甲斐小泉

美味しいお蕎麦を食べて、心もお腹も満足したら、八ヶ岳連峰を眺めながら甲斐小泉駅方面へ向かいます。途中から道はかなり勾配のきつい登坂になりました。瞬間燃費計をみてると、ずっと10Km/h以下。そうとう登ってますね。
IMG_3367.jpg

それでやってきたのは、甲斐小泉駅のそばにある名水百選にも選ばれてる、三分一湧水というところ。
IMG_3370_201605242247110f3.jpg

ちょうど写真の中央奥からコンコンと水が湧き出しており、左の石造りの浴槽みたいなところで、水が均等に三つの流れになります。なんでもこの湧水の利権争いがあったのを、武田信玄?がこういう目で見てもわかる三等分にする仕組みを考えて、平和に収めたとか。

その水の流れを三等分にしてるのが、ここ。流れ込んできた水を分ける三角形の石がミソだそうです。よく考えましたね。
IMG_3374.jpg

これがその上流にあたる湧水源。紛れもなく八ヶ岳の伏流水ですね。
IMG_3371.jpg

ここ、三分一湧水には蕎麦屋さんや野菜直売所などもあり、ここだけを目的に訪れてもいいところです。もっと早くから知ってたら、必ず寄ってたかも知れません。今度、甲州地区に蕎麦を食べにくる機会があれば、ここが最有力候補ですね。

そのあとは、小海線の甲斐小泉駅に行ってきました。小さな無人駅です。でもハイカラできれいな駅ですね。
IMG_3377_2016052422471513c.jpg

駅前に到着する直前に近くの踏切をディーゼルカーが通り過ぎていきました。駅でディーゼルカーを見ることができなかったのが残念です。次に列車がやってくるのは、2時間後。

駅の隣りには、平山郁夫シルクロード美術館という新しい施設がありました。日曜日の午後だというのに、人の気配は殆ど感じられません。どういう美術館か知りませんんが、採算あうのか心配です。

この後は、さらに標高の高い甲斐大泉や清里方面へ行こうかとも思いましたが、小淵沢方面へ下ることにしました。もう、15時半を過ぎてるんで。
関連記事
スポンサーサイト

19:22 | '16.05甲州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
道の駅を巡って | top | 蕎麦 藤乃家

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/1966-dd9264d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)