未明に西へ向かいます。

4月の第2週の週末は、珍しく飲み会のない金曜日となりました。だから二日酔いでない土曜日を迎えることができます。1月にDEMIOに車を代えて、遠くへ行ったのは河津と由比だけ。DEMIOでもっと遠くへ行ってみたいって、ずっと思ってました。

金曜日は10時前には家へ帰ってきて、軽く夕ごはんを戴いて12時前に早めに就寝。ビールもちょっと飲みましたけどね。色々走りたいところはありますが、この時期なので、桜が満開と思われるところが候補。で、国道152号線の春がイメージできました。

それで、2時過ぎに目が覚めました。朝ごはんは食べずに簡単に準備して、出発します。

2時40分、温泉セットと、万が一の会社PCをもって横須賀をスタート。
IMG_1962.jpg

県道27号線を走って、木古庭からは葉山町。それで三浦半島中央を縦貫する南郷トンネルを走ります。気持いいですね、前車も対向車もいません、一台も。
IMG_1965_2016041023200901b.jpg

2時58分、逗子の渚橋を通過。ここからはいつもの海岸線。
IMG_1967_20160410232010cc8.jpg

3時10分、江の島入口までやってきました。逗子からたった12分、極めて順調。
IMG_1968.jpg

天下の国道134号線でも、こんな空いてることあるですね。

3時25分、国道134号線の終点大磯からは西湘バイパス。
IMG_1969_20160410232014180.jpg

久しぶりにDEMIOのクルーズコントロールを使用。一定の速度に設定してオンしたらアクセル踏んでなくても、一定の速度で走るやつ。

3時40分、箱根新道を登り始めます。たまたまですが、全線を通して重いトラックに前を塞がれることはありませんでした。
IMG_1971_2016041023201544e.jpg

3時55分、箱根峠を通過。静岡県に入りました。

ここから数Kmは先月開通した山中バイパス。つい先日まで、国道はここを急カーブで左へ行ってましたが、今では直進。素晴らしいトンネルが出来上がってます。
IMG_1974_20160410232041b99.jpg

数Km走って新しくできた「山中城口」の三差路からは従来の国道1号線に戻ります。

4時10分、箱根の下り坂は終わって三島の市街地に入りました。
IMG_1977_20160410232042547.jpg

実は三島の市街に入って暫く走ると左手に吉野家があったことを覚えてて、そこで朝ごはん食べようと思ってました。が、行けども行けども吉野家の看板はありません。すき家とか松屋はあるんですが、食指は動きません。

なかば諦めて、三島市から清水町、そして沼津市街となり、片側3車線となりました。

信号で停まったときディスプレイを見ると、箱根の上りで燃費が悪かったこと、下りはほとんど軽油を使ってなかったことが、これ見て分かります。登坂の箱根新道走ったのは30、40分前のこと。グラフではその時間の燃費が良くないことを示してます。それに引き換え、箱根を下った20~30分前の燃費は30Km/h超。
IMG_1978_201604102320447e3.jpg

横須賀からここまでの平均燃費は24Km/hを超えてるそうです。すごいですね、SKYACTIVテクノロジー。

朝食を諦めかけてたそのとき、吉野家のオレンジの看板を見つけました。さっそく左ウインカー出して減速。駐車場に滑り込みました。
IMG_1980.jpg

「いらっしゃいませっ」と元気に迎えてくれるお兄さんに「豚丼並み」とオーダー。今週から復活した豚丼を早くも食べることができます。あっ、ツユヌキでお願いするの忘れた。

数分後登場した豚丼がこれ。あれっ僕の思ってるイメージとは違いますね、玉ねぎとか大量に入ってるし。
IMG_1979_201604102320456e5.jpg

タレ変えてきましたね。これはこれでいいと思いますが、僕は昔の豚丼食べてみたいっ。あのあっさりしてて、豚肉の旨みを感じるだし汁、さほど噛まなくとも美味しかった豚肉スライス。まあ、なかなか美味しかった。300円ですもんね。それ思うと大満足です。

ツユヌキでお願いしたら、もっと美味しかったかも。
関連記事

00:37 | '16.04下栗 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
夜明けのさった峠 | top | ANA030はB787でした。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1910-9d7b9908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)