生麦JCT(2016年2月)

昨日の日曜日のことです。どうしても会社行って片付けなければならない仕事がありました。別に朝一に行く必要はなく、夕方までに終わらせればいい仕事なので、ゆっくり起きて車で会社に向かいました。最近の土日出勤は車使うこと多いですね。なにしろ、納車してまだ二ヶ月ほどなので。

横須賀の我が家を出発していつもの通り国道16号線を上ってって、船越の交差点で右折レーンに入って赤信号で停まったとき思い出しました。「あっ、今日は横浜マラソンで、湾岸線通行止めってラジオで云ってたっけ!忘れてた!」

「まあいいか、下道の国道357号線を大黒まで行けば首都高に入れるでしょ。」って思ってそのまま幸浦方面を目指しました。

幸浦までやってきて、やはり首都高は通行止めでした。これは想定内。
IMG_1740_20160314183342abc.jpg

それから空いてる国道357号線を暫く走ると、鳥浜の信号で車の流れが止まりました。交差点でお巡りさんが左折か右折しろと合図を送ってます。何と、下道の国道もこの先は通行止めだそうです。これには愕然としましたね。

しょうがないから、左折して国道16号線の富岡町交差点までやってくると、国道上り方面は車動いてません。これは、困った。

次の手は左折して富岡から釜利谷道路に抜けて、上大岡通って花之木から首都高入ろうか。それで、京急富岡駅前を通過。
IMG_1742_20160314183343ecb.jpg

なんか久しぶりですね、このあたり。高校の友達で富岡に住んでるやつがいて、よくCB50で走ったっけな、この狭い商店街。

釜利谷道路を上中里から上大岡方面へ上っていくと、ありゃ、打越から先はVICSで真っ赤じゃないですか。
IMG_1743_20160314183345fff.jpg

画面スクロールして最初から混んでるところ確認しておけばよかった。こういうところはGoogleMapの方がよかったですね。Googleだと、どれだけ広域にしても渋滞箇所は赤く表示します。

結局は港南台から横横に入りました。出発してからここまで50分、素直に横須賀から横横入ってれば20分は掛からないので、30分のロスタイム。しかも高速代余計に掛かるし。
IMG_1744_20160314183346c4c.jpg

狩場から首都高に入って、石川町は本牧方面へは行かず、金港経由で横羽線を上ります。すると見えてきました、建設中の生麦JCT。
IMG_1745_2016031418334713f.jpg

けっこう出来てきましたね。
IMG_1746_2016031418341129a.jpg

これすごいですね、この真上の道路の橋脚は一本しか見えません。力学的にどうなってるんでしょう?
IMG_1747_201603141834139a2.jpg

大黒線が直進する「きたせん」の本線もこのあたりは出来上がってきました。フェンスまで付いてます。
IMG_1748.jpg

この上は昔からある、大黒線から横羽線上りへ合流する橋桁。2枚上の写真、最新の橋桁と構造が全く違いますね。
IMG_1749_20160314183415028.jpg

横羽線下りから「きたせん」方面へ行く連絡橋も躯体はつながりました。
IMG_1750_20160314183416eb3.jpg

通称「きたせん」横浜環状北線は、2016年度に開通予定だそうです。何とあと一年後、早いですね。鶴見区や港北区あたりの街道が空くのかな?綱島街道とか。

結局、会社まで1時間40分も掛かりました。休日出勤首都高利用の意味なし。
関連記事
スポンサーサイト

19:29 | 首都高 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ANA013 羽田発伊丹行き | top | 補助金

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1900-cf22f6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)