別府の朝は、温泉から

九州最初の朝は、6時半頃に目覚めました。ここは大分の別府、朝起きたら最初は温泉でしょ。まずは泊ったビジネスホテルの提携ホテルの大浴場へ行っていましょう。無料だそうです。

ホテルを出て、まずは別府駅前へやってきました。別府駅は九州を代表する観光地らしく、大きな駅でした。
2018drv (183)

下りの宮崎方面、上りの小倉方面とも、けっこう列車本数ありますね。昨日の八幡浜駅とはちがいます。
2018drv (182)

その大浴場のある提携ホテルは駅前から歩いて5分ほどのところにありました。フロントでお風呂戴きたい旨をお話しし、大浴場へ。そこは普通の銭湯よりかなり小さい浴場で、洗い場は5人ほど、浴槽も10人も入ればいっぱいの温泉でした。ただ、お湯だけはコンコンと湧いてます。

ここの入浴の家内との約束時間は15分、ざっと体洗って湯舟に浸かって1Fのホテルのロビーで家内を待ちました。冷房の効いたロビーから外へ出ると、暑っ。まだ7時半前ですけど、30℃を越えてるんじゃないでしょうか。

そのホテルの向かいにも公衆浴場が営業中。別府の街中には、いたる所に温泉があります。

それから駅前のアーケードのある商店街を散策。閑散としてますね。
2018drv (185)

途中からアーケードがなくなり、大通りに出たところを右へ曲がって山の方へ暫く歩きます。遠くに見える高架橋は、大分自動車道でしょうか。
2018drv (186)

やってきたのは、不老泉という別府では由緒ある公衆浴場。
2018drv (187)

中に入ってサンダル脱いで、オバサンに料金をお支払い。何と、おとなひとり100円です。さすが別府!
2018drv (190)

ここの温泉は良かった。高温・中温ふたつの源泉からの湯舟があって、両方を楽しむことができます。泉質もまあまあかな?
2018drv (188)

温泉で汗を流して、ホテルに戻ります。途中にあるコンビニで冷たいお茶を買っていきましょう。ホテルに戻る途中、駅の高架下にあったのがここ、「べっぷ駅市場」です。

朝から色々なものを販売してます。魚屋さんにお肉屋さんも営業開始してて、お惣菜などもたくさん売ってました。これを知ってたら、夕べコンビニで朝ごはん用のオニギリ買わなかったのに。
2018drv (191)

泊ったホテルは、駅前のこういうところ。一部屋ツインで7,000円。寝るだけだったので、十分満足です。
2018drv (181)

ここは、どう見ても昔はラブホテルですね。普通のビジネスホテルでは当たり前の朝食サービスのない理由も分かりました。ダイニングや厨房がないんですね。
2018drv (196)

9時20分、九州1日目の旅行を開始。一昨日の晩、横須賀を出発してから千キロ弱の994km走ってます。フェリー使ったので千キロ未満で別府までやってくることができました。
2018drv (197)

今日はこれから別府市内を観光して、それから長湯温泉という炭酸の温泉が由布院の近くにあるって、昔テレビでやってました。午後はそこへ行きたいと思ってます。
関連記事

10:50 | '18.08九州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
別府観光 | top | 八幡浜・別府航路

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2411-481e27c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)