土湯温泉と二本松ラーメン

磐梯吾妻スカイラインを料金所があったであろう入口まで戻ってきて、国道115号線の旧道(福島県道30号線)を土湯温泉方面に走ります。この辺りも温泉旅館が何軒かありますね。10分ほど下ってくると、国道115号線の土湯バイパスと合流し、高規格道路を下っていくと、道の駅がありました。そこへDEMIOを乗り入れ駐車場に停車。土湯の日帰り温泉施設を探します。

色々見てて、本日営業してる施設で露天風呂があって休憩所がある温泉は、「野地温泉ホテル」というところだけ。じゃ、そこにいきましょう。なんとなく聞いたとある名前。

住所をナビにインプットすると、土湯温泉街ではなく、来た道を戻れとの指示。そうか、さっき通ってきた旧道沿いにあった温泉旅館のうちの一軒のようです。

磐梯吾妻スカイラインから降りてきた道を20ほど戻って、到着しました。ここ、さっき前を通ったとこでした。もっと早く入る温泉決めとけば良かった。ロスタイムは40分。
IMG_1352_201804282210036e5.jpg

日帰り入浴専用の入口から、ホテルに入ってフロントで料金800円を払って、長い廊下をお風呂目指して歩きます。ここ、幾つもお風呂があるみたい。そのうちのひとつ、今の時間男風呂になってる露天風呂へまず入りましょう。

それが、ここ。脱衣所から露天風呂を見ると、オジサンがひとりだけ温泉をお楽しみ中。緑色がかった乳白色の、温泉らしい温泉です。
IMG_1353_20180428221004f3e.jpg

これ、最高でしたね。温くも熱くもなく、ちょうど僕の好み。温泉は密度が高く、ネットリと体に纏わりつくよう。というか、温泉の有効成分がジンジン体内に染み込んでいくよう。何ともいえません。

露天風呂を堪能して、いったん休憩室で一休み。それから別の内風呂に浸かりました。泉質はほぼ同じ。癒される温泉です。

ポッカポカになってふたたび休憩室でスマホで地図眺めながら、これからの行動を考えます。そうだっ、二本松でラーメン食べようか。二本松では3年程前に、あるお店でラーメン食べたんですけど、もう一軒食べてみたいラーメン屋さんがあったのを思い出しました。

13時ちょっとすぎ、1時間半ほど温泉を楽しんで、野地温泉を出発。
IMG_1354_201804282210062fa.jpg

石楠花(シャクナゲ)大橋通過。本日三回目。
IMG_1355_20180428221008210.jpg

2時間ほど前に立ち寄った土湯の道の駅のところから、国道115号線を離れ、二本松に向かう国道459号線。あれっ?この国道って、喜多方から裏磐梯まで走った国道じゃないですか。そうか、土湯峠のところだけ、重複国道だったんですね。
IMG_1357_2018042822100840a.jpg

13時30分、二本松市街に降りてきました。
IMG_1359_201804282210118d4.jpg

ナビに住所入れてたので、迷わずに目指すラーメン屋さんに到着。そのお店の名は「やまき」です。駐車場に1台も車停まってなかったので、休業かと思いましたが、ちゃんと営業中。
IMG_1360_20180428221011a79.jpg

お店に入ると、オジサンとオバサンが「いらっしゃいませっ」が迎えてくれました。やはりお客さんはひとりも居りません。一瞬「外れか」と不安が過ります。カウンター席に落ち着いて、おすすめの「支那そば」を注文。オジサンが支那そば作ってる間に、3組も新しいお客さんが入ってきました。ちょっと安心。

支那そばの出来上がり!おおっ、これはうまそう。
IMG_1361_20180428221013c11.jpg

麺は飯田商店のような自家製麺。これ、歯応えのど越し、スープの乗りともに最高!美味しいです。スープも深みのある味とコク。これは美味しいっ!
IMG_1362_20180428221014d45.jpg

チャーシューがまた旨いっ! まこと食堂のチャーシューも美味しかったんですけど、まこと食堂は脂身の旨さ。ここやまきのチャーシューは炭火の香ばしさを感じる肉の旨さ。
IMG_1363_20180428221016ee5.jpg

あっという間に完食しました。
IMG_1364_20180428221019624.jpg

よく考えると、昨夜から3食連続のラーメンです。我ながら呆れますね。時間はもうすぐ14時になります。それではそろそろ、帰途につきましょう。
関連記事

13:48 | '18.04ふくしま | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
栃木県まで1時間半 | top | 浄土平

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2369-ed476f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)