火事になった金沢八景の茅葺の家が解体されてました。

今週の何曜日だったか忘れましたけど、朝の出勤途中で京急電車が金沢八景に停車してドアーが空いたとき、見慣れない風景が目に飛び込んできました。
DSC_6720.jpg

あっ、火事で焼けた茅葺屋根の民家が跡形もなく消えてるっ! もう一軒あった焼け残った茅葺の民家も。いつ解体工事があったのか、は全く気づきませんでした。

確か火事になったのは2010年頃なので、7年も前になるんですね。

僕が始めてこの古民家を見たのは、1981年だったか横浜市立大を受験に来たときのこと。金沢八景の駅を降りて駅の裏手にまわると、茅葺屋根の古民家があったのに驚きました。結局、八景まで通うことはありませんでしたけど。

横須賀に引越してきて15年ほど経ちますが、それ以降八景に電車が停まったときこの古民家を目にすると、何かホノボノしましたね。何というか心が落着くというか。

この解体って、何となく八景の駅前整備とシーサイドラインの延長工事に関連してるように思うのは、考え過ぎでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

19:33 | 京浜急行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東尾垂の湯 | top | 娘の運転練習

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2111-55bd69f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)