ベイブリッジR357上り、2車線化

先週末の日曜日、DEMIOで東京方面に向かいました。

天気良かったんで、DEMIOで休日出勤しただけですけど。東京の会社まで往復約120km。首都高使わなかったら費用は軽油代だけで500円ぐらいしか掛かりません。電車賃の1/3ぐらいですね。DEMIOの経済性に改めて驚き。

本牧あたりの国道357号線、銀杏並木が美しいっ。
IMG_6282.jpg

今年の3月から国道357線が延長され、本牧から真っすぐベイブリッジに入れる道が完成し供用開始してます。このおかげで、すごく便利になりました。

それでベイブリッジ区間に入ります。緩い登り勾配を登って昔からあるA突堤からの道と合流すると、車線が増えてました。まだ供用が始まってませんが、もうすぐ開通しそうですね。
IMG_6283_20161123084416bf8.jpg

2車線区間はベイブリッジの中央あたりまで。なので、これは登板車線なんでしょうね。この道は大型トラックが多そうなんで、ゆっくり上るトレーラーが走ってると、渋滞になるんでしょう。その解消が目的だと思います。

大黒からも首都高の下を走り、生麦JCTの下を右折して、産業道路を川崎方面へ。本牧よりこの辺りの方が、銀杏は色づいてます。
IMG_6284.jpg

大師橋を渡ったら、右折して羽田空港経由で城南島から長い海底トンネル。会社へ行くには、臨海副都心方面へ左折してもう1本海底トンネルを走らなければいけないんですけど、今日は直進して東京ゲートブリッジを渡りましょう。かなり遠回りになりますけど。
IMG_6286.jpg

横須賀の家から会社まで、首都高使えば1時間掛かりませんけど、一般道では約2時間、往復で4時間。電車で行くのとほぼ同じ時間になります。このドライブは、仕事しなきゃいけない日曜日の唯一の楽しみです。
10:21 | その他 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

三浦縦貫道延長工事(2016年6月)

2週間ほど前の日曜日、父の日のことですが、義父を訪ねて三浦海岸に行ってきました。久しぶりにご飯を一緒に食べた帰り道のこと、県道214号線は一騎塚を先頭にかなり渋滞してたので、裏道を通って国道134号線に出ました。三浦の畑の中の農道を走っていくと、三浦縦貫道の延長工事がちょっと進んでました。

場所はここです。Googleの写真で黒丸で囲ったところに新しい橋が出来てました。
jyuukan_2016062712403974e.jpg

これがその新しい橋。縦貫道の上を渡る農道です。
IMG_3638_20160627124037930.jpg

その橋の上から見た三崎方面。この短い区間は舗装工事すれば完成ですね。
IMG_3636_20160627124034deb.jpg

こっちは林方面。工事用の道路しかないので、本格的な工事はこれから。
IMG_3637_201606271240363e1.jpg

三浦市初声町高円坊までの1.9kmが完成するのは平成31年度なんで、まだ3年も先なんですね。2kmにも満たない畑のなかの道作るのに何年掛かるんでしょうか。この区間は工事が始まってから何年経つんでしょう。少なくとも3年前には工事やってました。

荒崎入口あたりの渋滞解消のためにも、早く供用開始してほしいものです。
21:40 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新4号

先週の土曜日のことですけど、久しぶりに栃木へゴルフに行きました。

集合時間は9時20分と遅めなので、5時頃に横須賀を出発して「東北道使わないで新4号で行こうか」と閃きました。新4号は越谷あたりから宇都宮付近までの高規格一般道で、信号なども少なく快適に走ることができる一般国道です。

土曜日の朝は4時半に起きて、横須賀を出発できたのは5時15分頃。さすがに信号の多い都内は首都高で抜けることにして、幸浦ICを目指します。湾岸線・横羽線・都心環状線・向島線・川口線と走り、川口JCT手前の新井宿で首都高は終わり。

川口JCTの下を右折して暫くは外環の下を走って、草加からは国道4号線をひたすら北上します。この新4号線が開通した頃、国道16号線と交差する庄和町あたりは対面通行でしたし、利根川渡るのにはお金が必要でした。でも今では全線が片側2~3車線で主だった交差点は殆ど立体。なので、めったに止まることはありません。
IMG_3430_2016060511580519f.jpg

宇都宮から先も快適でしたね、国道4号線はいつのまにか片側2車線のバイパスのようになってます。目指すゴルフ場には8時50分に到着。集合時間の30分前でした。掛かった時間は約3時間半。東北道使った場合と1時間は違わなかったと思います。これで浮いたお金は約2,700円。

ゴルフは16時半に解散。東北道の上りは滞ってきたようなので、帰りも新4号で帰りましょうか。ここから東京まで124kmってことは首都高入るまで100kmぐらいですね。
IMG_3433_20160605115806659.jpg

宇都宮を過ぎて新4号に入りました。こういう片側3車線の道が続きます。立体のところだけが2車線になって、あとは殆ど3車線。快適ですね。渋滞もまったくありません。行きに走った下りは2車線・3車線は半々だったような気がしますが、上りは3車線区間が圧倒的に多いですね。
IMG_3434.jpg

利根川渡って、ちょっとここで休憩して行きましょう。ここ五霞からは圏央道という選択肢もあるんですけど、新4号を直進します。
IMG_3436.jpg

国道16号線の内側に入ると夕暮れとなりました。信号で止まって右を見たら、西に沈む太陽の大きさに驚きました。
IMG_3441_201606051158118dc.jpg

19時ちょっと過ぎに新井宿から首都高に入りました。やはり圏央道の効果が絶大なんでしょうか、箱崎経由でも全く渋滞なし。土曜日のこの時間で、以前では全く考えられないスムーズさ。

幸浦で首都高降りて、国道357号線に入って何故かこの日に限って1本山側の市道を走ろうと思いました。「往復で高速代5,000円浮いたな」なんて思って真っ暗な一本道を走りました。

すると正面に「止まれ」の旗持った警察官。呆れましたね、こんな20時過ぎの歩行者もチャリもいない真っ暗な道でネズミやってるとは。まあ、知らなかった僕が悪いんですけど。そこから住宅街が始まるというところを左へ入らされてまたビックリ。警察官が10人以上もいて、僕のように停められた車が3台ほど。住宅街で迷惑ですね。ほんと呆れます。金沢警察って名乗ってたっけ?

15km超過だそうで、1点減点の罰金12,000円。こういう警察のやり方ってホントに腹立つ。ここで最近重大事故でもあったのなら分かりますけど、そんな説明なし。採りやすいやり方で罰金稼いでるだけのような気がします。

「40km/h制限の道は絶対先頭を走らない」という鉄則を忘れてました。やはり悪いのは自分です。せっかく一般道走って浮かせた高速代が消えただけでなく、余計な出費が増えました。

18:27 | その他 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

とつか地下道

こちらの道は開通してから1年が経ってますが、このたび僕は始めて通りました、戸塚の大踏切の代わりにできた戸塚地下道。
IMG_3270.jpg

不動坂から旧東海道を下ってきて、何と柏尾川を渡ったところから、新しい道が出来てたのには驚きました。地図で見るとこの通り。(GoogleMapから借用しました)
totsuka.jpg

トンネルをぬけて、戸塚駅西口にでてきたところ。
IMG_3271_201606051147444aa.jpg

戸塚の街ってここ30年ほどで大きく変わりましたね。地下鉄が開通して、丸井ができて。それから西口の旭町通商店街がトツカーナになって。バスターミナルも大きく変わりました。極め付けが、この大踏切をなくす地下道の新設。

それから戸塚警察の先で横浜新道と合流して、数キロ走ると原宿の交差点。ここが立体化されたのは、2010年頃なので6年も経つんですね。
IMG_3276_20160605114746a7d.jpg

昔から原宿は渋滞の名所でしたが、それは国道1号線の戸塚方面・藤沢方面ともバイパスで、暫く信号がなく、吹上から影取までの間にいくつか信号がありその中心が、ここ原宿交差点だったからです。だから原宿だけが立体になってもあまり効果はないようです。

それからもう一か所、関谷ICです。
IMG_3277_20160605114747116.jpg

どうしてこんなこころに立体交差が必要だったのか。この陸橋は竣工してから供用開始まで、かなり時間を要した気がします。当初は横浜新道がここを通る計画だったと、どこかで聞いたことがあります。そのルートが変更となり、暫くこの陸橋は野ざらしにされてましたが、何かの計画変更で復活したんでしょう。

それから手広を通って大仏切通し、長谷寺の前を左折して鎌倉駅方面へいくと江ノ電の踏切。何故かピントが京急バスに合ってしまいましたが、江ノ電を撮ったつもりです。
IMG_3279_20160605114749a08.jpg

下馬の交差点を直進して横須賀線と平行する県道(昔の国道134号線)を逗子まで走り、六浦のヨークマートで買い物してから横須賀まで帰りました。
14:53 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蒲田立体

第一京浜国道を引き続き都内へ向けて走ります。生麦、鶴見、川崎と走って感じるのは、昔と信号のセッティング変わってないですね。バイク乗ってた頃はよく休日にバイクで走ったものですけど、その頃と引っかかる信号は同じ。第一京浜を上っても下っても必ず引っかかるのが新川橋病院のところ。これも昔と変わりませんね。

六郷川を渡って東京都に入ると、国道の両側のところどころに空き地が目立ちます。多分、道路拡張用地ですね。

京急蒲田駅のちょっと手前、環八との交差点が立体化されたのは2012年の12月。開通の半年ほど前の7月に撮った写真がこれ。開通後、僕は始めてこの立体を通ります。
IMG_1815_20160321084445a0f.jpg

当たり前ですけど、殺風景ですね。中央分離帯に、あえてガードレールなど正面から来る車のヘッドライトを遮る構造物は作らないのかな?
IMG_1816_201603210844469bd.jpg

正面には京急羽田線の高架橋が見えてきました。
IMG_1817_20160321084448f15.jpg

ここが昔は渋滞の名所だったことは、容易に理解できます。第一京浜・環八と、東京の大動脈が平面交差するだけでなく、京急の踏切が、両方の道路にありました。それがすべて立体化されたんで、大田区の経済効果はかなり大きいと思います。

京急蒲田駅前です。駅前はまだまだ再開発中ですかね。たしかバスターミナルがこの辺りにできる予定です。
IMG_1818_20160321084449de9.jpg

たまには、こうやって旧東海道を車で走ってみるのもいいもんですね。
20:15 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑