神田駅 2010年10月

最近、神田駅あたりの工事が活発化してきたのは、東北縦貫線の新設工事です。土地のないこのあたり、新設の線路は新幹線との二重構造になります。東北縦貫線とは現在分断されてる東北本線の上野-東京間を復活させる線路です。
KC3O0001.jpg

本来東北本線の起点は東京で、山手線や京浜東北線の東京-上野間は、正式には東北本線です。本籍は東北本線、住民票は山手線という感じですか。ちなみに山手線の本籍は、品川から新宿を通って池袋から赤羽まで。巣鴨を通って田端までは山手線支線です。

昭和の時代、東北線をはじめとする北へ向かう特急の一部は、東京駅まで乗り入れてました。東北新幹線の東京乗り入れのため、在来線のその土地は新幹線用に明け渡され、東北本線の上野-東京間はそれ以来分断されてます。再びこの線路を作る理由はいくつかあります。

まずは、上野-東京間の輸送量の問題。現在の山手線・京浜東北線ではもう限界です。乗換も大変不便で東北線・高崎線・常磐線の東京駅乗り入れの要望は昔からありました。東北縦貫線が開通すれば、東海道線との相互乗り入れが実現し、東京や上野始発の電車は激減すると思います。現在の総武快速-横須賀線と同じです。

つぎに、車両運用の問題。東海道線と東北線などの電車が直通運転となった場合、尾久と田町の広大な車両基地を縮小させることができます。とくに田町品川間のJRの広大な土地の大半は不要となり、再開発計画があります。これによると、田町-品川間に山手線の新しい駅ができるとか。

東京-上野間のうち、上野-秋葉原間は今でも在来線線路があります。東京駅から日本橋川の新常盤橋のところまでも東海道線の引き込み線があります。問題は日本橋川から秋葉原のちょっと手前の神田川までのわずか1.3km。この区間の工事にこれから3年かかるそうです。完成予定は2013年度。首都圏のJR運転形態がどう変わるか今から楽しみです。

一方、東北縦貫線の開通で最も影響を受けるのは上野駅とその界隈だと思います。上野駅が乗換駅でなくなるため、かなりのお客さんが他の地区へ奪われるでしょう。反対運動とかはないんでしょうか。
15:10 | 東北縦貫線 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

神田駅 2011年5月

神田駅の京浜東北線南行・山手線外回りのホームから見た建築現場です。東北新幹線と2重構造となる高架の橋脚はこの通り。骨組みは出来たようです。
DSC_0013.jpg

新幹線がひっきりなしに走る線路の高架上で、よく工事ができるものです。関心します。写真奥方向の東京駅方面では、かなり橋桁もできてきました。あんな大きな鉄の塊をどうやって、こんな高いところに持ち上げたのでしょう。それも新幹線がいつも走ってるのに。
11:32 | 東北縦貫線 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2011年 7月

JR神田駅のすぐ南側、東北新幹線の線路の脇には完成した東北縦貫線用の橋脚。ちょうどこの辺りから、縦貫線は新幹線の真上ではなく、ちょっとずつ西側へずれてくるので、鉄骨も西側へ張り出してきてます。
IMG_0015_20110703161125.jpg

鍛冶町のあたり。頑丈な鉄骨で骨組みは出来あがってます。高架橋は新幹線のかなり西側です。鉄骨の上に設置されてる鉄の塊は、多分日本橋川を渡る橋桁をつくる為のものだと思われます。
IMG_0014_20110703161125.jpg

日本橋本石町までくると、新幹線と山手線の間に縦貫線用の土地があり、鉄筋コンクリートの躯体が出来あがってます。
IMG_0013_20110703161126.jpg

日本橋川のちょっと手前、ここはまだ仮設スロープの状態。先に川を渡る橋を作ると思います。
IMG_0012_20110703161126.jpg

ここからが一番大変なところ。外堀通りを越えて日本橋川を渡るところ。その日本橋川の上には首都高都心環状線が走ってます。
IMG_0011_20110703161126.jpg

多分このあたりの基礎工事が終わったら、神田方面から長い橋桁を移動させ、いっきに日本橋川・外堀通りを渡る橋が完成するのでしょう。

それにしても、これら大量の建設材料をどこから搬入したのでしょう。全く想像がつきません。
19:12 | 東北縦貫線 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2011年 9月

秋葉原駅構内です。この線路は京浜東北線南行ホーム、つまり一番東側ホーム。上に覆いかぶさる構造物は連絡通路と総武緩行線の秋葉原駅。緩行線は黄色い電車です。正面右には東北新幹線。ちょうど上野駅方面の地下から高架区間になるところ。新幹線と京浜東北との間のスペースが東北縦貫線用。
IMG_1046.jpg

昔このあたりは東北線高崎線用の引込み線で、朝のラッシュ時、近郊用の電車15両編成がいつでも下り電車となり出動できるよう、パンタを上げて待機してました。高崎線上尾駅で暴動があった上尾事件から。

この秋葉原駅構内から東北縦貫線は神田駅へ向けて、登り勾配になるようです。
IMG_1047.jpg

線路用地の構造物はここでぷっつり終わり。ここから南側は基礎から新設するようです。何故かというと、この南側には神田川を渡る橋が新設されます。そのためにはこの辺りの基礎をしっかり作っとかないと。
IMG_1048_20110904124052.jpg

神田駅北側の工事進捗はこんな感じ。新幹線高架橋の上に柱が新設され、もうすぐ橋桁が掛かりそう。
IMG_0520_20110904124053.jpg

高架橋の下にある飲み屋さんなどのお店は全く影響なし。新幹線用の基礎工事をやったとき、既に東北縦貫線用の基礎工事も加味して施工されたようです。
13:12 | 東北縦貫線 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

神田駅 2011年10月

神田駅のホーム脇あたりも、橋脚工事が終わり橋桁設置工事が始まりました。今日は中央線のホームから撮影。
IMG_1405.jpg
クリックすると拡大します

こんな大きな建設機械、どうやってここまで持ち上げたんでしょうか。このあたりにクレーンなどは見当たりません。夜なかにクレーン車で少しずつ部品を持ち上げて、組み立てたのでしょうか。

ちなみに名前は橋桁延線機?
22:58 | 東北縦貫線 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑