しか見てません。
F.jpg

まだ当分先のことですが、工事の完成が楽しみです。横浜方面から羽田空港への電車が増えるでしょうし、品川-川崎間のスピードアップも、僕は期待してます。
07:37 | 京急蒲田立体化 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2008年 5月

京急本線では六郷土手-平和島間の高架化工事を実施してますが、2008年5月18日(日)より、上り線の一部が仮設高架化されます。これにより、京急本線上りと環八とが立体化され、踏切は下り線のみとなるため遮断時間が短くなり、踏切渋滞が緩和されると予想されてます。

とくに朝の上り線は、退避設備のある平和島駅を先頭に京急蒲田駅を中心に電車が数珠繋ぎなので、立体化の効果は大きいと思います。

仮設高架線の橋脚ができたのは2年以上前、橋桁の大半ができたのは1年ぐらい前でした。仮設線の建設予定地にけっこう新しいマンションがあり、どうなるかと思ってました。そのマンションが取り壊されて約半年、やっと仮設高架線の運用が始まります。

仮設の高架線は、この他に六郷土手駅の北側と、平和島駅の南側にできると思います。5月になって、平和島駅の500mほど南の山側(※)に橋脚らしきものを作ってることに気づきました。

もうひとつの六郷土手付近の仮設予定箇所では、上下線の架線(線路の上の電気をとる電線)の支柱が、全て海側となり、山側に支柱はなくなってます。つまり、今回の工事では仮設線は全て山側につくられるようです。

5月19日の朝、京急に乗って会社に行くのが楽しみです。

(※)京急では、ほぼ南北に走ってる線路の西側を山側、東側を海側といってるようです。

17:36 | 京急蒲田立体化 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蒲田付近、仮設高架線へ移行完了

今週から京急蒲田駅の南側約1kmの上り線区間は、仮設高架線になりました。

乗ってみた印象ですが、仮設線とはいえ、線路のつくりがしっかりしてます。本設線路のように、ちゃんと枕木の下には石(バラスト?)も敷き詰められてますし、仮設区間へ入るカーブも緩やかです。月曜日の朝満員電車に乗ってて、高架の高いところに上がるまで、仮設線を走ってるのに気付きませんでした。

技術が進歩したのでしょうか、1980年頃にあった、新馬場-青物横丁間の仮設線とは雲泥の差です。当時はカーブもきつく、鉄骨の上に線路を敷いたような印象がありましたし、その区間、かなり揺れました。・・・・このときは、新馬場駅の南側から鈴が森(大森海岸の北側)までの高架工事でした。

当時、下り特急に乗ってると、新馬場駅を過ぎると急ブレーキがかかり、「ガクン」と揺れて海側の仮設線に入ります。坂を下って青物横丁駅の踏切手前で大きく揺れて本線に戻り、青物横丁駅に停車しました。

余談ですが、そのころ京急は品川駅と京急川崎駅で上り線ホームを延長し、12両編成の運転区間を文庫-横浜間から、文庫-品川間に延長したころでした。

ともかく、今回の工事関係者の方々には、「ご苦労様でした。完成まで頑張って下さい。」と言いたいと思います。つぎの線路変更フェーズも楽しみです。
22:03 | 京急蒲田立体化 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

横浜横須賀道路の延長工事(2008年6月)

横浜横須賀道路(横横)は、現在終点の佐原から馬堀海岸のR16までの区間の延長工事を実施中です。どのくらい工事が進んでいるのか久しぶりに見てきました。

ここは佐原IC、インター入り口にある歩道橋からインター側をみたところです。左側は昨年10月、右側は今年6月です。以前は橋脚だけでしたが、現在橋桁を施工している最中。
1_20080602210527.jpg2_20080602210540.jpg

同じ場所から馬堀海岸方面を見たところです。以前は遠くに橋脚があっただけですが、現在では県道27号線を跨ぐ橋桁の鉄骨工事中です。(以下の並んでる写真は全て、左側は2007年10月、右側は2008年6月です。)
3_20080602210632.jpg4_20080602210651.jpg


5a.jpg大塚台小学校のそばから佐原IC方面を見たところです。県道27号線を跨いだ先はこのようにだいぶ完成してますが、ここで中断です。ここは、平作川とJR横須賀線、R134と京急久里浜線を一度に越さなければいけないため遅れてます。他の交通機関に影響しないよう、最大限に気を遣って工事しなければならないところです。

そこから工事中の道路は丘陵地帯に入り吉井の住宅地を横切ります。そこにポッカリと開いた切り通しとトンネルです。トンネルは以前と変わりませんが、切り通し区間は道路っぽく整備されてきました。
6.jpg7.jpg

馬堀海岸と浦賀を結ぶ県道207号線との交差点に橋桁が掛けられ、この写真はその付近から浦賀火葬場方面を見たところです。以前と比較すると切り通しの掘削工事が進んでます。
8.jpg9.jpg

同じ場所から海岸方面を見たところです。以前は工事用の仮設道路のような橋桁でしたが、今では立派な道路になってます。あとは舗装工事ぐらいでしょうか。ここには、インターチェンジができそうです。
a.jpgb.jpg

c.jpgそして最後の切り通しを越て、馬堀海岸の住宅地へ降りてくる橋です。この辺り、躯体はほぼ完成してます。でも海岸沿いのR16との交差点部分や、この付近に出来るであろう料金所はまだ手付かずです。

佐原ICからの延長部分は対面通行の2車線道路のようですが、どれだけ効果があるのか、完成後が楽しみです。三春町4丁目の交差点や、北久里駅前、浦賀駅前などの渋滞が少なくなればいいのですが。
狩場-馬堀海岸の普通車通行料は、僕の予想では1,600円です。
22:46 | 横浜横須賀道路 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

首都高5号線が全面復旧したそうです。

今日のニュースによると、8月最初の日曜日早朝に起きたタンクローリーの横転事故の影響で、壊れてた首都高5号線が全面的に直ったようです。

思い起こすと、僕たち家族はその日の朝、信州方面へドライブ。コース選択によっては、事故直前の5号線を美女木目指して走ってたかもしれません。その事故の発生を、僕たちは関越道の下り線を走っててラジオで聞きました。家内と「巻込まれなくてよかった」と話したのを覚えてます。

そして10月になって、またこの事故処理の影響。5号線が通行止めで走れず、わざわざ外環経由6号線を使いました。

首都高の被害総額は約45憶円だそうです。負担するのは誰なのでしょう。僕たちのように、通行止めや渋滞で被害を被った人の分を考えたら、経済損失は100憶円を超えるのではないでしょうか。

改めて、車を運転する責任の重さを痛感するとともに、対物無制限の自動車保険の内容を再度確認した秋の夕暮れでした。
23:30 | 工事現場 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑