江ノ島と富士山

飲み会のない金曜日は久しぶり。いつもの金曜日はついつい深酒となり午前様かそれに近い状態。だから土曜日はほぼ飲み疲れで夕方までダウン。今週末はその飲み会がありません。それはそれでちょっと寂しい気もしますが、週末が有効活用できます。というか、それが普通でしょう。一般的には。

平日では考えられないことですが、土曜の朝は夜明けとともに目が覚めました。既に気温は高く、その上その暑さを煽るような蝉の声。厚いバイク用のジャケットを羽織り、温泉セットをデイバックに入れてバイク置き場へ向かいます。早朝に暖気運転は気が引けるので、駐輪場からバイクに跨り坂を下っていき、途中でエンジンスタート。チョークを引いたまま暫く走ります。

水温計が40℃を越えたところでチョークを戻し、普通の走り。三浦半島を横切り、逗子の汀橋までくると早朝にも係わらず逗子海岸には沢山の人たち。遠くには江ノ島と、その向こうには富士山がのぞめます。
IMG_0526.jpg

ズームアップするとこんな感じ。ここから富士山の山頂までは直線距離で80kmほど。富士山の標高は約3.8km。tanθは0.075ほど。でも富士山はもっと大きく高く観えます。
IMG_0527_20110807191614.jpg

旧湘南道路を走って小坪・由比ヶ浜・稲村ヶ崎と走り、七里ガ浜の海岸線から見る江ノ島。江ノ島は大きくなりましたが、富士山は逗子から観たのと同じ大きさ。距離が全然違うので当り前か。
IMG_0529.jpg

沖縄あたりに台風があるため、波は高く天気も不安定。快晴ではありませんが雨は降りそうもないので、これから伊豆方面へ向かいます。
21:25 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハムエッグ牛小鉢定食

横須賀をスタートして40分が過ぎた午前7時、ここで朝食を戴きます。吉野家です。
IMG_0532_20110807191829.jpg

駐車場はほぼ満車だったので、お店の中はいっぱいかと思いましたが、店内に入るとお客さんはあまりいません。この駐車場に車を停めてサーフィンやってる人が多いのかもしれません。店内の張り紙で知りましたが、この駐車場は吉野家で食事をしたら30分無料だそうです。そうでもしないと、吉野家の営業に差し支えるんでしょう。

オーダーしたのはハムエッグ牛小鉢定食のご飯大盛り480円。
IMG_0530.jpg

ふと思いついて、こういう食べ方をしてみました。牛小鉢をのせて紅生姜。これで普通の牛丼。空いたスペースにキャベツを敷き、ハムエッグをのせます。
IMG_0531.jpg

あまり上品ではありませんが、この食べ方気に入りました。
22:41 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国道135号線を南下

西湘バイパスは無料実験が終わってしまいましたが、半額の100円でした。その西湘は早川口でおりて国道135号線を南下します。

無料解放された真鶴道路旧道ではなく、今では県道となった旧135号線を走りいつもの根府川駅によっていきます。
IMG_0537_20110807192612.jpg

根府川駅は海の見える高台の駅。
IMG_0533.jpg

熱海行きの電車が通り過ぎて行きました。
IMG_0535.jpg

真鶴駅のそばからは国道135号線。湯河原では新道との合流のための渋滞が500mほど。海岸線をいく熱海ビーチラインへは向かわず、海を見下ろす高台の国道を走ります。

熱海駅入口を過ぎて坂をくだるとお宮の松前。
IMG_0539.jpg

一方通行の海沿いの道を走って、大野屋のところから再び上り坂。でも何故かここから渋滞です。その数珠つなぎは伊豆多賀の海水浴場まで続いてました。

網代からは海岸線ではなく、三度標高があがって、もう一度海岸線まで降りてきたところが、ここ宇佐美。
IMG_0540.jpg

沖縄付近の台風のせいか、波が高めの宇佐美海水浴場。
IMG_0541_20110807193319.jpg

国道135号線を走るのは、伊東の市街まで。この先の伊豆高原方面はいつも渋滞してるイメージがあるのでやめときます。
IMG_0543.jpg

これから冷川峠方面へ向かいます。
21:41 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冷川峠

伊東駅前を通り、ハトヤの脇の道を走って静岡県道59号線に入ります。温泉街から住宅街、標高がグングン上がっていく道。いつの間にかかなりの山道になってました。
IMG_0545.jpg

途中でちらっと観えた伊豆の風景。方向的に伊豆高原方面です。
IMG_0546.jpg

蝉の声がワンワン響くなかを走り、麓の伊東から20分で冷川峠を通過。北側の熱海十国峠や南側の天城峠と比べると、そんなに標高の高くない峠です。この切通しを越えると、中伊豆の狩野川水系となります。
IMG_0547_20110807213025.jpg

冷川峠の下り坂、道の脇に見事な竹林がありました。竹林の向こうは青々とした水田。眩しい緑の光が竹林で遮られ、それはもう幻想的な緑の世界。写真が上手かったら、この素晴らしい緑色を伝えられたでしょう。
IMG_0548_20110807213024.jpg

伊豆スカイラインの冷川ICあたりからは県道12号線。ワインディングの冷川峠をバイパスする昔は有料だった道です。この12号線をまっすぐ行くと修善寺ですが、僕は途中を左折して再び県道59号線。湯ヶ島方面へ向かいます。
09:40 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

国士峠

再び県道59号線で湯ヶ島方面へ向かいます。この県道は狩野川の支流、大見川に沿って走る道。旅情溢れる中伊豆の田舎道です。
IMG_0550_20110807214558.jpg

このあたりは山に囲まれた狭い土地ですが、所どころに青々とした水田も広がります。
IMG_0551_20110807214557.jpg

清流に沿って再び標高が上がってきました。このあたりまでくると対向車はまったくやってきません。快調に1.5車線のワインディングを楽しみます。
IMG_0553_20110807214557.jpg

暫くいくと山葵田が広がってました。安曇野あたりもそうですが、中伊豆は山葵の名産地。山葵は清流がないと育たないそうです。それだけ、中伊豆は水の綺麗なところです。
IMG_0554.jpg

県道は林の中をいくようになり、気付くと道は下り坂になってます。さっき林の中に小さな碑みたいなのがあったところが、どうやら峠だったようです。切り通しなどはなく、国士峠はメリハリのない峠でした。
IMG_0556_20110807214557.jpg

林のなかの道は再び山里のなかを行く道になり、湯ヶ島に到達。この先は国道414号線の下田街道です。
IMG_0557_20110807214556.jpg

時間は10時半。今日は夕方前に帰らなければいけないので、湯ヶ島の温泉に浸かっていくことにします。
11:47 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いづみ園

国道を離れ、湯ヶ島の温泉街をしばらく行くと旅館は途絶え、普通の田舎道になります。この道は県道59号線。さっきまで走ってきた道の延長です。その県道の途中にあるのがここ、いづみ園です。
IMG_0561_20110807215649.jpg

ここはいつ来ても空いてます。でも居心地のいい温泉。2時間700円です。
IMG_0564_20110807215649.jpg

玄関を入って靴を脱ぎ、振返るとこんな感じ。この廊下の隣りは休憩所。老夫婦がひと組だけいらっしゃいました。
IMG_0559_20110807215650.jpg

脱衣所から内湯、そして露天風呂を見ると誰もいません。貸切りです。そういえば、ここへ来て貸切状態じゃなかった方が少ないと思います。それだけ穴場です。
IMG_0560_20110807215649.jpg

ここがその、川風の通る休憩所。今の季節は涼しい風が流れてきます。掃除も行き届いており清潔な空間。座布団を枕に暫く横になりました。
IMG_0558.jpg

この温泉に居たのはほんの1時間とちょっと。時間がゆっくり流れてたようです。
15:57 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

くるまやラーメン

時間は11時半を廻りました。15時に横須賀へ到着するのは、三島を13時に出発しなければいけません。湯ヶ島から昼食を食べて三島まで1時間半で行けるでしょうか。

国道414号線は途中から西伊豆の海岸線を走ってきた国道136号線と合流します。
IMG_0566.jpg

前回この道を走ってて食べたくるまやラーメンです。今日も、ここで昼食をいただきます。どうしてもライス無料お代り自由というのに魅かれてしまいます。
IMG_0568.jpg

今日注文したのは「こってり中華」というラーメン。
IMG_0567.jpg

ちょっと想像してたラーメンとは違うタイプ。普通の味噌ラーメンにしたほうが良かった。
22:02 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

箱根を越えて帰ります

大仁でラーメン食べて、店をでたのは12時45分。国道135号線を三島に向けて走ります。驚いたのは函南街道との交差点、伊豆中央道の高架橋を作ってました。この道は東駿河環状道路につながるはず。東名沼津ICから修善寺まで信号なしで行くことができます。当然有料になると思いますが。

南二日町を右折して国道1号線。この交差点から500mほど先の谷田までは万年渋滞。なんとかならないものでしょうか。

箱根の登り坂になり、この辺りまでくると流れはスムーズ。
IMG_0573_20110807220838.jpg

三島市内から約20分で箱根峠に到着。ここだけは爽やかな風が吹いてます。
IMG_0574.jpg

箱根峠から15分で箱根新道料金所。何と、箱根新道は無料開放されてます。料金所脇にあったPAは撤去工事中。ここの蕎麦、好きだったのに残念です。そのうち料金所ゲートも撤去されるでしょう。
IMG_0576.jpg

西湘BP・国道134号線を快走して箱根口から40分で七里ガ浜。
IMG_0578.jpg

ここはいつも通り渋滞。正面からは旧型の江ノ電がやってきました。
IMG_0579_20110807220836.jpg

15時ちょうどに逗子の渚橋を通過。
IMG_0581.jpg

今日は夕方地元で用事があるので早めの帰還。走行距離は247km、ツーリングとしては不完全燃焼です。まあ、熱い時期なのでこんなもんでしょうか。9月になったら、もうちょっと遠くに行きたいと思います。
22:10 | '11.08伊豆湯ヶ島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑