道に迷いながら紀州入り

今日も伊勢湾岸道は軽快に流れてます。名古屋の港の灯りを眺めながら快適なクルージング。あまりに快適なので、僕も眠くなってきました。家内は三ケ日あたりから寝入ってます。
IMG_0633_20180310142624dc5.jpg

いつもは、ラジオ放送聞いて走るんですけど、今日はスマホアプリのSpotifyをBluetoothでDEMIOに繋いで色々聴きながら走ってます。岡村孝子とか、懐かしいやつ。走り始めたとき、鶴光のオールナイトニッポンやってたんで、ラジオは止めました。オジサンとオバサンが深夜に聞く内容ではないので。

深夜の2時になりました。長島PAでひと眠りしていきましょ。ジェットコースターのデカい影を見ながらPAに降りていき、DEMIOを停めて、音楽をジョージウインストンに変えて、シート倒したら眠りの世界に引き込まれていきます。

30分ほど熟睡して、目が覚めました。

ナビの行き先は龍神温泉にしてます。ここから245km、到着予定は9時48分だって。んなことないと思いますけど。
IMG_0635_20180310142627f96.jpg

それからおもむろにDEMIOを伊勢湾岸道本線に戻します。そのとき、トイレ行きたかったの思い出しました。

四日市JCTから東名阪に入って、最初のSA、御在所に緊急ピットイン。寒いですね。
IMG_0636_20180310142627d33.jpg

3時15分、新名神への入り口亀山JCTを直進してすぐ、亀山ICで東名阪は終わりです。ここからは、国道25号の名阪国道。天理までの道は2年前に走ってるので、カーブとアップダウンが多いことは分かってます。
IMG_0637_201803101426290e8.jpg

流石にこの時間は空いてるので、クルーズコントロールで車速一定で快走します。時折前を走るトラックに近づくと、右ウインカーで追い越し車線。トラックの前へ出るとふたたび走行車線へ戻ります。時折、追い越し車線を猛スピードで走ってくるスポーツカーや小型トラックがいるので、車線変更は要注意。

30分ほど走ったら眠くなってきたので、SAじゃなくて道の駅があったので、ちょっと寄っていきましょう。

そこは、針テラスという道の駅でした。ここ、名前聞いたことあります。なんでも関西のライダーがたくさん集まるところだとか。流石にこの時間、バイクは1台もおりません。
IMG_0638_20180310142631516.jpg

ここでも30分ほど寝て、ファミマでリポD買って飲んで、再スタート。この先、天理までは急坂を下っていきます。天理で名阪国道が終わって南に向かうはずが、ナビは西名阪に入れとの指示。料金所通過で410円課金され、すぐに次の郡山で降りろの指示。その間、約500m。こりゃないよね。下道いくらでもあるだろうに、融通の利かないアホナビです。

その先は京奈和道という国道24号線を行きます。これいいですね、途中から無料の高速道路です。途中、マツコネのナビでもGooglMapでも未開通の御所南-五條北間が開通してました。

龍神温泉へ行くには、確か橋本というところで降りるはず。ところが、橋本の手前で、到着予定時間が大幅に伸びました。8時半頃の到着予定がなんと、10時過ぎ!基本的にマツコネのナビを信じない僕は、橋本で京奈和道をおりて、国道370号線を探しました。その国道を見つけて暫く走っていくと、九度山という交差点から先は、何と通行止め! そうか、ナビはVICSか何かでその通行止め情報を入手し、迂回コースに変更したんですね。

マツコネのナビもあまり馬鹿にしたものじゃありません。仕方ないので、高野口というICから再び京奈和道に入って、和歌山経由で行きます。

京奈和道に入ってすぐ、PAがあるので休憩していきます。かつらぎ西PAです。
IMG_0639.jpg

気付くと時間は5時半を過ぎてるじゃないですか!ここで龍神温泉での朝風呂は諦め、白浜温泉にナビの行き先を変更。これから先はほぼ高速なので、7時頃には白浜温泉に到着するでしょう。

煙草吸ってトイレ借りてDEMIOをスタートさせました。その先に本線料金所があって、和歌山JCTで阪和道と合流。何か見たことある夜景だと思ったら、ちょうど以前休憩したことがある紀ノ川PAのところでした。

和歌山ICを通過して、途中から京奈和道と同じ対面通行になった頃、夜が明けてきました。6時20分、広川南ICを通過。やはり関西圏へやってくると、日の出時刻遅いですね。
IMG_0642_2018031014263450d.jpg

あと1時間ほど走れば、白浜に到着するでしょう。
関連記事

17:51 | '18.03南紀 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
みなべ梅林 | top | 新東名はやめて、東名を西へ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2327-0bf7c534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)