万座ハイウェー

草津から志賀高原へ行くには、普通は国道292号線なんですが、草津の手前で「8時から17時まで通行可」って情報板があったので、温泉あがりにスマホで調べました。するとホントに8時前は通行できません。草津で2時間も待てないので、万座経由で志賀高原へ向かうことにしました。

草津からすこし山を下って、長野県道59号線を走れば万座への青看があるはず。実はこのときよく地図を確認しておけば良かった。それともスマホのナビ使ってれば良かった。あいにくスマホはバッテリー容量が殆どなくなってたので、電源オフして充電中でした。

県道59号線に入ってすぐ、正面の雲は雲海のよう。
IMG_0057_20150926210018afc.jpg

そのまま県道を走ってれば良かったんですが、途中にあったパノラマラインが気になります。途中でUターンし、そのパノラマラインという道を走ります。いかにも眺めのいい道で、万座に行けそうな名前ですね。
IMG_0059_20150926210020e1f.jpg

そのパノラマラインを走ってると、さっきまでの快晴」はどこかへ行ってしまい、霧がでてきましたね。それとも雲のなかか。
IMG_0061_2015092621002102a.jpg

これこれ、これが万座へ行く道のはず。この先にICみたいになってないかな?
IMG_0066_20150926210119f0e.jpg

暫く走るとすぐに霧は晴れ、再び絶景が現れました。どこまで行っても万座への青看が出てきませんね。
IMG_0062_2015092621002286c.jpg

この段階で、走ってた道は県道59号線なのか、パノラマラインなのか、頭の中でごっちゃになってました。

さっきの立体交差から15分以上走って、もう絶対道間違えてるって確信して再びUターン。で、霧がでてきたところで、左方向へ坂を登っていく農道があったので、そっちへ車を乗り入れました。
IMG_0065_20150926210023204.jpg
すると、その狭い道は収穫したレタスか何か積むために停車してる大型トラックのため、先へ行けなくなりました。数分待ってると農家の方が畑からわざわざ来てくれたので「この先行って万座方面に行きたいんですけど」って云うと、「この先は行き止まりですよ」って教えてくれました。

そこで始めて地図を広げました。なんだ、県道59号線そのまま走ってれば良かった!

草津温泉からここ万座ハイウェーの入口まで、何と55分も掛かってしまいました。普通に走ったら20分も掛からなかったでしょう。
IMG_0067_2015092621012005e.jpg

ここからの万座ハイウェー走るのって20年ぶりかな?この霧が掛かってるところ、これが道に迷った大きな原因だったと思います。それに加えて何度もUターンしたこと。寝不足も原因かな?
IMG_0068_20150926210122e4b.jpg

この霧が晴れたところに料金所がありました。何と普通車片道1,050円。そうか、そんな高いんだったら一般道と農道で繋がってるはずないですよね。

万座ハイウェーに入って約20分、万座温泉が見えてきました。
IMG_0071_20150926210124737.jpg

そういえば、志賀高原には何度もスキーに来ましたが、万座は一度も行ったことないですね。高いってイメージがあるからかな?
IMG_0072_20150926210125f76.jpg

その万座温泉からはグングン標高が上がってきて、空は益々碧くなってきました。それに、ポツポツ紅葉が始まってますね。
IMG_0076_20150926210222ca4.jpg

7時40分、万座経由で国道292号線まで上がってきました。草津温泉からは1時間半も掛かりましたけど。
IMG_0078_2015092621022391c.jpg

国道292号線はここから草津まで通行止め。開通まではあと20分。
IMG_0079_20150926210225133.jpg

さあ、天気は最高の秋晴れ。ここから渋峠まで、天空のドライブを楽しみましょう。
関連記事

22:34 | '15.09横手山 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
十五夜 | top | 草津で朝風呂

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1817-671f1cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)