大三島の大山祇神社

12時15分、ここ大島北ICからふたたび、しまなみ海道に入ります。
IMG_2986_201605031108156b9.jpg

しまなみ海道ふたつめの島は伯方島。伯方の塩で有名ですね。でも、今回伯方島は素通りしました。
IMG_2988_20160503110816876.jpg

みっつめの島は大三島。
IMG_2991_20160503110818e63.jpg

この島には寄っていくことにします。理由は、三島大明神と云われる大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)に行ってみたかったから。これもまた白石一郎さんの小説に出てきたということもありますが、山の神・海の神・戦いの神として有名で、戦国の武将から海上自衛隊の幹部までもお参りし、そのご利益に肖ってるとのこと。
IMG_2994_20160503110819884.jpg

IC内を走ってると、早くも次の島、生口島(いくちじま)への橋が見えました。
IMG_2995_20160503110821ac4.jpg

大山祇神社に行く前に、この島の一番高い?鷲ヶ頭山という山の頂上まで車で行けそうなので、登ってみることにします。

大山祇神社の手前を左折すると、その登山口がありました。登山口といても車で入っていけるんですけどね。一応は舗装されてるんですけど、かなり険しい道。
IMG_2999.jpg

走ってると標高がグングン上がっていくのが分かります。

山頂近くまで登ってくると舗装路はおわり、轍のあるダートになりました。
IMG_3000_201605031108441f1.jpg

麓の登山口から15分ほど急坂を登ってきて、ここが車で入れる最も高いところ。
IMG_3008_20160503110848542.jpg

車を降りてちょっとだけ歩くと、鷲ヶ頭山の山頂に到着。標高は436m。でも樹木が全方位茂ってて、視界はよくありませんでした。
IMG_3003_2016050311084532a.jpg

坂をちょっと下ったところからの西側の眺望。素晴らしい眺めですね。
IMG_3004_2016050311084693b.jpg

こっちは北側。しまなみ海道を構成する島々の先に、中国山地がうっすらと見えます。
IMG_3010_2016050311090577a.jpg

ここへたどり着くまでは、こんな道を登ってきました。
IMG_3012_20160503110907a4b.jpg

麓から頂上まで往復して、他の車と1台も合わなかった。あったのはサイクリストお一方のみ。こんな高いところまで、自転車で登ってくるとは、頭が下がります。

麓のお寺のところまで戻ってきました。この山道往復に費やした時間は、約40分。
IMG_3018_20160503110909583.jpg

神社の脇にあった「しまなみの駅」という道の駅みたいなところに車を停めて、大山祇神社にやってきました。
IMG_3020_201605031109106b4.jpg

鳥居をくぐると山門があります。神聖な気分になってきましたね。
IMG_3021.jpg

山門をぬけて境内に入ると、さっき登った鷲ヶ頭山の頂がちょっとだけ見えます。
IMG_3022_20160503110930ebd.jpg

天然記念物のクスノキです。おっきい木ですね。樹齢2,600年って書いてありましたけど、それはちょっと大袈裟かな?
IMG_3023_20160503110931fe8.jpg

これが本殿。ここにお参りして、まずはこのドライブの安全、仕事がうまくいくよう手を合わせました。
IMG_3028_20160503110933169.jpg

なんでもこの神社には、国宝・重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約4割が集まっているとのこと。戦に勝った武将たちは、その勝利に導いてくれたお礼に、甲冑を奉納してきたんでしょうね。

ちょっとは神聖な気持ちになって、大山祇神社をあとにしました。
関連記事

21:21 | '16.05四国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
尾道上陸 | top | 村上水軍

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1953-f4527a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)