祖谷

池田から高知までは80km。その途中に目指す祖谷や大歩危があります。ちょうど四国の真ん中ですね。
IMG_4511_20160819091502176.jpg

祖谷へ向けて吉野川が刻んだ谷を上流方面へ走ってます。それにしても山深いっ。
IMG_4512_20160819091504f02.jpg

まずは、祖谷のかずら橋を目指します。このまま国道32号線を大歩危まで走ってから、祖谷へも行けますが、祖谷口を左折して吉野川本流から離れ、祖谷川沿いの県道を走ることにします。

吉野川を渡るといきなり凄い道になりました。ほぼ1車線のうっそうとした森林地帯を走る県道32号線。時折右下に祖谷川の清流が見えますが、行けども行けどもクネクネ道が続きます。

10分ほど走ったでしょうか、やっと集落がありました。出合という集落。ここは祖谷川に沿った街並みが続いてます。ほとんど平地がないので、祖谷川の崖の上に家々が並んでますね。
IMG_4515_20160819091506db3.jpg

その集落から先へ進むと、道はいっそう険しくなってきました。
IMG_4517_201608190915089fa.jpg

暫く走ると、祖谷峡展望台というのがあり、普通車が数台停められるスペースがあります。ここに寄ってきましょう。先客は二組。僕たちは3台目。もうこれで駐車スペースはありません。
IMG_4527_20160819091525a86.jpg

狭い階段を登っていくと、広場がありました。ちょうど2組の先客とはすれ違いで、ここには僕たちだけ。
IMG_4526_2016081909152463d.jpg

深い谷ですね、祖谷峡って。今ではこうやって車で簡単に来ることができますが、県道が開通してなかったら、まさに秘境です。
IMG_4521_201608190915095ee.jpg

上空には西へ向かう双発機。高度からすると大分か長崎行きでしょうか。それとも香港かな?
IMG_4524_2016081909152225e.jpg

この秘境の県道走ってて、まったく人家のないのに、時折バス停を見かけます。そんなバス停のひとつがこれ。
IMG_4528_20160819091527d82.jpg

調べてみると、池田からさっきの出合までは一日6往復、そのうちの3往復が、かずら橋まで走ってます。ここ大宮谷には一日に往復で6本のバスやってくることになります。どんな方が乗り降りするんでしょうね。ちなみに、池田からここまでの運賃は940円。

遠くの斜面に建物があるの分かりますか?祖谷温泉です。さっきあの建物の脇を走ったんですけど、まだ11時前だったのでスルーしました。もうちょっと遅かったらそこで祖谷そば食べてたかも。
IMG_4530_2016081909152867d.jpg

大歩危からの道と合流する西祖谷の集落からは、完全2車線の立派な道になりました。
IMG_4533_201608190915419fd.jpg

かずら橋に到着すると、これまた素晴らしい駐車場がありました。かずら橋って、凄い観光地なんですね。
IMG_4566_20160819092525cd9.jpg

係りのオジサンの指示に従って進んでいくと、地下スペースの駐車場へ誘導されて、ここに停車。これ良かった。直射日光があたらないので、車内は異常な高温になりません。
IMG_4565_20160819092523b7e.jpg

それで、駐車場から階段を登っていくと、まるで高速の大きなSAのような施設。これには驚きましたね。祖谷そばもここで食べることができます。
IMG_4534_20160819091542723.jpg

祖谷のかずら橋って、もっと鄙びたところを想像してたんですけど、これには驚きました。この地区の一大産業なんですね、かずら橋観光って。
関連記事

10:13 | '16.08四国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
かずら橋 | top | 阿波池田

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2025-887c31d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)