高尾山麓へ

昨日、日帰りで広島に行ったおかげで早起きはできず、今日は9時にスタート。横横・保土ヶ谷BP・大和BPと走り相模原で給油。

今日は箱根で会社の宴会があるので、夕方までに箱根に到着してなければいけません。スタート時間は遅かったので、行けても山梨・静岡あたり。東名下りは混んでるので、とりあえず相模原までやってきました。9月といえど、まだまだ夏の陽気は続きます。
IMG_1122.jpg

国道16号線を走るのはここまで。このときは、相模湖経由で甲州街道方面へ行って、どっかの林道でも走ってこようかと思ってました。
IMG_1123_20110918093618.jpg

相模湖方面への県道を走ってると、右折すると高尾の青看が。「そうだ!高尾の先の八王子JCTを観に行こう!」ということで、すぐに右折。その県道48号線は、国道16号線の西側を国道と並行して走る道。途中からは「町田街道」となりました。

高尾駅前からは国道20号甲州街道をちょっと走って、途中を右折し八王子JCTを目指します。でも右折ポイントがわからず、京王線の高尾山口駅前を通過。高尾山の参道でUターン。
IMG_1124.jpg

国道をちょっと戻って西浅川の信号を左折します。すると見えてきました。八王子JCTの建設現場です。
IMG_1125A.jpg

横須賀から2時間掛かってやっと到着です。
13:32 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

小仏峠アプローチ

この道は小仏峠へ続く道。江戸時代まで甲州街道は小仏峠を通ってました。車道を作るにはちょっと厳しかったのか、車の走れる国道は高尾山の南側を通る、大垂水峠となりました。現甲州街道の国道20号線は大垂水でも、JR中央線と中央道はこの小仏ルートを通ってます。
IMG_1139_20110918095904.jpg

JR中央線の南側を走ってきた旧甲州街道は、ここで線路の北側へ。いつのもか分かりませんが、レンガ積みの橋となってます。
IMG_1145.jpg

途中で振り返ると八王子JCT。
IMG_1142.jpg

ズームを引くと中央道の高架橋とJR中央線。その下が今走ってきた旧甲州街道。撮り鉄の方が1名、カメラを構えてこれからやってくるであろう電車を待ってました。
IMG_1143.jpg

ここが中央線小仏トンネルの入口。共に単線で、完成は明治時代。上り線用の小仏トンネル、下り線用の新小仏トンネルとも約2.5km。
IMG_1138.jpg

この先、登り勾配はだんだん厳しくなり、中央道の小仏トンネル入口もこのあたり。中央道の小仏トンネルは渋滞で有名なトンネル。特に休日夕方の上り線の渋滞は、小仏トンネルが先頭で甲府盆地まで繋がることもあるほど。
IMG_1133.jpg

ここが車やバイクで行ける一番奥。小型車が10台ほど停められるスペースがあり、ほぼ満車です。みなさんここに車をおいて、峠までのハイキングを楽しむのでしょう。
IMG_1132_20110918095841.jpg

このあたりまで登ってくると標高は400mを越えてます。高尾の駅前あたりでは猛暑でもここには涼しい風が吹いてます。小さなせせらぎもあり、その音を聞いてるだけでも癒されます。
IMG_1130_20110918095841.jpg

ここから、多分30分も歩けば峠に到着するでしょうが、今日はやめときます。これからいったん高尾に戻り、大垂水を通って上野原から桧原村方面の山へ入ってこうと思います。
23:52 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

上野原でラーメン

高尾から都県境の大垂水峠への道は何と制限速度30km/h。多分事故が多いのでしょうね。取締がありそなので、前を走る自家用車の後ろをゆっくり走ります。神奈川県に入って坂をくだっていくと中央道の橋の下にドライバーが休むことができる小さな休憩所がありました。

そこから見た中央道。さっき見た圏央道と比べると時代を感じる造り。ちょっと大きな地震があったら、ポキッと折れそうな橋脚。耐震性は大丈夫でしょうか?心配になります。
IMG_1159.jpg

この区間の中央道、というか中央高速の開通は昭和43年、1968年のこと。45年も前です。土木工事の技術も進歩したものです。首都高の浜崎橋JCTなどを見ても思いますが、補強工事をきっちりやらなくて大丈夫でしょうか。

僕が始めて中央高速を走った記憶は、昭和45年頃の相模湖-河口湖間。富士急ハイランドに行きたくて父親にせがんで連れてってもらったときのことです。当時、中央高速は調布から河口湖までの高速道路。僕は、富士急に行くために造った道路だと思ってました。

あとから知った話ですが、最初の中央高速の計画は河口湖畔の富士吉田からまっすぐ西へ行き、南アルプスをトンネルで越えて南信州の飯田までほぼまっすぐ行くルートだったそうです。すごい計画でしたね。中央リニア新幹線とほぼ同じルート。

もうひとつ昔の話。○○高速という云い方は都市高速を除いて、東名・名神と中央高速ぐらいではないでしょうか。関越高速と云った記憶はありません。それ以降は○○自動車道と云うようになりました。なぜ高速という云い方をしなくなったか分かりません。多分道路整備に関する法律に関係してると思います。

神奈川県に入って甲州街道沿いでラーメン屋を探してて、上野原市街の手前でこのお店を見つけました。来々軒というお店。昼時とあって8割ほどの入り。男性ひとりを除き、地元のオバチャンが切盛りするお店。お客さんも大半は地元の方のようです。
IMG_1161.jpg

醤油ラーメンと半ライスを注文。

鶏がらベースの醤油味。麺は自家製麺だそうです。実にシンプルで素朴なラーメンです。美味しかった。
IMG_1160.jpg

甲州街道はここ上野原で終わり。ここからは、北の大菩薩ライン方面へ向かいます。
23:16 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

甲州街道から青梅街道

ラーメン食べた上野原で甲州街道を離れ、県道33号線で北西に向かいます。この県道は上野原あきる野線といい、桧原村を通って東京都あきる野市に至る県道・都道です。走り出すと、ここまでは走ってきた道とは全く違い、前後に車なし。対向車も殆ど来ない快適な走りになりました。
IMG_1162_20110918103117.jpg

その快適な県道33号線は10分ほどで終わり、棡原(ゆずりはら)という所を左折して県道18号線、上野原丹波山線に入ります。この道もさらに快適な道。アップダウンとコーナーの連続。2車線だったり1車線になったり。その上、相変わらず対向車も来ません。
IMG_1163.jpg

小さな沢に沿った道は突然登り坂になり、小さな峠を越えます。ここが頂上の田和というところ。標高は海抜610mだそうです。
IMG_1164_20110918103116.jpg

いったん坂を下って再び沢沿いの道。このあたりは殆どが1車線の狭い道。しばらく行くと再び急坂が続くようになり、その頂上がここ鶴峠。標高は870m。相模川水系と多摩川水系との分水嶺だそうです。
IMG_1165.jpg

鶴峠を下っていくと突然国道139号線とのT字路が現れ、ここを右折。左へ行くと大月市。でも国道を走るのはほんのちょっと。
IMG_1166.jpg

このあたりは小菅村というところ。寒村と云ったら失礼ですが、村役場周辺に集落がちょっとあり、あとは所どころの県道沿いに集落がちょこっと。村の大半は山林です。その役場前で国道は右へ折れ奥多摩湖方面へ向かいますが、僕は左折して丹波山方面へ向かいます。その小菅村の短いメインストリートが終わったところを右折します。まっすぐ行けば通行不能の大菩薩峠。
IMG_1168_20110918103228.jpg

村役場前から道はふたたび県道18号線になってます。その県道はかなり急な登り勾配となりました。けっこうな斜度。

その頂上が見えてきました。
IMG_1169_20110918103228.jpg

ここがその頂上。名もない峠です。ここで急な登りから同じく急な下りへ道は様変わり。80km/hぐらいで登ってきたら、多分ジャンプできるでしょう。
IMG_1170_20110918103227.jpg

ここからは丹波山村。国道411号線青梅街道沿いにある村役場前まで、ずっと下り坂が続きます。
IMG_1171.jpg

上野原からここまで走ってちょうど1時間。ここからは大菩薩ライン。
IMG_1173_20110922225240.jpg

速くはありませんが、谷川に沿った道とその先の登り坂をガンガン走って柳沢峠を通過、甲州の盆地へ降りて行く高速コーナーの続く下り坂を快走。だから写真はありません。

塩山市街の手前を左折して、勝沼のフルーツラインを走ります。
IMG_1175.jpg

勝沼ICのそばの国道20号線甲州街道までやってきて、時間は15時。上野原・勝沼間に2時間掛かりました。ここからどうやって箱根に向かいましょうか。
御坂~河口湖~山中湖~御殿場~箱根 が一般的ですが、富士山の西側を廻っていくことにします。
23:03 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

精進湖畔

勝沼から甲府南まで、ちょっとだけ中央道を使います。その間、たった10分ほど。
IMG_1176_20110918103939.jpg

ICをでたら左折して精進方面へ向かいます。この道は国道358号線、昔は有料道路だった道。精進湖までは長いトンネル2本とワインディング。でも前を行く自衛隊車両のため、法定速度での走行。
IMG_1177.jpg

ゆっくり走っても、甲府南ICから精進湖畔までは25分で到着。湖畔の駐車場にバイクを停めて湖を眺めると、スッキリとした青空にクッキリ聳える富士山。
IMG_1178.jpg

湖畔には早くもコスモスが。
IMG_1179.jpg

その鮮やかなピンクやパープルに目が癒されます。
IMG_1181_20110918103938.jpg

この先、朝霧高原からは夕陽に輝く赤富士が見えるかもしれません。期待します。
23:30 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

西から登る箱根峠

16時ちょっと前に精進湖畔をスタート。最初はコーナーの連続する湖畔の周回道路を楽しみながら本栖湖方面へ。国道139号線に入って気がつくと周りは霧。さっきのスッキリした青空はどこかへ行ってしまいました。

本栖湖大橋を過ぎて、山梨・静岡県境を過ぎると太平洋岸までずっと下り坂。朝霧高原では紅富士どころか、左手に見えるはずの富士山は全く見えません。そのうち小雨まで降ってきました。やっぱり最短ルートの富士の東側を廻った方が良かったか。

朝霧高原から降りてきて、片側2車線の富士宮市内にはいっても青空は戻りません。このあたりはいつも混んでる印象ですが今日はスムーズ。精進湖から45分ほどで西富士道路に入ります。
IMG_1187.jpg

西富士道路の料金所から東名富士ICへは10分ほど。途中では新東名とのICも造ってました。
IMG_1188.jpg

富士ICのとなりの沼津ICで東名は終わり。東駿河湾環状道路に直接入って沼津・三島の街を見ながら10分ほど走り、ここからは国道1号線。ここまで走ってきて、やっと青空が戻ってきました。
IMG_1189.jpg

国道1号線に入って箱根路を登って10分ほど。振返ると伊豆の山々と駿河湾。
IMG_1191.jpg

もうすぐ箱根峠の頂上。
IMG_1192.jpg

箱根峠のちょっと手前で最後の休憩。煙草を一服。
IMG_1193.jpg

時刻は17時20分。あと20分もあれば温泉旅館に到着するでしょう。
22:50 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

湘南海岸

箱根湯本の朝は激しいにわか雨の音で目覚めました。雨があがるまでゆっくりしようと二度寝。次に起きたとき雨はあがってました。窓から外を眺めると小田急電車が急坂を登ってきてます。
IMG_1195_20110918105613.jpg

10時ちょっと前に旅館を出発。清々しい早川の流れを渡って右折。今日は何処へも寄らず、まっすぐ帰ります。昨夜はちょっと飲みすぎたので。
IMG_1196_20110918105612.jpg

箱根湯本駅前から箱根新道方面へ行き、廃止になった料金所でUターン。西湘は終わる大磯まで、これで信号はありません。小田原あたりは曇ってまっしたが、藤沢あたりまで帰ってくると、夏の日差しがやってきました。


湯本から1時間、稲村ヶ崎まで帰ってきました。ここはいまだに夏。日差しも空気も雰囲気も。
IMG_1198_20110918105612.jpg

逗子の新宿湾もまた然り。青空に入道雲、青い海と白い砂。夏を楽しむたくさんの人たち。蝉の声もすごいっ。
IMG_1201_20110918105612.jpg

昨日の朝から始まったツーリングはもうすぐ終わり。本当は今日一日も走るつもりでしたが、やめときます。

今回の走行距離は380Km。泊りがけツーリングとしては最短記録ではないでしょうか。
21:28 | '11.09山梨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑