アルプスで手打ちそば

11時ちょっと前でしたか、赤沢宿から細い山道を下って県道まで降りていきます。途中、すれ違った車は3台ほど。みなさん、お蕎麦が目当てではないでしょうか?首都圏ナンバーばかりでした。

麓まで降りてきて、県道をさらに早川上流方面へ向けて走ります。15分ほど走ると県道沿いに、目指すお蕎麦屋さんがありましたが、暖簾が架かってません。これは参った。家内がDEMIOから降りて案内を確認すると、11時30分開店のようです。それまで、15分ほどありますね。それじゃ、断層でも見に行きましょうか。

そのお蕎麦屋さんから10分も掛からずに、前回にも寄った新倉(あらくら)の断層入口に到着。びっくりしたのは、ダンプの出入りが激しかったこと。リニアモーターカーの工事が本格化したんですね。
IMG_0479_2018021422391321b.jpg

ダンプ走行の合間を縫って断層を見に、ここまでやってきました。ここは糸魚川-静岡構造線が直接目で見られるところ。左側と右側の地層の違い、分かりますか?
IMG_0478_201802142239136ab.jpg

それから県道を少し戻って、お蕎麦屋さんまで戻ってきました。11時45分頃だったので、既に暖簾は架かってます。よかった、営業してました。
IMG_0480_20180214223914b42.jpg

僕たちはこの日、二組目のお客さん。家内もお袋もそれぞれ、食べたい蕎麦を注文。お店の中のテレビでは、1年ちょっと前に放送した、アドマチの「奥山梨温泉郷」のビデオを流してました。コマーシャルもノーカットで。

30分ほど待って登場した蕎麦です。これもかなり美味しい蕎麦でしたね。早川町の蕎麦に外れナシです。今のところは。
IMG_0485_20180214223915de6.jpg

結局、このお蕎麦屋さん「アルプス」では、かなりゆっくりしてしまいました。なんと1時間以上。僕たちがお店を出る頃、お店のテーブルは全て埋まってました。商売繁盛ですね。

それでは、温泉に行きましょう。以前入ったことのある「奈良田の里」でもいいと思ったんですが、お蕎麦屋さんにあった地元の温泉案内見て、奈良田の「白根館」に決めました。泉質よさそうだし、営業時間もちょうど13時開始なので。

奈良田に近づいてくると、路面凍結してるたい。
IMG_0488_20180214223917e77.jpg

その白根館には13時20分頃に到着。すると営業時間は変わってて、14時からとの貼り紙がありました。しかも営業時間は15時半まで。たった1時間半です。
IMG_0490_20180214224046dc5.jpg

ここでボケっと待ってても寒いだけなので、県道を行けるところまで行って、戻ってきましょうか。奈良田の上流方面は一層雪が深まります。夏タイヤで大丈夫かな?
IMG_0489_201802142239199b0.jpg

結局は、前回行った発電所脇まで行ってUターンして戻ってきたたけ。往復で10分ほど。他に何もすることないので、白根館の駐車場で30分ほど待ちましょう。
関連記事

10:05 | '18.02早川町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
七不思議の湯 | top | 赤沢宿、にかいめ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2313-bb020de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)