みなべ梅林

6時30分、有田とか御坊を通過して、白浜まであと40kmを切りました。7時過ぎには熱々の温泉に浸かれそうです。
IMG_0644.jpg

ふと右を見ると、山の斜面がピンクに染まってます。最初は何か分かりませんでしたが、紀州と云えばじゃないですか!
IMG_0645_20180310175504bd9.jpg

そうか、今は梅の時期ですもんね。どこかこの辺で美しい梅林見ていきたいと、起きたばかりの家内と話してたら、「南部梅林つぎで降りる」なんて看板がありました。これは、是非とも見ていきたい。
IMG_0646_201803101755056a2.jpg

6時45分、みなべICで阪和道を降ります。南部は「なんぶ」ではなく「みなべ」と読むんですね。ICを降りて案内に従って走っていくと、南部梅林駐車場に到着。どうやらここに車を停めて、その正面の山が梅林のようで、歩いて登るようです。まだ早朝なのでこのまままDEMIOで行ってみましょう。

その昼間は観光客で賑わうであろう細い坂道をずんずん登っていきます。茶屋などが数軒あって、次第に周りは梅林になってきました。凄いですね、今が見頃じゃないですか!

1kmほど登ったところに駐車場がありました。そこにDEMIOを停めて、外に出てみます。
IMG_0651_20180310180001e88.jpg

おおっ、これは素晴らしいっ!
IMG_0652_20180310175508376.jpg

朝日に輝く白梅紅梅。
IMG_0654_20180310175510fa2.jpg

この丘一面が梅林になってます。こりゃ、田浦梅の里とか、曽我の梅林とは規模が違いますね。すごいっ!
IMG_0657.jpg

朝の新鮮な空気の中、流石に梅の香りは漂ってきませんでしたが、素晴らしい梅の花を見せて戴きました。それから登ってきた細い坂道を下っていくと、来るときには気付かなかった、「車でまわるコース」というのがありました。これも行ってみましょう。

細い農道を登っていくと、梅がわんさか咲いてます。
IMG_0658_20180310175513bce.jpg

行けども行けども、周りは梅林。
IMG_0661_201803101755148bd.jpg

こんな丘を農道は登ったり下ったり。どこまで行っても、見渡す限り梅林です。
IMG_0662_20180310175516d00.jpg

狭い農道をゆっくり走って15分ほど、「車でまわるコース」を堪能しました。このコース、昼間は渋滞になるんでしょうね。さすが、梅の国紀州、素晴らしいものを見せて戴きました。

それでは、白浜に向かいましょう。ナビもわざわざ阪和道に戻れとはいわず、県道と国道42号線を走って、白浜に近づいていきます。

7時50分、白浜まで5kmを切りました。早く温泉浸かりたいっ!
IMG_0664_20180310175517e2d.jpg
関連記事

18:31 | '18.03南紀 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
南紀白浜観光 | top | 道に迷いながら紀州入り

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2328-7455651a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)