かずら橋

僕たちがDEMIOを停めた観光施設は「かずら橋夢舞台」という施設で、そこからかずら橋へはこの道をくだっていくそうです。
IMG_4536_20160819092741129.jpg

沿道にはこんな土産物屋さんや休み処が並びます。鮎の塩焼きや祖谷そばが名物。食べ物はあとにして、まずはそのかずら橋を観に行きましょう。
IMG_4563.jpg

歩いてると、こんなレトロなバスがやってきました。ホテルかずら橋と、ここかずら橋との間を走ってるようですね。
IMG_4538.jpg

これが祖谷のかずら橋。美しい橋ですけど、観光客の多さ、凄いっ。
IMG_4539_2016081909274410b.jpg

さらに驚いたのは、このかずら橋を渡るのにお金が掛かることと、それを並んで待つ行列。警備の方に聞いたら、1時間ぐらい並ばないと、かずら橋を渡ることはできないそうです。しかも有料。
IMG_4543_201608190927453f6.jpg

もともと祖谷のかずら橋って、平家の落人がこの谷に住み着き、源氏方の追手が万が一迫ってきたら鉈ですぐに橋を切り落として、さらに山奥へ逃げるために作った橋。これが、こんなに観光地化されるとは、平家の落人も驚いてるでしょう。

かずら橋渡るのはあっさり諦め、僕たちは河岸まで降りてみることにしました。

その前に目に入ったのがこれ、琵琶の滝ですって。滝つぼに近づくと、爽やかな滝風。なんか、癒されます。
IMG_4545_201608190927501ee.jpg

川遊びする観光客も多いですね。こんな清流が近所にあったらいいなって、ほんとうに思います。
IMG_4549.jpg

見てください、この清流。僕も家内もサンダル履きなので、ズンズン川の中に入って行きます。水流が気持ちいいっ。
IMG_4551_20160819092818b2e.jpg

振り返ると観光客で鈴なりのかずら橋と、その橋を観賞できるコンクリート橋。
IMG_4552.jpg

子供が小さいとき、ここに連れてきてあげたら、大喜びしたでしょうね。
IMG_4555_20160819092821897.jpg

こういう美しい渓谷って、ここ観光名所のかずら橋だけじゃなく、四国じゅうにたくさんあるんでしょうね。あっ、四国に限らないか。
IMG_4559.jpg

どこにでもある渓谷ですけど、ここ四国の山の中の渓谷は、流れる水が美しい。なんかそう感じます。まあ、どこもそうなんでしょうけど。

かずら橋って僕の思ってたところと、かなり違いましたけど、それなりにいいところでした。
IMG_4561.jpg

この地区の産業では、観光がダントツなんでしょうね。
関連記事

11:05 | '16.08四国 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大歩危駅 | top | 祖谷

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2026-3ebbdc68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)