宮古そば

宮古は山都駅から国道459号線を西へ10kmほど行ったところにある蕎麦屋さんの集落。宮古そばと云っても、岩手県の宮古や沖縄の宮古島のそばではありません。
IMG_8132.jpg

まだ、お腹空いてないので、まずは宮古の集落を通り抜け、暫く先まで行ってみましょう。すると、会津若松の盆地から見えた雪山がすぐ近くに観える場所がありました。飯豊山は標高2,000mを越える信仰の山だそうです。
IMG_8135_2017071317204473c.jpg

ちょっと戻ると、広い整地された場所がありました。道の駅とか日帰り温泉施設でもできるのかな?殆ど交通量のない、国道ですけど。
IMG_8136.jpg

それから山を下って宮古集落まで戻ってきました。
IMG_8140.jpg

見て下さい、この集落の家屋の殆どがお蕎麦屋さんです。
IMG_8141.jpg

その沢山あるお蕎麦屋さんのなかかから、今日はここで食べることにしました。理由は「ざるそば 700円」って、表示があったから。
IMG_8142_201707131720528c9.jpg

この集落の蕎麦屋さんの大半は、郷土料理屋さんみたいになってて、色々料理が出て最後に蕎麦がでるタイプのお店が大半で、最低でも1,500円なんてお店もあるそうです。

普通の民家の玄関へ入ると、おばあちゃんに広間へ案内されました。先客は一組の老夫婦。蕎麦と天ぷらを召し上がってました。お茶とお絞り持ってきてくれたおばさんに「ざるそば一枚下さい」とお願いしました。
IMG_8144.jpg

家の中の仏壇とか神棚などを眺めていると、「ざるそば」が完成。ちょっとイメージとは違う蕎麦ですね。ボソボソ感はなく、ツルツル感。
IMG_8145.jpg

早速戴いてみましょう。
IMG_8146.jpg

見た目通り、ツルツルした蕎麦。これはコンニャクを繋ぎに使ってるのではないでしょうか。蕎麦の風味と香りはあまり感じられません。さっきのラーメンといっしょで、夏風邪のせいかな?

ごちそうさまでした。ちょっと期待していた宮古そばとは違うタイプのそばでした。こうやって、蕎麦に特色出していかないと競争に勝てないのかな?これだけ蕎麦屋さんが集まってるので。
IMG_8147.jpg

食後は集落のなかを散策。
IMG_8151.jpg

集落からちょっと離れたところ、山都方面へ戻る方向へ少し行くと「夢見の水」という湧水がありました。触れてみると「冷たっ!」
IMG_8155_20170713172100845.jpg

ラーメンと蕎麦を食べ終えると正午をまわりました。この先のルートは色々悩みましたが、只見川に沿って暫く走ってみましょうか。
関連記事
スポンサーサイト

17:23 | '17.07会津 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
只見川に沿って走る | top | 喜多方駅から山都駅

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2192-da97b43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)