京急蒲田駅付近の上下線が全線高架化します!

2012年7月19日の京急プレスリリースです。


京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:石渡恒夫)では、東京都の「都市計画事業」として2000年12月に事業着手している〔京急蒲田駅付近連続立体交差事業〕の進捗に伴い、事業区間である京急本線(平和島駅~六郷土手駅間)および空港線(京急蒲田駅~大鳥居駅間)において、10月21日(日)始発から、下り線を高架化いたします。これにより全事業区間の上下線高架化が完了いたします。

今回の下り線高架化に伴い、踏切遮断時間が1時間あたり最大53分あった踏切を含め、全28踏切(うち既撤去済4踏切)がなくなります。これにより、交通渋滞が解消されるとともに、踏切事故の解消による安全性の向上などの効果が見込まれます。また、大森町駅、梅屋敷駅、京急蒲田駅、雑色駅、糀谷駅の高架下りホームの使用を開始し、エレベーターも設置いたします。

なお、当社は、東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)の開催時には、例年、国道15号(第一京浜)を横切る「京急蒲田(空)第1踏切道」において、選手の走行に協力するためダイヤを一部変更するなどの対応を行ってまいりました。今回、箱根駅伝の名物だった同踏切の撤去に伴い、来年以降はスムーズな選手の走行と電車の運行が実現します。

関連記事

22:29 | 京急蒲田立体化 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
夢の島 | top | 夏用グローブ調達

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1139-404d84bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)