別府観光

8時半前に別府駅前のホテルを出発。まずは、別府の湯けむりを高台からのぞむ展望台に行ってみましょう。マツコネのナビはアホなので、その「湯けむり展望台」が目的地にありません。それらしい場所をナビに入力したんですが、どうも違うみたい。

九州縦断道路の国道500号線を走っていくと、ラーメン屋さん多いですね。別府ってラーメン激戦区?そのなかに、唐揚げ屋さんを見つけました。
2018drv (198)

そうだ、昔ケンミンショウで大分県の唐揚げやってましたね。お昼は、唐揚げ食べましょうか。大分県内だったら、どこでも唐揚げ美味いのかな?

けっこう道に迷って、Google Mapに助けてもらって、湯けむり展望台に到着。別府市内はいいんですけど、雲が低くて山が見えません。晴れてれば、別府のシンボル鶴見岳が目の前にあるはず。
2018drv (200)

おおっ、確かに湯けむり凄いですね。ずっと昔にNHKの旅番組で見た景色です。新日本紀行だっけ?
2018drv (201)

次に向かったところは「血の池地獄」というところ。よくテレビに出てくる赤い温泉です。広い駐車場にDEMIOを停めて、入口までやってきました。
2018drv (206)

自動ドアが開いて中に入るとオバサンが居て、「別府の地獄めぐり、2,000円です。」だって。この不意打ちで購入する方も多いんじゃないでしょうか。実際、ここ血の池地獄だけだったら、400円なんですけどね。

駐車場からこのドア開けて入るまで、料金表示は一切ありませんでしたし、また事前にWebサイトで血の地獄のページを確認したとき、料金の表示がなかったので、もしかして無料かも、と思ってました。いきなり血の池地獄へ行ったのがいけなかったのか、何となく、詐欺にあったような気になりました。

実際に見た地獄は、テレビで見たそのままですね。
2018drv (210)

凄い色です。
2018drv (211)

この赤い温泉に足だけ浸かることができます。サンダル脱いで、足湯を楽しみました。丸い石が底にゴロゴロしてて、足の裏のツボが刺激されて超気持ちいいっ!一昨日からの運転の疲れが癒されます。
2018drv (215)

赤い温泉を十分楽しんだら、併設する売店へ入ってみました。別府だけでなく、大分県、いやいや九州北部のお土産、全部揃うんじゃないでしょうか! すごい品揃えです。それと、ハングル多いですね。近いからか、韓国からの観光客多いんでしょうね。
2018drv (216)

別府観光はもういいかな? 実際、温泉にも入ったし、何とか地獄は温泉の色が違うだけだと思いますし、2,000円の共通券買わなかったし。

国道500号線でなく、途中から県道11号線を走って、ずっと登り坂。正面には鶴見岳が見えるはずなんですけど、残念です。大分道の別府IC前を過ぎると、急勾配の坂道になりました。グングン標高はあがって雲の中に入っていきます。

ここが峠の頂上ですね。地図で見ると、鶴見岳の真横になります。これも後から地図見て気づきましたけど、ここから由布院って、すぐ近くだったんですね。地理感覚が全くありません。
2018drv (219)

この時僕たちは、長湯温泉を目的地に設定してました。まずは、テレビで見た、天然の炭酸温泉に入りたい。
関連記事

19:12 | '18.08九州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
竹田で鶏から | top | 別府の朝は、温泉から

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2412-7f428d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)