江ノ電に乗りました。

先日、鎌倉から藤沢まで江ノ電に乗って車窓の風景を楽しんできました。なにもわざわざ江ノ電を乗りに行った訳ではありません。その日は、小田原方面に出張だったんでそのついでにちょっと乗ってみた次第です。

横須賀から京急で金沢八景まで行って、逗子線を下ってJR逗子駅から横須賀線で大船乗り換え東海道線下りが、普通のルートだと思いますが、この日は時間にかなり余裕があったので、横須賀線の鎌倉駅で衝動的に降りてしまいました。

昔、鎌倉駅を通勤に使ってた時期がありましたが、その頃江ノ電なんて全く乗ったことなかったですね。江ノ電乗るの何年ぶりでしょうか。記憶を中学生頃にまで遡らないと、思い出せません。

江ノ電鎌倉駅はJR鎌倉駅と連絡改札で繋がってました。当然SUICAです。
IMG_1336_20160206094633ec4.jpg

改札をぬけて人気のない江ノ電のホームに入ったちょうどそのとき、遠くから踏切の警報音が聞こえてきて、やがて電車が到着。満員電車からサラリーマンや学生さんが吐き出され、改札方面に流れていきました。

それは一瞬の出来事でした。それから江ノ電のホームは再び平静。
IMG_1337.jpg

江ノ電は、ゆっくり鎌倉駅を発車しました。さすがに乗客はあまり居りません。1両に5人ぐらいじゃないでしょうか。
IMG_1338.jpg

電車は由比ヶ浜から長谷にかけての住宅の合間を縫うように、ゆっくり走ります。江ノ電の運転席って、車両の中央にあるんですね。

長谷駅を過ぎると、江ノ電は上りこう配となり、トンネルをぬけて稲村ケ崎の尾根を越えます。江ノ電にトンネルなんかあったんですね。知りませんでした。

稲村ケ崎を過ぎるとお馴染みの光景、江の島と国道134号線。
IMG_1340_20160206094637d4f.jpg

腰越を過ぎると、江ノ電は路面電車になります。ほんの短い距離ですけど、ここは神奈川県で唯一残された、車道に鉄道線路が敷設されてる区間。
IMG_1341_20160206094639d0d.jpg

江ノ島駅に到着すると、運転士交代。何と若い女性が運転席に座りました。それで納得、車内には「フラッシュの使用と乗務員の撮影はお控え願います」みたいなメッセージ貼ってありました。こんな綺麗なお姉さんが電車運転してたら、写真撮りたくなる気持ちも分かります。

七里ヶ浜あたりから藤沢行の江ノ電は徐々に混んできて、江ノ島を発車した頃は席はほぼ埋まっており、立ってるお客さんも増えてきました。鵠沼を過ぎると車内は普通の通勤電車になりました。

線路は高架になり、藤沢駅に到着。鎌倉からここまで、35分ぐらい掛かりましたかね。のんびり車窓を楽しむことができました。
IMG_1342_20160206094657736.jpg

仕事行く途中に、ちょっと味わえた贅沢な時間でしたね。日ごろ、江ノ電は見るだけでしたがこうやって乗ってみると色々新たな発見がありました。カーブけっこうきついこと、柵などはなく、路地の脇を普通に走ってること。江ノ電でもトンネルや鉄橋があること。普通の通勤電車の顔を持ってることなど。

晴れてる日に、また乗りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

10:28 | 電車系 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
DEMIO、納車して半月 | top | DEMIO、納車して2週め

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1879-953c6160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)