中国道

2時50分、吹田JCTから中国道に入りました。あれっ、この辺りの景色って何か見たことある。後で地図で確認すると万博公園のところだったんですね。ここにきたのは2008年だったんで、今から6年も前のこと。そうそう、モノレールがずっと並行してましたね。

モノレールの線路が見えなくなたころから、登り坂が始まりました。かなり長い登り坂。グングン標高があがります。全国の道路交通情報で、「中国道下りは宝塚を先頭に20kmの渋滞です」なんてよく云ってますが、その理由が分かります。交通量が多くて、3車線中2車線を80km/hぐらいのトラックで塞いだら必ず渋滞になるような気がします。

その登り坂を走ってて、時間は午前3時を過ぎました。土山SAをスタートしてから1時間。たった1時間しか走ってないんですが、お腹が空いてきました。
IMG_0034_2014081621244066f.jpg

美味しいものあるかなって思って、中国道に入って最初のSA、西宮名塩SAに入りました。でもここ混んでます。駐車場に空きがありませんし、駐車エリア外に停まってる車もたくさん。

次のSAまで頑張ることにしました。

それからすぐに神戸JCT。中国道と山陽道が分かれるところですが、驚いたのは走ってる車の8割は山陽道に流れていくこと。

その先の舞鶴道との分岐、吉川JCTを過ぎると、まわりで走ってる車はいなくなりました。中国道って人気無いんですね。

台風が去ったあとなんで、月も輝きだしてます。
IMG_0035_20140816212442b78.jpg

3時30分、お腹が空いたんで、ここ加西SAで何か食べましょう。それに満タンで出発したんですが、燃料計はあとふた目盛り。ガソリン入れなきゃ。
IMG_0039_20140816212443aa3.jpg

フードコートに行ってみると、数人の方が黙々と食事してます。見たところみなさん、プロドライバーですね、御苦労さまです。

さて、何食べましょうか、播州ラーメンってのがあります。それと半チャーハンとのセットで900円っていうのがあります。これにしましょう。家内といっしょに食べるにはちょうどいい量だと思います。

「食券を買うと、厨房に自動で注文が入ります。席でお待ち下さい」みたいな案内放送が延々と流れてます。しつこいです。

5分ほどで、僕たちの食券の番号が呼ばれました。これがその播州ラーメンセット。チャーハンに福神漬けって、珍しいですね。
IMG_0041_20140816212445a21.jpg

細ストレート麺なんですね、播州ラーメンって。
IMG_0042_20140816212446c95.jpg

まあ、美味しいんですが甘いですね。特にチャーシュー。そのチャーシューを使ってるからか、チャーハンも甘いっ。ちょっと僕と家内の口には合わない、甘いラーメンとチャーハンでした。まずくはないですよ。好みに合わないだけ。ふたりで食べるにはちょうどいい量でした。

フードコートにあった、冷たいレモン水。これ美味しかった。

3時45分、ラーメン食べ終わって煙草一服、それからガソリンも満タンにして、中国道下り線に戻ります。相変わらず本線上に走ってる車は、前に2台と後ろに1台って感じ。

お腹が満たされたので、暫く走ると急に眠気が襲ってきました。これ、ちょっと仮眠しないと持たないなって思い、次の勝央SAにピットイン。まだまだ真っ暗ななかの4時20分、車を停めてエンジンオフ。サイドブレーキ掛けてシート倒すと記憶が無くなりました。

気付くと明るくなってます。1時間ほど寝てたんですね。けっこう頭スッキリしました。
IMG_0044_201408162126341f7.jpg

5時30分、勝央SAをスタートし、明るくなってきた中国地方を西へ向かいます。それにしても遠いですね、島根県って。
IMG_0048_20140816212636c46.jpg

5時50分、ここ落合JCTで中国道は終わり。これからは米子道で北西に向かいます。
IMG_0049_20140816212637443.jpg

中国道って古い道だから、舗装のリニューアル率が高く、けっこう走り易い道でしたが、案内板が古いものばかりでしたね。SAとかPAなど、あと何キロ走ったらあるのか、空いてるのか混んでるのか、分かり難い道でした。

始めて走った中国道は、勾配とカーブの多い、高速ドライブとしては楽しい道でした。たった200kmほど、実質2時間ほどしか走ってませんが。
関連記事

23:33 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
米子道、山陰道 | top | 東名・名神

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1604-38048a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)