汐入駅前、車線の色分け

国道16号線横須賀街道の汐入駅前、「本町三丁目交差点」の上り線を走ったのは、そんな久しぶりではありません。そのひとつ前の信号、ショッパーズの前の信号で停まったとき、前方の青看に「赤」「緑」の色が付いてることに驚きました。
IMG_3416_20120707171507.jpg

米海軍横須賀基地正門前あたりから、国道16号線の上り線は汐入駅前の本町三丁目までは4車線。右の車線はショッパーズへの右折車線で、このとおり交差点手前で2車線に分かれます。次の車線は、交差点の先で国道と分かれ、JR横須賀駅前と横横へ向かう本町山中道路へ。残り2車線がそのまま国道16号となります。

確かに本町三丁目の交差点の50mぐらい先で、3車線の道は2車線と1車線に分かれます。多分、その50mの間で車線変更する車両が多く、事故なども多発してたのかもしれません。

国道16号線は「赤」・JR横須賀駅や横横方面は「緑」は、看板だけでなく、道路にもペイントされてます。行先と色の関係にどれだけの人が気づくでしょうか?
IMG_3417_20120707171507.jpg

この発想は、首都高の大橋JCTを見習ったものでしょう。この改修工事で事故や渋滞が減少することを望みます。

中央環状内回りから大橋JCTを通って3号渋谷線に入るとき、JCT内はグルグル回るので方向感覚が無くなります。その連絡道は2車線あるので上りの渋谷方面か下りの用賀方面かを、分岐のかなり手前からアスファルトを「赤」「青」に色分けして事前の車線変更を促してます。
関連記事
スポンサーサイト

08:16 | 三浦半島道路情報 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
たたら浜 | top | オイル交換(2012年 7月)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する