境港

18時30分、ひと通り水木しげるロードを歩いて境港の駅前まで戻ってきました。境港駅のすぐ裏は境水道。日本海と中海・宍道湖をつなぐ細い水路になってます。

ちょうど、夕日が沈むところ。砂利運搬船でしょうか、船が一隻ゆっくりゆっくり境水道へ進入してきました。
IMG_0460_20140823152940c41.jpg

その船は僕たちの目の前を通り過ぎると、エンジン音を高めて加速していきました。
IMG_0465_20140823152939546.jpg

ここまで頑張って走ってきてくれたVitzに感謝します。
IMG_0472.jpg

ここ境港は昔から「伝馬いらずの良好」として有名で、山陰地方随一の港だそうです。確かに向かいの島根半島が日本海の荒波や強い北風を防いでいますもんね。

戦前、ここ境港からは朝鮮半島の釜山や遼東半島の大連などへの定期航路があったそうです。昔から大陸と日本をつなぐ重要な港でした。

だからこんな港のそばに境港の駅があったり、水木しげるロードには古風な旅館がたくさんあったんですね。その頃境港は貿易で栄えていたんだと思います。

境港駅の脇には隠岐に向かう船のフェリーターミナルがあり、そこの1Fに観光案内所がありました。今でも韓国のトンヘというところまで定期航路があり、週に1便運航してるそうです。じゃ、この建物にイミグレあるんですね。
IMG_0467.jpg

観光案内所に隠岐のポスターが幾つか貼ってました。いいですね隠岐。「その昔、後醍醐天皇が島流しになって行った島」ぐらいしか知識ありませんでしたが、いいところみたいです。「絶景と癒しの宝島」だって。死ぬまでにいちどは行けるかな?

そのフェリーターミナルの1Fに美味しそうな回転ずし屋さんがありました。大漁丸というお店。ここで軽く夕ご飯食べて帰りましょうか。

お店に入ると店員さんが「申し訳ありません、ネタがなくなりました」だって。まだ19時前なのにね。寿司食べるモードになってた家内はスマホで一生懸命、お寿司屋さんを探してます。米子方面に見つかったそうなので、そこ行きましょうか。

今回の山陰旅行で気付いたのは、地元の方と話して皆さん標準語だったこと。地元の方同志の会話では多分方言なんでしょうが、僕たちには皆さんきれいな標準語。茨城や栃木から北行くと違いますもんね。アクセントが。

19時ちょうど、境港駅前をスタート。
IMG_0473_20140823152944bfc.jpg

こんどは、ねこ娘のラッピングカーがホームに停まってました。
関連記事
スポンサーサイト

15:31 | '14.08出雲 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
お寿司と温泉 | top | 水木しげるロード

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1624-0efa137e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)