和田峠

岡谷ICからの中山道は、最初国道20号線。下諏訪岡谷BPという未完成のバイパスから始まります。20号線ですが未完成なので、行き先は甲府・東京ではなく、佐久・上田。
IMG_7756_20170604113959dc3.jpg

そのバイパスはトンネルの先のT字路まで。その交差点を左折すると、国道142号線。するとすぐに長いトンネルに入ります。この区間もバイパスですね。トンネルでると下諏訪からの旧道と合流しました。

岡谷でも標高高いんですが、和田峠へ向けてズンズン標高が上がります。暫くすると登板車線が現れ、もうすぐ有料区間。
IMG_7758.jpg

僕はここを左折して新和田トンネル有料道路でなく、旧道で和田峠を目指します。
IMG_7759.jpg

その中山道の旧道はこんな感じの道。対向車はほとんどやってきません。
IMG_7760_20170604114005cd3.jpg

標高があがってきたところで前方を走るトラックと遭遇。有料区間の新和田トンネルを走らず、旧道を走ることで、昼飯代を捻出するためか。それとも限りなく経費を切り詰める運送会社か。
IMG_7761.jpg

有料道路入り口から8分、トラック遭遇からも3分で和田峠頂上のトンネルに到着。ここは小さいトンネルなので、片側交互通行です。

信号はすぐに青になり、トラックはトンネルに吸い込まれていきました。
IMG_7762_201706041140072f6.jpg

峠の北側に出て下り坂になると、上を行く高架橋。これ、ビーナスラインです。
IMG_7764.jpg

すぐに、和田峠のドライブインがありました。が、店を畳んでからかなり年月が経ってるようですね。新和田トンネルの開通は、調べてみると1978年なので約40年前。それから衰退が始まったんだと思います。
IMG_7766.jpg

ここには東餅屋という茶屋の集落があったと書いてありました。最盛期には5軒のお茶屋さんが並び、大名なども宿泊してたそうです。
IMG_7765.jpg

この茶屋の集落は鉄道(東海道線)開通以降、衰退していったと書いてありますが、それだけでなく新和田トンネルの開通、中央道の開通を経て、今の寂れた和田峠になったようです。多分、中山道和田峠が最も栄えたのは、和宮御降嫁の頃の幕末でしょうね。

和田宿へ向かう下り坂はかなり厳しいカーブが続きます。
IMG_7769_201706041140130d3.jpg

和田峠の茶屋跡から、ゆっくり下って約10分、もうすぐバイパスの新和田トンネル有料道路と合流。
IMG_7770.jpg

10時10分、バイパスと合流。諏訪側でバイパスを離れて25分。実質和田峠旧道は20分掛かりました。2014年にこの有料トンネル走りましたけど、数分でしたね。
IMG_7771_20170604114016a5c.jpg

和田宿は、昔本陣見たので今日はパス。
IMG_7772.jpg

和田宿からは、長久保・芦田・望月・八幡・塩名田・岩村田・小田井・追分・沓掛・軽井沢 と続きます。厳密に中山道をトレースしたい訳じゃないので、とりあえず、国道142号線を走ります。
関連記事

11:48 | '17.06万座 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
中山道、和田から追分 | top | 甲州街道下り

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2172-d7f8c933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)