信州へのアプローチ

10月1日の日曜日のことです。

この日は、かなり前から家内は「用事があるので出掛ける」と云ってたので、天気が良かったら奥秩父から信州へ抜ける中津川林道にでも、ひとりで走りに行こうと思ってました。ところが土曜日の夜になってそのお出掛けはキャンセル。それで「明日天気よかったら、早く起きてどこか紅葉見にいこうか」ということになりました。yahoo天気で確認すると、本州全域で快晴の予報じゃないですか。

それから紅葉の見頃になってる場所をネットで探すと、中央アルプスの千畳敷カールというところが見頃とのことなので、行ってみることにしました。

3時半に起きて4時に出発する予定だったんですけど、横須賀を出発できたのは4時40分。ルートは茅ヶ崎まで海沿い走って、相模川河口から中央道の駒ヶ根まで高速。どうも横須賀から横横経由で東名海老名って、値段の割に効果は薄いと思うから。

国道134号線にたどりつく手前、県道沿いのセブンでオニギリひとつずつを購入。走りながら簡単な朝食です。

夜明け前の海沿いの国道を快走して、江ノ島入口通過は5時12分。
IMG_9869.jpg

その10分後の5時23分には柳島。この信号を右折すると新湘南BPの茅ヶ崎海岸IC。圏央道までに料金所はふたつあって、課金は70円と70円。
IMG_9870.jpg

圏央道で神奈川県中央を南から北へ縦断していくと、みるみる明るくなってきましたね。そのうち圏央道はトンネルばかりになって、茅ヶ崎から約30分後の5時50分、八王子JCTを通過。
IMG_9871.jpg

ちょうど夜明けを迎えて、朝日が射しはじめた中央道を下ります。
IMG_9872.jpg

6時前なので、快晴の日曜日ですが中央道は混雑なし。快調です。小仏TNも高速で通過して相模湖、藤野、上野原。談合坂はいつものようにpassして大月の先の初狩PAで最初の休憩。

この時点で、駒ヶ根の到着予定時間は8時半。
IMG_9874.jpg

初狩PAの喫煙所からは、富士山がよく見えました。これは意外でしたね、知らなかった。
IMG_9875.jpg

6時30分、笹子トンネル。新しく信号機が付きましたね。
IMG_9876.jpg

甲府盆地を東西に走る中央道の正面には南アルプスの山並み。
IMG_9877.jpg

そのあと、正面に現れる山並みは八ヶ岳連峰。
IMG_9879.jpg

快晴の早朝に中央道を北西に向かうって久しぶりですね。走りは極めて爽快です。家内は熟睡中ですけど。
関連記事
23:28 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

駒ヶ根ICまで

7時10分、中央道の一番高いところを通過。甲州街道でいうと富士見峠。甲州から信州へ入ります。ここまで笹子トンネルからは40分。快調ですね。
IMG_9880.jpg

このあたりは、ちょっとだけ色づいてますね。長い下り坂をどこまでも駆け下りていきます。
IMG_9882.jpg

7時20分、岡谷JCT通過。長野道方面ではなく中央道をまっすぐ行くのって、久しぶりです。20年以上前に馬籠宿行って以来じゃないでしょうか。
IMG_9883.jpg

伊那の広い谷に入っても快調です。そろそろちゃんとした朝ごはん食べないと。駒ヶ根ICの手前にあるSAかPAに寄っていきましょう。
IMG_9884.jpg

7時40分、小黒川PAに入りました。昨日、このPAにスマートICができたそうです。フードコートに行ってみると、朝定食なんていうのもありましたけど、温まるラーメンかお蕎麦がいいですね。
IMG_9885.jpg

券売機でラーメン券とかけそば券を購入。ともに平均価格をかなり下回る値段。ここはカウンターに券持ってって半券を出来上がりに渡す、昔ながらのタイプ。

値段の割に美味しいラーメンでした。素朴でいいですね、こういうラーメン。お腹が温まりました。
IMG_9890.jpg

お腹が満足したら煙草を一服。これが中央アルプスの山並みかな?
IMG_9891.jpg

8時10分、駒ヶ根IC通過。
IMG_9892.jpg

ロープウェイ乗り場まで行くバスのターミナルまではここから5分ぐらいで着くはず。
IMG_9893.jpg

横須賀からは、休憩挟んで約3時間半ですか。まあまあのペースでしたね。少なくともナビの到着予定時間よりかなり早く着きました。
関連記事
12:53 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

待ちにまったバス

駒ヶ岳方面へDEMIOを進めていくと、正面には高い山が見えてきました。これが目指す中央アルプスですね。
IMG_9895.jpg

駒ヶ根ICから数分で、菅の台バスセンターという大きな駐車場に到着しましたが、何と満車だそうです。それで、係員の指示に従ってかなり離れた駐車場に誘導されました。ここも、もうすぐ満車ですね。
IMG_9896.jpg

その臨時駐車場から菅の台バスセンターまでは、マイクロバスでピストン輸送してるんですけど、そのバス待ち行列が100人ほど。これは参った。その行列に並んでると、バスは10分ほどで1便。それに20人乗れるので、単純に考えて1時間以上掛かります。

時間が勿体ないので、僕たちは歩いてバスセンターに向かいました。すると、かなりの方々も僕たちについて歩き始めました。

遠くに見える山の斜面、あれが千畳敷カールかな?紅葉してそうですね。
IMG_9897.jpg

菅の台バスセンターには10分ほどで到着しましたが、バス待ちの行列が半端じゃありません。家内に「先に行って並んでて。券買ってすぐ行くから」と云って、僕はチケット売り場へ。

バスとロープウェイの往復ふたり分で7,800円。けっこうしますね。それで、券買って行列に沿って最後尾まで歩いていくと、広い駐車場の端まで行っても家内はいません。それから数10メートル行って家内を発見。ほぼ最後尾でした。その列に並び始めたのは8時30分。

20分経った8時50分で、まだこの位置。こりゃ、まだまだ1時間以上掛かりますね。これはじっくり構えて待つしかありません。
IMG_9898.jpg

いつもの僕だったら、行き先変えようと云いだすんですけど、ここ以外に紅葉してるところは見つからないので、待つことにします。

9時50分、やっとこの位置までやってきました。次のバスに乗れるか部妙な感じ。
IMG_9900.jpg

それから10分ほど経ってバスがやってきました。列がズンズン進み、僕たちの前で席が埋まりました。すると係員が「おふたりですか?」と聞いてきたので「そうです。」と云うと「どうぞ、乗って下さい。」だって。

僕たちが確保できたのは補助席。でもよかった。

10時5分、バスはロープウェイ乗り場へ向けて出発。
IMG_9901.jpg

バスの運転士さんによると、ロープウェイ乗り場でも1時間半から2時間待つそうです。こりゃ、参ったな。

バスは狭い九十九折の道を快調に登っていきます。これは一般車が乗り入れたら収拾つかないですね。でも窓を開けて走るバスは、補助席でもけっこう爽快でしたよ。

10時35分、約30分でバスはロープウェイ乗り場のしらび平に到着。
IMG_9909.jpg

バスを降りたら、ロープウェイの整理券くれました。これで並ばなくてすみますね。良かった。案内板によると僕たちの整理券番号でロープウェイに乗れるのは、1時間半後の12時10分。

まずは腹ごしらえでもしましょうか。家内とふたりで、山菜蕎麦一杯と五平餅ひとつ。今日二回目の蕎麦ですけど、この山菜美味しかった。値段は朝にPAで食べたかけ蕎麦の倍ぐらいしましたけど。
IMG_9905.jpg

食べ終わってもロープウェイ乗るまでの時間はタップリあります。近所を散策してみましょうか。森林浴です。
関連記事
13:34 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヒグラシの滝

しらび平駅の案内板によると、歩いて20分ほどのところに、ヒグラシの滝というのがあるそうです。そこまで歩いてみましょうか。時間はたっぷりあるので。

最初はこんな階段を登ります。整備された遊歩道ですけど、石畳の石がけっこう大きくて不揃いなので、歩きにくい。
IMG_9910.jpg

この階段を登り切ったところは、しらび平駅の裏側で、さっき山菜蕎麦食べたところじゃないですか。ちょっと無駄な工程でした。それから本来の遊歩道をゆっくり歩いていきます。けっこう急な登りなので、息が切れますね。

10分とちょっと歩くと、何人かの方々が大きな石の上で上を眺めてます。あそこがヒグラシの滝の鑑賞ポイントですね。
IMG_9912.jpg

最後のところは崖になってて、そこに据え付けられた3mほどの梯子を登っていくと、そのヒグラシの滝が見えました。
IMG_9921.jpg

かなり高いところから落ちてる滝なので、遠いんですけど、けっこう水量ありますよ。
IMG_9920.jpg

中央アルプスの天然水です。
IMG_9916.jpg

大きな岩というか石の上に座って、滝を眺める人たち。その向こうの山の頂は赤く染まってます。これは素晴らしい紅葉が拝めそうですね。
IMG_9924.jpg

15分ほどヒグラシの滝と清らかな水の流れを見て、来た道を戻ります。すると途中で三叉路があって、どっち行ってもしらび平駅に戻ることができます。それじゃ、まだ歩いてない道の方へ行きましょう。
IMG_9925.jpg

分岐を曲がってちょっと歩くと、見晴らしのいいロープウェイの下にでました。ちょうどロープウェイが昇って行くところ。家内が手を振るとお姉さんたちも手を振り返してくれました。
IMG_9926.jpg

そこから見上げる中央アルプスの頂です。遠いので「燃えるような」とまではいきませんが、綺麗に色づいてるようです。
IMG_9927.jpg

その先も家内とテクテク森林浴を楽しみます。
IMG_9929.jpg

先ほどの分岐から15分ほどゆっくりあるいて、しらび平の駅前まで戻ってきました。
IMG_9931.jpg

時間は11時45分となりました。ロープウェイの時間まで30分を切りましたね。そろそろ駅に戻ってトイレ行って煙草吸って順番待ちの列に加わりましょう。
関連記事
21:39 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

駒ケ岳ロープウェイ

整理券番号によると、12時10分のロープウェイにのれるはずでしたが、ちょうどその時間にロープウェイ乗り場へ入場できました。混雑のため数分遅れてるようです。

その乗り場から見るロープウェイ。右側のゴンドラが数分後に、ここへ到着するはず。
IMG_9932.jpg

アップで撮ってみました。ロープウェイ中腹でも、紅葉は進んでるようです。
IMG_9934.jpg

やってきたロープウェイに乗って動き出したのは12時20分。ちょうど10分遅れですね。動き出すとグングン加速して標高が上がっていきます。
IMG_9935.jpg

数分後には、さっき見たヒグラシの滝を上から見下ろします。
IMG_9936.jpg

その滝の上流はこんなになってました。中央アルプスの雨水や地下水がここに集まり、幾重にも重なった滝になって流れ落ち、ヒグラシの滝に流れ込んでます。こんな絶景はロープウェイでなければ拝むことはできません。
IMG_9938.jpg

途中から勾配の角度がぐっと上がりました。耳が詰まるほどの急激な気圧の変化。このあたりの森は色づいてきたばかり。
IMG_9940.jpg

さらに昇ってくると、このあたりの紅葉は見頃ですね。素晴らしいっ!
IMG_9941.jpg

もうすぐ千畳敷の駅に到着します。ここまで昇ってくると、森林はなくなり低木のみになりました。麓とは全く違う景色が広がります。
IMG_9942.jpg

たった数分で、麓とは全く別の世界へやってきました。

関連記事
23:09 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

千畳敷カール

千畳敷の駅に到着したら、真っ先に下りロープウェイの整理券を戴きました。番号を確認すると僕たちが乗ることのできるロープウェイは14時15分。なので、ここ天空の別世界で、1時間45分ほど時を過ごすことができます。

標高2,612m、千畳敷の駅というか千畳敷ホテル前は、こういう状況。ハイカーや僕たちのような紅葉の見物客で溢れてます。情報通り、今が紅葉の見頃ですね。
IMG_9944.jpg

素晴らしいっ!
IMG_9948.jpg

これが千畳敷カール。カールってU字谷のことです。長年に亘り氷河が削り取った谷。この遊歩道を歩いていくと、1時間ほどで千畳敷カールを散策できるので、ゆっくり歩いてみましょう。
IMG_9952.jpg

U字谷の中央は草原のようになってます。
IMG_9953.jpg

正面は伊那の谷と南アルプス。
IMG_9957.jpg

U字谷の上の方は、急斜面の崖になってます。
IMG_9958.jpg

これ、何という樹でしょうか、美しい紅。
IMG_9962.jpg

遊歩道を20分ほどかけてゆっくり歩いて、折り返し地点、八丁坂分岐点までやってきました。ここから山頂へ向かう道は八丁坂と云う登山道。多分「胸突き八丁」からの命名だと思います。僕たちのような紅葉見物客はこの先へ行くことはできません。
IMG_9965.jpg

僕たちは登山道と逆の千畳敷カール中央へ下る遊歩道を行きます。
IMG_9967.jpg

振り返ってみると千畳敷ホテル。僕たちが歩き始めたところ。
IMG_9968.jpg

南アルプスも雄大ですね。
IMG_9972.jpg

U字谷の中央から見上げる中央アルプスの山々。
IMG_9975.jpg

登山道との分岐点からゆっくり歩いて15分、小さな池がありました。剣ヶ池というそうです。
IMG_9977.jpg

池の端のベンチに座って、もってきたペットボトルのお茶を戴きながら、屏風のような山々を見上げます。地図によると宝剣岳という標高2,931mの峰。ロープウェイの名前にもなってる木曽駒ヶ岳は、この峰の奥だそうです。
IMG_9980.jpg

ちょっとデジカメのズーム機能で頂を確認。登山者がたくさん居るじゃないですか。
IMG_9981.jpg

さらにズームアップ。展望素晴らしそうですね。
IMG_9982.jpg

剣ヶ池のほとりで暫く千畳敷カールを眺めて、それからロープウェイ乗り場目指して歩きます。この先は上りです。けっこうしんどい。汗がとまりません。

剣ヶ池から15分ほどかけて、ゆっくりホテルまでやってきました。ここは千畳敷ホテルのラウンジ。眺め素晴らしいですね。
IMG_9986.jpg

空いてれば熱いコーヒーでも戴こうかと思ってたんですけど、お客さんの行列すごいです。それでは、もうちょっと紅葉を楽しみましょうか。下りロープウェイの時間までは30分ほどあります。

相変わらずロープウェイ駅前は、人多いですね。
IMG_9987.jpg

歩いてるときは爽やかでしたが、あまり体動かしてないと、けっこう寒いっ。さすがに標高2,600mを超えてるので。
IMG_9989.jpg

下界は駒ヶ根の集落。正面の南アルプスの向こうに、ちょっとだけ富士山の頂を拝むことができますね。分かりますか?
IMG_9992.jpg

今シーズン最初の紅葉は、ここ中央アルプスの千畳敷で楽しみました。できれば年内いっぱい、天気のいい休日には、あちこち紅葉を楽しみたいものです。
IMG_9996.jpg

ロープウェイの時間までには、あと15分ほどありますけど、乗り場行って待ちましょうか。けっこう寒いので。
関連記事
09:50 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

駒ヶ根で遅いお昼ご飯

結局、ロープウェイに乗ることができて、千畳敷駅を発車したのは14時25分。昇ってくるお客さんがまだまだ沢山居たのには驚きました。彼らが下界へ戻れる頃って、真っ暗じゃないでしょうか。

僕たちは、もういちどロープウェイからの絶景を楽しんで、麓のしらび平に戻ってきました。さすがに、観光客やハイカーの数は激減してます。
IMG_0003_201710052202546bd.jpg

すぐに臨時バスが発車するというので、それに乗って約30分、菅の台バスセンターまで戻ってきたときは、15時10分を過ぎてました。
IMG_0004_20171005220254095.jpg

到着したときは臨時駐車場からバスセンターまで歩きましたが、ちょうど臨時駐車場行きの無料マイクロバスがあったので、それに乗せてもらって、DEMIOを停めた駐車場まで戻ることができました。

菅の台バスセンターの駐車場は600円だったんですけど、結局は無料で駐車することができました。

今日はまだ、ちゃんとしたお昼ご飯食べてないので、駒ヶ根で何か美味しいものを食べていきましょう。まずは、駒ヶ根駅を目指してみます。
IMG_0006_20171005220257b6d.jpg

実は家内がスマホで駒ヶ根の美味しそうなお店を探したんですけど、この時間やってる、興味のあるお店はありません。日曜日なんですけどね。

それで、駒ヶ根駅前へやってきました。駅前駐車場は2時間無料だそうです。
IMG_0020_2017100522030621d.jpg

駐車場にDEMIOを停めて駅前へ戻ると、ちょうど飯田線の電車が到着。これ、懐かしいですね、関東地区の東海道線で始めて投入されたステンレス車。何系っていうのか忘れましたけど。
IMG_0007_201710052202584ff.jpg

どこの地方都市も同じ、駅前通りは閑散としてます。駅へ来るまでに通った国道のバイパスには、色々お店あったんですけどね。レストランは、どこもチェーン店だったのでパス。唯一、「おおぎやらーめん」だったら、まあいいかと思いましたけど、まずは駅前。
IMG_0019_201710052203067cd.jpg

駅前商店街を歩いてみて、唯一やってたお店がここ、水車という駅前食堂。
IMG_0009_2017100522025948d.jpg

ここ駒ヶ根では「ソースかつ丼」が名物だと云うので、家内は蕎麦とソースかつ丼のセットを注文。
IMG_0011_20171005220301ac0.jpg

このかつ丼をちょっと戴きましたが、「名物に旨いものなし」とはよくいいますが、それなりに美味しかったですよ、ヒレ肉も旨かった。

僕はざる蕎麦にしました。地元信州産の蕎麦を使った10割だというので。お蕎麦は、まあ美味しかったですよ。でも、出汁が美味しくなかった。これ、出来合いのもの。蕎麦は拘ってるのにね。
IMG_0015_201710052203049eb.jpg

家内が食べたいというので、馬刺しも注文。これ、あっさりしてて美味しかった。
IMG_0012_20171005220302baf.jpg

先日熊本で戴いた馬刺しと比べると、旨みに欠けますが、僕はどちらかと云うとあっさりした信州の赤身馬刺しが好みです。

まあ、美味しかった。ごちそうさま。それでは、温泉探して浸かっていきましょう。

関連記事
11:19 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

8年ぶりのこまくさの湯

温泉ですけど、探すの億劫だったので、8年前にお世話になった、「こまくさの湯」に行くことにしました。だから中央道の駒ヶ根ICを通り越し、菅の台バスセンターのちょっと先まで行きます。
IMG_0022_201710052221256b0.jpg

到着すると駐車場はほぼ満車。日曜日の17時すぎてすもんね。混んでる時間帯だと思います。
IMG_0024_20171005222128dd5.jpg

料金は610円。8年で10円値上がりしましたね。消費税が増えた分かな?家内とは1時間15分後の18時に休憩所で待ち合わせ。
IMG_0025_20171005222129479.jpg

温泉浸かってスッキリしたので、帰路につきましょうか。こまくさの湯は、8年前と殆ど変わってませんでしたね。

18時10分、駒ヶ根ICから中央道を上ります。しかし、暗くなるの早くなりましたね、つい先日まで7時でも明るかったのに。
IMG_0026_20171005222129abd.jpg

岡谷JCTを通過して、次の諏訪SAによって、諏訪の夜景でも観て行こうかとも思ったんですけど、走り始めて30分足らずなので通過。その代わり、本線上からよく見える茅野の夜景を楽しみました。

19時ちょうど、八ヶ岳PAでトイレと煙草休憩。
IMG_0027_20171005222131604.jpg

中央道上りは、小仏先頭で30kmの渋滞なので、いつも通り一宮御坂で降りて、富士山の東側を通って御殿場経由で帰りましょう。

19時45分、一宮御坂で中央道をおりて、国道137号線を走ります。御坂トンネル越えて河口湖Ⅱ期バイパスの途中で国道は左折。すると吉田河口湖バイパスは延長されてて、富士急行との踏切はなくなってました。国道139号線バイパスに直結してて、しごく便利になりました。

山中湖からは東富士五湖道路に入って、籠坂峠をトンネルで越えて、20時45分には東名御殿場。中央道の一宮御坂ICからは、ちょうど1時間。
IMG_0029_20171005222132d87.jpg

大和TN先頭の渋滞は6kmほどに減ってますが、21時ちょうど、東名は大井松田で終了。曽我・国府津・西湘経由で、国道134号線。昔からお世話になってた、国府津のサンクスが閉店してましたね。

茅ヶ崎のESSOで軽油満タンにして、横須賀到着は22時30分。横須賀から駒ヶ根往復して走行距離は546km。
IMG_0032_2017100522213375e.jpg

中央道上りの渋滞が激しい日曜日夜の割には、こまくさの湯から4時間半で帰ってくることができました。ルートは違いますが、8年前とほぼ同タイム。燃費は21km/Lぐらいで、あまり伸びませんでしたね。もうちょっといい値かと思ったんですけど。

今年はあと何回、紅葉見物に行けるでしょうか。
関連記事
12:03 | '17.10駒ヶ根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑