町田立体(2014年 5月)

旧国道16号線と新しくできた保土ヶ谷BPとの立体交差のためにつくられた「上川井高架橋」です。
IMG_4310.jpg

僕の記憶によるとこの橋かなり古いですよ、保土ヶ谷BPの上川井ICができるずっと前からありました。昔はこういう風に鉄骨組んで補強して鉄橋にしないと、長スパンの道路橋は作れなかったんですね。

国道16号線下り(外回り)から東名横浜町田ICへ入るところ。このあたりの本体工事はかなり前から完成してます。
IMG_4311.jpg

先月見たとき、仮設橋脚は橋桁を支えるために作ってると思いましたが、工事用足場を支えるのが目的のよう。
IMG_4312_20140525082725817.jpg

次にできてる橋脚は「万葉の湯」の前。この間、橋脚新設なしでいけるんでしょうか。確かに橋脚つくる道路幅はありません。

で、その「万葉の湯」前の橋脚は完成してます。この橋脚は本線だけでなく、横浜町田ICとの連絡道も支えます。
IMG_4313_20140525082727988.jpg

その次の橋脚は「ケーユー」の東側に作ってます。

そしてもうひとつ、建設中の橋脚は「ケーユー」西側です。上り線の道路を一部封鎖して仮設橋脚を設置。これ、支えてるの足場だけでしょうか?
IMG_4314.jpg

国道246号線の手前の橋脚はほぼ完成。246を挟んで、向こう側の橋脚も完成してます。こんな高いところに長スパンの橋桁をどうやって架設するんでしょうか?
IMG_4315_20140525082819a79.jpg

国道246号線東側、ほぼ躯体工事は完了してるよう。でも、どう見ても対面通行2車線分。
IMG_4316.jpg

横浜町田ICへの入口から国道246号線を越えてニトリの前までに掛った時間は約3分。このときは土曜日の早朝でした。速いか遅いかは別にして、1km未満に3分も掛ってます。平日日中はもっと、ずっと時間掛るんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

08:18 | 町田立体 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
高尾山ICまで、開通前 | top | 気付いたらカウンターが100,000を越えてました。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1557-e360f73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)